メソッドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 方法 > メソッドの意味・解説 

method

別表記:方法、メソッド

「method」とは、方式手段といった目的を達成するため必要になる手順プロセス意味する英単語

「method」の基本的な意味

「method」は基本的に手段という意味で、特定の学問芸術における調査方法技術、何かを行う際の方式や方策などのことを指す。そのほか科学調査技術原理における規律や、秩序だった配置分類規律秩序習慣的な実践なども「method」という表現用いる。方法確立した人の名なぞらえ、「○○method(○○方式)」などと名付けられることもある。また、役者が、演じキャラクター内なる人格完全に同一化しようとする演劇技法も「method」と呼ばれている。

「method」の発音・読み方

「method」の発音記号は、アメリカ英語では「méθəd」、イギリス英語では「meθʌd」である。日本語カタカナ読みでは「メソッド」と発音されるが、アメリカ英語イギリス英語、どちらにおいても「メサッド」という発音に近い。アメリカ英語イギリス英語に関わらず、「th」の発音は舌を歯の間に挟んで発音するアメリカ英語では「サ」の部分軽く口を開いて発音しイギリス英語では「サ」の部分は「サ」と「セ」の中間の発音にするとネイティブ近くなる

「method」の語源

「method」は、方法という意味を持つラテン語の「methodus」を語源とする古代ギリシャ語の「methodos」が、欧州語根の「sed-」と融合して生まれた言葉とされる古代ギリシャ語の「methodos」は、後を追ってという意味を持つ「meta」と道という意味を持つ「hodos」が合わさ生まれた言葉で欧州語根の「sed-」には「座る」という意味があるため、「結果を追うための正しい道筋」という意味用いられるようになったそのため、「method」は「方式」や「筋道」などの意味合い用いられている。

「method」と「way」の違い

「method」と「way」は、どちらも方法という意味用いられるが、ニュアンス違いがある。「way」においての「方法」とは、一般的に用いられている方法手段人それぞれ流儀など、型にはまらず自由に導き出さた方法のことを指す。一方、「method」における「方法」とは予め決められたルール規則に従い導き出さた方法のことを指す。手術の方法や数学の方程式など確立されているものは「method」、人それぞれやり方ルーティーンなど概略的なものは「way」と表現する

・This is my way.
・This is my method.

どちらも「これが私のやり方という意味であるが、「This is my way.」は我流やり方、「This is my method.」は科学的理論規則に基づいて導き出した方法というニュアンスになる。

「method(ハンドソープ)」とは

「method(ハンドソープ)」とは、アメリカのクリーニングブランド「method」が販売しているハンドソープである。植物由来の肌に優し成分作られているほか、100%再生プラスチックボトル使用しており地球にも優しい。ピンクイエローグリーンなどのカラフルな色のハンドソープで、ピンクグレープフルーツグリーンティーラベンダーなど香り良く人気を博している。泡で出てくるフォームタイプと、ジェルタイプ2種類ハンドソープがある。

「method」の使い方・例文

・He claims to have developed a new method for growing tomatoes.(彼はトマト育て新しい方法開発した主張している.)
・Their teaching method tries to adapt lessons to each student.(彼らの指導方法は、それぞれの生徒授業適応できるようにするためのものだ。)
・We need to adopt more modern methods of doing things.(私たち物事を行うためにもっと近代的な方法取り入れ必要がある。)
・That method hasn't worked, so let's try your way.(その方法うまくいなかったのであなたのやり方試してみよう。)
・This method of growing vegetables never fails.(野菜を育てるこの方法は決し失敗しない。)
・What is the most reliable method of contraception?(最も確実な避妊方法何ですか?)
・She criticized the police's methods of crowd control.(彼女は警察群衆警備の方法を批判した。)
・We used different methods of calculation, but we both got the same result.(異な計算方法使用したが、両方とも同じ結果得られた。)
The book is completely lacking in method.(この本に方法論欠けている。)
Travelling by train is still one of the safest methods of transport.(電車で移動は、依然として最も安全な移動手段1つである。)

メソッド【method】

読み方:めそっど

《「メソード」とも》体系的な方法方式


メソッド [method]

WMI において、クラス動作記述する関数クラスにメソッドを含めても、そのメソッドの実装保証されるわけではありませんImplemented 修飾子をメソッドに追加して、そのクラス実装使用できることを示します。メソッドは、WMI インターフェイス含まれる関数でもあります

メソッド

【英】method

メソッドとは、オブジェクト指向プログラミングにおける、特定のクラスオブジェクト属する、特定の理をひとまとまりにしたサブルーチンのことである。「method」という単語は、一般的な英単語としては「手段」「方法」などを意味する

特に、Javaのように、全てのサブルーチン何らかのクラス属すプログラミング言語でメソッドという言葉使われる

プログラミングのほかの用語一覧
オブジェクト指向:  カプセル化  コンストラクタ  コンポーネント  メソッド  密結合  OCX  OLE

メソッド

作者金真須美

収載図書在日文学全集 第14巻 深沢夏衣・金真須美鷺沢萠
出版社勉誠出版
刊行年月2006.6


メソッド

名前 Method

メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 08:55 UTC 版)

メソッドメソード (method) とは、方法、方式のこと。特定の分野や固有名詞では日本語訳されずカタカナのまま用いられる。




「メソッド」の続きの解説一覧

メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 02:09 UTC 版)

Javaの文法」の記事における「メソッド」の解説

アクセス修飾子に加えて、メソッドには以下の修飾子付けて宣言できるabstract当該クラスでは定義されないメソッドであり、代わりに当該クラス全ての具象 (非abstract) サブクラスによって定義されなければならないstaticfinalnativeのいずれとも併用できないfinalサブクラスによって再定義できないメソッド。そのメソッドがインスタンス (非static) メソッドでありかつ十分小さいならばコンパイラはそのメソッドをインライン関数のように各所に展開する場合がある訳注性能改善目的と思われる)。abstract併用できないnative – このメソッドはネイティブマシン依存コードリンクする。メソッド本体無しで宣言されるabstract併用できないJava Native Interfaceにて使用されるstaticクラスのインタンスではなくクラス属する。abstract併用できない。 strictfp – メソッドとそこに含まれる内部クラス全てにおける浮動小数点演算が、厳密な浮動小数点演算動作使用する厳密な浮動小数点演算動作は、演算結果プラットフォーム関わりなく同一となることを保証する。 synchronized – メソッド本体実行する前に関連オブジェクト排他する。関連オブジェクトが他スレッドにて排他済である場合、他スレッド排他解除しスレッド排他獲得するまで実行待たされるここで言う関連オブジェクトとは、そのメソッドがstaticならばClassオブジェクト指し、非staticならばオブジェクトインスタンスを指す。abstractメソッドをsynchronizedとして宣言することは可能だが意味はない。何故な排他とは宣言ではなく実装に伴う機能であり、抽象メソッドは実装持たないからであるprivateメソッドは自ずからfinalであり、abstractにはできない点に注意

※この「メソッド」の解説は、「Javaの文法」の解説の一部です。
「メソッド」を含む「Javaの文法」の記事については、「Javaの文法」の概要を参照ください。


メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 21:54 UTC 版)

C SharpとJavaの比較」の記事における「メソッド」の解説

C#のメソッドはデフォルトで非仮想(非virtual)であり、仮想メソッドにする必要がある場合明示的にvirtual宣言しなければならないJavaのメソッドは常に仮想 (C#virtual指定された状態) であり、非仮想にすることはできないが、final修飾子指定することでオーバーライド禁止することはできる。 Javaでは、メソッドを非仮想的にする方法はない。これは、派生クラス同名無関係なメソッドを再定義することが不可能であることを意味する。これは基底クラス別のプログラマによって書かれており、バージョン更新際に派生クラスに既に存在していたものと同じシグネチャのメソッドが追加されてしまった場合問題になるJavaでは、この場合どちらのプログラマ意図とも異なり派生クラスのメソッドは暗黙的に基底クラスオーバーライドになってしまう(基底クラスfinal宣言されていた場合コンパイルエラーになってしまう)。 これらのバージョン更新問題部分的に解決するため、Java SE 5.0では@Overrideアノテーション導入された。これにより基底クラス同一シグネチャのメソッドを持ち、それが派生クラス正しくオーバーライドされていることを保証することはできる。しかし後方互換性維持のため、この指定必須ではない従っIDEツールなしに上記のように思いがけずオーバーライドしてしまうような問題を防ぐことはできないC#では、派生クラス仮想メソッドオーバーライドする際には、明示的にその旨を宣言する必要がある。メソッドが基底クラスオーバーライドである場合override修飾子指定されていなければならないまた、オーバーライドではなく同名無関係なメソッドを派生クラス再定義することができるが、コンパイラ警告を発するコンパイラ警告抑制した場合new修飾子指定しなければならない。 メソッド種別C#Java仮想 (指定なし) N/A 仮想 virtual (指定なし) 抽象 abstract abstract オーバーライド override @Override 継承先でのオーバーライド禁止 (指定なし:非仮想) final オーバーライド かつ 継承先でのオーバーライド禁止 sealed override @Override final 隠蔽 new N/Aオーバーライド」も参照

※この「メソッド」の解説は、「C SharpとJavaの比較」の解説の一部です。
「メソッド」を含む「C SharpとJavaの比較」の記事については、「C SharpとJavaの比較」の概要を参照ください。


メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 03:49 UTC 版)

Grails」の記事における「メソッド」の解説

GORM管理されるドメインクラスには、クラスおよびオブジェクト上で永続性操作を行う動的メソッドと静的メソッドがある。

※この「メソッド」の解説は、「Grails」の解説の一部です。
「メソッド」を含む「Grails」の記事については、「Grails」の概要を参照ください。


メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/16 17:50 UTC 版)

IUnknown」の記事における「メソッド」の解説

IUnknownには、QueryInerface、AddRef、Release3つのメソッドがある。QueryInterfaceは、ほかに実装しているインタフェース問い合わせ取得するメソッドである。AddRefとReleaseは、それぞれ参照カウント増減を行う。 QueryInterfaceはインタフェース識別するGUID (通常インタフェースID (IID) と呼ぶ) に基づいて他のインタフェースへのポインタを得るために用いる。対象のCOMオブジェクト実装していないインタフェース要求され場合には、エラー値としてE_NOINTERFACEを返す。なお、すべてのCOMオブジェクトIUnknown実装しているという性質上、IUnknownIID引数指定してのQueryInterfaceは必ず成功する。 AddRefはクライアントがこのCOMオブジェクト参照を始めることを伝えるために用いる。 ReleaseクライアントがこのCOMオブジェクト使用終了することを伝えるために用いる。 AddRefとRelease戻り値現在の参照カウントの値であるが、あくまでテスト用目的としている。 interface IUnknown{ virtual HRESULT STDMETHODCALLTYPE QueryInterface(REFIID riid, void **ppvObject) = 0; virtual ULONG STDMETHODCALLTYPE AddRef(void) = 0; virtual ULONG STDMETHODCALLTYPE Release(void) = 0;}; なお、IUnknownインタフェースIDは、{00000000-0000-0000-C000-000000000046}と定義されている。

※この「メソッド」の解説は、「IUnknown」の解説の一部です。
「メソッド」を含む「IUnknown」の記事については、「IUnknown」の概要を参照ください。


メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 23:30 UTC 版)

ヴィム・ホフ」の記事における「メソッド」の解説

ホフは、精神的な鍛錬によって人間自分の神経系影響を与えることができる、と考えている彼は自身の循環器影響を与える技法教え学校設けている。彼のいう「ヴィム・ホフ・メソッド (Wim Hofmethode)」は、呼吸技法と、徐々に寒冷な環境順応することで自分の身体低温への耐性高まるという信念結びつけものである彼はまた、チベット瞑想技法であるツンモ(英語版)を取り入れており、彼自身の言によれば、「自らの意思呼吸によって、神経系を通して熱を生み出す助けとなるのだという。この実践によって、より多くの酸素血流によって運ばれ中枢神経系作用するのだという。 ホフ考えでは、酸素身体中行き渡ることで、身体アルカリ化するという。 2015年1月14日ホフは、メソッドを学ぶ弟子たち18とともにショートパンツ姿でのキリマンジャロへ集団登山敢行した。 ホフ考えでは、このメソッドは、リウマチ糖尿病患者改善にも役立つものであり、また、広い意味での癒し効果もあるとしている。彼はそれぞれの病気は、その原因が免疫系バランスの乱れにあると考えており、病気90%は治せるものだとしている。 呼吸法鍛錬の中では、一種の過呼吸起こして短い間意識を失うこともある。このような状態が水中起こると、いわゆる浅水失神英語版)に陥り命を落とすこともある。2016年5月7月アムステルダム新聞Het Parool』は、ヴィム・ホフ・メソッドの実践者から4人の死者出ていると報じた溺死者出たことは、一部の例では検死報告書によっても確認された遺族中には、この鍛錬法溺死関係がある疑い警鐘を鳴らす者もいる。ヴィム・ホフ自身は鍛錬安全な方法と場所を選んで行うべきだと述べている。

※この「メソッド」の解説は、「ヴィム・ホフ」の解説の一部です。
「メソッド」を含む「ヴィム・ホフ」の記事については、「ヴィム・ホフ」の概要を参照ください。


メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 07:23 UTC 版)

Polyglot (プログラミング)」の記事における「メソッド」の解説

ポリグロットプログラムを構築するために最も一般的に使用される2つの手法は、コメント異な文字使用する言語組み合わせることと、さまざまなトークン異なる言語の他のトークンとして再定義することである。多くの場合構文特徴がうまく利用することができる。以下、 ANSI CPHP 、およびbash記述されたポリグロットプログラムを示す。 #define a /* # /dev/null > /dev/null \ ;// 2> /dev/null; x=a;$x=5; // 2> /dev/null \ ;if (($x)) // 2> /dev/null; thenreturn 0; // 2> /dev/null;fi#define e ?>#define b */#include #define main() int main(void)#define printf printf( #define true )#define functionfunction main() { printf "Hello, world!\n"true/* 2> /dev/null | grep -v true*/; return 0;}#define c /*main#*/ ハッシュ記号はCのプリプロセッサステートメントを示しますが、bashPHPではコメントである。 「//」は、PHPとCの両方コメントであり、bashルートディレクトリである。 シェルリダイレクトは、望ましくない出力排除するために使用されます。 コメントアウトされた行でも、PHPインジケーター効果があるステートメント" function main() "は、PHPbash両方有効であり、Cでは#definesは、コンパイル時に「 int main(void) 」に変換している。 コメントインジケータを組み合わせてさまざまな操作実行できる。 " if (($x)) "は、bashPHP両方有効なステートメントである。 printfbashシェルビルトインであり、ブラケット省略されていることを除いてC printf同じである(これがCコンパイラコンパイルされている場合はCプリプロセッサ追加する)。 最後の3行はmain関数呼び出すためにbashによってのみ使用されるPHPでは、 main関数定義される呼び出されず、Cでは、 main関数明示的に呼び出必要はない。 あまり一般的ではない言語では簡単に作ることもできる[要出典]。これは、 SNOBOL 4、 Win32Forth 、 PureBasicv 4.x、およびREBOL同時に記述され小さなサンプルである。 *BUFFER : A.A ; .( Hello, world !) @ To Including? Macro SkipThis; OUTPUT = Char(10) "Hello, World !" ;OneKeyInput Input('Char', 1, '[-f2-q1]') ; Char End; SNOBOL4 + PureBASIC + Win32Forth + REBOL = <3 EndMacro: OpenConsole() : PrintN("Hello, world !") Repeat : Until Inkey() : Macro SomeDummyMacroHere REBOL [ Title: "'Hello, World !' in 4 languages" CopyLeft: "Developed in 2010 by Society" ] Print "Hello, world !" EndMacro: func [][] set-modes system/ports/input [binary: true] Input set-modes system/ports/input [binary: false] NOP:: EndMacro ; Wishing to refine it with new language ? Go on !

※この「メソッド」の解説は、「Polyglot (プログラミング)」の解説の一部です。
「メソッド」を含む「Polyglot (プログラミング)」の記事については、「Polyglot (プログラミング)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「メソッド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

メソッド

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 02:07 UTC 版)

名詞

メソッド

  1. 方法論手法方法物事やり方
  2. (情報技術) 他のオブジェクトメッセージ送信すること。
  3. (情報技術) 統一モデリング言語における操作のこと。
  4. (プログラミング, オブジェクト指向, クラスベース) クラス振る舞い記述したルーチン

発音(?)

め↘そっど
IPA: /??/
X-SAMPA/??/

語源

翻訳

方法

関連語

類義語
熟語

「メソッド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



メソッドと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「メソッド」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メソッド」の関連用語

メソッドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メソッドのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2022 Microsoft.All rights reserved.
PHPプロ!PHPプロ!
©COPYRIGHT ASIAL CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリメソッドの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメソッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのJavaの文法 (改訂履歴)、C SharpとJavaの比較 (改訂履歴)、Grails (改訂履歴)、IUnknown (改訂履歴)、ヴィム・ホフ (改訂履歴)、Polyglot (プログラミング) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのメソッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS