コーディ・ローデスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コーディ・ローデスの意味・解説 

コーディ・ローデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/12 02:26 UTC 版)

コーディ・ローデスCody Rhodes1985年6月30日 - )は、アメリカ合衆国男性プロレスラー


  1. ^ Cody Rhodes”. Online World of Wrestling. 2016年9月4日閲覧。
  2. ^ 【WWE】コーディ・ローデス悲願のWWE統一王座戴冠「長い夜だった」父ダスティ超えの最高位”. 日刊スポーツ (2024年4月8日). 2024年4月8日閲覧。
  3. ^ Cody Rhodes released”. WWE.com. 2016年5月22日閲覧。
  4. ^ Evolve 08/19/16 iPPV 66 Results and Review”. PWPonderings.com. 2016年8月19日閲覧。
  5. ^ Csonka’s Evolve 66 Review 8.19.16”. 411mania.com. 2016年8月19日閲覧。
  6. ^ Jeff Hardy & Jushin Liger team for first time ever, Ryback returns to the ring, Hardy vs. Marseglia, Cody Rhodes, Ricky Steamboat,Hanson vs. Dijak and MORE: complete Northeast Wrestling in Pomona, NY Coverage”. PWInsider.com. 2016年8月25日閲覧。
  7. ^ PWG 09/03/16 2016 BOLA Night 2 Results + Quick Audio Review”. PWPonderings.com. 2016年9月4日閲覧。
  8. ^ PWG 09/04/16 2016 BOLA Night 3 Results”. PWPonderings.com. 2016年9月5日閲覧。
  9. ^ TNA Bound For Glory Results – 10/2/16 (Live from Orlando, Lashley vs. EC3, debut of Cody Rhodes)”. Wrestleview.com. 2016年10月2日閲覧。
  10. ^ 戦国炎舞 -KIZNA- Presents WORLD TAG LEAGUE 2016”. 新日本プロレス. 2016年12月10日閲覧。
  11. ^ 戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム”. 新日本プロレス. 2017年1月4日閲覧。
  12. ^ 新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム」”. スポーツナビ. 2017年1月4日閲覧。
  13. ^ “CodyがNWA王座 父ダスティ・ローデスも保持”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年9月3日). https://www.nikkansports.com/battle/news/201809030000219.html 2018年9月3日閲覧。 
  14. ^ “コーディ・ローデスがバレット・クラブの頃を語るdate=2022-05-16”. プロレスジャンキー. https://www.football-news1.com/?p=21816 2024年4月21日閲覧。 
  15. ^ Johnson, Mike (2022年3月18日). “SPOILER: THE DEFINITIVE CODY RHODES UPDATE”. 2022年4月12日閲覧。


「コーディ・ローデス」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コーディ・ローデス」の関連用語

コーディ・ローデスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コーディ・ローデスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーディ・ローデス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS