ハプニングとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 出来事 > ハプニングの意味・解説 

ハプニング

読み】:ハプニング
【英】:HAPPENING

1950年代後半から60年代行われた非演劇的、脱領域的な表現形式演劇公演芸術との近親性が著しいが、伝統的制作公演原理否定し、伝統芸術時間的秩序打破して「偶然性」を最も尊重しているため、自然発生的で筋書きのない演劇出来事といった性格が強い。ハプニングの名称は、1959年ニューヨークルーベン画廊開催された、アラン・カプローの「6部からなる18のハプニング」に由来し、遠く未来派ダダ直接にはアクション・ペインティング作曲家ジョン・ケージ即興概念背景としている。芸術家が行為者となって日常的演技即興的行い、またしばしば観客参加要請するとともに提示されたオブジェと一体となった環境形成し、複合感覚体験強調した。代表的ハプナー(ハプニングを行う作家)には、オルデンバーグジム・ダイン、レッド・グルームス、ラウシュンバーグなどや、ヨーロッパ中心とするフルクサスグループ、日本具体美術協会メンバーなどがいる。

ハプニング

作者永吉明美

収載図書ラッキーノッツ
出版社日本文学館
刊行年月2006.8


ハプニング

読み方はぷにんぐ
【英】:Happening

特に決まったルーティーンはなく、その場雰囲気をうまく生かして臨機応変笑い生み出すような芸のスタイル怪しげ格好で街をうろうろして道行く人とからんで遊んだりする。

もちろんボール落としたり、酔っ払いに絡まれたり、音楽間違えたりするのもハプニング。大道芸にはつきものである。


ハプニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/11 10:03 UTC 版)

ハプニングは、1950年代から1970年代前半を中心に、北米西ヨーロッパ日本などで展開された、ギャラリーや市街地で行われる非再現的で一回性の強いパフォーマンスアートや作品展示などを総称するのに用いられる美術用語。ハプニングの創始者と言われるアラン・カプローによると「きまった時間と空間の中で演じられる点では演劇に関連をもった芸術形式」。






「ハプニング」の続きの解説一覧



ハプニングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハプニング」の関連用語

ハプニングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハプニングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2019
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2019 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハプニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS