metaとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > metaの意味・解説 

メタ

英語:meta

メタとは、メタの意味

メタとは、ある事象に対する異な次元からの観点という意味である。例えば、「マイケルアメリカ人である」という観点に対し、「マイケルカタカナである」という観点は、「マイケルに対する異な次元の観点であり、メタである。メタは、特に高次次元からの観点を指すことが多く例え映画登場人物が、劇中存在であることを離れ作者観客について発言することをメタ発言という。英語では meta と表記し、ギリシャ語由来する。meta は何の略でもなく接頭辞である。

IT用語としてのメタ

IT用語としてのメタも同様の意味で使われる例えば、あるデータについて、それがどのような内容であり、どのような性質有しているかを記述したものをメタデータといい、プログラミング言語説明するための言語メタ言語という。また、プログラムプログラマー直に記述するではなくプログラム記述するために設計され高次ロジック使用してプログラミングすることをメタプログラミングという。

メタの対義語

メタは接頭辞あるため単純な意味では対義語存在しない接頭辞省いた言葉、すなわち「メタ言語に対しては「言語」が、「メタフィクションに対しては「フィクション」が対義語であると言えるニュアンスとしては、接頭辞として「直接の」、「対象の」、「同次元の」といった言葉付加したものが対義語なり得る


メタ【meta】

間に変化して後退して、などの意のギリシャ語から》

ベンゼン環二つ置換基位置一位および三位あること。→オルトパラ

酸素酸のうち、水和の程度の低いもの。メタ酸。

他のの上に付いて複合語作り超越した高次の、の意を表す。「—言語」「—メッセージ


meta-analysis とは何か


  1. meta-analysis とは Glass(1976) が作った言葉で,「研究の統合研究の評価を行うもの」である。
    primary analysis
    元の研究データ収集データ処理結果公表からなる
    secondary analysis
    別の研究者による原データの再分析
    meta-analysis
    複数研究結果から,原データではなく平均値標準偏差などから,要約統計量引き出

  2. meta-analysis は,統計学的有意性問題にするではなくeffect size焦点を置く。
    effect size
    処理群と対照群の差を標準化しものである(Cohen(1977))

  3. effect size影響を与える様々な要因を明らかにする
    例え男女effect size異なるなら,gendermoderator であると認識される
    母集団種類年齢出版公表ソース年代治療法研究の技術上の質などが moderator になりうる。
  4. quantitative reviewstudy synthesisresearch integration 等の用語を用いるものもあるが meta-analysis というのがもっと広く使われるようになっている
  5. 対象
    probabilities effect sizes
    meta-analytic comparisons データばらつき検討 左に同じ
    meta-analytic combinations 検定結果統合 effect size統合



参考文献
  1. Glass, G. V. (1976). Primary, secondary and meta-analysis of research.
    Educational Researcher, 10, 3-8.
  2. Cohen, J. (1977). Statistical power analysis for the behavioral sciences.
    New York: Academic Press.


meta-analysis のガイドライン


  1. 対象とする研究の探索選択
     文献対象はあらかじめちゃんと決めたガイドラインに従って系統的に行うべきである。

  2. 研究の特性同定コーディング

  3. meta-analysis により得られ結果報告

  4. meta-analysis への批判
    1. file drawer problem

    2. meta-analysis は,質の低い論文過大評価することになるのではないか

    3. meta-analysis は,リンゴオレンジいっしょくたにするのではないか

    4. meta-analysis は,互いに独立ではない研究まとめてしまうのではないか
         


次の

【英】Meta-
読み方:つぎの

次の意味を表す接頭語

Meta

名前 メタミータメータ

メタ (曖昧さ回避)

(meta から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 16:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

メタ (Meta)

一覧

関連項目



メタ

(meta から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/30 16:05 UTC 版)

メタmeta-古希: μετὰ-) とは、以下の意味を持つ接頭辞である:


  1. ^ a b c d e f g h 山口義久「第五章「実態と本質」†『形而上学』とメタの視点」『アリストテレス入門』〈ちくま新書〉、2019年10月9日、位置1113(kindle版)。ISBN 978-4480059017ASIN B00G949N9A
  2. ^ a b c goo辞書「メタ」
  3. ^ Cambridge Dictionary "Meta"”. 2020年8月14日閲覧。
  4. ^ The Linear B word me-ta”. Palaeolexicon.com. 2020年8月13日閲覧。
  5. ^ Willard Van Orman Quine, "Logic Based on Inclusion and Abstraction", The Journal of Symbolic Logic, Vol. 2, No. 4, pp. 145–152, December 1937


「メタ」の続きの解説一覧

「meta」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「meta」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

metaのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



metaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2022 統計学用語辞典 All rights reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメタ (曖昧さ回避) (改訂履歴)、メタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS