アール・ヌーヴォーとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > アール・ヌーヴォーの意味・解説 

アール‐ヌーボー【(フランス)art nouveau】

《新芸術の意》19世紀末から20世紀初めフランス中心に欧州流行した芸術様式植物模様流れるような曲線特徴。ミュシャ・マッキントッシュらが代表。日本では日露戦争後に流行した。→ユーゲントシュティール

アール‐ヌーボーの画像
マッキントッシュによる音楽誌のポスター(1896)/撮影MCAD Library https://goo.gl/q6zUZj

アール・ヌーヴォー

読み】:アールヌーヴォー
【英】:ART NOUVEAU

新し芸術」という意味。モダンスタイルMODERN STYLE、英)、ユーゲントシュティールJUGENDSTIL、独)ともよばれる19世紀末から20世紀初頭にかけて、フランスベルギー中心としてヨーロッパ流行した芸術様式のことで、自分たちの時代相応しいものを求め人々によって推し進められた。極めて装飾的造形上の特徴をもち、それは時に華美装飾過剰とも思われかねない。花やなどの植物主題としたような曲線好み、その有機的生命的な表現は、絵画デザイン工芸建築はじめとして広い範囲に及んだ。デザイン分野では、ポスター流行して、ミュシャ時代の子となり、家具調度品の工芸分野では、ガレガラス工芸などによって名を馳せ建築分野では、オルタギマールガウディといった人々活躍がみられた。

アール・ヌーヴォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 20:41 UTC 版)

アール・ヌーヴォーフランス語: Art nouveau)とは、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動。「新しい芸術」を意味する。花や植物などの有機的なモチーフや自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない装飾性や、鉄やガラスといった当時の新素材の利用などが特徴。分野としては建築工芸品グラフィックデザインなど多岐にわたった。




  1. ^ 上田篤・田端修『路地研究 もうひとつの都市の広場』鹿島出版会、2013年、182頁。ISBN 978-4-306-09423-9
  2. ^ 谷克二『ブリュッセル歴史散歩 中世から続くヨーロッパの十字路』日経BP企画、2009年、219頁。ISBN 978-4-86130-422-4
  3. ^ 『世界の美しい階段』エクスナレッジ、2015年、134頁。ISBN 978-4-7678-2042-2




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アール・ヌーヴォー」の関連用語

アール・ヌーヴォーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アール・ヌーヴォーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2020
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアール・ヌーヴォー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS