航空母艦とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > > 航空母艦の意味・解説 

こうくう‐ぼかん〔カウクウ‐〕【航空母艦】


【航空母艦】(こうくうぼかん)

Aircraft Carrier.

複数航空機艦上機)を搭載し、これの発着及び整備を行う能力を持つ艦艇空母
原義直訳すれば「航空機運搬艦」という程度の意味で、「母」と称するのは日本語特有の詩的表現

艦載機運用するために膨大なペイロード要するため、艦自体機動力比較的低い。
同様の理由から武装貧弱で、近接戦闘を強いられれば容易に撃沈憂き目を見る事となる。
とはいえ艦載機空爆による打撃力は他の艦種の追随を許さない圧倒的なのである
戦術的には、攻撃機によって敵の軍事目標に対しアウトレンジ攻撃をかけること企図した兵器であると言える

固定翼機を扱う場合は、上甲板滑走路飛行甲板)を備える。
しかし、飛行甲板船体サイズとの兼ね合いもあって、離艦着艦十分な長さ確保できない事も多い。
このため、離着艦を行う際は風を利用するために艦ごと向き変える事が普通。
カタパルト・スキージャンプなど、離艦補助する特殊な構造備える艦も多い。
また、着艦時にはアレスティングギア用いて強制的な急停止が行われるのが普通。

黎明期には艦隊護衛や、少数多方面運用してゲリラ的攻撃を行う艦として運用された。
しかし、1941年真珠湾攻撃によって航空主兵主義立証され、艦隊決戦主力躍り出た。

関連CIWS ジェットブラストディフレクター イージス艦 テイルフッククラブ 強襲揚陸艦

cv63.jpg

Photo:MASDF

"CV-63 Kitty Hawk"

航空母艦の大型化とそれに伴うデメリット

ここ半世紀艦上機含めてあらゆる軍用機大型化する傾向にある。
このため、航空母艦は軒並み大型化するか、搭載機数を削減するかの選択を迫られている。

そして結局の所、正規空母常軌を逸する規模まで巨大化の一途を辿っている。
往時戦艦と同様、空母国威象徴であり、その存在時として国際問題になるほど威圧的である。

例えば、アメリカ海軍ニミッツ級正規空母満載排水量10万トン超える
この規模スーパーキャリアーになれば一隻攻勢対航空作戦実施する事も可能となる。
即ち、一部列強を除くほぼ全ての国家空軍単独撃滅し得るのである

ゆえに、空母極めて高額兵器である。
搭載機も空母そのもの負けず劣らず高額で、勤務するエビエーター精鋭集められる。
最新軍事技術軍事機密の塊であるため、防諜にかかる経済的政治的コスト甚大である。

結果大型空母損失時に生じる損害は、列強各国をもってしても耐え難い規模達している。
そのため戦闘で失われる危険のある海域にはまず派遣されず、余程の事がない限り出動しない。
つまり、出動したと言う事はそれだけ深刻な事態と言える

また、それほど高価艦艇であるため、損耗前提とした作戦には投入できない
運用時は常に護衛艦隊を展開し、敵襲備えた厳重な警戒網を敷く必要がある

加えて艦艇の常として、整備補修交代要員訓練などで即応できない状態になる事がある
そのため、航空母艦を戦略的運用するためには最低3隻を保有続ける必要が生じる。

ここまで甚大な負担に耐えられる国家は非常に限られている。
実際現代海軍情勢において、正規空母実質的アメリカ合衆国一極独占状態にある。
多く国家正規空母運用非現実的考えており、軽空母STOVL空母もしくはヘリコプター空母海軍戦略基軸としている。
また、制海艦」「多目的空母」などのマルチロール艦の構想建造も進められている。

分類

()内はアメリカ海軍での略号

空母保有国の一覧

過去に空母を保有していた国の一覧


【航空母艦】(こうくうぼかん)

Aircraft Carrier.

複数航空機艦上機)を搭載し、これの発着及び整備を行う能力を持つ艦艇空母
原義直訳すれば「航空機運搬艦」という程度の意味で、「母」と称するのは日本語特有の詩的表現

艦載機運用するために膨大なペイロード要するため、艦自体機動力比較的低い。
同様の理由から武装貧弱で、近接戦闘を強いられれば容易に撃沈憂き目を見る事となる。
とはいえ艦載機空爆による打撃力は他の艦種の追随を許さない圧倒的なのである
戦術的には、攻撃機によって敵の軍事目標に対しアウトレンジ攻撃をかけること企図した兵器であると言える

固定翼機を扱う場合は、上甲板滑走路飛行甲板)を備える。
しかし、飛行甲板船体サイズとの兼ね合いもあって、離艦着艦十分な長さ確保できない事も多い。
このため、離着艦を行う際は風を利用するために艦ごと向き変える事が普通。
カタパルト・スキージャンプなど、離艦補助する特殊な構造備える艦も多い。
また、着艦時にはアレスティングギア用いて強制的な急停止が行われるのが普通。

黎明期には艦隊護衛や、少数多方面運用してゲリラ的攻撃を行う艦として運用された。
しかし、1941年真珠湾攻撃によって航空主兵主義立証され、艦隊決戦主力躍り出た。

関連CIWS ジェットブラストディフレクター イージス艦 テイルフッククラブ 強襲揚陸艦

cv63.jpg

Photo:MASDF

"CV-63 Kitty Hawk"

航空母艦の大型化とそれに伴うデメリット

ここ半世紀艦上機含めてあらゆる軍用機大型化する傾向にある。
このため、航空母艦は軒並み大型化するか、搭載機数を削減するかの選択を迫られている。

そして結局の所、正規空母常軌を逸する規模まで巨大化の一途を辿っている。
往時戦艦と同様、空母国威象徴であり、その存在時として国際問題になるほど威圧的である。

例えば、アメリカ海軍ニミッツ級正規空母満載排水量10万トン超える
この規模スーパーキャリアーになれば一隻攻勢対航空作戦実施する事も可能となる。
即ち、一部列強を除くほぼ全ての国家空軍単独撃滅し得るのである

ゆえに、空母極めて高額兵器である。
搭載機も空母そのもの負けず劣らず高額で、勤務するエビエーター精鋭集められる。
最新軍事技術軍事機密の塊であるため、防諜にかかる経済的政治的コスト甚大である。

結果大型空母損失時に生じる損害は、列強各国をもってしても耐え難い規模達している。
そのため戦闘で失われる危険のある海域にはまず派遣されず、余程の事がない限り出動しない。
つまり、出動したと言う事はそれだけ深刻な事態と言える

また、それほど高価艦艇であるため、損耗前提とした作戦には投入できない
運用時は常に護衛艦隊を展開し、敵襲備えた厳重な警戒網を敷く必要がある

加えて艦艇の常として、整備補修交代要員訓練などで即応できない状態になる事がある
そのため、航空母艦を戦略的運用するためには最低3隻を保有続ける必要が生じる。

ここまで甚大な負担に耐えられる国家は非常に限られている。
実際現代海軍情勢において、正規空母実質的アメリカ合衆国一極独占状態にある。
多く国家正規空母運用非現実的考えており、軽空母STOVL空母もしくはヘリコプター空母海軍戦略基軸としている。
また、制海艦」「多目的空母」などのマルチロール艦の構想建造も進められている。

分類

()内はアメリカ海軍での略号

空母保有国の一覧

過去に空母を保有していた国の一覧


航空母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 14:09 UTC 版)

航空母艦(こうくうぼかん、: aircraft carrier)は、航空機を多数搭載し、海上での航空基地の役割を果たす軍艦[1]。略称は空母(くうぼ)。




注釈

  1. ^ 現在まで左舷側にアイランドを設けたのは日本の「赤城」と「飛龍」のみ。
  2. ^ a b クイーン・エリザベス級では、垂直ではなく斜めに着艦するSRVL (Shipborne rolling vertical landing方式とすることもある[22]
  3. ^ ただしその後も、アメリカ海軍の対潜空母(CVS)と同様にS-2艦上哨戒機やA-4艦上攻撃機、ヘリコプターを搭載して行動を継続した艦もあった[67]
  4. ^ 他の2種類はAH-64攻撃ヘリコプターF-117ステルス攻撃機であった[70]

出典

  1. ^ a b 防衛学会 1980, p. 80.
  2. ^ a b 柿谷 2010, p. 10.
  3. ^ a b c 歴史読本編集部 2004, p. 145.
  4. ^ a b c d 中名生 2014.
  5. ^ a b c 柿谷 2010, p. 18.
  6. ^ a b 森沢 1998.
  7. ^ a b c Naval History and Heritage Command (2017年8月1日). “Carrier Designations and Names”. 2020年2月17日閲覧。
  8. ^ Gardiner 1996, p. 501.
  9. ^ Polmar 2008, ch.7 The Cold War Navy.
  10. ^ a b Polmar 2008, ch.11 New Carrier Concepts.
  11. ^ 海人社 1992.
  12. ^ a b c d e f g h i j 福井 2008, 第八章 航空母艦の特殊装置.
  13. ^ a b 福井 2008, 第二章 両大戦間の航空母艦の発達.
  14. ^ Green 2015, p. 57.
  15. ^ a b 大塚 2012.
  16. ^ 福井 2008, pp. 258-259.
  17. ^ a b c d e f 福井 2008, pp. 144-150.
  18. ^ 大塚 2014, pp. 170-174.
  19. ^ a b c 岡部 2016.
  20. ^ a b c d 立花 1984.
  21. ^ a b Calvert 2019.
  22. ^ a b c d e f 多田 2019.
  23. ^ Gardiner 1996, p. 618.
  24. ^ a b c Polutov 2017, pp. 138-143.
  25. ^ 小原 2019.
  26. ^ Wendell Minnick (2013年9月28日). “Chinese Media Takes Aim at J-15 Fighter”. Defense News. オリジナルの2015年8月10日時点におけるアーカイブ。. http://webarchive.loc.gov/all/20150810120751/http://archive.defensenews.com/article/20130928/DEFREG/309280009/Chinese-Media-Takes-Aim-J-15-Fighter# 
  27. ^ a b 大塚 2014, pp. 118-131.
  28. ^ Polmar 2008, ch.8 French and British Carriers at War.
  29. ^ 野神 & 坂本 2014, p. 59.
  30. ^ a b 福井 2008, 第七章 米国航空母艦の趨勢.
  31. ^ 吉原 1997.
  32. ^ 海人社 2007.
  33. ^ 河津 2007, p. 92.
  34. ^ 柿谷 2010, p. 14.
  35. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 11.
  36. ^ 河津 2007, p. 196.
  37. ^ 河津 2007, p. 95.
  38. ^ a b 歴史読本編集部 2004, p. 6.
  39. ^ a b c 歴史読本編集部 2004, p. 140.
  40. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 140-141.
  41. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 141.
  42. ^ a b 歴史読本編集部 2004, p. 142.
  43. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 146.
  44. ^ a b 歴史読本編集部 2004, p. 147.
  45. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 147-148.
  46. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 7-8.
  47. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 69.
  48. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 99.
  49. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 148.
  50. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 148-149.
  51. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 74.
  52. ^ a b 歴史読本編集部 2004, p. 9.
  53. ^ 歴史読本編集部 2004, pp. 101-102.
  54. ^ 歴史読本編集部 2004, p. 113.
  55. ^ a b 歴史読本編集部 2004, p. 149.
  56. ^ 青木 2007.
  57. ^ a b 大塚 2014, pp. 193-203.
  58. ^ 岡部 2007.
  59. ^ Polmar 2008, ch.3 Atomic Bombs Aboard Ship.
  60. ^ Friedman 1983, ch.12 The Forrestal Class and Its Successors.
  61. ^ 中名生 1994.
  62. ^ Polmar 2008, ch.18 Carrier Controversies.
  63. ^ 大塚 2014, pp. 156-169.
  64. ^ Polmar 2008, ch.12 Carrier Proliferation.
  65. ^ a b Polmar 2008, ch.19 New Directions.
  66. ^ a b c 岡部 1997.
  67. ^ 海人社 1997.
  68. ^ Polutov 2017, pp. 108-115.
  69. ^ a b c Polutov 2017, pp. 120-137.
  70. ^ a b c d Polmar 2008, ch.25 Amphibious Assault.
  71. ^ 大塚 2018.
  72. ^ Aircraft carrier in the world 2018
  73. ^ a b c 福井 2008, 第四章 航空戦艦について.
  74. ^ Wertheim 2013, pp. 326-327.
  75. ^ a b 福井 2008, pp. 281-283.
  76. ^ Polmar 2008, pp. 391-392.


「航空母艦」の続きの解説一覧

航空母艦

出典:『Wiktionary』 (2016/11/12 04:09 UTC 版)

名詞

航空 母艦こうくうぼかん

  1. 海上航空機発着させるための飛行甲板格納庫などを有する軍艦。「空母」と略される。

発音

こ↗ーくーぼ↘かん

関連語

翻訳




航空母艦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「航空母艦」の関連用語

航空母艦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



航空母艦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空母艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの航空母艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS