キュビスムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > キュビスムの意味・解説 

キュビスム【(フランス)cubisme】

20世紀初めに、フランス中心に興った美術運動対象複数角度から幾何学的面に分解し、再構成する技法創出現代抽象美術大きな影響与えた。ピカソ・ブラックらが代表。立体派キュービズム


キュビスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 11:13 UTC 版)

キュビスム: Cubisme; : Cubismキュビズムキュービズム」、立体派)は、20世紀初頭にパブロ・ピカソジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向である。それまでの具象絵画が一つの視点に基づいて描かれていたのに対し、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収めた。






「キュビスム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キュビスム」の関連用語

キュビスムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キュビスムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキュビスム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS