サンフレッチェ広島とは?

サンフレッチェ広島

法人名株式会社 サンフレッチェ広島
代表取締役社長 本谷 祐一
Jリーグ加盟1991年
呼称サンフレッチェ広島
クラブ所在地〒733-0036 広島県広島市西区観音新町4-10-2 広島西飛行場ターミナルビル1F
ホームタウン広島県広島市
ホームスタジアム広島ビッグアーチ収容人数50,000人)
チーム名の由来SANFRECCEは日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ=矢」を合わせたもので、広島に縁の深い戦国武将毛利元就故事に由来し、「三本の矢」を意味。
クラブカラー
ファンクラブTel.082-297-5353 サンフレッチェクラブ事務局
ホームページhttp://www.sanfrecce.co.jp/

サンフレッチェ広島F.C

(サンフレッチェ広島 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/25 16:08 UTC 版)

サンフレッチェ広島F.C(サンフレッチェひろしまエフシー、: Sanfrecce Hiroshima F.C)は、広島県広島市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は「サンフレッチェ広島」(サンフレッチェひろしま)である。




  1. ^ クラブ公式発表[4]。Jリーグ公式では"Sanfrecce Hiroshima Corporation"[5]、2001年時点では"K.K.Sanfrecce Hiroshima"[6] を用いている。
  2. ^ 1980年代、社名変更やJSL1部昇降格を機に数度正式名称を変えている。1981年から「マツダスポーツクラブ東洋工業サッカー部」、1984年から「マツダスポーツクラブサッカー部」、1986年から「マツダサッカークラブ」。
  3. ^ 当時のJSLはほとんどセミプロ化していたがマツダはあくまで社員選手として社業も行なっていた、さらに練習場の環境も他と比べて劣っていたことから、いい新人が入って来なかった[10]
  4. ^ ヴァレリー自身は退任直後のロシアメディアでのインタービューで夫人が夏の暑さと地震を嫌がったためと答えている[48] 。翌年ヴァレリーは中国の山東魯能監督に就任するが、山東側はヴァレリー退任発表後に接触したと報道されている[49]。一方で広島番記者である中野和也は山東側による金銭的な引きぬきがあったと断定している[50]
  5. ^ 2006年に組織再編を行い織田秀和強化部長が実質的な現場のトップとなったが、最終的な決定権は久保允誉社長に委ねられていた。ただ久保は本業であるエディオン社長の激務もあり、迅速な決定が下せない状況だった[80]
  6. ^ Jリーグ優勝の鹿島アントラーズが天皇杯も制したため、当時の規定により天皇杯優勝チームの代替として出場。
  7. ^ 前年度のJ1上位3チームならびに天皇杯優勝チームに翌年のAFCチャンピオンズリーグ出場権が与えられるが、J1上位3チームのいずれかが天皇杯を優勝した場合、J1第4位チームに繰り上がりで出場権が与えられる。
  8. ^ マツダがリーグ加盟およびチーム詳細決定が遅かったせいもある。他にも、青と水色の「古河ゼブラ」の古河電工や、旧JFL時に濃い青を使っていたヤマハも、それぞれジェフ、ジュビロとしてリーグ加盟時に濃い青系から変えている。
  9. ^ 当時、白、またはそれに近い色を1stユニにしていたのは横浜Fの1チームだけであり、横浜Fとアウェーで対戦するクラブは必然的に1stユニを着用しなければいけなかった。
  10. ^ a b c d e f ACLでは「広島ビ」扱い
  11. ^ J3は本拠地として使用するスタジアムのスペックを原則5000人収容としているので、使用することは可能である
  12. ^ 以後2011年を除き同じ
  13. ^ 第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会ガンバ大阪(リーグ2位)優勝のため
  1. ^ Jリーグ規約 第3章第27条(1)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m クラブガイド:サンフレッチェ広島”. 日本プロサッカーリーグ. 2017年9月17日閲覧。
  3. ^ a b c d 中国新聞LEADERS倶楽部”. 中国新聞 (2014年1月1日). 2014年1月1日閲覧。
  4. ^ Club Profile”. サンフレッチェ広島F.C. 2017年9月17日閲覧。
  5. ^ CLUB GUIDE” (英語). Jリーグ公式. 2017年9月17日閲覧。
  6. ^ Club Profile 2001年度版” (英語). サンフレッチェ広島公式. 2014年11月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 2017年度(平成29年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。
  8. ^ a b c d 減資及び第三者割当増資完了のお知らせ”. J's GOAL (2012年5月15日). 2012年12月31日閲覧。
  9. ^ エンブレム変更について”. J's GOAL (2005年1月11日). 2012年12月31日閲覧。
  10. ^ a b c #今西インタビュー、#4
  11. ^ a b c d e f g h i j #GM論
  12. ^ #森保自伝、p.65
  13. ^ 記者コラム「見た 聞いた 思った」、優れた指導者の条件”. ニッカンスポーツ (2005年5月29日). 2012年12月31日閲覧。
  14. ^ 偶然か。必然か。サンフレッチェ広島出身者から優秀な監督が続出}
  15. ^ Jリーグ20年、熊本の場合”. J's GOAL (2012年5月17日). 2012年12月31日閲覧。
  16. ^ a b c d e f #今西インタビュー、#6
  17. ^ #森保自伝、p.131-132
  18. ^ a b c d e f #今西インタビュー、#5
  19. ^ a b フリーキック”. 田辺一球責任編集コラム (2006年5月1日). 2012年12月31日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g h 中野和也「連載 スタッフたちの「ガンバロウゼ」」『紫熊倶楽部』2009年5月、 20-21頁。
  21. ^ a b c d 明確な戦術 バクスター”. 朝日新聞 (2012年6月22日). 2014年1月1日閲覧。
  22. ^ 風間八宏が日本人初ゴール、フットボール史に名を刻む”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年3月8日). 2012年12月31日閲覧。
  23. ^ a b 悲願のステージ優勝、円熟期を迎えた“三本の矢””. NikeFootballJapan(facebook) (2012年3月23日). 2012年12月31日閲覧。
  24. ^ #森保自伝、p.133
  25. ^ a b #森保自伝、p.142
  26. ^ a b ユースチームが初の王者に、成長を印象づけたシーズン”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年4月6日). 2012年12月31日閲覧。
  27. ^ a b ファン離れ加速の恐れ 夢を壊さぬ努力が必要”. 中国新聞 (1997年11月4日). 2012年6月2日閲覧。
  28. ^ 本拠地が正式移転、ビッグアーチとともに新たなステージへ”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年4月19日). 2012年12月31日閲覧。
  29. ^ a b c マツダ特集 「貢献」と「再建」はざまで苦悩 -地域との関係”. 中国新聞 (1998年1月10日). 2013年5月30日閲覧。
  30. ^ 選手育成型のクラブへ、スコットランド人監督が就任”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年5月1日). 2012年12月31日閲覧。
  31. ^ マツダ特集 サンフレ支援 揺れる心 - 合理主義の下”. 中国新聞 (1998年4月8日). 2012年6月2日閲覧。
  32. ^ マツダ特集 企業の利益見据え判断”. 中国新聞 (1998年6月7日). 2013年5月30日閲覧。
  33. ^ 入場料収入リーグ最低 存続かけ大ナタふるう”. 中国新聞 (1997年11月2日). 2012年6月2日閲覧。
  34. ^ a b c d 学ぶ会報告書 (PDF)”. 広島経済大学 (1997年). 2012年6月2日閲覧。
  35. ^ #森保自伝、p.152
  36. ^ 守るサンフレ完敗 ゴール遠し”. 中国新聞 (1998年8月5日). 2012年6月2日閲覧。
  37. ^ a b c 森保一がクラブ初のリーグ通算200試合出場達成”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年5月17日). 2012年12月31日閲覧。
  38. ^ オープンスペース 強さ本物、どこにでも勝てる”. 中国新聞 (1999年5月15日). 2012年6月2日閲覧。
  39. ^ オープンスペース 決定力不足 ヒーロー求む”. 中国新聞 (2000年5月27日). 2012年6月2日閲覧。
  40. ^ a b 一つの形となって表れたサンフレッチェ広島の哲学”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年6月22日). 2012年12月31日閲覧。
  41. ^ a b c d ロシア人監督が就任、攻撃的フットボールへの転換期”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年7月6日). 2012年12月31日閲覧。
  42. ^ 니포 축구의 마지막 보물 ‘이을용’” (韓国語). daum (2011年10月24日). 2012年12月31日閲覧。
  43. ^ 「守り」から「攻め」へ J唯一の3トップ”. 中国新聞 (2001年1月26日). 2012年12月31日閲覧。
  44. ^ 攻撃布陣、守備に反動/第1ステージ”. 中国新聞 (2001年7月24日). 2012年12月31日閲覧。
  45. ^ #森保自伝、p.156
  46. ^ 浸透ヴァレリー流 第2Sの軌跡”. 中国新聞 (2001年11月27日). 2012年12月31日閲覧。
  47. ^ #森保自伝、p.157
  48. ^ МЕЧТАЮ КОГДА-НИБУДЬ ПОРАБОТАТЬ В РОССИИ” (ロシア語). sport-express.ru (2001年12月11日). 2013年5月30日閲覧。
  49. ^ 俄罗斯名帅重返甲A 涅波正式出任山东鲁能主教练” (中国語). sports.sina.com (2001年12月18日). 2013年5月30日閲覧。
  50. ^ 中野和也 2013, p. 193.
  51. ^ ヴァレリー監督の退任について”. サンフレッチェ広島公式 (2001年11月27日). 2012年6月2日閲覧。
  52. ^ a b ガジエフ監督、退団へ”. 中国新聞 (2002年7月17日). 2012年12月31日閲覧。
  53. ^ a b 中野和也『紫熊倶楽部』2003年1月。
  54. ^ a b 楽観ムード 球団に漂う”. 中国新聞 (2002年12月2日). 2012年12月31日閲覧。
  55. ^ 攻撃的守り指示へ上村復帰 29日京都戦”. 中国新聞 (2002年9月29日). 2012年12月31日閲覧。
  56. ^ ガジエフ監督の緊急一時帰国について”. サンフレッチェ広島公式 (2002年7月11日). 2012年12月31日閲覧。
  57. ^ 木村孝洋ヘッドコーチの監督就任について”. サンフレッチェ広島公式 (2002年7月17日). 2012年12月31日閲覧。
  58. ^ 選手の起用 一貫性欠く”. 中国新聞 (2002年12月3日). 2012年12月31日閲覧。
  59. ^ 速攻徹底 光みえた終盤”. 中国新聞 (2002年12月4日). 2012年12月31日閲覧。
  60. ^ 木村孝洋監督の辞任について”. サンフレッチェ広島公式 (2002年12月4日). 2012年12月31日閲覧。
  61. ^ 日本サッカーの未来 サンフレ小野剛監督に聞く”. 中国新聞 (2004年8月1日). 2012年12月31日閲覧。
  62. ^ #今西インタビュー
  63. ^ ユースチームが2冠を達成、将来の礎を築いたシーズン”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年8月24日). 2012年12月31日閲覧。
  64. ^ サンフレ・グラフ J1への道”. 中国新聞. 2012年12月31日閲覧。
  65. ^ 1年での1部返り咲き、苦しみから得た結束力”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年8月4日). 2012年12月31日閲覧。
  66. ^ 課題は決定力”. 中国新聞 (2004年11月30日). 2012年12月31日閲覧。
  67. ^ ほろ苦い「復帰元年」 2004年10大ニュース”. 中国新聞 (2004年11月27日). 2012年12月31日閲覧。
  68. ^ 小野監督に聞く”. 中国新聞 (2005年12月5日). 2012年12月31日閲覧。
  69. ^ 1部リーグ戦でホーム通算100勝達成…記録に残るシーズンに”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年8月24日). 2012年12月31日閲覧。
  70. ^ 鉄壁トリオが大車輪”. 中国新聞 (2005年12月8日). 2012年12月31日閲覧。
  71. ^ 「佐藤寿効果」随所に”. 中国新聞 (2005年12月7日). 2012年12月31日閲覧。
  72. ^ a b c d オーストリア人指揮官が就任、攻撃的スタイルの構築へ”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年9月14日). 2012年12月31日閲覧。
  73. ^ 中盤新布陣 選手とずれ”. 中国新聞 (2006年4月9日). 2012年12月31日閲覧。
  74. ^ 立て直しの方策”. 中国新聞 (2006年4月20日). 2012年6月2日閲覧。
  75. ^ ピンポイント 手堅い望月流「合格」”. 中国新聞 (2006年5月6日). 2012年12月31日閲覧。
  76. ^ a b ピンポイント 監督に感謝のMVP”. 中国新聞 (2006年11月18日). 2012年12月31日閲覧。
  77. ^ <ペトロビッチ流サンフレ再生・上>選手の特性見抜く名医”. 中国新聞 (2006年12月5日). 2012年12月31日閲覧。
  78. ^ 2年連続の赤字 4億9800万円、補強・監督交代響く”. 中国新聞 (2007年4月17日). 2012年12月31日閲覧。
  79. ^ 株式会社サンフレッチェ広島 増資についてのお知らせ”. J's GOAL (2007年9月26日). 2012年12月31日閲覧。
  80. ^ a b 「取締役会長 久保允誉、熱く語る」『ASSIST』2007年、 6-9頁。
  81. ^ a b 2度目の屈辱、自分たちのフットボール継承という決断”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年9月27日). 2012年12月31日閲覧。
  82. ^ サンフレ07年十大ニュース”. 中国新聞 (2007年12月31日). 2012年12月31日閲覧。
  83. ^ a b c d J2を席巻した広島の強みと課題”. スポーツナビ (2008年11月12日). 2012年12月31日閲覧。
  84. ^ フロントを2本部制に 組織見直し”. 中国新聞 (2008年2月1日). 2012年12月31日閲覧。
  85. ^ a b 攻撃的フットボールの進化、圧倒的な強さで1部返り咲き”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年9月28日). 2012年12月31日閲覧。
  86. ^ 移籍制度問題”. 日本プロサッカー選手会. 2012年12月31日閲覧。
  87. ^ MF山岸がJ1広島へ、1年間の期限付き移籍/フロンターレ”. 神奈川新聞 (2009年12月6日). 2012年12月31日閲覧。
  88. ^ AFCチャンピオンズリーグ2010 サンフレッチェ広島が出場権獲得”. 日本サッカー協会 (2010年1月1日). 2012年12月31日閲覧。
  89. ^ クラブ史上初となるアジアへの挑戦権を獲得”. NikeFootballJapan(facebook) (2012年10月19日). 2012年12月31日閲覧。
  90. ^ a b “無冠でもスタイル確立”. 中国新聞: p. 16. (2011年12月5日) 
  91. ^ あとで差が出る! J2の過ごし方 スタイルの原点、確立する好機”. 共同通信 (2011年5月15日). 2012年12月31日閲覧。
  92. ^ ペトロヴィッチ監督が広島に植え付けた攻撃的なスタイル”. Jマガ (2011年11月19日). 2012年12月31日閲覧。
  93. ^ “経営安定へ苦渋の選択”. 中国新聞: p. 17. (2011年12月22日) 
  94. ^ サンフレ増資2億円集まる”. 中国新聞 (2012年5月16日). 2012年12月31日閲覧。
  95. ^ “ペトロビッチ監督退任へ 契約更新せず”. 中国新聞: p. 14. (2011年11月10日) 
  96. ^ ペトロヴィッチ監督の来季契約について”. J's GOAL (2011年11月9日). 2012年6月2日閲覧。
  97. ^ 経営再建へ厳しい契約交渉 減俸やアップ幅抑制”. 中国新聞 (2011年12月30日). 2012年12月31日閲覧。
  98. ^ サンフレ新社長に小谷野氏 「経営再建進める」”. 中国新聞 (2012年12月19日). 2012年12月31日閲覧。
  99. ^ a b 【広島:森保一新監督就任会見】森保一監督コメント”. J's GOAL (2011年12月8日). 2010年12月13日閲覧。
  100. ^ a b 新監督に森保氏 クラブ初「生え抜き」”. 中国新聞 (2011年12月4日). 2010年12月8日閲覧。
  101. ^ “5人加入 底上げ期待”. 中国新聞: p. 16. (2013年1月13日) 
  102. ^ Jリーグが1リーグ制になってからは2010年以来となる最終節を待たずしての優勝だった。
  103. ^ 前身の東洋工業サッカー部時代には日本サッカーリーグで5度優勝しており、それを含めれば1970年以来のトップリーグ戦での優勝となる。
  104. ^ 天皇杯2回戦 J1広島が“4部”に敗戦 神戸はJFLに不覚”. スポーツニッポン (2012年9月8日). 2014年7月11日閲覧。
  105. ^ “【広島】逆転連覇へ鹿島戦5発の寿人「モチベーションが上がる」”. スポーツ報知. (2013年12月6日). http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20131206-OHT1T00224.htm 2013年12月13日閲覧。 
  106. ^ 広島逆転2連覇 日刊スポーツ 2013年12月7日閲覧
  107. ^ 2006年のACLで東京ヴェルディは蔚山現代ホランイインドネシアアレマ・マランタイ王国タバコ・モノポリーと同じグループだったが、アレマ・マランとタバコ・モノポリーが失格だったため、蔚山現代との一騎討ちとなり、東京ヴェルディは2連敗で敗退した。
  108. ^ Jリーグ開幕後リーグ戦の上位2チームが決勝で対戦するのは、史上初めて。
  109. ^ これまで連覇を達成しているのは東京ヴェルディ、千葉、鹿島の3チーム。
  110. ^ 準々決勝は水本と皆川が、準決勝は水本と塩谷がそれぞれ代表に選ばれた。
  111. ^ 2つのカップ戦を合わせた成績で、ナビスコカップは2連敗目。
  112. ^ 『サッカーダイジェスト』日本スポーツ企画出版社(2016年2月25日)、2016年2月1日、p18。
  113. ^ 特に初戦の山東魯能戦は5809人と50000人収容である筈のエディオンスタジアム広島ながら6000人をも割り込む有様だった。
  114. ^ 中国新聞 (2010年4月27日). “久保に最優秀ゴール賞”. 2010年6月5日閲覧。
  115. ^ 木之本興三『日本サッカーに捧げた両足 真実のJリーグ創世記』ワニブックス、2013年、p. 17
  116. ^ a b c d 【復刻】広島ガラスのカップ割っちゃった”. ニッカンスポーツ (2012年11月24日). 2012年12月31日閲覧。
  117. ^ a b Jリーグ20年 珍事件BEST8”. web R25 (2013年5月4日). 2013年5月4日閲覧。
  118. ^ 2009年10月16日付エル・ゴラッソ
  119. ^ a b c d e f g h 中野和也「Jリーグ史上に残るトラブルを全員で乗り切ったこと」『紫熊倶楽部』2010年9月、 20-21頁。
  120. ^ サンフレと若者支援で町に活気を”. 中国新聞メディアクラブ (2007年6月8日). 2012年6月3日閲覧。
  121. ^ 中野和也 (2016年12月2日). “佐藤寿人――偉大なストライカーが歩んだ道と愛される理由”. サッカーダイジェスト. http://www.soccerdigestweb.com/news/detail4/id=20953 2017年3月13日閲覧。 
  122. ^ 「サンフレッチェ劇場」によって渋滞解消?”. J's GOAL (2008年12月29日). 2012年6月3日閲覧。
  123. ^ “新ユニフォームスポンサー(鎖骨右)に、ハイセンスジャパン株式会社が決定!” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年1月12日), https://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=12649&m=1&y=2019 2019年1月16日閲覧。 
  124. ^ “8月11日(土・祝)V・ファーレン長崎戦『ピースマッチ~One Ball. One World.スポーツができる平和に感謝~』開催” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年6月22日), http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=11965 2018年6月26日閲覧。 
  125. ^ “オンラインショップ「e-VPOINT」限定 8月11日 ピースマッチ着用 平和祈念ユニフォーム販売のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年6月22日), http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=11967 2018年6月26日閲覧。 
  126. ^ 中国新聞 (1998年1月10日). “マツダ特集 「貢献」と「再建」はざまで苦悩 -地域との関係”. 2010年2月10日閲覧。
  127. ^ 予約重複しサンフレ会場変更”. 中国新聞 (2011年6月3日). 2012年6月3日閲覧。
  128. ^ サンフレッチェ広島公式サイト・日程と記録サンフレッチェ広島公式記録ジャパンフットボールリザルツ(1992-2004年までの記録)
  129. ^ イレブンから不満続出 施設面でも改善を要求”. 中国新聞 (1997年11月3日). 2012年6月3日閲覧。
  130. ^ ホームゲームのFM実況中継が好評”. 中国新聞 (2001年9月27日). 2012年6月3日閲覧。
  131. ^ a b サンフレッチェ広島応援企画
  132. ^ “キーホルダーでサンフレ観戦”. 中国新聞. (2015年6月18日). http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=163779&comment_sub_id=0&category_id=110 2015年6月18日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サンフレッチェ広島」の関連用語

サンフレッチェ広島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サンフレッチェ広島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本プロサッカーリーグ社団法人日本プロサッカーリーグ
©JAPAN PROFESSIONAL FOOTBALL LEAGUE J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J. LEAGUE PHOTOS,INC. J. LEAGUE ENTERPRISE,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンフレッチェ広島F.C (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS