国際ゴシックとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > ゴシック > 国際ゴシックの意味・解説 

国際ゴシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/23 22:54 UTC 版)

国際ゴシック(こくさいゴシック)は、ゴシック美術のうち、14世紀後半から15世紀前半にかけてブルゴーニュ、フランス、北イタリアで発達した様式を指す[1]。その後、この様式が西ヨーロッパ全域に広がっていったことから、19世紀末にフランスの美術史家ルイ・クラジョ(en)によって「国際ゴシック」と名付けられた[2][注 1]




  1. ^ クラジョがこの術語を導入したのは、もともとはルネサンスのルーツがフランスにあることを主張するためだったようである。
  1. ^ Ingo F. Walther, Robert Shia Lebouf Wundram, Masterpieces of Western Art: A History of Art in 900 Individual Studies from the Gothic to the Present Day, Taschen, 2002, ISBN 3-8228-1825-9
  2. ^ Thomas, 8
  3. ^ WGA: Definition of the International Gothic style
  4. ^ Syson and Gordon, 58
  5. ^ 「西洋美術史」美術出版社、1990年


「国際ゴシック」の続きの解説一覧



国際ゴシックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国際ゴシック」の関連用語

国際ゴシックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国際ゴシックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際ゴシック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS