中邑真輔とは?

中邑真輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 03:12 UTC 版)

中邑 真輔(なかむら しんすけ、1980年2月24日 - )は、プロレスラー京都府峰山町(現:京丹後市)出身。京都府立峰山高等学校青山学院大学経営学部卒業[1][2]。血液型A型。アメリカ合衆国フロリダ州オーランド在住。




  1. ^ a b 『ゴング』新装刊 (1号)(2014年10月、発行:アイビーレコード、発売:徳間書店)ISBN 978-4-19-710388-1 pp19
  2. ^ a b c d e スポーツアルバムNo.49 『中邑真輔 新日本プロレス[CHAOS]』(2014年6月、ベースボール・マガジン社) ISBN 978-4-583-62127-2 pp32 - 33 「母親が語る息子・中邑真輔の実像 - 」
  3. ^ RJW WK NETWORK
  4. ^ 中邑真輔と岡見勇信の対談実現、岡見が新日本参戦の夢を語る!! kamipro.com 2009年11月16日
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be スポーツアルバムNo.49『中邑真輔 新日本プロレス[CHAOS]』pp67 - 81「完全保存版 中邑真輔 国内全試合記録 ~2002年8月>>>2014年5月~」
  6. ^ 中邑真輔 日本レスリング協会 選手&大会データーベース
  7. ^ プロレススポーツアルバムNo.49 pp23
  8. ^ スポーツアルバムNo.49 pp24
  9. ^ スポーツアルバムNo.49 pp53
  10. ^ a b c d e f スポーツアルバムNo.49 pp26
  11. ^ 祝!中邑真輔選手結婚! 新日本プロレス公式サイト 2007年9月1日
  12. ^ 3代目IWGPベルトは、ブロック・レスナーによって流出後、カート・アングルへの無断譲渡される等「負のイメージ」が強がったため
  13. ^ スポーツアルバムNo.49 pp25
  14. ^ 3代目IWGPベルトが流出中、新日本プロレスは、2代目IWGPベルトを仮のベルトとして使用していた。2代目ベルトは、橋本真也が急逝した2005年に新日本から橋本家に寄贈された形になっていた
  15. ^ かつて中邑がIWGPヘビー級王座についた際、棚橋がしつこく挑戦をアピールした時に棚橋が「うっとうしいだろ」と、マイクアピールしたパターンを坂手に取る形になる
  16. ^ スポーツアルバムNo.49 pp29
  17. ^ ファレ新王者 中邑撃破の大金星!”. 東京スポーツ (2014年6月22日). 2014年6月22日閲覧。
  18. ^ インターコンチ王者・中邑が新日プロ退団!WWE入り - (2016年1月7日) 東京スポーツweb 2016年1月7日閲覧
  19. ^ 中邑真輔WWE移籍浮上、新日本は「話していない」 - (2016年1月8日)
  20. ^ 中邑真輔選手、退団のお知らせ”. 新日本プロレスリング (2015年1月12日). 2016年1月12日閲覧。
  21. ^ 中邑真輔、リングネームは「シンスケ・ナカムラ」か”. nikkansports.com. 2016年2月6日閲覧。
  22. ^ Shinsuke Nakamura signs with WWE NXT”. WWE.com. 2016年2月21日閲覧。
  23. ^ 中邑真輔がWWEと正式契約。「世界にぶつけたい。イヤァオ!」”. スポーツナビ. 2016年2月22日閲覧。
  24. ^ 中邑真輔、WWE傘下NXT部門の一員として契約”. nikkansports.com. 2016年2月22日閲覧。
  25. ^ WWE NXT results - March 16, 2016: American Alpha and Vaudevillains square off for title opportunity, Sami Zayn and Shinsuke Nakamura set for Dallas dream match”. WWE.com. 2016年3月16日閲覧。
  26. ^ NXT TakeOver Dallas Results - 4/1/16 (Balor vs. Joe)”. Wrestleview.com. 2016年4月1日閲覧。
  27. ^ WWE NXT Live Event Results From Concord (4/7): Shinsuke Nakamura And Finn Balor Team, Asuka, More”. WrestlingInc.com. 2016年4月7日閲覧。
  28. ^ WWE NXT Results – 5/25/16 (Triple Threat NXT Women’s Title #1 Contenders Match main events, TM-61 debuts)”. Wrestleview.com. 2016年5月26日閲覧。
  29. ^ NXT TakeOver: The End Results – 6/8/16 (Samoa Joe retains the NXT Title, Austin Aries vs. Shinsuke Nakamura, lots of debuts)”. Wrestleview.com. 2016年6月8日閲覧。
  30. ^ WWE”. WWE.co.jp. 2016年7月3日閲覧。
  31. ^ 中邑真輔、日本凱旋でジェリコを撃破アンブローズが3Way戦制し防衛 - スポーツナビ”. sports.yahoo.co.jp. 2016年7月3日閲覧。
  32. ^ Video – Shinsuke Nakamura Wins The NXT Championship”. SeScoops.com. 2016年8月21日閲覧。
  33. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000030-tospoweb-fight
  34. ^ WWE Smackdown Results – 4/4/17 (Fallout from WrestleMania 33)”. Wrestleview.com. 2017年4月4日閲覧。
  35. ^ NXT stars debut on Smackdown Live, Nikki Bella taking time off from WWE”. Wrestleview.com. 2017年4月4日閲覧。
  36. ^ WWE Backlash Results – 5/21/17 (Orton vs. Mahal, Nakamura debut)”. Wrestleview.com. 2017年5月21日閲覧。
  37. ^ WWE SummerSlam Results WWE SummerSlam Results – 8/20/17 (Fatal 4-Way headlines in Brooklyn)”. Wrestleview.com. 2017年8月20日閲覧。
  38. ^ 【WWE】中邑 日本人初の王座奪取ならず!インドの怪人にまさかのフォール負け”. 東スポweb. 2017年8月21日閲覧。
  39. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号pp.37-39.
  40. ^ 中邑真輔フォール負け、ヘビー級王座挑戦またも失敗 日刊スポーツ 2017年10月9日17時2分(2017年10月11日閲覧)
  41. ^ Royal Rumble 2018 results: Shinsuke Nakamura wins men’s Royal Rumble after epic battle”. sbnation.com. 2018年1月28日閲覧。
  42. ^ 【レッスルマニア34速報】偉業失敗の中邑真輔、まさかの逆ギレで王者AJを暴行!”. Sporting News. Perform Group (2018年4月9日). 2018年4月9日閲覧。
  43. ^ WWE Extreme Rules 2018 results: Lashley upends Reigns, Kevin Owens takes scary fall”. Sporting News. 2018年7月16日閲覧。
  44. ^ 12月18日収録[1]
  45. ^ PWMania.com (2018年12月25日). “WWE SmackDown Results – December 25, 2018”. PWMania.com Staff. 2018年12月26日閲覧。
  46. ^ WWE Royal Rumble 2019 LIVE results: Latest updates and matches as they happened”. Mirror. 2018年1月28日閲覧。
  47. ^ WWE Extreme Rules 2019 Results: Winners, Grades, Highlights And Analysis”. Forbes. 2019年7月14日閲覧。
  48. ^ Braun Strowman def. Shinsuke Nakamura to win the Intercontinental Title”. WWE.com. 2020年3月4日閲覧。
  49. ^ 中邑アチョ~! カンフーで武藤越え!?”. 多重ロマンチック (2008年4月7日). 2014年4月6日閲覧。
  50. ^ スポーツアルバムNo.49 pp54 - 55 「NakamuraWords」
  51. ^ ファレル・ウィリアムス「ハッピー」MVにBiS、ふなっしー、オカダカズチカ&中邑真輔が出演”. OTOTOY (2014年5月1日). 2015年3月13日閲覧。
  52. ^ IWGPインターコンチネンタル選手権・中邑vs飯伏の煽りVTRのスピンオフ企画「中邑真輔×テンプラキッズverのMV『ミイラキラー』」がYouTubeで公開中!!”. 新日本プロレスリング (2015年1月28日). 2015年3月13日閲覧。
  53. ^ 新日本プロレスリング:中邑がジャイアント馬場を語る! 新日本vs旧UWFの内幕! 『日本プロレス事件史』Vol.3は、11月17日(月)発売!”. 新日本プロレスリング (2014年11月15日). 2014年11月17日閲覧。
  54. ^ Nakamura’s entrance theme is the No .1 iTunes soundtrack song”. WWE. 2016年4月16日閲覧。
  55. ^ 棚橋&中邑両選手がTVCMに出演”. 新日本プロレスリング. 2017年11月30日閲覧。
  56. ^ 日清のどん兵衛「禁断の出会い 篇」”. 日清食品グループ. 2019年5月15日閲覧。


「中邑真輔」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中邑真輔」の関連用語

中邑真輔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中邑真輔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中邑真輔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS