川崎フロンターレとは?

かわさき‐フロンターレ〔かはさき‐〕【川崎フロンターレ】


川崎フロンターレ

法人名株式会社 川崎フロンターレ
代表取締役社長 武田 信平
Jリーグ加盟1997年
呼称川崎フロンターレ
クラブ所在地〒213-0013 神奈川県川崎市高津区末長1331-1
ホームタウン神奈川県川崎市
ホームスタジアム等々力陸上競技場収容人数25,000人)
チーム名の由来フロンターレイタリア語で「正面の」「前飾り」の意。常に最前線挑戦続けるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢表現したもの加えて日本正面位置する臨海都市川崎とともに歩んでいく思い込められている。
クラブカラーサックスブルーブラックホワイト
ファンクラブTel.044-739-6070 川崎フロンターレ後援会事務所土日祝除く9:001700
ホームページhttp://www.frontale.co.jp/

川崎フロンターレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/27 08:42 UTC 版)

川崎フロンターレ(かわさきフロンターレ、Kawasaki Frontale)は、日本神奈川県川崎市をホームタウンとする[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab クラブガイド:川崎フロンターレ”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年7月23日閲覧。
  2. ^ 住居表示旧新対照表 末長3・4丁目 (PDF) 平成26年度の住居表示実施地区、川崎市ホームページ 2014年10月19日閲覧
  3. ^ a b c d e f 2019年度(平成31年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2020年10月15日閲覧。
  4. ^ 城福は監督続投を希望したが容れられず、社業専念となった。1998年、FC東京設立準備室に招かれた城福は富士通を退社してプロ指導者へ転身、2008年-2010年途中にはFC東京のトップチーム監督に就任してフロンターレと「多摩川クラシコ」で対戦した。
  5. ^ 川崎フロンターレ、「グレミオ」と姉妹クラブ関係を締結”. pr.fujitsu.com. 富士通. 2020年5月5日閲覧。
  6. ^ 意外!デザインのルーツが「他のチームだった」ユニフォーム5着”. Qoly. 2020年5月5日閲覧。
  7. ^ 2試合で1勝1敗、合計得点数の差で敗退した。
  8. ^ 2000年3月に出版された松本の著書『尽くしてみないか、全力を-サッカーがくれた熱血意識革命』の中で、この監督就任はメキシコシティオリンピックでのチームメイト(主将)だった元富士通監督の八重樫茂生からの要請だった事を明かしている。
  9. ^ 岩本はこのシーズン限りで退団し、その後もフロンターレへのわだかまりを口にしていたが、2006年に岩本がNHK衛星放送の『東海道五十三次完全踏破 街道てくてく旅』で旧東海道の約500kmを徒歩で歩いた際には、川崎宿(川崎市川崎区)通過時にフロンターレスタッフ・ふろん太・サポーター有志が応援のため集まった。
  10. ^ 2位のFC東京が大宮に敗れたため。
  11. ^ サッカーライターの金子達仁戸塚啓との共著。
  12. ^ ふろん太の公式プロフィールでは、生年月日をこの開幕戦が行われた1999年3月14日としている。出典:フロンターレ公式サイト、選手・スタッフプロフィール内「マスコット ふろん太」
  13. ^ 2005年に同工場が閉鎖された後は稲城市に移管され、「稲城市営南多摩スポーツ広場」に改称された。
  14. ^ 1stステージの優勝は横浜M。この試合は「長居の悲劇」と呼ばれるようになった。
  15. ^ これは「リストラ選手の活躍」(参照:ノート)として話題となり、2006年に出版された『クラブ創設10周年メモリアルブック』(兼2006年イヤーブック)でもこの表現で紹介された。
  16. ^ 川崎市立大師小学校でのPTA講演会の「後援者紹介」、2003年作成、2013年9月29日閲覧。
  17. ^ 岡山自身もこのパフォーマンスで注目され、その後も移籍先のチームで「岡山劇場」を続けて、サポーターから根強い人気を得るようになった。
  18. ^ バルデスは札幌時代の1997年にフロンターレとの2試合ともにVゴールを決め、札幌のJFL優勝に貢献していた。
  19. ^ Jリーグ理事会での決定が必要なため、この表現を用いた。
  20. ^ ACLプロジェクトチームを主宰。イランからの帰国時にUAEのドバイまでのチャーター便費用を補助していた。
  21. ^ a b 弊クラブ所属選手の行為について (お詫び)、川崎フロンターレ公式サイト、2009年11月4日
  22. ^ 鬼武チェアマン川崎Fに激怒、nikkansports.com、2009年11月4日
  23. ^ 弊クラブ所属選手の行為について (対応・処分)、川崎フロンターレリリース、2009年11月5日
  24. ^ 天野春果「僕がバナナを売って算数ドリルを作るワケ」37頁(2011年・小学館)
  25. ^ 官報2010年(平成22年)1月8日付 第10頁 褒賞に告知されている。
  26. ^ 【J1:第25節 川崎F vs 神戸】”. J's Goal (2011年9月12日). 2012年12月4日閲覧。
  27. ^ 【J1:第26節 山形 vs 川崎F】”. J's Goal (2011年9月18日). 2012年12月4日閲覧。
  28. ^ 2000年-2007年、2009年-2011年まで在籍(2008年はセレッソ大阪にレンタル移籍。)
  29. ^ ゲキサカ記事、「J初の親子鷹誕生!!川崎Fが風間兄弟の加入を正式発表」、2012年7月1日付、2017年4月23日閲覧。
  30. ^ 松江には谷尾昂也が所属していて、この試合にフル出場し、川崎所属時には実現しなかった等々力での公式戦出場を果たした。出典:ゲキサカ「念願の等々力でプレーした松江シティFC FW谷尾「こんな形でできるとは」」、2015年9月6日付、2017年4月23日閲覧。
  31. ^ 川崎フロンターレ、「「新メインスタンド完成記念ユニフォーム」着用と販売のお知らせ」、2015年6月22日付、2017年4月23日閲覧。
  32. ^ 年間勝ち点では3位だった鹿島がチャンピオンシップで優勝し、川崎の順位が繰り下がった。
  33. ^ 決勝で対戦する鹿島は既にJ1優勝による本戦出場権を得ていたため、仮に決勝で敗れても天皇杯優勝チームに与えられる本戦出場権が繰り上げで与えられる事になっていた。
  34. ^ 11月上旬には大久保のFC東京移籍が公然となり、本人も来季からの移籍を認めていた。なお、公式発表は天皇杯決勝終了後の2017年1月になった。出典:スポニチアネックス、大西純一「なぜ川崎F大久保のFC東京移籍がこんなに早く決まったのか」、2016年11月23日付、2017年4月23日閲覧。
  35. ^ “[http://number.bunshun.jp/articles/-/829422?page=4 川崎優勝を象徴する最後の5点目。 「甘い」と言われても貫いた攻撃姿勢。]”. Number Web (2017年12月4日). 2017年12月6日閲覧。
  36. ^ 川崎逆転Vは史上初の得失点差決着!2チームならんだ勝ち点72”. SANSPO.COM (2017年12月3日). 2017年12月6日閲覧。
  37. ^ 2ステージ制時代にあたる2015年、2016年、2004年以前を含めても1994年のV川崎(+44)、2015年の広島(+43)、2002年の磐田(+42)、1993年のV川崎(+41)に次いで5番目に多い差である。
  38. ^ 川崎F鬼木監督が優勝監督賞を受賞「うれしく思う」”. 日刊スポーツ (2017年12月5日). 2017年12月6日閲覧。
  39. ^ 【Jアウォーズ】川崎の小林悠がMVP!! 得点王とダブル受賞は史上6人目の快挙”. サッカーダイジェストWeb (2017年12月5日). 2017年12月6日閲覧。
  40. ^ 小林悠ら川崎Fから最多4人/ベストイレブン一覧”. 日刊スポーツ (2017年12月6日). 2017年12月6日閲覧。
  41. ^ JリーグがJ1優秀選手賞33名を発表! 鹿島から最多8名選出”. サッカーキング (2017年12月3日). 2017年12月6日閲覧。
  42. ^ 昨シーズンはG大阪へ期限付き移籍
  43. ^ 2ステージ制時代にあたる2015年、2016年、2004年以前を含めてもJリーグに勝ち点制が導入された1995年以降では2位・横浜FMに16の勝ち点差をつけて優勝した2002年の磐田に次いで2番目である。
  44. ^ 2008年の大分が24失点、2011年の仙台と2019年のC大阪がいずれも25失点である。
  45. ^ 因みに2019年のFUJI XEROX SUPER CUPの入場者数は52587人と21世紀に入ってからは最多、1995年のV川崎平塚(今の湘南)戦に記録した53,167人に次ぐ記録である。
  46. ^ J王者・川崎FのみACL敗退…鹿島が通過なら日本勢3チームラウンド16入り”. GOAL (2019年5月21日). 2019年5月22日閲覧。
  47. ^ 7/19「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」試合結果”. 公式サイト (2019年7月19日). 2019年7月19日閲覧。
  48. ^ 決勝が唯一ホームアンドアウエー制度だった1997年のマジーニョ、1998年の川口信男、2003年のエメルソン、2010年の前田遼一、2012年の柴崎岳、2014年の佐藤寿人パトリックでいずれも決勝は先発出場している。
  49. ^ 因みにJリーグカップ決勝の歴史上PK戦はこの試合も含めて7例あり、いずれも先に失敗したチームは全て準優勝となっている為、先に失敗したチームが逆転で制して優勝したのはJリーグカップ史上初である。
  50. ^ 因みに外国人監督も合わせると、日本人ではG大阪時代の西野(2007年から2009年)、ブラジル人ではいずれも鹿島時代のトニーニョ・セレーゾ(2000年から2002年)とオズワルド・オリヴェイラ(2007年から2011年の在任期間全て)、第1次柏時代のネルシーニョ(2011年から2013年)に続いて5人目である。
  51. ^ 因みに関塚は103試合目で、風間は106試合目で監督通算50勝を達成している。
  52. ^ 2005年にJ1再昇格を果たしてからどころかJ2にいた頃を含めてもJ2優勝を果たした1999年は3分け、2002年は4分け、2003年は5分け、2度目のJ2優勝を果たした2004年に至ってはホームで引き分けがなかったので、ホーム・等々力での9分けはJリーグ加盟後クラブ史上最多である。
  53. ^ その後、馬渡洋樹は3月21日に岡山に完全移籍した。
  54. ^ 全ての監督を含めても鹿島時代の在任期間(2007年から2011年)全てで獲得したオリヴェイラ以来2人目である。
  55. ^ Jリーグの上位2チームが天皇杯決勝を戦うのは2013年の横浜FM対広島以来2例目である。
  56. ^ a b お知らせ:KAWASAKI FRONTALE:2016シーズン 「1st/2nd/GK/カップ戦ユニフォーム」先行販売のお知らせ 2016年1月17日
  57. ^ ただし、Jリーグとは違いFUJITSUの公式ロゴではなく角ゴシック体表記。これは胸ロゴの規格がJリーグより小さいという都合によるものと思われる(特に「JI」の上に「∞」があるため、ACLの規格に合わせるとロゴが小さくなり過ぎる)。ちなみに2013年出場時の仙台は、アイリスオーヤマの胸ロゴデザイン小変更(IRIS OHYAMAの文字列を2段に)で対応した。
  58. ^ “株式会社GA technologiesとのユニフォームスポンサー契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年9月14日), http://www.frontale.co.jp/info/2018/0914_3.html 2018年9月18日閲覧。 
  59. ^ “株式会社松尾工務店とのトップパートナー契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2021年2月26日), https://www.frontale.co.jp/info/2021/0226_1.html 2021年2月26日閲覧。 
  60. ^ 1998年まではJリーグ準会員としてJFLとナビスコ杯に参加
  61. ^ 川崎フロンターレ、「かわさきスポーツパートナーpresents 10/22「川崎ブレイブサンダース×川崎フロンターレ」コラボ企画実施のお知らせ」、2016年10月17日付、2017年4月23日閲覧。
  62. ^ 川崎区は4団体、幸区は2団体、他の5区は1団体が加盟。
  63. ^ 川崎市商店街連合会公式サイト、「川崎市商店街連合会は、川崎フロンターレを応援しています!
  64. ^ 川崎フロンターレ持株会オフィシャルサイト、「概要」、2015年5月11日閲覧。
  65. ^ 地方競馬全国協会ニュースリリース川崎競馬場ニュースリリース
  66. ^ 川崎市麻生区で川崎麻生アシストクラブが発足 k-press 2009年8月23日付
  67. ^ 新ランドマーク誕生! 川崎公式サイト内「フロンターレ日記」2010年5月19日
  68. ^ 同部屋の前身である春日山部屋の師匠(20代)、春日山由晃(故人、現役時代の四股名は春日富士晃大)は川崎市で育ち、同市立桜本中学校卒業後に角界入りしていた。なお、春日山部屋は2012年に21代(現役時代の四股名は濱錦竜郎熊本市出身)に引き継がれ、その後20代と21代の間には民事訴訟も起こり、最終的に部屋も一時閉鎖となったが、2017年に15代中川(現役時代の四股名は旭里憲治大阪府池田市出身)により中川部屋として再興されて以降も所在地は川崎市のまま変わらず(2017年に川崎区から幸区に移転)、フロンターレとの協力関係も維持されている。
  69. ^ 東京ディズニーランドなどのディズニーパークにあるイッツ・ア・スモールワールドをもじった名称。
  70. ^ 焼き鳥やひよの山が両国国技館以外で披露されるのは稀だとされている。
  71. ^ フロンターレ日記、2015年5月9日付、「柏戦 イッツァ スモウワールド報告!
  72. ^ 川崎フロンターレと相撲部屋がコラボ 「イッツァ スモウワールド」 川崎経済新聞、2018年3月26日
  73. ^ フロンターレ日記、2019年5月12日付、「令和初陣川崎勝利!
  74. ^ JTBアウェイツアー「春日山部屋応援ツアー2011」参加者募集のお知らせ
  75. ^ [1] フロンターレ日記2011年6月7日
  76. ^ [2] フロンターレ日記2011年8月16日
  77. ^ 「フロンターレ算数ドリル」完成のお知らせ J's GOAL、2009年4月8日
  78. ^ 「川崎フロンターレ算数ドリル」完成 Jリーグ公式サイト・2009年4月28日
  79. ^ a b 川崎F:2010算数ドリル・ゲストティーチャー(稲本潤一選手、伊藤宏樹選手)レポート J's GOAL、2010年10月7日
  80. ^ 2011年度「川崎フロンターレ算数ドリル(上巻)」完成のお知らせ 川崎フロンターレ・2011年4月11日
  81. ^ 「川崎フロンターレ算数ドリル」の寄付について 川崎フロンターレ・2011年4月19日
  82. ^ この愛称を用いて、かわさきFMで放送されるホームゲームの実況放送の名前は「BLUE FRIENDS STADIUM○○○○」(○○○○部分には西暦年が入る)ともされている。
  83. ^ 1924年7月1日、川崎市が現在の川崎区の範囲で市制を施行。後の中原区となる中原町が川崎市に編入されたのは1933年8月1日。
  84. ^ 2014年度では、個人会員が10,347人、ファミリー会員が12,450人、ジュニア会員が4,254人。
  85. ^ 東京特別区を一つの市と考えると、会員数ベスト10の地域として挙げられている品川区目黒区杉並区との5区合計で横浜市を上回る。
  86. ^ 特別コラボアニメ「天体戦士サンレッド」×「川崎フロンターレ」製作について - 川崎フロンターレ公式サイト(更新日: 2008年12月18日)]
  87. ^ スタジオからの中継
  88. ^ ローソン/川崎フロンターレとのコラボ店舗オープン - 流通ニュース(更新日: 2011年8月2日)
  89. ^ 川崎フロンターレ名物部長が企てた、漫画『テルマエ・ロマエ』と川崎市『銭湯』とのコラボ。『一緒におフロんたーれ - Number Web(更新日: 2012年2月17日)
  90. ^ 川崎とF・ニッポンのありえないコラボ 等々力のトラックを疾走したフォーミュラカー - スポーツナビ(更新日: 2012年7月13日)
  91. ^ 川崎フロンターレ「JR武蔵中原駅「発車メロディ」について」 - 川崎フロンターレ公式サイト(更新日: 2013年1月20日)
  92. ^ JR南武線武蔵小杉駅「フロンターレ応援ソング発車メロディ」開始のお知らせ - 川崎フロンターレ公式サイト(更新日: 2014年2月17日)
  93. ^ サポから天体望遠鏡を贈られた大久保「星からパワーをもらって4年連続得点王!」 | サッカーキング 2016年1月17日
  94. ^ オフィシャルニュース|多摩川クラシコ「アウェイ舟ツアー」参加者募集のお知らせ J's GOAL
  95. ^ お知らせ:KAWASAKI FRONTALE:4/12 清水「何もしない」プロモーション実施のお知らせ:
  96. ^ 【無事に味スタヘ到着!】多摩川クラシコ:川崎F「エアーツアー」レポート (2009年5月24日) J's GOAL
  97. ^ 川崎フロンターレ新潟戦アウェイツアー「11回目のプロポーズ」写真レポート J's GOAL、2009年7月12日
  98. ^ 「16分間」観戦ツアーにサポ殺到 豪雨中断の鹿島-川崎戦(MSN産経 2009年9月29日





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「川崎フロンターレ」の関連用語

川崎フロンターレのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



川崎フロンターレのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本プロサッカーリーグ社団法人日本プロサッカーリーグ
©JAPAN PROFESSIONAL FOOTBALL LEAGUE J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J. LEAGUE PHOTOS,INC. J. LEAGUE ENTERPRISE,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川崎フロンターレ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS