専らとは?

もっぱら【専ら】

《「もはら」の音変化

【一】[副]他はさしおいて、ある一つ事に集中するさま。また、ある一つの事を主とするさま。ひたすらただただ。「専ら練習に励む」「休日は専ら子供相手をする」「専らのうわさだ」

【二】形動ナリ専念するさま。また、主要・肝要なさま。

人倫において—なり」〈謡・忠度


もはら【専ら】

[副]

もっぱら【一】」に同じ。

生前十二頭陀行持して」〈正法眼蔵行持上〉

(あとに打消しの語を伴って)まったく。少しも。

「—かかるあだわざなどし給はず」〈源・手習


もっぱら【専】

(「もはら」の変化した語。「純」「一」とも書いた)

1形動〕 他のことをさしおいて、それに集中するさま。また、そのこと主たること、肝要こととするさま。

五音曲条々(1429‐41頃)「松風村雨後段はん女、みそきかは、是等はみなれんぼのもっぱら也」

2 〔副〕 他の事態や行為をさしおいてひたすらその事態であるさま、ひたすらその行為行なうさまを表わす語。ただひたすら一途に。むはら。

撰集抄(1250頃)七「もっぱらたすけける人ぞとまらぬをや、と思ひしかば」


もはら【専】

1形動〕 =もっぱら(専)(一)

蜻蛉(974頃)下「このごろ庭もはらに花ふりしきて」

2 〔副〕

① =もっぱら(専)(二)

天理本金般若経集験記平安初期点(850頃)「普光寺の僧、玄、徳行を淳(モハラ)修め

② (否定表現伴って行為事態絶対成立しがたいことを表わす語。全く。決して。全然。

*竹取(9C末‐10C初)「もはら、さやうの宮仕仕うまつらじと思ふを」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「専ら」の関連用語

専らのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



専らのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS