2022年とは? わかりやすく解説

2022年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 10:18 UTC 版)

2022年(2022 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年令和4年。


  1. ^ 本年はispace Japan〈東京本社〉が最初のミッションを実施予定、さらに翌年にはispace Europe〈ルクセンブルク〉も参加して2回目のミッションを実施予定[98]
  1. ^ 巨大経済圏「RCEP」発効 中韓も参加、GDP・人口は世界の3割”. 朝日新聞. 2022年1月1日閲覧。
  2. ^ インドネシア、石炭輸出を一時禁止 国内発電向けを優先(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2022年1月1日). 2022年1月1日閲覧。
  3. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年1月1日). “NY市長にアダムズ氏就任 元警官、史上2人目の黒人” (日本語). 産経ニュース. 2022年1月1日閲覧。
  4. ^ 米国の高速炉計画に日本参加へ 原子力機構など協力” (日本語). 日本経済新聞 (2022年1月1日). 2022年1月1日閲覧。
  5. ^ “「核戦争に勝者いない」、米中など核保有5大国が共同声明”. ロイター. (2022年1月4日). https://jp.reuters.com/article/arms-nuclear-russia-idJPKBN2JD0XE?s=09 2022年1月4日閲覧。 
  6. ^ 北朝鮮“弾道ミサイル”発射か~内閣官房|日テレNEWS24
  7. ^ 北朝鮮のミサイル等関連情報(続報)”. 防衛省 (令和4年1月5日). 令和4年1月5日閲覧。
  8. ^ “北朝鮮発射は弾道ミサイルと米軍 「違法な兵器計画」”. 共同通信社. (2022年1月5日). https://nordot.app/851362690990047232?c=39550187727945729&s=09 2022年1月5日閲覧。 
  9. ^ “カザフスタン内閣総辞職 ガス高騰に抗議デモ激化、最大都市で衝突も”. 朝日新聞デジタル. (2022年1月5日). https://digital.asahi.com/sp/articles/ASQ15663JQ15UHBI026.html? 2022年1月5日閲覧。 
  10. ^ カザフスタンで内閣総辞職 燃料値上げにデモ拡大 日本経済新聞 2022年1月5日配信 2022年1月5日閲覧
  11. ^ “カザフスタン全土が非常事態態勢 ロシアなど平和維持軍を派遣へ”. 朝日新聞デジタル. (2022年1月6日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ166J3RQ16UHBI009.html 2022年1月8日閲覧。 
  12. ^ 世界の感染者、累計3億人超える オミクロン株の市中感染が急増”. 朝日新聞. 2021年1月7日閲覧。
  13. ^ “エチオピア北部、空爆で50人超死亡 ロイター報道”. 日本經濟新聞. (2022年1月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0900X0Z00C22A1000000/ 2022年1月9日閲覧。 
  14. ^ ロシア、ウクライナへ「侵攻する意図はない」と 米ロ高官が協議 (2022年1月11日)”. BBC. 2022年2月4日閲覧。
  15. ^ “北朝鮮から弾道ミサイル発射の可能性”. 共同通信. (2022年1月11日). https://nordot.app/853403581442998272 2022年1月11日閲覧。 
  16. ^ “北朝鮮が弾道ミサイルの可能性あるもの発射 被害情報なし”. NHK NEWS WEB. (2022年1月11日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220111/k10013424151000.html 2022年1月11日閲覧。 
  17. ^ 内閣官房も弾道ミサイルの可能性と発表 沖縄タイムス配信 共同通信執筆 2022年1月14日配信 2022年1月15日配信
  18. ^ 北朝鮮のミサイル等関連情報(続報)”. 防衛省 (2022年1月14日). 2022年1月14日閲覧。
  19. ^ トンガ大規模噴火 日本の津波注意報はすべて解除”. NHK (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  20. ^ トンガ沖海底噴火、世界でも津波観測 NZが現地支援へ”. 日本経済新聞. 2022年1月16日閲覧。
  21. ^ 【速報】Microsoftが世界トップクラスのゲーム会社「Activision Blizzard」の買収を発表”. funglr Games (2021年1月18日). 2021年1月18日閲覧。
  22. ^ インドネシア、首都をジャカルタから「ヌサンタラ」に移転へ (2022年1月19日)”. CNN. 2022年2月4日閲覧。
  23. ^ バルバドス与党圧勝 共和制移行後初の選挙: 日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2021年1月22日). 2021年1月29日閲覧。
  24. ^ CNN.co.jp : 熱帯低気圧「アナ」の死者80人以上に アフリカ南部”. CNN (2021年1月29日). 2021年1月29日閲覧。
  25. ^ ブルキナ兵士ら、政権掌握を宣言 国連はクーデターと非難”. AFP通信社 (2022年1月25日). 2022年1月25日閲覧。
  26. ^ Burkina Faso military says it has seized power”. BBC (2022年1月25日). 2022年1月25日閲覧。
  27. ^ イタリア大統領選、24日に投票開始 | ドラギ氏動向巡り不透明感”. ロイター (2021年1月24日). 2021年1月29日閲覧。
  28. ^ 【新型コロナ】モデルナがオミクロン特化ワクチン臨床試験開始 - Bloomberg”. ブルームバーグ (2022年1月27日). 2022年1月30日閲覧。
  29. ^ イタリアのマッタレッラ大統領が再選、ドラギ首相留任で政治混乱回避 - Bloomberg”. ブルームバーグ (2022年1月30日). 2022年1月30日閲覧。
  30. ^ ポルトガル総選挙、与党社会党が過半数獲得 現地報道: 日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2022年1月31日). 2022年2月27日閲覧。
  31. ^ 米軍、IS最高指導者を殺害=シリアで対テロ「急襲作戦」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News”. フランス通信社 (2022年2月4日). 2022年2月27日閲覧。
  32. ^ “Montenegro’s conservative pro-Serbian governing coalition collapses”. The Guardian. ガーディアン. (2022年2月4日). https://www.theguardian.com/world/2022/feb/04/montenegros-conservative-pro-serbian-governing-coalition-collapses 2022年2月5日閲覧。 
  33. ^ Cyclone kills at least 10 in Madagascar, destroying homes and cutting power”. ロイター (2022年2月9日). 2022年2月27日閲覧。
  34. ^ コスタリカで大統領選 候補乱立、決選投票の公算:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年2月7日). 2022年2月27日閲覧。
  35. ^ 元職と前財相が決選投票へ コスタリカ大統領選:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年2月8日). 2022年4月16日閲覧。
  36. ^ 新型コロナ: 世界のコロナ感染者4億人に オミクロン型で急増: 日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2022年2月9日). 2022年2月27日閲覧。
  37. ^ “ウクライナ全土で邦人退避勧告 外務省”. 日本経済新聞. (2022年2月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA114M70R10C22A2000000/ 
  38. ^ ドイツ大統領にシュタインマイヤー氏再選、継続性を象徴 | Reuters”. ロイター (2022年2月14日). 2022年2月27日閲覧。
  39. ^ ウクライナ親ロシア派地域 “国家として承認” プーチン大統領”. NHK (2022年2月21日). 2022年2月22日閲覧。
  40. ^ 中村亮「米、まず親ロシア地域に制裁 独立承認に対抗」『日本経済新聞』、2022年2月21日。2022年2月22日閲覧。
  41. ^ “ロシア軍、ウクライナ南部にも侵攻 「全面攻撃開始」: 日本経済新聞”. 日本経済新聞. (2022年2月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB244AD0U2A220C2000000/ 2022年2月27日閲覧。 
  42. ^ “ウクライナ、ロシアと断交 | 共同通信”. 共同通信社. (2022年2月24日). https://nordot.app/869519999287967744 2022年2月27日閲覧。 
  43. ^ “ウクライナ大統領、全土に戒厳令 ロシアの侵攻受け: 日本経済新聞”. 日本経済新聞. (2022年2月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR244ZX0U2A220C2000000/ 2022年2月27日閲覧。 
  44. ^ “キエフにミサイル攻撃か 迫るロシア軍、近郊の空港制圧: 日本経済新聞”. 日本経済新聞. (2022年2月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB253B80V20C22A2000000/ 2022年2月27日閲覧。 
  45. ^ 日本放送協会. “国際的決済網“SWIFT”からロシアの銀行締め出す制裁へ 米・欧”. NHKニュース. 2022年3月1日閲覧。
  46. ^ “「ベラルーシ国境で会談する」ゼレンスキー氏、ロシアとの交渉に合意”. 朝日新聞. (2022年2月27日). https://www.asahi.com/articles/ASQ2W7WC1Q2WOIPE01F.html 2022年2月27日閲覧。 
  47. ^ “プーチン氏、戦略核部隊に「特別警戒」命令 ゼレンスキー氏、ベラルーシ国境での交渉に合意”. BBC NEWS. (2022年2月27日). https://www.bbc.com/japanese/60543765 2022年2月27日閲覧。 
  48. ^ Володимир Зеленський facebook” (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  49. ^ ウクライナ、停戦交渉合意”. 共同通信. 2022年2月27日閲覧。
  50. ^ ウクライナ、ベラルーシ国境での停戦交渉に合意 ロシアと前提条件付けず プーチン氏は核でけん制”. 東京新聞. 2022年2月27日閲覧。
  51. ^ 国連総会、緊急会合へ 安保理要請で40年ぶり ウクライナ侵攻巡り”. 毎日新聞 (2022年2月28日). 2022年2月28日閲覧。
  52. ^ 国連総会の緊急特別会合 ロシアを非難する決議 賛成多数で採択”. NHK (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  53. ^ 韓国大統領に尹錫悦氏、激戦制す 5年ぶり保革の政権交代 - ロイター (2022年3月10日) 、2022年3月11日閲覧。
  54. ^ バラジ・ラウラ (2022年3月18日). “ハンガリー初の女性大統領が誕生”. JETRO. 2022年4月4日閲覧。
  55. ^ 念佛明奈 (2022年3月11日). “ハンガリーに初の女性大統領 議会選前に有権者へアピール狙う”. 毎日新聞. 2022年4月4日閲覧。
  56. ^ チリ大統領に左派ボリッチ氏就任 TPP批准に遅れも:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年3月12日). 2022年4月16日閲覧。
  57. ^ トルクメンで大統領選実施 独裁者の息子、勝利確実視:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年3月13日). 2022年4月16日閲覧。
  58. ^ 元職と現職で来月決選投票へ 東ティモール大統領選:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年3月21日). 2022年4月23日閲覧。
  59. ^ 中国南部で旅客機墜落 132人乗り、現場で捜索”. 時事通信. 2022年3月21日閲覧。
  60. ^ 中国機墜落、生存者なし 120人の所持品など回収:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web (2022年3月26日). 2022年3月26日閲覧。
  61. ^ Electoral Commission of Malta”. electoral.gov.mt. 2022年3月28日閲覧。
  62. ^ "民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について". 法務省. 2022年3月31日閲覧
  63. ^ 18、19歳の実名報道可能に 改正少年法きょう施行”. 日本経済新聞 (2022年4月1日). 2022年4月4日閲覧。
  64. ^ “イエメン内戦2カ月の停戦合意 国連仲介、実効性焦点に”. 日本経済新聞. (2022年4月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR034CP0T00C22A4000000/ 2022年4月8日閲覧。 
  65. ^ ウクライナの路上に残される数々の遺体、ロシア後退後の首都郊外ブチャで”. BBC (2022年4月3日). 2022年4月4日閲覧。
  66. ^ 久門武史 (2022年4月3日). “ウクライナ「キーウ州全域奪還」 市民多数犠牲、虐殺か(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞. 2022年4月4日閲覧。
  67. ^ 対ロ融和的、現職再選 セルビア大統領選:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月4日). 2022年4月16日閲覧。
  68. ^ “強権オルバン首相の与党勝利 ハンガリー総選挙、親ロ批判も:時事ドットコム”. 時事通信社. (2022年4月4日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022040400222 2022年4月16日閲覧。 
  69. ^ “コスタリカ大統領選の決選投票、チャベス前財務相が勝利 | ロイター”. ロイター. (2022年4月4日). https://jp.reuters.com/article/costa-rica-election-idJPKCN2LW0AC 2022年4月16日閲覧。 
  70. ^ “イエメン大統領、新評議会へ権限移譲 サウジ歓迎、和平交渉促す”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2022年4月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022040701010 2022年4月7日閲覧。 
  71. ^ “Yemen president hands powers to new leadership council”. Al Jazeera English. アルジャジーラ. (2022年4月7日). https://www.aljazeera.com/news/2022/4/7/yemen-president-transfers-powers-saudi-calls-for-houthis-talks 2022年4月7日閲覧。 
  72. ^ 人権理、ロシアの資格停止 賛成93カ国 国連総会が採択- 毎日新聞 2022年4月8日
  73. ^ 国連総会緊急会合 人権理事会、ロシア資格停止を可決 - 日本経済新聞 2022年4月8日
  74. ^ “パキスタン首相が失職 下院が不信任案可決”. 時事ドットコム. (2022年4月10日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2022041000124&g=int 2022年4月10日閲覧。 
  75. ^ “パキスタン首相が失職 経済失策で下院が不信任”. 産経新聞. (2022年4月10日). https://www.sankei.com/article/20220410-M644TPGAX5NWDA46QCXZKTC3HQ/ 2022年4月10日閲覧。 
  76. ^ パキスタン新首相にシャバズ・シャリフ氏 経済危機に対応へ:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月11日). 2022年4月16日閲覧。
  77. ^ Situational Report No. 8 for TC AGATON (2022) (Report). National Disaster Risk Reduction and Management Council. (2022-04-16). https://ndrrmc.gov.ph/attachments/article/4184/SitRep_No_8_for_TC_AGATON_2022_Update.pdf 2022年4月16日閲覧。. 
  78. ^ 新型コロナ感染確認 世界全体で5億人を超える”. NHKニュース (2022年4月13日). 2022年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月13日閲覧。
  79. ^ 世界のコロナ感染者数が累計5億人超す…2か月で1億人増、収束見通せず”. 読売新聞オンライン (2022年4月13日). 2022年4月13日閲覧。
  80. ^ NY地下鉄で乱射、23人負傷 男逃走、通勤時間帯に混乱:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月13日). 2022年4月17日閲覧。
  81. ^ Russian warship: Moskva sinks in Black Sea”. BBC News (2022年4月15日). 2022年4月15日閲覧。
  82. ^ Russia says Moskva cruiser has sunk after reported Ukrainian missile strike”. The Guardian (2022年4月15日). 2022年4月15日閲覧。
  83. ^ “Russian warship Moskva has sunk - state media”. BBC News. (2022年4月14日). https://www.bbc.com/news/world-europe-61114843 2022年4月14日閲覧。 
  84. ^ Reuters (2022年4月14日). “Russia says flagship missile cruiser Moskva has sunk after fire” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/world/europe/russia-says-flagship-missile-cruise-ship-has-sunk-after-fire-2022-04-14/ 2022年4月14日閲覧。 
  85. ^ 世界最高齢の田中カ子さん死去 119歳、国内歴代も更新―福岡:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月25日). 2022年4月25日閲覧。
  86. ^ 東ティモール大統領選、平和賞のホルタ氏当選 現職破り、72歳返り咲き:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月20日). 2022年4月23日閲覧。
  87. ^ 男性3人の死亡確認 死者14人に―知床観光船事故”. www.jiji.com. 2022年4月28日閲覧。
  88. ^ マクロン氏再選 ルペン氏と再対決、差縮まる―仏大統領選:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月25日). 2022年4月25日閲覧。
  89. ^ スロベニア議会選、左派新党が勝利 ヤンシャ政権退陣へ: 日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2022年4月25日). 2022年4月30日閲覧。
  90. ^ 米ツイッター、買収受け入れ マスク氏が全株取得5.6兆円―非上場化で収益改善へ:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月26日). 2022年4月30日閲覧。
  91. ^ “中央アフリカが法定通貨にビットコイン採用、世界で2カ国目”. ロイター. (2022年4月28日). https://jp.reuters.com/article/centralafrica-economy-bitcoin-idJPKCN2MJ28C 2022年4月28日閲覧。 
  92. ^ “モンテネグロで新政権 議会が承認 | 共同通信”. 共同通信社. (2022年4月29日). https://nordot.app/892600331457445888 2022年4月30日閲覧。 
  93. ^ "Microsoft、IE(Internet Explorer)サポート終了は2022年6月15日". ITmedia NEWS. 株式会社アイティメディア. 20 May 2021. 2021年5月20日閲覧
  94. ^ アフガン地震の死者、1000人超に”. 共同通信. 2022年6月22日閲覧。
  95. ^ 各国首脳「大きな後退」 バチカンは歓迎―米中絶権否定”. 時事ドットコムニュース. 2022年6月25日閲覧。
  96. ^ 2022年のCOP27、エジプト開催が決定、途上国への気候変動対策援助を要請(2021年11月22日)”. 日本貿易振興機構. 2022年1月8日閲覧。
  97. ^ “ホンダ「NSX」生産終了 22年12月で”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2021年8月3日). https://www.sanspo.com/article/20210803-KV2TIW5WVBPBND7PHPHPI42YOA/ 2021年8月4日閲覧。 
  98. ^ a b NASAが月試料収集プロジェクトに日本のiSpaceなど4社を選抜、宇宙鉱業のパイオニア育成を目指す”. TechCrunch Japan (2020年12月4日). 2020年12月5日閲覧。
  99. ^ フォークランド紛争40年 アルゼンチン 英に対話通じ返還求めるNHKニュース 2022年4月3日配信 2022年4月3日閲覧
  100. ^ 【独自】安倍元首相を特使でマレーシア派遣調整 “安倍派”も誕生へ TBS NEWS 2021年11月8日配信 2021年11月29日閲覧
  101. ^ 日中国交正常化50周年閲覧どうなる? テレ朝ニュース 2021年11月17日配信 2021年11月29日閲覧
  102. ^ a b 「トップガン マーヴェリック」「ミッション:インポッシブル7」の米公開が再延期”. 映画.com (2021年9月3日). 2021年9月4日閲覧。
  103. ^ “トム・クルーズ主演『トップガン2』米国公開日、2020年夏に約1年延期 ― 「複雑なフライト・シーン」撮影のため”. THE RIVER. (2018年8月30日). https://theriver.jp/topgun2-delayed/ 2018年9月26日閲覧。 
  104. ^ 「トップガン マーヴェリック」国内も公開延期、トム・クルーズはSNSでコメント”. 映画ナタリー (2020年5月13日). 2020年5月13日閲覧。
  105. ^ 「トップガン マーヴェリック」、来年7月に公開延期”. CNN (2020年7月27日). 2020年7月28日閲覧。
  106. ^ SAWADY (2020年10月7日). “『ジュラシック・ワールド』第3作が丸1年延期、2022年6月米公開に”. The River. riverch. 2022年1月1日閲覧。
  107. ^ 野尻抱介 『太陽の簒奪者』早川書房、2005年、53 - 83頁。ISBN 978-4-15-030787-5 
  108. ^ ソムトウ・スチャリトクル 『スターシップと俳句』早川書房、1984年、19 - 26頁。ISBN 978-4-15-010580-8 
  109. ^ a b 川原礫 『ソードアート・オンライン1 アインクラッド』アスキー・メディアワークス、2009年、25 - 50頁。ISBN 978-4-04-867760-8 
  110. ^ マイクル・P・キュービー=マクダウエル 『アースライズ 下』東京創元社、1991年、240 - 308頁。ISBN 978-4-488-70102-4 
  111. ^ 『COWBOY BEBOP GUIDE STARTING BOOK』 学習研究社、1998年、32・33頁。アニメディア'98年11月号第2付録。
  112. ^ 「攻速機動ゼロシーダII シード・ゴライオス」パッケージ ヒーロー。
  113. ^ 『トップをねらえ大全!』バンダイビジュアル、2012年、28・138頁頁。ISBN 978-4-04-899247-3 
  114. ^ STORY ストーリー - 『地球防衛軍5』公式サイト。2016年12月26日閲覧。
  115. ^ 野尻抱介 『南極点のピアピア動画』早川書房、2012年、140 - 143・148 - 152・186 - 304・318頁頁。ISBN 978-4-15-031058-5 
  116. ^ 『Make: Technology on Your Time Volume 05』オライリー・ジャパン、2008年、186頁。ISBN 978-4-87311-379-1 
  117. ^ ミシェル・ウエルベック 『服従』河出書房新社、2015年、46 - 48・109・110・155 - 157・191 - 196・292頁頁。ISBN 978-4-309-20678-3 



2022年(なでしこリーグ1部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 23:31 UTC 版)

スローガンREBOOT 結城監督退任しU-15監督向井祐介トップチーム監督に就任した

※この「2022年(なでしこリーグ1部)」の解説は、「アンジュヴィオレ広島」の解説の一部です。» 「アンジュヴィオレ広島」の概要を見る


2022年(令和4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 08:52 UTC 版)

1月21日 - 2月6日あっとほぉーむカフェ17あにばーさりー展〜at-home cafe 17th × TOWER RECORDS KINSHICHO〜 1月23日トークイベント開催 2月15日第1回めいどいん!スペシャルお給仕イベント開催2月15日派生ユニットとしてあっとせぶんてぃーんドール×ドール浪速萌々倶楽部、ruruluの発表 4月3日-4月24日1st mini Album『unusual』 発売。オンラインチェキサイン会inリミスタを4週間に渡って開催 4月26日1st mini Album『unusual』 拠点店舗での店頭キャンペーン開催 4月27日1st mini Album『unusual』発売 4月27日めいどいん!ユニット4月27日リリース『unusual』再生回数キャンペーン開催 4月30日めいどいん!1st mini Album『unusual』発売記念ミニライブ&ユニットチェキ撮影会開催 6月11日新宿ReNYにて1st LIVEめいどいん! 1st LIVE 〜君も私も、みんなで晴れルヤ!〜」開催予定 6月18日梅田クラブクアトロにて1st LIVEめいどいん! 1st LIVE 〜君も私も、みんなで晴れルヤ!〜」開催予定

※この「2022年(令和4年)」の解説は、「めいどいん!」の解説の一部です。» 「めいどいん!」の概要を見る


2022年(3歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 07:07 UTC 版)

次走としてスプリングステークス出走することを表明したまた、武豊騎乗する予定である

※この「2022年(3歳)」の解説は、「ドーブネ」の解説の一部です。» 「ドーブネ」の概要を見る


2022年 (J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:11 UTC 版)

3年ぶりのJ1リーグ復帰鈴木政一監督退いてクラブアドバイザーとなり、後任監督には前年までヴァンフォーレ甲府率いていた伊藤彰就任。 ルキアンがアビスパ福岡へ、小川航基横浜FCへ、杉本大地ベガルタ仙台へ完全移籍三木直土藤枝MYFCへ、鈴木海音栃木SCへ、藤川虎太朗ギラヴァンツ北九州へ、中川創FC琉球育成型期限付き移籍針谷岳晃ギラヴァンツ北九州への育成型期限付き移籍期間延長加藤智陽今野泰幸大武峻契約満了このうち今野南葛SCフリーで移籍上原力也レンタル移籍より復帰伊藤槙人金子翔太遠藤保仁が完全移籍移行ジャーメイン良袴田裕太郎横浜FCから、梶川裕嗣横浜F・マリノスから、黒川淳史大宮アルディージャから完全移籍加入杉本健勇浦和レッズよりレンタル移籍加入藤原健介ジュビロ磐田U-18から、古川陽介静岡学園高校から加入内定リカルド・グラッサヴァスコ・ダ・ガマから、ドゥドゥヴィラ・ノヴァFCから完全移籍加入内定

※この「2022年 (J1)」の解説は、「ジュビロ磐田」の解説の一部です。» 「ジュビロ磐田」の概要を見る


2022年(令和4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 21:48 UTC 版)

1月白馬の王子薔薇色の私」/花耶 2月望み」/odol 3月MIU」/中村佳穂 4月Ayumu Imazu」/破片 5月じゃあねまたね。りりあ。 6月未来時代Mega Shinnosuke

※この「2022年(令和4年)」の解説は、「Monthly A Music」の解説の一部です。» 「Monthly A Music」の概要を見る


2022年(『ブレードランナー ブラックアウト2022』)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 15:01 UTC 版)

アメリカ西海岸何者かにより高高度核爆発引き起こされEMPのために電気通信インフラあらゆる電磁気記録破壊される「大停電」発生都市機能大打撃を受ける。

※この「2022年(『ブレードランナー ブラックアウト2022』)」の解説は、「ブレードランナー 2049」の解説の一部です。» 「ブレードランナー 2049」の概要を見る


2022年(番外編)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 05:38 UTC 版)

コロナ禍による2年連続中止経てこの年石川県産業展示館での開催難しかったことから、『番外編 in 信州』と題し長野ビッグハットイベント開催した6月4日6月5日ヤバイTシャツ屋さん GLIM SPANKY SUPER BEAVER 10-FEET 優里 マカロニえんぴつ sumika Creepy Nuts

※この「2022年(番外編)」の解説は、「百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜」の解説の一部です。» 「百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜」の概要を見る


2022年(令和4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:58 UTC 版)

1月2日 - 「2022女流王座決定戦」としてスリアロβスタジオで行われた予選2021年度女流最高位決定戦女流雀王決定戦の各2位4位いわますみえ伊藤奏子浅見真紀佐月麻理子奥村知美、中月裕子)と将妃・藤川まゆ、RMUティアラクライマックスリーグ優勝者汐宮あまねの計8名がA・B2つブロックで各半荘戦行いそれぞれのトップ決勝進出決勝の2半荘戦予選の勝ち上がり2名と女流最高位内間祐海女流雀王・逢川恵夢の4人で行われた片山河野直也が解説、実況綱川隆晃が務めた2月26日 - 「2022王座決定戦」としてスリアロβスタジオで2122年度の各団体タイトルホルダーによる決戦土田堀慎吾が解説を務めた

※この「2022年(令和4年)」の解説は、「四神降臨」の解説の一部です。» 「四神降臨」の概要を見る


2022年(4歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 18:23 UTC 版)

2022年の初戦は、招待来ていたドバイターフ決定単勝オッズ1.7倍の1番人気推されていたが、直線でほとんど伸びず8着に敗れた。 次走として安田記念出走することを表明した

※この「2022年(4歳)」の解説は、「シュネルマイスター」の解説の一部です。» 「シュネルマイスター」の概要を見る


2022年(令和4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:13 UTC 版)

1月2日119歳の誕生日迎えた前年同様に22年ぶり、世界史3人目であった1月26日国内2番目の長寿者だった乙成ヨシ死去により、日本では明治30年代生まれ最後の存命者となった4月10日、7002119000000000000♠119年98日でナウス記録上回りジャンヌ・カルマン(7002122000000000000♠122年164日)に次ぐ世界歴代2位長寿となった歴代2位の記録更新されるのは、1998年ナウスがメイユールの記録上回って以来、約24年ぶりのことである。また、日本人世界歴代2位になるのは1997年にメイユールが猪飼たね記録上回って以来、約25年ぶりのことである。 4月19日119107日で死去した田中死去により、次代世界最高齢者はフランスリュシル・ランドン国内最高齢者は大阪府巽フサとなり、日本国内における明治30年代生まれ人物全員この世去った田中死去した時点で存命時国2位巽フサ1907年生まれ)と約4歳年齢差があった。世界最高齢在位期間は1367日(7000300000000000000♠3年271日)にわたりカルマンおよびメアリー・ケリーに次ぐ歴代3位記録である。

※この「2022年(令和4年)」の解説は、「田中カ子」の解説の一部です。» 「田中カ子」の概要を見る


2022年(18年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:52 UTC 版)

1月20日監督球団戦略アドバイザーコーチ岡本哲司就任することを発表。またコーチ橋本球史留任することも同日発表された2月15日、元読売ジャイアンツ選手それ以前に香川在籍歴あり)の松澤裕介打撃コーチに就任する発表

※この「2022年(18年目)」の解説は、「徳島インディゴソックス」の解説の一部です。» 「徳島インディゴソックス」の概要を見る


2022年(番外編)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 05:38 UTC 版)

コロナ禍による2年連続中止経てこの年石川県産業展示館での開催難しかったことから、『番外編 in 信州』と題し長野ビッグハットイベント開催した6月4日6月5日ヤバイTシャツ屋さん GLIM SPANKY SUPER BEAVER 10-FEET 優里 マカロニえんぴつ sumika Creepy Nuts

※この「2022年(番外編)」の解説は、「百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜」の解説の一部です。» 「百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜」の概要を見る


2022年(J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:21 UTC 版)

詳細は「2022年の名古屋グランパスエイトを参照 スローガン : 未来へ 監督 : 長谷川健太1年目クラブ創設30周年の節目。1月16日新体制発表会で、新監督に就任した長谷川健太獲得タイトル増やすべく「50得点」という目標を掲げた。レオ・シルバ酒井宣福仙頭啓矢攻撃特徴とする新戦力加わりガブリエル・シャビエル移籍空いた背番号10マテウス引き継がれた1月24日からの春季キャンプ積極的な攻撃意識でのチーム再編本格化させるが、新型コロナウィルス感染症感染拡大影響によりランゲラックマテウスといった主力合流遅れたばかりかチーム内でも感染者続出したために全体練習一時休止余儀なくされた。調整不足を懸念され迎えた2月19日開幕であったが、新戦力4人をスタメンに加え初陣ヴィッセル神戸2-0勝利する前年戦術基礎しながら敵陣でのボール奪取試みる「アグレッシブな守備」や、積極的な裏抜けクロス確実に得点チャンス増加するが、4月6日第7節までの開幕6試合を2勝2敗2分の12位と苦しい立上がりとなった。続く4月10日第8節(7試合目)はコンサドーレ札幌0-2敗れるが、試合中システム3-5-2変更するなど改善図られた。

※この「2022年(J1)」の解説は、「名古屋グランパスエイト」の解説の一部です。» 「名古屋グランパスエイト」の概要を見る


2022年(令和4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 22:45 UTC 版)

2022年(令和4年) #放送日ゲスト備考3141月8日 石崎ひゅーい 3151月15日 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 3161月22日 山本リンダ 3171月29日 鈴木愛理コメントHKT48 3182月5日 天童よしみ 3192月12日 I Don't Like Mondays. 3202月19日 阿部真央 3212月26日 ゆるミュージックほぼオールスターズ突撃インタビュー村方乃々佳 3223月5日 秋元順子 323312日 森口博子 3243月19日 SHE'S 3253月26日 ロッソ・ビ・アンコ、中村莉子安井南 3264月2日 DA PUMP 3274月9ビッケブランカ 3284月16日 Lucky Kilimanjaro 3294月23日 3304月30日 Juice=Juice 3315月7日 iScream 3325月14日 AKB48 3335月21日 天才凡人 3345月28日 =LOVE 3356月4日 FunKy Galaxyグァンス 3366月11日 稲垣潤一 3376月18日 モーニング娘。'22

※この「2022年(令和4年)」の解説は、「音ボケPOPS」の解説の一部です。» 「音ボケPOPS」の概要を見る


2022年(令和4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 04:35 UTC 版)

1月31日新会社設立移籍プラチナムピクセルとの業務提携発表

※この「2022年(令和4年)」の解説は、「SILENT SIREN」の解説の一部です。» 「SILENT SIREN」の概要を見る


2022年(令和4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:36 UTC 版)

5月1日 運転中パトカーで歩行者をはねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反過失致死)の疑いで、白石警察署地域課警部補現行犯逮捕した。警部補事故当時騒音苦情110番通報を受け白石区内の別の現場向かっていて、「前方をよく見ていなかった」と容疑認めているという。

※この「2022年(令和4年)」の解説は、「北海道警察」の解説の一部です。» 「北海道警察」の概要を見る


2022年(令和4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:12 UTC 版)

4月12日 - この日より開業10周年記念企画の展開を開始あわせて記念公式アンバサダー「リアルソラカラちゃん」として女優福原遥起用5月22日 - 開業10周年

※この「2022年(令和4年)」の解説は、「東京スカイツリー」の解説の一部です。» 「東京スカイツリー」の概要を見る


2022年(令和4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 10:11 UTC 版)

放送日内容912022年1月11日 アンジュルム平山遊季デビュー瞬間に密着OCHA NORMAメンバーカラー決定先輩とのコラボ企画(4) 921月18日 ハロプロ研修生 年末ライブパフォーマンス密着金澤朋子佐藤優樹スタジオレコーディングコラボOCHA NORMA新曲初披露舞台裏密着先輩とのコラボ企画(5) 93125日 ハロプロ研修生 今年最初のライブ密着MV紹介英雄〜笑って!ショパン先輩〜 (BEYOOOOONDS)」OCHA NORMAファンクラブイベント舞台裏密着先輩とのコラボ企画(6) 942月1日 OCHA NORMA デビューに向けてミーティング円陣の掛け声MV紹介「ハイビート気分 (鈴木愛理)」ハロプロ研修生 チーム対抗戦開催決定カードによるグループ分け先輩とのコラボ企画(7) 952月8日 ハロプロ研修生 チーム対抗戦向けたミーティングチームカラーチーム名決定MV紹介「愛のドンデン返し (高橋愛田中れいな夏焼雅)」OCHA NORMA デビューに向けてミーティンググループポーズグループ内の敬語決まり事先輩とのコラボ企画(8) 962月15日 新人ハロプロ研修生初対面後藤花、前島花凛MV紹介rescue (鈴木愛理)」OCHA NORMA デビューに向けてミーティングメンバーサイン考案(1)先輩とのコラボ企画(9) 97222日 ハロプロ研修生 チーム対抗戦向けた自主練習DVD&ブルーレイ紹介つばきファクトリー コンサート2021 CAMELLIA日本武道館スッペシャル〜」OCHA NORMA デビューに向けてミーティングメンバーサイン考案(2)夢のコラボ歌唱 収録舞台裏先輩とのコラボ企画(10) 983月1日 新人ハロプロ研修生 初めてのダンスリハーサル:後藤花、前島花凛MV紹介ハムカツ黙示録 (BEYOOOOONDS)」OCHA NORMA プロモーション活動密着ファンクラブイベントテレビ愛知での番組収録先輩とのコラボ企画(11) 9938日 新人ハロプロ研修生 初めてのボーカルリハーサル:後藤花、前島花凛ハロプロ研修生 チーム対抗戦練習ブレーレイ紹介Hello! Project 2021 秋「続・花鳥風月」」OCHA NORMA ダンスリハーサルに密着先輩とのコラボ企画(12) 100315日 ハロプロ研修生 チーム対抗オーディション舞台裏審査発表ライブ本番DVD&ブルーレイ紹介アンジュルム コンサート2021桃源郷笠原桃奈 卒業スペシャル~」」速報! OCHA NORMAサプライズ発表研修生発表会模様7月13日デビュー決定先輩とのコラボ企画(13) 101322日 新人ハロプロ研修生ステージ密着研修生発表会リハーサルライブの様子」:後藤花、前島花凛MV紹介誤爆We Can't Go Back~ (高橋愛田中れいな夏焼雅)」OCHA NORMA 北海道プロモーション活動ファンクラブイベントテレビ北海道での番組収録社長面談OCHA NORMA 福岡プロモーション活動九州放送での番組収録先輩とのコラボ企画(14) 102329日 新人ハロプロ研修生 発表会までの裏側「初リハーサルからライブ当日まで」:後藤花、前島花凛DVD&ブルーレイ紹介Juice=Juice Concert 2021FAMILIA金澤朋子ファイナルOCHA NORMA メジャーデビュー発表舞台裏研修生発表会密着先輩とのコラボ企画(15) 1034月5日 OCHA NORMA デビュー発表後初のライブイベントに密着スカパー!アイドルフェス!に出演ハロプロ研修生 春の公開実力診断テストにむけて「メンバー意気込みMV紹介愛・魔性 (アンジュルム)」OCHA NORMA デビュー曲タイトル発表舞台裏OCHA NORMAライブパフォーマンス恋のクラウチングスタート」(研修生発表会3月公演) 1044月12日 ハロプロ研修生 実力診断テスト順番決め抽選会課題曲と自由曲の出場順抽選課題曲曲目発表DVD&ブルーレイ紹介モーニング娘。'21 コンサート Teenage Solution佐藤優樹 卒業スペシャル~」OCHA NORMA リーダー発表瞬間に密着リーダーサブリーダー発表ファンクラブイベントでの公表」 1054月19日 OCHA NORMA ひなフェス舞台裏密着ハローキティとのコラボソロ&シャッフルユニット舞台裏ハロプロ研修生 実力診断テスト課題曲発表候補曲からメンバー選んだ曲目アルバムMV紹介terzo (Juice=Juice)」ハロプロ研修生 実力診断テスト自由曲発表メンバー披露する自由曲」 1064月26日 ハロプロ研修生 実力診断テストに向けてメンバー意気込み」:川嶋前島橋田植村石山OCHA NORMA メンバーサイン決定「インターネットサイン会に密着MV紹介「わさびじゃないのよは (高橋愛田中れいな夏焼雅)」 1075月3日 OCHA NORMA 2日連続イベント密着AION CINDERELLA-DX-、To be To be New Ones vol.2出演ハロプロ研修生 実力診断テストに向けてメンバー意気込み」:吉田小野田後藤松原村越MV紹介ハデにやっちゃいな!(アンジュルム)」 1085月10日 1095月17日 1105月24日 111531日 先輩とのコラボ企画(16) 1126月7日 先輩とのコラボ企画(17) 1136月14日 1146月21日 特記事項 2020年12月15日全米女子ゴルフ中継のため、12月17日放送日変更2020年12月29日年末特別編成のため休止2022年1月4日年始特別編成のため休止

※この「2022年(令和4年)」の解説は、「ハロドリ。」の解説の一部です。» 「ハロドリ。」の概要を見る


2022年(18年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 23:08 UTC 版)

4月高知県開催された第50JABA四国大会出場前回同じく予選リーグ1勝2敗(予選敗退)だった。 前期は、6月6日2期連続となる半期優勝前期優勝としては2006年以来16年ぶり)を達成した前期終了後6月12日投手平間凜太郎メキシカンリーグメキシコシティ・レッドデビルズ移籍することが発表された

※この「2022年(18年目)」の解説は、「高知ファイティングドッグス」の解説の一部です。» 「高知ファイティングドッグス」の概要を見る


2022年(3歳時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 04:10 UTC 版)

リッチストライク2022年1月22日ケンタッキー州のターフウェイパーク競馬場英語版)で行われたレオネイタスステークス(グレード外・AW8ハロン)で3歳シーズン初戦迎えたリッチストライクはここでも後方から追い上げる競馬徹し、3着に収まった調教師リード後のコメントで、リッチストライク悪天候のために数日間トレーニング機会を失った語った。またリードは「パドックでは彼はモンスターでしたが、レースではそうではありませんでした今回ひどく走りませんでしたが、彼がただ彼自身ではありませんでした」とも語った続いて3月5日同じくターフウェイパークで行われたジョンバッタリアメモリアルステークス(グレード外・AW8.5ハロン)にも出走、前走同様の追い込み競馬見せ4着に入った同じくターフウェイパークの4月2日行われたジェフルビーステークス(G3・AW9ハロン)でリッチストライク重賞初出走した。序盤から中盤にかけてずっと後方待機していたが、コーナーから内ラチ沿いに進出し勝ち馬ティズザボムの後ろ3着で競走終えた

※この「2022年(3歳時)」の解説は、「リッチストライク」の解説の一部です。» 「リッチストライク」の概要を見る


2022年(3歳時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 04:10 UTC 版)

リッチストライク2022年1月22日ケンタッキー州のターフウェイパーク競馬場英語版)で行われたレオネイタスステークス(グレード外・AW8ハロン)で3歳シーズン初戦迎えたリッチストライクはここでも後方から追い上げる競馬徹し、3着に収まった調教師リード後のコメントで、リッチストライク悪天候のために数日間トレーニング機会を失った語った。またリードは「パドックでは彼はモンスターでしたが、レースではそうではありませんでした今回ひどく走りませんでしたが、彼がただ彼自身ではありませんでした」とも語った続いて3月5日同じくターフウェイパークで行われたジョンバッタリアメモリアルステークス(グレード外・AW8.5ハロン)にも出走、前走同様の追い込み競馬見せ4着に入った同じくターフウェイパークの4月2日行われたジェフルビーステークス(G3・AW9ハロン)でリッチストライク重賞初出走した。序盤から中盤にかけてずっと後方待機していたが、コーナーから内ラチ沿いに進出し勝ち馬ティズザボムの後ろ3着で競走終えた

※この「2022年(3歳時)」の解説は、「リッチストライク」の解説の一部です。» 「リッチストライク」の概要を見る


2022年 (J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:11 UTC 版)

3年ぶりのJ1リーグ復帰鈴木政一監督退いてクラブアドバイザーとなり、後任監督には前年までヴァンフォーレ甲府率いていた伊藤彰就任。 ルキアンがアビスパ福岡へ、小川航基横浜FCへ、杉本大地ベガルタ仙台へ完全移籍三木直土藤枝MYFCへ、鈴木海音栃木SCへ、藤川虎太朗ギラヴァンツ北九州へ、中川創FC琉球育成型期限付き移籍針谷岳晃ギラヴァンツ北九州への育成型期限付き移籍期間延長加藤智陽今野泰幸大武峻契約満了このうち今野南葛SCフリーで移籍上原力也レンタル移籍より復帰伊藤槙人金子翔太遠藤保仁が完全移籍移行ジャーメイン良袴田裕太郎横浜FCから、梶川裕嗣横浜F・マリノスから、黒川淳史大宮アルディージャから完全移籍加入杉本健勇浦和レッズよりレンタル移籍加入藤原健介ジュビロ磐田U-18から、古川陽介静岡学園高校から加入内定リカルド・グラッサヴァスコ・ダ・ガマから、ドゥドゥヴィラ・ノヴァFCから完全移籍加入内定

※この「2022年 (J1)」の解説は、「ジュビロ磐田」の解説の一部です。» 「ジュビロ磐田」の概要を見る


2022年(3歳時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 04:10 UTC 版)

リッチストライク2022年1月22日ケンタッキー州のターフウェイパーク競馬場英語版)で行われたレオネイタスステークス(グレード外・AW8ハロン)で3歳シーズン初戦迎えたリッチストライクはここでも後方から追い上げる競馬徹し、3着に収まった調教師リード後のコメントで、リッチストライク悪天候のために数日間トレーニング機会を失った語った。またリードは「パドックでは彼はモンスターでしたが、レースではそうではありませんでした今回ひどく走りませんでしたが、彼がただ彼自身ではありませんでした」とも語った続いて3月5日同じくターフウェイパークで行われたジョンバッタリアメモリアルステークス(グレード外・AW8.5ハロン)にも出走、前走同様の追い込み競馬見せ4着に入った同じくターフウェイパークの4月2日行われたジェフルビーステークス(G3・AW9ハロン)でリッチストライク重賞初出走した。序盤から中盤にかけてずっと後方待機していたが、コーナーから内ラチ沿いに進出し勝ち馬ティズザボムの後ろ3着で競走終えた

※この「2022年(3歳時)」の解説は、「リッチストライク」の解説の一部です。» 「リッチストライク」の概要を見る


2022年(番外編)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 05:38 UTC 版)

コロナ禍による2年連続中止経てこの年石川県産業展示館での開催難しかったことから、『番外編 in 信州』と題し長野ビッグハットイベント開催した6月4日6月5日ヤバイTシャツ屋さん GLIM SPANKY SUPER BEAVER 10-FEET 優里 マカロニえんぴつ sumika Creepy Nuts

※この「2022年(番外編)」の解説は、「百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜」の解説の一部です。» 「百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜」の概要を見る


2022年(18年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:33 UTC 版)

1月17日1月をもって球団社長三野環が退任し2月より三野社外取締役に、これまで共同代表会長)だった和泉亨会長社長にそれぞれ就任することを発表。 このシーズンよりユニホームデザイン変更し香川県地図シルエット折り込んだ迷彩柄となる。

※この「2022年(18年目)」の解説は、「香川オリーブガイナーズ」の解説の一部です。» 「香川オリーブガイナーズ」の概要を見る


2022年(なでしこリーグ1部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 23:31 UTC 版)

スローガンREBOOT 結城監督退任しU-15監督向井祐介トップチーム監督に就任した

※この「2022年(なでしこリーグ1部)」の解説は、「アンジュヴィオレ広島」の解説の一部です。» 「アンジュヴィオレ広島」の概要を見る


2022年(なでしこリーグ1部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 23:31 UTC 版)

スローガンREBOOT 結城監督退任しU-15監督向井祐介トップチーム監督に就任した

※この「2022年(なでしこリーグ1部)」の解説は、「アンジュヴィオレ広島」の解説の一部です。» 「アンジュヴィオレ広島」の概要を見る


2022年 - (J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:09 UTC 版)

2022年 クラブスローガン :「みんな輝けサンガ関わる全ての人々が"笑顔で生き生き"と~」 チームスローガン :「S Adventure 今、冒険始まる」 曺体制2年目

※この「2022年 - (J1)」の解説は、「京都サンガF.C.」の解説の一部です。» 「京都サンガF.C.」の概要を見る


2022年 - (J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:09 UTC 版)

2022年 クラブスローガン :「みんな輝けサンガ関わる全ての人々が"笑顔で生き生き"と~」 チームスローガン :「S Adventure 今、冒険始まる」 曺体制2年目

※この「2022年 - (J1)」の解説は、「京都サンガF.C.」の解説の一部です。» 「京都サンガF.C.」の概要を見る


2022年 - (J3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 02:03 UTC 版)

2022年 クラブスローガン : 2013-14年の間監督務めた石丸清隆が8シーズンぶりに監督として復帰。また2005-07年の間選手として所属した羽田敬介GKコーチに就任した期限付き移籍加入していた秋元陽太現役引退川村拓夢期間満了サンフレッチェ広島復帰

※この「2022年 - (J3)」の解説は、「愛媛FC」の解説の一部です。» 「愛媛FC」の概要を見る


2022年 - (J3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 02:03 UTC 版)

2022年 クラブスローガン : 2013-14年の間監督務めた石丸清隆が8シーズンぶりに監督として復帰。また2005-07年の間選手として所属した羽田敬介GKコーチに就任した期限付き移籍加入していた秋元陽太現役引退川村拓夢期間満了サンフレッチェ広島復帰

※この「2022年 - (J3)」の解説は、「愛媛FC」の解説の一部です。» 「愛媛FC」の概要を見る


2022年 - (J2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 19:33 UTC 版)

2022年 北海道コンサドーレ札幌ヘッドコーチ務めた四方田修平監督に就任。それにより早川はトップチームコーチに就任した

※この「2022年 - (J2)」の解説は、「横浜FC」の解説の一部です。» 「横浜FC」の概要を見る


2022年 -(J2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 19:47 UTC 版)

2022年 チームスローガン挑戦 Never Stop Challenging 過去に横浜FC柏レイソル監督務めた下平隆宏が新監督に就任。エンリケ・トレヴィザンポープ・ウィリアム長谷川雄志が他クラブ移籍したもののそれ以外退団は既に期限付き移籍中であった3選手に留まった。補強面で中川寛斗伊東幸敏に加えエドゥアルド・ネットサムエル2人ブラジル人選手が完全移籍加入した他、大卒選手として宇津元伸弥濵田太郎、そしてU-18から屋敷優成昇格した

※この「2022年 -(J2)」の解説は、「大分トリニータ」の解説の一部です。» 「大分トリニータ」の概要を見る


2022年 - (J3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 11:40 UTC 版)

2022年 チームスローガン:One Soul 原点回起 名波体制2シーズン目。 圍、河合小手川、阪野、乾(前年栃木期限付き移籍)、セルジーニョなどが契約満了退団鈴木山形へ、山口が町田へそれぞれ期限付き移籍補強山形からビクトル千葉から安田理大岡山から3年ぶりの復帰となるパウリーニョを完全移籍獲得戸島浜崎小松、ゴ、山田山本三ツ田が期限付き移籍から復帰(ゴはその後韓国の慶南FC期限付き移籍)。東京学芸大学から住田将流通経済大学から菊井悠介薄井覇斗高崎経済大附高から二ノ宮慈洋、特別指定選手として松本大学濱名真央加入した。また経営陣体制変更GM副社長加藤辞任し横浜FM名古屋強化携わった松本市出身下條佳明がテクニカルダイレクターに就任した

※この「2022年 - (J3)」の解説は、「松本山雅FC」の解説の一部です。» 「松本山雅FC」の概要を見る


2022年 - (J2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 14:29 UTC 版)

2022年 クラブスローガン : 「成遂(読み方なしとげる)」 ポヤトス体制2年目岸本武流清水)、上福元直人京都)、福岡将太G大阪)、ジエゴ鳥栖)、鈴木徳真C大阪)、藤田譲瑠チマ横浜FM)、小西雄大山形)が完全移籍宮代大聖川崎鳥栖レンタル移籍)、垣田裕暉鹿島鳥栖レンタル移籍)がレンタル移籍満了、さらに5年キャプテン務めた岩尾憲浦和期限付き移籍と、主力選手J1中心に大量に移籍した。さらに鈴木大誠愛媛)と吹ヶ徳喜今治)が期限付き移籍し瀬口拓弥新潟)と梶川諒太東京V)はレンタル移籍先への完全移籍により退団した一方で金沢から石尾崚雅岡山から白井永地名古屋(前シーズン途中から相模原期限付き移籍)から児玉駿斗、大分から長谷川雄志外国籍選手としてADアルコルコン(スペイン・セグンダ・ディビシオン)からホセ・アウレリオ・スアレスを完全移籍獲得神戸から櫻井辰徳名古屋から石田凌太郎セレッソ大阪から藤尾翔太(前シーズン途中から水戸期限付き移籍)と新井直人それぞれ期限付き移籍獲得新卒京都産業大学より田中颯びわこ成蹊スポーツ大学より森昂大静岡学園より玄理吾福知山成美高校よりオリオラ・サンデーを獲得したまた、安部崇士岡山)と坪井清志郎アルビレックス新潟シンガポール)が期限付き移籍先から復帰した

※この「2022年 - (J2)」の解説は、「徳島ヴォルティス」の解説の一部です。» 「徳島ヴォルティス」の概要を見る


2022年 - (J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:09 UTC 版)

2022年 クラブスローガン :「みんな輝けサンガ関わる全ての人々が"笑顔で生き生き"と~」 チームスローガン :「S Adventure 今、冒険始まる」 曺体制2年目

※この「2022年 - (J1)」の解説は、「京都サンガF.C.」の解説の一部です。» 「京都サンガF.C.」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2022年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2022年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2022年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2022年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアンジュヴィオレ広島 (改訂履歴)、めいどいん! (改訂履歴)、ドーブネ (改訂履歴)、ジュビロ磐田 (改訂履歴)、Monthly A Music (改訂履歴)、ブレードランナー 2049 (改訂履歴)、百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜 (改訂履歴)、四神降臨 (改訂履歴)、シュネルマイスター (改訂履歴)、田中カ子 (改訂履歴)、徳島インディゴソックス (改訂履歴)、百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜 (改訂履歴)、名古屋グランパスエイト (改訂履歴)、音ボケPOPS (改訂履歴)、SILENT SIREN (改訂履歴)、北海道警察 (改訂履歴)、東京スカイツリー (改訂履歴)、ハロドリ。 (改訂履歴)、高知ファイティングドッグス (改訂履歴)、リッチストライク (改訂履歴)、リッチストライク (改訂履歴)、ジュビロ磐田 (改訂履歴)、リッチストライク (改訂履歴)、百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜 (改訂履歴)、香川オリーブガイナーズ (改訂履歴)、アンジュヴィオレ広島 (改訂履歴)、アンジュヴィオレ広島 (改訂履歴)、京都サンガF.C. (改訂履歴)、京都サンガF.C. (改訂履歴)、愛媛FC (改訂履歴)、愛媛FC (改訂履歴)、横浜FC (改訂履歴)、大分トリニータ (改訂履歴)、松本山雅FC (改訂履歴)、徳島ヴォルティス (改訂履歴)、京都サンガF.C. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS