絡みとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > 絡みの意味・解説 

からみ【絡み/×搦み】

巻きつくこと。

言いがかりをつけること。「—上戸(じょうご)」

密接に関連していること。また、入り組んだ関係。「予算との—があって実現難しい」→がらみ

歌舞伎演出で、主役強さなどを強調するため、捕り手軍兵などに扮した端役(はやく)が主役にからむこと。また、その役。


がらみ【絡み/×搦み】

接尾

年齢値段を表す数詞に付いて、だいたいその見当その前後であるという意を表す。「五十—の男」「千円—の品」

名詞に付いて、そのものをくるめて、それと一緒に、の意を表す。「袋—売る」

「刀を取りて、鞘—うたんとす」〈甲陽軍鑑・二〇〉

名詞に付いて、それと密接に関連していることを表す。「派閥—の人事


からみ【絡・搦】

〔名〕 (動詞「からむ(絡)」の連用形名詞化

巻きつくこと。

浄瑠璃唐船噺今国性爺(1722)下「千筋の引づなからみのくさり」

相撲のからみ投げまた、男女房中での色事

人情本春色辰巳園(1833‐35)初「色の土俵のせきと関、四十八手はまだなこと。新手をもってお客をば、投もからみもするなれど」

③ 無理を言ったり、言いがかりつけたりして困らせること。

洒落本大通禅師法語(1779)「我大通の道は〈略〉悪振(いやみ)邪工(カラミ)の無理(こじつけ)を止め我心察して他(ひと)の心を察するの義」

入り組んだ事情。めんどうな事柄

洒落本美地の蠣殻(1779)「なるほど先の面(つら)が悪ひと、からみがなくて遊びよふ御ざりやす」

(5) 歌舞伎舞踊劇などで、主役を引きたてる役、または演出法。軍兵捕り手花四天(はなよてん)などがある。とりまきとったり

(6) 相場がある一定の値段前後にあること。→絡(がらみ)②。〔模範新語通語大辞典1919)〕


がらみ【絡・搦】

接尾

名詞に付けてそのものをくるめて、そのものいっしょに、の意を表わす。ぐるみ。

甲陽軍鑑(17C初)品一〇「刀を取て、さやがらみうたんとす」

年齢値段を示す数詞に付けて、だいたいその見当その前後、の意を表わす値段場合多く相場用いる。「五十がらみの人」

模範新語通語大辞典1919)〈上田景二〉「カラミ 搦み。〈略〉二円搦(ガラ)みと云へば二円内外のこと」


絡み

読み方:からみ

マ行五段活用動詞「絡む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類

接尾語箇月    絡み    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「絡み」に関係したコラム

  • 株365の日経225証拠金取引とSQとの関係は

    SQとは、日経225先物取引において、満期日を迎えた限月物の最終価格のことです。SQは、Special Quotationの略で日本語では特別清算数値、特別清算指数といいます。SQが決められるのは限月...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「絡み」の関連用語

絡みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



絡みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS