迷彩柄とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 迷彩柄の意味・解説 

迷彩柄

読み方:めいさいがら

周囲環境に溶け込んでカモフラージュするための柄、迷彩目的とする柄。敵に識別されにくくするための模様で、軍隊服装一種として用いられる。

迷彩

(迷彩柄 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/26 02:09 UTC 版)

迷彩(めいさい)は、敵の目を欺くためのカモフラージュ技術の1つで、表面に塗装染色などされた模様である。装備等への塗装による迷彩を迷彩塗装、迷彩が施された服(特に戦闘服)を迷彩服と言う。


  1. ^ ノルマンディー上陸作戦で第2機甲師団第41機甲歩兵連隊の兵が着用していたが、ドイツ軍武装親衛隊と誤認され同士討ちが発生し、使用が中止された。
  2. ^ Blechman/Newman, Hardy/Alex (2004). DPM: Disruptive Pattern Material. Department of Publications, Maharishi. ISBN 0-9543404-0-X.


「迷彩」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「迷彩柄」の関連用語

迷彩柄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



迷彩柄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの迷彩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS