一途とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 一途の意味・解説 

いっ‐と【一途】

ひとすじの道の意から》

一つ方法手段。「ただ攻撃の一途あるのみ」

もっぱらその方向ひとすじ。「増加一途をたどる

二つ上のものが合一すること。「官武一途」


いち‐ず〔‐ヅ〕【一途】

[名・形動

他を考えないで、一つのことに打ち込むこと。また、そのさま。ひたすらひたむき。「一途に思いつめる」「学問一途の人」

一つ方法

「偽って申す条…謀(はかりごと)の―たれば」〈太平記・三〇〉

ひたすら[用法]


一途

読み方:イチズichizu

ひとすじ専らの意。


一途

作者岸田るい

収載図書さようならも言わないで
出版社文芸社
刊行年月2008.10


一途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/07 16:15 UTC 版)

一途(いちず)は、「一般社団法人 一途」に所属する3兄妹ソーシャルバンド。実の3兄妹で、長男くまちゃん(作曲・ベース/コーラス)、次男どんちゃん(作曲・ボーカル/ギター)、長女みっこちゃん(作詞・パーカッション/コーラス)によって構成され、いじめ撲滅、夢の叶え方、家族の絆、などをトークと音楽で伝える。全国の小中学校や福祉施設で年間100回以上の公演を行っている。これまでは株式会社ウォンツの社会貢献事業として活動していたが、2013年8月23日に社団法人化し、スポンサーを募集しながら運営している。[1]


  1. ^ 「アマバンドが大虫小応援歌」 読売新聞、2010年9月16日。
  2. ^ 「創立100年 応援歌できた」 日刊県民福井、2010年9月16日。
  3. ^ 「大虫小に応援歌誕生」 福井新聞、2010年9月16日。
  4. ^ 「みんなの応援歌できたよ」 中日新聞、2010年9月16日。
  5. ^ 「歌で広がれ 福祉の輪」 日刊県民福井、2012年2月6日。
  6. ^ 「創立60周年の県社会福祉協 テーマソング作成」 中日新聞、2012年2月9日。
  7. ^ 鯖江・立待小が応援歌でグランプリ」 中日新聞、2014年2月22日。
  8. ^ 笑顔が生んだ応援歌」 朝日新聞、2013年10月27日。
  9. ^ 「新郷小の誇り 応援歌に」 日刊県民福井、2013年10月27日。
  10. ^ 「第二の校歌は明るく楽しい」 福井新聞、2013年10月29日。
  11. ^ 「神明小 応援歌宝物に」 日刊県民福井、2013年11月3日。
  12. ^ 「環境を守る活動 歌に」 日刊県民福井、2012年2月21日。
  13. ^ 「コウノトリ歌で応援」 福井新聞、2012年4月1日。
  14. ^ 「コウノトリの歌元気に」 福井新聞、2012年9月28日。
  15. ^ 「生きる喜び 旋律に乗せ」 福井新聞、2012年12月25日。
  16. ^ 「団地音頭」で一体感」 石巻かほく新聞、2014年5月27日。
  17. ^ 団地音頭で交流」 石巻かほく新聞、2014年9月4日。
  18. ^ 「子どもの未来思い楽曲」 福井新聞、2014年6月1日。
  19. ^ 「キランキララン☆エンゼルランド 子どもの前でお披露目」 日刊県民福井、2014年6月1日。


「一途」の続きの解説一覧



一途と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「一途」に関係したコラム

  • 株式の信用取引における日々公表銘柄とは

    株式の信用取引における日々公表銘柄とは、証券取引所が投資家に注意を促すために、個別の銘柄について毎日の信用取引残高を公表する銘柄のことです。日々公表銘柄の公表は、投資家の過度の信用取引の利用を防止する...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一途」の関連用語

一途のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一途のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一途 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS