収集とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 収集 > 収集の意味・解説 

しゅう‐しゅう〔シウシフ〕【収集/×蒐集】

[名](スル)

寄せ集めること。「ごみの—日」

趣味研究などのために集めること。また、そのものコレクション。「資料を—する」「切手の—家」


コレクション

(収集 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 07:48 UTC 版)

コレクションは、モノを広く集めること、また集められたもの。収集、収集物、所蔵品。「収集」は「蒐集」とも書く。趣味としての収集活動に対して使われることが多いが。また、研究用資料、博物館美術館等の所蔵作品群、近年では作家の著作集などに対しても用いられている。服飾においては、ファッションデザイナーや服飾ブランドが開催する展示会及びその作品群を指す。ただし英語ではファッションウィーク (fashion weekと呼ぶのが一般的である(詳細はファッションショーを参照)。また日本では一般的ではないが、英語圏では募金寄付金献金、集金などのこともコレクションと呼ばれる。


  1. ^ ボードリヤール「蒐集の分類体系」(『蒐集』、17頁-18頁)およびベンヤミン、122頁-123頁参照。また後述のポミアンは同様の観点から、「経済活動の実践に必要な情報を引き出すための本だけを集めている図書館」のようなものはコレクションとは見なせないとしている。(ポミアン、23頁)
  2. ^ ポミアン、22頁、368頁-371頁
  3. ^ 春日、187頁-193頁
  4. ^ ミヒェル (2005). 


「コレクション」の続きの解説一覧

収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 06:18 UTC 版)

収集 (Collection)とは監視外部との連絡・公式または非公式の情報源依頼などによる情報資料獲得である。ただし広義には情報資料収集することであり、狭義には極秘裏にこれを行うことを諜報と言う情報資料の収集のためには収集計画に基づいて様々な人的物的な手段効果的に運用しなければならない例え人的手段用いた諜報ヒューミント (HUMINT) と言うヒューミント情報員 (Agent) や情報員網を活用する情報員とはある諜報防諜活動のために情報資料の収集を行うよう命令援助を受けている人物であり、情報員網 (Agent net) とは指導的情報員指揮下で活動する秘密組織である。収集された情報資料情報資料報告 (Information report) によって評価段階に移る。情報資料報告目標を達成するために袖手された無加工情報資料伝達する目的で使用される報告である。

※この「収集」の解説は、「インテリジェンス・サイクル」の解説の一部です。» 「インテリジェンス・サイクル」の概要を見る


収集(ギャザリング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 17:07 UTC 版)

儀式必要な素材集めることを指す。

※この「収集(ギャザリング)」の解説は、「magico」の解説の一部です。» 「magico」の概要を見る


収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 14:49 UTC 版)

お気に入り ユーザー登録している会員は、自分の好みコスプレ画像に対して「すき(ハートマーク)」を押すことにより、自分の「すき」リスト自動的に追加されるフォロー コスプレイヤーのプロフィールページにある「フォローする」を押すと、そのコスプレイヤー新着投稿自身のアクティビティタイムライン表示できるコレクション 投稿されているコスプレ写真集めてアルバムパッケージにする機能追加削除など自由にできる。

※この「収集」の解説は、「WorldCosplay」の解説の一部です。» 「WorldCosplay」の概要を見る


収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 09:27 UTC 版)

実用品としては既にワードプロセッサに取って代われたが、現代では骨董的な価値見いださ収集家多数存在する俳優のトム・ハンクスタイプライターの収集を趣味しており新型コロナウイルス感染症COVID-19)により隔離対象となった際にスミス・コロナタイプライター持参した

※この「収集」の解説は、「タイプライター」の解説の一部です。» 「タイプライター」の概要を見る


収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 06:56 UTC 版)

イェイゲンはP-40Eを入手すると、2機目の航空機入手しかかった彼はヴァージニアビーチ北部のベイアイランドのあたりに住む、裏庭珍しFG戦闘機保管している所有者から買い取った航空機は分解状態ではあったものの、部品欠損少なかった。この機体はもともとニューポートニュースヴァージニア戦争博物館展示されていたが、所有者地元VFWポストを通じて入手した。この珍しく歴史的な航空機は、第二次世界大戦中沖縄戦航空母艦イントレピッドから攻撃行った機体であった一方イェイゲンは尾輪式飛行機飛行経験がなかったため、現在珍し尾輪式飛行機操縦方法を学ぶために、テキサス販売されていたステアマン複葉機について所有者電話交渉し購入した。しかし、ステアマン尾輪着陸基礎を学ぶのに適した練習機ではあるが、第二次世界大戦戦闘機速度より遅く練習機としては十分ではなかったため、より速くより重い練習機獲得することが決定された。 イェイゲンが練習機探していた頃、南アフリカ共和国ではアパルトヘイト政策廃止後、新し指導者としてネルソン・マンデラ選ばれた。このことにより、南アフリカに対する世界中武器禁輸措置が解除された。これに先立ち、彼らはAT-6練習機のような余剰となった第二次世界大戦軍事訓練機でパイロット訓練していたが、武器禁輸措置の解除に伴う新型機導入によりAT-6がすべて同時に市場へ売り出された。このような飛行機価格当初大量販売によって比較安価であった。イェイゲンはこれを知りこの中から海軍のSNJ-4として指定されていた機体購入した

※この「収集」の解説は、「軍事航空博物館」の解説の一部です。» 「軍事航空博物館」の概要を見る


収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/07 23:29 UTC 版)

最も重要な事実の多くは、周知されていたり、あるいは公共の情報源から集められることがある。この形の情報収集は、オープン・ソース・インテリジェンスとして知られてい.る。たとえば、地域人口民族構成主要な産業は軍の指揮官にとってとても重要であり、そして、この情報通常公である。大部分主力艦航空機総トン数基本的な武装も公であり、さらにそれらの速度と航続距離専門家によって、度々かなりの推定が行われ、それは写真のみからということも多い。特定の日の月の満ち欠けの状態、あるいは一般的な兵器弾道射程のような普通の事実も、立案にとって実に価値あるものあるため、常に情報部門資料集集められている。 国土詳細な高高度撮影写真分析することからかなりの量の有効な情報入手できる軍需物資輸送在庫理解するため、写真分析担当者通常軍需工場軍事基地及び用地区画についての一覧を更新する大部分情報部は、地図管理だけを目的とするグループ抱えているか、もしくは支援を行う。地図には価値ある民間利用あるため、その機関多くの場合公に設立されているか、政府の他部門認められている。ロシア中国などいくつかの歴史上の防諜機関は、公の地図意図的に禁止するか、もしくは地図偽情報記載したが、優良な諜報活動はその偽情報識別することができる。 注目している国についてはその国のあらゆる刊行物、さらに各国主要な新聞刊行物読むこと大国情報部にとって当然のことである。これは諜報活動基本的な情報のひとつである。 外交報道関係する人間軍事情報の収集を副次的に行うことも一般的である。欧米民主主義国では情報機関ジャーナリスト支払うことはほとんどないことではあるが、それでも国への忠節のためにジャーナリスト合法活動を行う中で集め情報から興味深いものを渡すことがあるまた、ひとつの国家についての多くの公的情報はその国の外からでは入手できないこともある。このため大部分情報機関国外事務所メンバー配置を行う。 いくつかの先進工業国継続して全ての無線帯域盗聴しリアルタイムにそれを解釈する。これには、全国放送地方放送ラジオ・テレビのみならず衛星通信地方軍事通信レーダー波の発信、およびマイクロ波利用する電話電報含まれる。特にアメリカ携帯電話ポケベル監視することができる衛星を持っていることは知られている通常大きな通信量分析は、自然言語電話番号解析し危険性を持つ会話通信者を見つけようとする複合コンピュータープログラムによっている。極端な場合として海底地上ケーブル盗聴されことがある少々魅惑的な秘密情報例え暗号化の鍵、外交メッセージ交換戦闘の方針と序列などは通常業務上必要がない場合は分析者たちには制限されるが、これは外国による通信量解析から発信元手段保護するめである

※この「収集」の解説は、「ミリタリー・インテリジェンス」の解説の一部です。» 「ミリタリー・インテリジェンス」の概要を見る


収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 09:27 UTC 版)

実用品としては既にワードプロセッサに取って代われたが、現代では骨董的な価値見いださ収集家多数存在する俳優のトム・ハンクスタイプライターの収集を趣味しており新型コロナウイルス感染症COVID-19)により隔離対象となった際にスミス・コロナタイプライター持参した

※この「収集」の解説は、「タイプライター」の解説の一部です。» 「タイプライター」の概要を見る


収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 09:27 UTC 版)

実用品としては既にワードプロセッサに取って代われたが、現代では骨董的な価値見いださ収集家多数存在する俳優のトム・ハンクスタイプライターの収集を趣味しており新型コロナウイルス感染症COVID-19)により隔離対象となった際にスミス・コロナタイプライター持参した

※この「収集」の解説は、「タイプライター」の解説の一部です。» 「タイプライター」の概要を見る


収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 10:04 UTC 版)

切手収集 新切発行都度郵便局で購入するほか、切手商の店頭郵趣イベントインターネットオークション通信販売などによって収集することができる。自宅届いた郵便物から切手保存するのも切手収集である。 収集の範囲も、記念切手をはじめ未使用使用済、日本の切手から世界各地切手まで様々である戦後日本発行された特殊切手は、投機利殖目的で広く収集されたが、現在は相場下が額面を超える価格処分できるケース少ない。 プレミアつかない場合は、郵便ゆうパック貼って使用するのが最も有利な処分方法となる。反面これから切手収集を始めるには良い環境であると言える消印収集 世界各地郵便事業使用されている消印(の印影)を収集する趣味である。記念印風景印新切発行の際の特印・絵入りハト印、イベントに際して使用される小型印などに人気がある日付並び改元記念して消印収集する人も多い。 消印は、郵便差出際に押してもらうほか、一定の条件郵便はがき切手通常台紙貼ったもの)に消印押してもらって持ち帰ることができる。この場合押印した郵便はがき切手郵便には使えなくなる郵便だけでなく、定額小為替などの消印為替印)を収集するケースもある。 消印自宅収集することも可能であるが(郵頼)、日本各地郵便局実際に訪問して消印収集する人もいる。この場合郵便局巡りとも重なる。 葉書・ポスタルグッズ収集エコーはがき収集 グッズ収集 - 郵便局で買えるポスタルグッズとして、POSTA COLLECTの「ご当地フォルムカード」などが人気を博している

※この「収集」の解説は、「郵便趣味」の解説の一部です。» 「郵便趣味」の概要を見る


収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 09:14 UTC 版)

追いかけなければならない仕事覚えておくべき仕事取り掛かっている途中仕事公私問わず)をすべて残ら書き出し、「バケット」の中に集める。「バケット」は紙、メモ帳PDAパソコン現実整理箱やパソコン画面上電子メール整理箱でもかまわない。すべき仕事に関する雑然とした想念頭から全部追い出し、これらメモ帳整理箱やパソコンなどに記録し整理できる状態にする。「バケット」の中身は、週に最低一度は整理して空にする必要がある

※この「収集」の解説は、「Getting Things Done」の解説の一部です。» 「Getting Things Done」の概要を見る


収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 06:18 UTC 版)

収集 (Collection)とは監視外部との連絡・公式または非公式の情報源依頼などによる情報資料獲得である。ただし広義には情報資料収集することであり、狭義には極秘裏にこれを行うことを諜報と言う情報資料の収集のためには収集計画に基づいて様々な人的物的な手段効果的に運用しなければならない例え人的手段用いた諜報ヒューミント (HUMINT) と言うヒューミント情報員 (Agent) や情報員網を活用する情報員とはある諜報防諜活動のために情報資料の収集を行うよう命令援助を受けている人物であり、情報員網 (Agent net) とは指導的情報員指揮下で活動する秘密組織である。収集された情報資料情報資料報告 (Information report) によって評価段階に移る。情報資料報告目標を達成するために袖手された無加工情報資料伝達する目的で使用される報告である。

※この「収集」の解説は、「インテリジェンス・サイクル」の解説の一部です。» 「インテリジェンス・サイクル」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

収集

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 09:01 UTC 版)

この単語漢字
しゅう
第六学年
しゅう
第三学年
音読み 音読み

発音

名詞

(しゅうしゅう) 「蒐集」の「同音の漢字による書きかえ

  1. (収集) 何かを集めること。「ごみの―」
  2. (蒐集) 趣味研究のために集めること。「資料の―」

動詞

活用


「収集」の例文・使い方・用例・文例




収集と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

収集のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



収集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコレクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインテリジェンス・サイクル (改訂履歴)、magico (改訂履歴)、WorldCosplay (改訂履歴)、タイプライター (改訂履歴)、軍事航空博物館 (改訂履歴)、ミリタリー・インテリジェンス (改訂履歴)、タイプライター (改訂履歴)、タイプライター (改訂履歴)、郵便趣味 (改訂履歴)、Getting Things Done (改訂履歴)、インテリジェンス・サイクル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの収集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS