羽とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > の意味・解説 

う【羽】

[音](呉)(漢) [訓]はね は

学習漢字2年

[一]〈ウ〉

のはね。「羽化羽毛換羽

出羽(でわ)国。「羽後羽前奥羽

[二]〈はね(ばね)〉「羽布団(はねぶとん)/尾羽(おばね)」

[三]〈は(ば)〉「羽色羽音羽根羽子板羽二重(はぶたえ)/尾羽(おは)・白羽剣羽(つるぎば)」

[補説] 「羽(は)」は前にくる音によって「わ」「ば」「ぱ」になる。「一羽(いちわ)・三羽(さんば)・六羽(ろっぱ)」

難読合羽(カッパ)


う【羽】

中国日本音楽階名の一。五声の第5音。


は【羽】

鳥・虫などのはね。「尾羽打ち枯らす」「羽うちわ

空蝉の—にをく露の木隠れ忍び忍び濡るる袖かな」〈源・空

につける鳥のはね。方向固定する役割をする。矢羽根。「(たか)の羽の矢」

茶の湯の釜で、胴回りに鍔(つば)のように薄く張り出し部分


ば【羽】

接尾「わ(羽)」に同じ。「すずめ三羽」


ぱ【羽】

接尾「わ(羽)」に同じ。「にわとり十羽」


わ〔は〕【羽】

接尾助数詞ウサギ数えるのに用いる。「一羽」「二羽

[補説] 上に来る数詞の末音によって、「ば(三羽)」または「ぱ(六羽・八羽)」ともなる。


は‐ね【羽/羽根】

鳥の全身を覆う羽毛

鳥が空を飛ぶための器官。翼。「—を畳む」

㋑(「翅」とも書く)昆虫の飛ぶための器官

翼状のもの。特に、器具機械取り付け翼状のもの。「飛行機の—」

外套の—を後ろに反(は)ねて」〈木下尚江良人の自白

矢につけた羽毛。やばね。

羽根ムクロジの実に穴をあけ、数本の羽をさしたもの羽子板でこれをついて遊ぶ。はご。「正月に—をつく」《 新年》「大空に—の白妙とどまれり/虚子

バドミントン用いシャトルコック

水車タービンなどで回転体周囲取り付け金属片。「プロペラの—」「扇風機の—」

紋所の名。1の形を組み合わせ図案化したもの

[下接語] 赤い羽根緑の羽根(ばね)案内羽根追い羽根大羽・尾羽・風(かざ)切り羽切り羽子(ばね)・固定羽根小羽根・衝(つく)羽根手羽撚翅(ねじればね)・矢羽根・遣(や)り羽根綿羽


う【羽】

1語素

鳥の羽。

浄瑠璃釈迦如来誕生会(1714)四「十丈余りの大石一羽(ウ)より猶かろがろとひっかかへて」〔孟子恵王・上〕

出羽の国のこと。羽前羽後陸羽奥羽など。

2 〔名〕 日本中国朝鮮用いられた音階名で、五音(ごいん)の一つ。最も高い音。〔周礼春官大師


は【羽】

〔名〕

鳥類全身を覆う毛。羽毛

古事記(712)上「鵜の羽(は)を葺草に為て」

鳥類飛行用の羽(はね)。つばさ。〔十巻本和名抄(934頃)〕

昆虫飛行用の翅(はね)。

万葉(8C後)三・三七六「あきづ羽(は)の袖振る妹を玉くしげ奥に思ふ見たまへ吾が君

④ 矢につける鳥のはね。方向固定するために役立てるもの。矢羽

古事記(712)上「其の矢の羽(は)は其のの子等皆喫ひつ」

(5) 弓に弦を張った際の弓の握りと弦(つる)の捜(さぐり)との間の距離。その広いのを「ふとい」、または「たかい」といい、せまいのを「ほそい」または「ひくい」という。

宮参次第(16C)「弓のはの事、木中六寸定る也」

(6) 茶釜で、釜の胴まわりにひさしのようにうすく張り出し部分。古い蘆屋釜天明釜などに多い。これの欠けたものを羽落(はおち)という。

浮世草子立身大福帳(1703)七「地がまは羽より上のこしき厚くしりうすし」

(7) 筬(おさ)の(くし)の歯のようにとりつけられた金属・竹などの薄片。筬羽。

随筆守貞漫稿(1837‐53)一七「万筋島 〈略〉一と羽毎色を隔つ万筋と云、二た羽隔を千筋と云」

(8) 大きさ表わす漁業関係者の用語。「大羽」「中羽」などと用いる。

(9) 「はぶり(羽振)」の略。

(10) ⇒わ(羽)


【羽】

接尾〕 (撥音のあとでは「ば」に、促音のあとでは「ぱ」になる) 鳥類や兎を数えるのに用いる。〔運歩色葉(1548)〕


は‐ね【羽根・羽・翅・羽子】

〔名〕

鳥の羽軸(うじく)の付根部分。翮(かく)。羽柄。羽茎(はぐき)。〔十巻本和名抄(934頃)〕

鳥の羽毛のこと。

万葉(8C後)一〇・一八四〇「梅が枝鳴きて移ろふの翼(はね)白妙沫雪(あわゆき)そ降る」

鳥のつばさ。また、哺乳類蝙蝠(こうもり)の飛ぶための器官もいう。

万葉(8C後)一五・三六二五「すらも 妻とたぐひて わが尾には 降りそと しろたへの 波禰(ハネ)さし交へて うち払さ寝(ぬ)とふものを」

昆虫の中胸・後胸におのおの一対ある飛ぶための器官一般膜状器官翅脈によって支持されている。胸部の腹面からその基部付着した翼筋の伸縮により振動浮力推進力与えられる。中胸に生ずるものを前翅後胸生ずるものを後翅といい、形態著しく異なることもある。表面には鱗片・毛などの付属物をもつ。

堤中納言(11C中‐13C頃)虫めづる姫君「かいこのまだはねつかぬにし出だし

(5) 矢に矧(は)ぐ鳥のつばさなどの羽。矢羽根

(6) 無患子(むくろじ)のに穴をあけ、色をつけた鳥の羽毛数本をさしたもの正月に、これを羽子板(はごいた)でついて遊ぶ。羽子(はご)。《季・新年》 〔俳諧誹諧初学抄(1641)〕

(7) 機械器具などに取りつける鳥のつばさの形の部品

三四郎(1908)〈夏目漱石〉一〇「車の羽弁(ハネ)が五色に塗ってある」

(8) 紋所の名。②の形を種々組み合わせ図案化したもの三つ羽根、三つ割羽根、三つ寄せ羽根、三つ羽根丸、四つ羽根、四つ羽根丸、羽根などの種類がある。

(9) 羽織(はおり)。また、着物江戸時代文政天保一八一八四四)頃、遊里などで流行した語。のちに、大工仲間盗人仲間隠語。〔当世花詞仙人(1832)〕

(10) 二重回しなどの外套で、二重になったものの外側部分

文鳥(1908)〈夏目漱石〉「自分外套の羽根(ハネ)を返して」

(11) 楊弓大弓で、銭を賭け時に、四銭をいう語。

(12) 歌舞伎で、鬘(かつら)の襟足毛先をいう。


作者伊集院静

収載図書宙ぶらん
出版社集英社
刊行年月2006.2


読み方:ハネhane

所在 東京都羽村市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 05:52 UTC 版)




「羽」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/24 14:42 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. はね鳥類体表を覆う構造物体表とは硬質の軸上のもので接続しており、その軸に軟質の毛状のものが密生している。鳥類においては前肢のものが発達しており、飛行のための不可欠器官となっている。羽根

翻訳

接尾辞

  1.  「ぱ」「ば」)またはうさぎの数をあらわす助数詞

関連語

熟語



  • 画数:6
  • 音読み:ウ
  • 訓読み:は、 はね
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類

接尾語  絡み  羽    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「羽」に関係したコラム

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「羽」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

羽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



羽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの羽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS