横須賀市とは? わかりやすく解説

よこすか‐し【横須賀市】

読み方:よこすかし

横須賀


横須賀市

読み方:ヨコスカシ(yokosukashi)

所在 神奈川県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

横須賀市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/02 07:34 UTC 版)

横須賀市(よこすかし)は、神奈川県南東部の三浦半島に位置する中核市に指定されている。


注釈

  1. ^ 「ハイランド」は、全国で初めてのカタカナ町名。
  2. ^ 自治体国際化協会のサイトでは「友好都市協定」としている[17]

出典

  1. ^ a b 横須賀の共信銀行が休業『中外商業新報』大正14年3月24日(『大正ニュース事典第7巻 大正14年-大正15年』本編p143 大正ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  2. ^ 第ニ銀行横須賀支店で取り付け『中外商業新報』大正14年4月12日(『大正ニュース事典第7巻 大正14年-大正15年』本編p143)
  3. ^ 豪雨やまず、東京で七万五千戸浸水『東京日日新聞』昭和13年6月30日夕刊(『昭和ニュース事典第6巻 昭和12年-昭和13年』本編p219 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  4. ^ 六大府県で味噌、醤油の割当配当『朝日新聞』昭和17年1月8日夕刊(『昭和ニュース事典第8巻 昭和17年/昭和20年』本編p124)
  5. ^ 神奈川県暴力団排除条例(平成22年神奈川県条例第75号) 令和4年改正 令和4年11月1日施行”. 神奈川県 (2022年). 2022年9月19日閲覧。
  6. ^ “横須賀市の人口、41年ぶり40万人割れ 若い世代の転入少なく”. 東京新聞. (2018年2月14日). オリジナルの2018年2月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180214012658/https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201802/CK2018021402000131.html 2021年5月26日閲覧。 
  7. ^ “横須賀市 推計人口 令和5年10月1日現在”. https://view.officeapps.live.com/op/view.aspx?src=https%3A%2F%2Fwww.city.yokosuka.kanagawa.jp%2F0830%2Fdata%2Ftoukei%2Fsuikei%2Fdocuments%2Fs2310.xlsx&wdOrigin=BROWSELINK 2023年11月8日閲覧。 
  8. ^ 横須賀市議会とは”. 横須賀市. 2019年4月23日閲覧。
  9. ^ 会派別”. 横須賀市. 2019年5月18日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 姉妹都市、友好都市”. 横須賀市. 2013年9月21日閲覧。
  11. ^ a b 横須賀に会津藩士のお墓があるのはなぜ?”. 横須賀市. 2013年9月21日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i 姉妹(友好)提携情報”. 自治体国際化協会. 2013年9月21日閲覧。
  13. ^ 米国テキサス州コーパスクリスティ市と姉妹市提携(昭和時代)”. 横須賀市. 2013年9月21日閲覧。
  14. ^ フランスのブレスト市と姉妹都市提携(昭和時代)”. 横須賀市. 2013年9月21日閲覧。
  15. ^ オーストラリアのフリマントル市と姉妹都市提携(昭和時代)”. 横須賀市. 2013年9月21日閲覧。
  16. ^ a b c d イギリスのジリンガム市と友好都市提携(昭和時代)”. 横須賀市. 2013年9月21日閲覧。
  17. ^ 姉妹(友好)提携情報”. 自治体国際化協会. 2013年9月21日閲覧。
  18. ^ a b c 群馬県倉渕村と友好都市提携(昭和時代)”. 横須賀市. 2013年9月21日閲覧。
  19. ^ a b 施設 / はまゆう山荘の生い立ち”. はまゆう山荘. 2013年9月21日閲覧。
  20. ^ ご利用案内”. はまゆう山荘. 2013年9月21日閲覧。
  21. ^ 市立学校一覧表”. 横須賀市. 2021年3月23日閲覧。
  22. ^ About Our School”. Sullivans Elementary School. 2024年1月18日閲覧。
  23. ^ Home”. Yokosuka Middle School. 2024年1月18日閲覧。
  24. ^ お年寄りら待望「ハマちゃんバス」、2月から運行へ/横須賀 2012年1月26日 カナロコ 2012年3月29日閲覧。
  25. ^ 京浜急行バス公式サイト横浜駅(YCAT) ⇔ 横須賀西地区線(2012年6月閲覧)
  26. ^ 京浜急行バス公式サイト 横浜駅(YCAT) ⇔ 横須賀西地区線(2012年6月閲覧)
  27. ^ 横須賀観光情報 ここはヨコスカ
  28. ^ 『アニメマシテ』番組公式サイト バックナンバー”. 2014年10月20日放送分. 2021年11月7日閲覧。
  29. ^ 星のダンスを見においで - マンガ図書館Z(外部リンク)
  30. ^ 「たまゆら」×「横須賀市」タイアップについて 横須賀市観光情報2011年9月5日閲覧(2012年10月1日時点でのアーカイブ
  31. ^ タウンニュース アニメファン呼び込め 2011年7月22日号
  32. ^ 物語の舞台は横須賀! ハイスクール・フリート公式(外部リンク)
  33. ^ 亜美のサイクリングBlog Vol.2 三浦半島ツーリング ろんぐらいだぁす!公式(外部リンク)



横須賀市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 14:04 UTC 版)

耐火建築促進法」の記事における「横須賀市」の解説

防火建築帯指定昭和34年10月6日告示1942号))を受けて三笠通り商店街(約40店舗)を1棟の「三笠ビル」として共同建て替えたもの(昭和34年)。従前三笠通り商店街通産大臣賞を獲得する程の活況呈していたが、それをあえて(他都市のような災害復旧都市整備等の外部要因がなくても)建て替えたのは、地元が「新しい都市づくりのさきがけとなろうという意欲燃えたった」こと、横須賀市市制50周年に当たり市の記念事業としての意味もあり、市と地元と一体となったことが理由とされている。防火帯造成事業として計画・設計されたものであるが「街区単位でまとめられ防災街区造成事業への萌芽がはっきりと認められるという点で、防火帯造成事業としての一つ頂点を示すとともに防火帯から防災街区への一段階を示すみごとな道標」と評価されている。従前道路ビル内に取り込んでおり、1階部分通路屋根かけられているが、2階から上空空地になっており、所有権は横須賀市である。また、共同施設として、無料休息室、事務室会議室電話交換設備一括共同受電のための変電室を設ける等、他の防火帯造成による共同店舗よりも前進した計画になっていた。

※この「横須賀市」の解説は、「耐火建築促進法」の解説の一部です。
「横須賀市」を含む「耐火建築促進法」の記事については、「耐火建築促進法」の概要を参照ください。


横須賀市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 15:12 UTC 版)

神奈川県小学校の廃校一覧」の記事における「横須賀市」の解説

横須賀市立坂本小学校 横須賀市坂本町2-391999年3月末日廃校青葉小と統合し横須賀市立桜小学校へ。校舎は市教育委員会埋蔵文化財一時収蔵保管庫分室として使用。 横須賀市立青葉小学校 横須賀市坂本町1-191999年3月末日廃校坂本小統合し小へ。 横須賀市立陽光小学校 横須賀市佐野町2-352006年3月末日廃校1975年分離した横須賀市立鶴久保小学校統合校舎増築された後、神奈川衛生学園専門学校(後藤学園)のキャンパスとして再利用されている。 横須賀市立光洋小学校2010年3月末日廃校横須賀市立鴨居小学校統合。 横須賀市立平作小学校2013年3月末日廃校横須賀市立池上小学校統合

※この「横須賀市」の解説は、「神奈川県小学校の廃校一覧」の解説の一部です。
「横須賀市」を含む「神奈川県小学校の廃校一覧」の記事については、「神奈川県小学校の廃校一覧」の概要を参照ください。


横須賀市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 01:47 UTC 版)

神奈川県のマスコットキャラクター一覧」の記事における「横須賀市」の解説

スカリン - 横須賀市の市制100周年記念して作られキャラクタースカレーちゃん - よこすか海軍カレーマスコットキャラクターペリリン&オグリン - 横須賀市のペリー来航150年記念キャラクター。 アクアン - 横須賀市上下水道局イメージキャラクターガルアルシア - 横須賀市観光協会キャラクター選挙マン - 横須賀市選管オリジナルマスコット。 コスカ - わいわい横須賀プロジェクトマスコットキャラクター。 フッピー - 横須賀市社協マスコットキャラクター商子 - 横須賀商工会議所キャラクター

※この「横須賀市」の解説は、「神奈川県のマスコットキャラクター一覧」の解説の一部です。
「横須賀市」を含む「神奈川県のマスコットキャラクター一覧」の記事については、「神奈川県のマスコットキャラクター一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「横須賀市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「横須賀市」の例文・使い方・用例・文例

  • 横須賀市という市
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「横須賀市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

横須賀市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



横須賀市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの横須賀市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの耐火建築促進法 (改訂履歴)、神奈川県小学校の廃校一覧 (改訂履歴)、神奈川県のマスコットキャラクター一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS