オブジェとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > オブジェの意味・解説 

オブジェ【(フランス)objet】


オブジェ

【英】:objet

もともとの意味は物,物体だが,ダダイズムシュールリアリズムなどの前衛芸術家が,石や木などの素材使って自己の自由なイメージ表現したアートを指す現代美術用語となっている。現代庭園ではオブジェを取り入れた試みも多い。

オブジェ

読み】:オブジェ
【英】:OBJET

本来の意味は、「もの」、「物体」、「客体」のことであるが、もともと芸術とは無関係なもの、あるいはそれらのものの寄せ集めによって構成され芸術作品をオブジェという。また、その作品構成要素あるものそのものを指すこともある。オブジェとしてのものには、自然に在在する物体や、人間つくり出し既製品既製品部分があり、それらのものが、われわれの日常感覚意識崩してしまうあり方で、作品として存在する例えば、マルセル・デュシャン初め使用したレディ・メイドは、ダダ運動において既製品本来の役割否定することで、従来秩序価値体系破壊してしまおうするためにオブジェが示された一例であるし、シュールレアリスムにおいては、オブジェはある内的なものの象徴として機能している。第二次世界大戦後は、工場から生み出される廃棄物が、オブジェとして多用されて、新たな展開をみせた。

オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 23:07 UTC 版)

オブジェ (:Objet)は、事物、物体、対象などの意味を持つ、英語ではobject(オブジェクト)にあたる言葉。


  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説『オブジェ』 - コトバンク参照
  2. ^ 渋澤龍彦 著『言葉の標本函 オブジェを求めて―渋澤龍彦コレクション』河出文庫・河出書房新社2000年 ISBN 978-4309406145参照


「オブジェ」の続きの解説一覧

オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 09:01 UTC 版)

川越市」の記事における「オブジェ」の解説

街中にオブジェ(屋外彫刻)が多い。時間を表すオブジェとしては以下のようなものがある。 「時世」(平成時の鐘として川越駅東口ロータリーにある。藤田久数作。午後6時9時0時夜空高く光を放ち時間告げる。北米照明学会賞) 「こども川越まつり」(アトレマルヒロの駅側の入口上部に、市制施行80周年記念し設置されからくり時計からくり動作アトレ開店時間から午後9時までの毎正時) 「24MONUMENT PLAZA」(川越駅東口広場にあるピラミッド状の日時計高瀬昭男作)

※この「オブジェ」の解説は、「川越市」の解説の一部です。
「オブジェ」を含む「川越市」の記事については、「川越市」の概要を参照ください。


オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 04:44 UTC 版)

ドキンちゃん」の記事における「オブジェ」の解説

アンパンマンシリーズのキャラクターの姿を象ったオブジェは、日本各地いくつか点在しており、数は少ないもののドキンちゃんの像も例外ではない。ただ、高知市はりまや町のものを例外として、他は同じ規格作られた石像である(2020年時点)。同じ規格作られているほうの各キャラクター御影石できており、高さは約1.2 - 1.4メートル右に画像示したやなせたかしロード」の石像もその一つGoogleマップなどで確認できるものを以下に列記するが、これらが設置されているものの全てではない。また、これらのオルジェがいつまでも同じ場所に設置されているという保障は無い。「やなせたかしロード」の7体を数え石像商店街範囲内で配置換えされることがあるドキンちゃんの像 - 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-2-3所在ドキンちゃん像 - 兵庫県神戸市中央区東川崎町5-1-5所在。同じ番地内にバイキンマン像もある。 ドキンちゃん像 高知県南国市後免町にある「やなせたかしロード」(後免町商店街)内、後免町1-7-3所在。同じ商店街には ばいきんまん像などもある。石像全部で7体を数えるが、これらは「やなせたかしロード」の命名に合わせて2009年平成21年)に設置された。 バイキンマン像 高知県高知市はりまや町1-5-1播磨屋橋近く)に所在するばいきんまん石像であるが、ドキンちゃんの小像が脇に建っているこのように高知市中央街にはアンパンマンシリーズのキャラクター像が数多く設置されている。この地域では、標準サイズの像の横か斜め前方に小像を配置している例が多くドキンちゃんとしょくぱんまんの小像との組み合わせなどもある。

※この「オブジェ」の解説は、「ドキンちゃん」の解説の一部です。
「オブジェ」を含む「ドキンちゃん」の記事については、「ドキンちゃん」の概要を参照ください。


オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 02:25 UTC 版)

餃子通り」の記事における「オブジェ」の解説

餃子のオブジェ(3D電柱広告)は、通りにある電柱9つ設置している。立体的な電柱広告日本初で、法律触れないよう、設置角度や高さにも注意払われた。設置当初は耐久性を試すため、2019年令和元年6月までの設置予定であった。設置には東京都広告会社東電タウンプランニング)の協力得た。 オブジェは、宇都宮餃子会の会員店舗調理した焼き餃子スキャナ読み取り3Dプリンター成型し餃子焼き色塗布した素材かぶせたものである大きさは幅30 cmで、餃子部分5 cm盛り上がり餃子の「羽根」まで再現している。

※この「オブジェ」の解説は、「餃子通り」の解説の一部です。
「オブジェ」を含む「餃子通り」の記事については、「餃子通り」の概要を参照ください。


オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/11 17:05 UTC 版)

尾澤勇」の記事における「オブジェ」の解説

尾澤勇制作水辺1987年尾澤勇制作『躍』1988年尾澤勇制作『潮』1989年尾澤勇制作『濤』1990年尾澤勇制作『花のいぶき』1991年尾澤勇制作水辺の朝』1994年尾澤勇制作華麗に1995年尾澤勇制作風花1998年

※この「オブジェ」の解説は、「尾澤勇」の解説の一部です。
「オブジェ」を含む「尾澤勇」の記事については、「尾澤勇」の概要を参照ください。


オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 18:37 UTC 版)

食品サンプル」の記事における「オブジェ」の解説

近年ではアクセサリーやオブジェなど食品サンプルではない用途にも利用されている。 縮小した食品サンプルキーホルダー加工して販売する業者存在する日本の空港では到着ロビーにある手荷物引渡所のベルトコンベア回転寿司見立て拡大した食品サンプルを流すことで地元海産物PRする手法広まっている。

※この「オブジェ」の解説は、「食品サンプル」の解説の一部です。
「オブジェ」を含む「食品サンプル」の記事については、「食品サンプル」の概要を参照ください。


オブジェ(『作品56「ボタン」』のリメイク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 08:21 UTC 版)

世にも奇妙な物語の放映作品一覧」の記事における「オブジェ(『作品56「ボタン」』のリメイク)」の解説

とある美術館怪しげな男(溝口茂樹)が館内うろうろしていると、「ボタンという名のオブジェを見つける。そのオブジェに興味を持った男は「注意書き」を無視してボタン」を押すと、男の後にきたカップル網野圭介伊藤まゆ)がある作品興味を持っていた。その作品は「ボタンを押す男」。さっきの男がそのまま石膏化してしまったのだった

※この「オブジェ(『作品56「ボタン」』のリメイク)」の解説は、「世にも奇妙な物語の放映作品一覧」の解説の一部です。
「オブジェ(『作品56「ボタン」』のリメイク)」を含む「世にも奇妙な物語の放映作品一覧」の記事については、「世にも奇妙な物語の放映作品一覧」の概要を参照ください。


オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 21:33 UTC 版)

アンパンマン (キャラクター)」の記事における「オブジェ」の解説

アンパンマンシリーズのキャラクターの姿を象ったオブジェは、日本各地いくつか点在している。主人公だけあってアンパンマンのオブジェが数多い香美市立やなせたかし記念館前に設置されている巨大な「たたかうアンパンマン像」(■画像あり)や、バンダイ本社ビル前に設置されているFRP人形(■画像あり)など、作品の製作および配給関係者設置したもののほかにも、原作者にゆかりある地域設置されているものなどがある。作品関係者以外が設置したもののうちで、記載する値するような経済的もしくは規模的に大掛かりなものを以下に挙げる石造りのものに関しては、高知市のものを例外として大半は同じ規格作られている(2020年時点)。それらのキャラクター御影石できており標準的な大きさのものは、頭頂90センチメートル全高1.2 - 1.4メートルアンパンマン宮城県仙台市宮城野区二十人町301-5 アモローソ仙台駅東口前 と、同区榴岡2-1-2石像がある。 JR仙台駅東口ペデストリアンデッキから仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール2011年平成23年7月22日開業まで伸びる850メートル歩道は、2017年平成29年8月3日付で「アンパンマンストリート」と命名されると共に通り沿いには、駅に近いほうから順に、ばいきんまんドキンちゃんメロンパンナアンパンマンの、計4体の石像設置された。その後2018年平成30年10月には仙台駅東口前にアンパンマン像が増設された。 アンパンマン像・バイキンマン像 - 東京都足立区中川4-42大谷田南公園内)に石像が所在。 アンパンマン像・バイキンマン像 - 神奈川県平塚町八重咲町石像が所在。 アンパンマン兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5-7石像が所在。神戸ハーバーランドumie南側外郭道路国道2号)は「神戸ハーバーランド線」とも「神戸ガス燈通り」とも呼ばれているが、神戸駅南口方面から神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール2013年平成25年4月19日開業)へ到るこの道路には、「神戸アン…&モール」の開業に伴って同年4月12日付で「アンパンマンストリート」の愛称与えられたアンパンマンドキンちゃん石像もこのストリート命名と同じ時期(あるいは同時)に設置されている。 アンパンマン像 高知県香美市香北町美良布1224-2(やなせたかし木公園)に所在アンパンマン像 高知県南国市駅前町3-2-24にある「やなせたかし・ごめん駅前公園内に石像がある。いくつか設置されている小像の一つ石造りベンチ端っこパン工場ヒーロー達座っているという造形シリーズのアンパンマンバージョンで、カレーパンマンやしょくぱんまんも同じように設置されている。 アンパンマン像 高知県南国市後免町にある「やなせたかしロード」(後免町商店街)内、「ごめん・よってこ広場」(後免町2-3-1)の近く後免町2-1-13 に石像が所在。すぐ近くにばいきんまん像 もあり、同じ商店街にはドキンちゃん像 などもある。石像全部で7体を数えるが、これらは「やなせたかしロード」の命名に合わせて2009年平成21年)に設置された。 アンパンマン像 高知県高知市はりまや町1-1所在。やはり石像であるが、他とは造形異なるうえに、ジャムおじさん小さな像が脇に建っているこのように高知市中央街にはアンパンマンシリーズのキャラクター像が数多く設置されている。この地域では標準サイズの像の横か斜め前方に小像を配置している例が多く様々な組み合わせがある。はりまや町1-1にあるアンパンマン像は、脇に播磨屋橋がある「はりまや交差点」から高知駅南口到るはりまや通り」の要所ばいきんまん像(ドキンちゃんの小像付き) と対になった形で設置されている。

※この「オブジェ」の解説は、「アンパンマン (キャラクター)」の解説の一部です。
「オブジェ」を含む「アンパンマン (キャラクター)」の記事については、「アンパンマン (キャラクター)」の概要を参照ください。


オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 15:08 UTC 版)

ズコッティ公園」の記事における「オブジェ」の解説

公園には、マーク・ディ・スヴェロ(英語版)作の「Joie de Vivre」とベンチ座っているビジネスマン銅像であるジョン・スワード・ジョンソン2世英語版)作の「Double Check」の2つのオブジェが置かれている。 「Joie de Vivre」は高さが70フィート明る赤色形鋼作成され彫刻2006年公園置かれた以前はストーム・キング・アートセンター(英語版)に置かれていた。オーストラリア美術評論家であるベンジャミン・ジェノッチオ(英語版)は「高層建築物囲まれ中で素敵に反響している」と彫刻にとって最適な場所と発言している。

※この「オブジェ」の解説は、「ズコッティ公園」の解説の一部です。
「オブジェ」を含む「ズコッティ公園」の記事については、「ズコッティ公園」の概要を参照ください。


オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 14:32 UTC 版)

ばいきんまん」の記事における「オブジェ」の解説

アンパンマン・シリーズのキャラクターの姿を象ったオブジェは日本各地点在しており、ばいきんまんの像も例外ではない。ただ、高知市はりまや町のものを例外として、他は同じ規格作られた石像である(2020年時点)。同じ規格作られているほうの各キャラクター御影石できており、高さは約1.2 - 1.4メートルばいきんまん像は高さ1.4メートルである。右に画像示したやなせたかしロード」の石像もその一つGoogleマップなどで確認できるものを以下に列記するが、これらが設置されているものの全てではない。また、これらのオブジェがいつまでも同じ場所に設置されているという保障は無い。「やなせたかしロード」の7体を数え石像商店街範囲内で配置換えされることがあるアンパンマン像・バイキンマン像 - 神奈川県平塚町八重咲町所在バイキンマン像 - 兵庫県神戸市中央区東川崎町5-1-5所在。同じ番地内にドキンちゃん像もある。 ばいきんまんの像 - 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-1-1 ユアテック本社ビル前に所在アンパンマン像・バイキンマン像 - 東京都足立区中川4-42大谷田南公園内)に所在ばいきんまん像 - 高知県香美市香北町美良布1224-2(やなせたかし木公園)に所在ばいきんまん像 高知県南国市後免町にある「やなせたかしロード」(後免町商店街)内、後免町2-1-12に所在。同じ商店街にはドキンちゃん像などもある。石像全部で7体を数えるが、これらは「やなせたかしロード」の命名に合わせて2009年平成21年)に設置された。 このばいきんまん像は、設置された年の11月15日に角の1本折られ破壊されたことがある当時は日本全国この種キャラクター像を損壊させたり盗難したりする犯罪多発しており、日本社会モラル低下問題視されていた。アンパンマンシリーズはこの1件だけで済んだが、水木しげる妖怪キャラクター像はそれ以前から被害遭い続けており、2010年平成22年10月時点で損壊盗難合わせて37件にも及んだばいきんまん像 高知県高知市はりまや町1-5-1所在。やはり石像であるが、他とは造形異なるうえに、ドキンちゃん小さな像が脇に建っているこのように高知市中央街にはアンパンマンシリーズのキャラクター像が数多く設置されている。この地域では標準サイズの像の横か斜め前方に小像を配置している例が多く様々な組み合わせがある。

※この「オブジェ」の解説は、「ばいきんまん」の解説の一部です。
「オブジェ」を含む「ばいきんまん」の記事については、「ばいきんまん」の概要を参照ください。


オブジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 14:32 UTC 版)

しょくぱんまん」の記事における「オブジェ」の解説

アンパンマン・シリーズのキャラクターの姿を象ったオブジェは、日本各地いくつか点在しており、わずかながらしょくぱんまんの像もある。作品の製作および配給関係者設置したもののほかにも、原作者にゆかりある地域設置されているものなどがある。作品関係者以外が設置したもののうちで、記載する値するような経済的もしくは規模的に大掛かりなものを以下に挙げる石造りのものに関しては、高知市のものを例外として大半は同じ規格作られている(2020年時点)。それらのキャラクター御影石できており標準的な大きさのものは、頭頂90センチメートル全高1.2 - 1.4メートル右に画像示したやなせたかしロード」の石像もその一つである。 しょくぱんまん宮城県仙台市宮城野区榴岡3-1-1所在JR仙台駅東口ペデストリアンデッキから仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール2011年平成23年7月22日開業まで伸びる850メートル歩道は、2017年平成29年8月3日付で「アンパンマンストリート」と命名されると共に通り沿いには、駅に近いほうから順に、ばいきんまんドキンちゃんメロンパンナアンパンマンの、計4体の石像設置された。その後2018年平成30年10月には仙台駅東口前にアンパンマン像が増設された。しょくぱんまん像が増設された時期確認できないしょくぱんまん像 高知県南国市駅前町3-2-24にある「やなせたかし・ごめん駅前公園内に石像がある。いくつか設置されている小像の一つ石造りベンチ端っこパン工場ヒーロー達座っているという造形シリーズのアンパンマンバージョンで、アンパンマンカレーパンマン同じように設置されている。 しょくぱんまん像 高知県南国市後免町にある「やなせたかしロード」(後免町商店街)内、「ごめん・よってこ広場」(後免町2-3-1近くに所在。同じ商店街にはアンパンマン像などもある。石像全部で7体を数えるが、これらは「やなせたかしロード」の命名に合わせて2009年平成21年)に設置された。 しょくぱんまん像 高知県高知市中央街内に所在中央街にはアンパンマンシリーズのキャラクター石像数多く設置されている。この地域では、標準サイズの像の横か斜め前方に小像を配置している例が多くドキンちゃんとしょくぱんまんの小像との組み合わせなどもある

※この「オブジェ」の解説は、「しょくぱんまん」の解説の一部です。
「オブジェ」を含む「しょくぱんまん」の記事については、「しょくぱんまん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「オブジェ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オブジェ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/26 10:29 UTC 版)

語源

フランス語 objet

発音

お↘ぶじぇ

名詞

オブジェ

  1. 物、事物対象
  2. 美術表現対象なるもの前衛美術では,幻想効果のために取入れられる物体

「オブジェ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オブジェのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2022 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2022
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオブジェ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの川越市 (改訂履歴)、ドキンちゃん (改訂履歴)、餃子通り (改訂履歴)、尾澤勇 (改訂履歴)、食品サンプル (改訂履歴)、世にも奇妙な物語の放映作品一覧 (改訂履歴)、アンパンマン (キャラクター) (改訂履歴)、ズコッティ公園 (改訂履歴)、ばいきんまん (改訂履歴)、しょくぱんまん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオブジェ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS