コーディングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > コーディングの意味・解説 

コーディング【coding】

コンピューターで、プログラミング言語によってソースコード作ること。

データ処理自動化するために、データの項目にコードをつけること。


コーディング

【英】coding

コーディングとは、プログラミング言語用いてプログラムソースコード記述する作業のことである。

コーディングは、ソフトウェア仕様プログラム実現するプログラミング作業中でも、特にプログラム設計行い導き出されたアルゴリズムプログラム言語用いて符号化code)する作業のことを指す。プログラミングが、与えられた課題に対して解決策考えることであるとすれば、コーディングはその解決策プログラム言語置き換えソースコード記述することであると言える

ただ、プログラミングやコーディングの言葉が同じような意味で用いられる場合もある。

コーディング作業を行う人は、コーダー呼ばれるコーダープログラマ設計した仕様具体的に記述していくもので、その作業違いからプログラマコーダーを明確に分けて呼ぶ場合も多い。

プログラミングのほかの用語一覧
コーディング:  キャスト  共用体  固定小数点数  コーディング  コード最適化  コメントアウト  コンテキスト

コーディング

トラプントの技法一種で、キルティングをした後、裏側から毛糸コード入れて線を表現します。

コーディング

名前 Cording

プログラミング

(コーディング から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 23:05 UTC 版)

コンピュータープログラミング英語: Computer Programming)とは、ある特定のコンピューティングの結果を得ることを目的として、実行可能コンピュータープログラムを設計・構築するプロセスのことである。プログラミングが関係するタスクの例としては、アルゴリズムの生成、アルゴリズムの正確さとリソースの消費量のプロファイリング、選択したプログラミング言語でのアルゴリズムの実装(これは一般にコーディングと呼ばれる)などがある[1][2]。プログラムのソースコードは、コンピューターCPUで直接実行される機械語ではなく、プログラマーが理解できる1つ以上のプログラミング言語で書かれる。プログラミングの目的は、あるタスク(オペレーティングシステムのように複雑な場合もある)をコンピューター上で自動化する1連の命令を見つけることで、与えられた問題を解決することである。そのため、プログラミングのプロセスには、アプリケーションドメインに関する知識、特定のアルゴリズム、形式論理など、さまざまな主題に関する専門性が要求されることが多い。


  1. ^ Shaun Bebbington (2014年). “What is coding”. 2014年3月3日閲覧。
  2. ^ Shaun Bebbington (2014年). “What is programming”. 2014年3月3日閲覧。
  3. ^ A 13th Century Programmable Robot. University of Sheffield.
  4. ^ これは、タイムシェアリングシステムの発達とも関連する。
  5. ^ http://catb.org/jargon/html/B/bottom-up-implementation.html
  6. ^ たとえば、アクションゲームで1フレーム中に行わなければならない計算が可能かどうかが、開発の最後までわからなかったりしては困るだろう。
  7. ^ ないし極く単純なアセンブリ言語
  8. ^ ただし、デバッグがあることをあてにしてルーズにプログラムを書くことは厳に戒められねばならない。バグにも種類があり、たとえば、インタプリタでも最初の構文解析で検出されるような簡単なものなら問題ないが、突き止めるのが極めて困難な部類のバグ(特異なバグを参照)はできる限り早い時点で回避されるに越したことはない。
  9. ^ 荒井省三、いげ太『実践F# 関数型プログラミング入門』技術評論社。ISBN 978-4-7741-5127-4
  10. ^ Survey of Job advertisements mentioning a given language
  11. ^ 株式会社エクス コラム 「ノンプログラミング が熱い!7つの背景」 2017年11月13日閲覧
  12. ^ Paul Graham (2003年). Hackers and Painters. http://www.paulgraham.com/hp.html 2006年8月22日閲覧。. 
  13. ^ Paul Graham『ハッカーと画家』オーム社、2005年 ISBN 978-4-274-06597-2
  14. ^ s:プログラマが知るべき97のこと/コードは設計である
  15. ^ 2019年度(令和元年度)秋期まではCOBOLが選択可能だった。
  16. ^ 元々は初級システムアドミニストレータ試験(初級シスアド)に出題されていたが、2009年より基本情報技術者試験に移行した。初級シスアドは2009年春期を最後に廃止された。
  17. ^ 2011年まではPerlが出題対象に含まれていた。


「プログラミング」の続きの解説一覧

「コーディング」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コーディング」の関連用語

コーディングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コーディングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコーディングの記事を利用しております。
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプログラミング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS