オブジェクトコードとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オブジェクトコードの意味・解説 

オブジェクトファイル

(オブジェクトコード から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/10 07:05 UTC 版)

オブジェクトファイル (object file) またはオブジェクトコード (object code) とは、コンパイラソースコードを処理した結果生成される(たいていはアセンブリ言語による assembler code file と、アセンブラによるそれのアセンブルを経由している)、コード生成の結果にしてバイナリコードを含む中間的なデータ表現のファイルである。オブジェクトファイル共有ライブラリのようにも使われることがある。


  1. ^ IBM Corporation (1973). IBM OS Linkage Editor and Loader. http://www.bitsavers.org/pdf/ibm/360/os/R21.7_Apr73/GC28-6538-10_Linkage_Editor_Rel_21_Apr73.pdf. 
  2. ^ Irvine, Kip R. (1993), Assembly language for the IBM-PC (2nd ed.), New York: Macmillan, ISBN 0-02-359651-1 


「オブジェクトファイル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オブジェクトコード」の関連用語

オブジェクトコードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オブジェクトコードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオブジェクトファイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS