収集とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 収集 > 収集の意味・解説 

しゅう‐しゅう〔シウシフ〕【収集/×蒐集】

[名](スル)

寄せ集めること。「ごみの—日」

趣味研究などのために集めること。また、そのものコレクション。「資料を—する」「切手の—家」


収集

作者レイモンド・カーヴァー

収載図書THE COMPLETE WORKS OF RAYMOND CARVER 1 頼むから静かにしてくれ
出版社中央公論社
刊行年月1991.2

収載図書Carver's Dozenレイモンド・カーヴァー傑作
出版社中央公論社
刊行年月1994.12

収載図書CARVER'S DOZENレイモンド・カーヴァー傑作
出版社中央公論社
刊行年月1997.10
シリーズ名中公文庫

収載図書頼むから静かにしてくれ 1
出版社中央公論新社
刊行年月2006.1
シリーズ名村上春樹翻訳ライブラリー


コレクション

(収集 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 08:47 UTC 版)

収集は、モノを広く集めること、また集められたもの。収集、収集物、所蔵品。「収集」は「蒐集」とも書く。趣味としての収集活動に対して使われることが多いが。また、研究用資料、博物館美術館等の所蔵作品群、近年では作家の著作集などに対しても用いられている。服飾においては、ファッションデザイナーや服飾ブランドが開催する展示会及びその作品群を指す。ただし英語ではファッションウィーク (fashion weekと呼ぶのが一般的である(詳細はファッションショーを参照)。また日本では一般的ではないが、英語圏では募金寄付金献金集金などのこともコレクションと呼ばれる。




  1. ^ ボードリヤール「蒐集の分類体系」(『蒐集』、17頁-18頁)およびベンヤミン、122頁-123頁参照。また後述のポミアンは同様の観点から、「経済活動の実践に必要な情報を引き出すための本だけを集めている図書館」のようなものはコレクションとは見なせないとしている。(ポミアン、23頁)
  2. ^ ポミアン、22頁、368頁-371頁
  3. ^ 春日、187頁-193頁
  4. ^ ミヒェル (2005). 


「コレクション」の続きの解説一覧

収集

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:38 UTC 版)

名詞

しゅうしゅう蒐集」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. (収集) 何かを集めること。「ごみの―」
  2. (蒐集) 趣味研究のために集めること。「資料の―」

発音

しゅ↗ーしゅー

動詞

活用

サ行変格活用
収集-する



収集と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「収集」の関連用語

収集のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



収集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコレクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの収集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS