カラーフィールド・ペインティングとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 絵画 > カラーフィールド・ペインティングの意味・解説 

カラーフィールド・ペインティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 18:00 UTC 版)

カラーフィールド・ペインティング(Color Field, Colorfield painting)は1950年代末から1960年代にかけてのアメリカ合衆国を中心とした抽象絵画の一動向。絵の中に線・形・幾何学的な構成など、何が描かれているか分かるような絵柄を描いたりはせず、キャンバス全体を色数の少ない大きな色彩の面で塗りこめるという特徴があった。その作品の多くは巨大なキャンバスを使っており、キャンバスの前の観客は身体全体を一面の色彩に包み込まれることになる。






「カラーフィールド・ペインティング」の続きの解説一覧



カラーフィールド・ペインティングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カラーフィールド・ペインティング」の関連用語

カラーフィールド・ペインティングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カラーフィールド・ペインティングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラーフィールド・ペインティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS