著述とは? わかりやすく解説

ちょ‐じゅつ【著述】

読み方:ちょじゅつ

[名](スル)書物書きあらわすこと。また、その書物著作。「昔―した本」


著作

(著述 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/06/30 03:06 UTC 版)

著作(ちょさく)とは、




「著作」の続きの解説一覧

著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 14:56 UTC 版)

堀江正章」の記事における「著述」の解説

堀江千葉中学校校友会雑誌に「明治時代西洋画」という題で工部美術学校時代から私塾時代洋画界のことを書いている。

※この「著述」の解説は、「堀江正章」の解説の一部です。
「著述」を含む「堀江正章」の記事については、「堀江正章」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/02 23:42 UTC 版)

フランク・ソルティス」の記事における「著述」の解説

ソルティスは、By Design というコラムSystem iNEWS 誌で連載している。 著書としては、次のものがあるフランク・ソルティス (著) 、日本アイ・ビー・エム(株) AS/400製品事業部 (翻訳/監修) 、『Inside the AS/400 : featuring the AS/400e series : 日本語版 第2版』、インフォ・クリエイツ、1998年ISBN 4-900741-88-4 Soltis, Frank G. (1997). Inside the AS/400, Duke Press. ISBN 1-882419-66-9 Soltis, Frank G. (2001). Fortress Rochester: the Inside Story of the IBM iSeries, NEWS/400 Books. ISBN 1-58304-083-8

※この「著述」の解説は、「フランク・ソルティス」の解説の一部です。
「著述」を含む「フランク・ソルティス」の記事については、「フランク・ソルティス」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 23:47 UTC 版)

ウィリアム・ブラックストン」の記事における「著述」の解説

1931年星亨による邦訳出版されている。 『英国法全書』(1878年、ウィリアム・ブラックストーン) 首巻 NDLJP:785749 第1編 巻之1 NDLJP:785750 第1編 巻之2 NDLJP:785751 第3編 巻之1上 NDLJP:785752 第3編 巻之1下 NDLJP:785753 附録 全 NDLJP:785754

※この「著述」の解説は、「ウィリアム・ブラックストン」の解説の一部です。
「著述」を含む「ウィリアム・ブラックストン」の記事については、「ウィリアム・ブラックストン」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 21:15 UTC 版)

福羽逸人」の記事における「著述」の解説

主な著作に「甲州葡萄栽培法」(明治14年)、『果樹栽培全書』(全4冊、明治29年)、『紀州柑橘録』(1882年)など。明治26年蔬菜総論各論分けて論じた蔬菜栽培法』を著している。94種の野菜扱い明治中期野菜栽培事情水準総まとめとして編纂され、改版された。 1903年頃、新宿御苑園芸見習生に講義した筆記録「園芸論」の中に花園庭園」論があり、社団法人日本公園緑地協会により活字化された。 『疏栽培法壬(訳)、中国 : 出版者不明光緒年間。 『園藝論』2巻福羽逸人講演)、書写者不明明治期。「巻ノ1」「巻ノ2」文字資料書写資料)。別題は『園藝論 : 西洋蔬菜之部』。 『園藝学阿利襪栽培製油法』、福羽逸人講演)、書写者不明1892年明治25年)、文字資料書写資料)。 『蔬菜栽培法 : 全』、博文館1893年。 『果樹栽培全書』、博文館1896年第1巻第2巻第3巻第4巻。 『農学叢書第3集』「果樹栽培全書」全3巻、沈紘(訳)、江南農会1901年光緒27年)。 「蔬菜栽培法」6篇、壬(訳)、江南農会1901年光緒27年)。 「園芸部報告」『千九百巴里万国大博覧会』、農商務省1902年全国書誌番号:40033869。 『果樹蔬菜高等栽培論』、博文館1908年。 『花卉栽培法 : 福羽逸人遺稿』、福羽真城(編)、福羽真城1931年。 『回顧録』、国民公園協会新宿御苑2006年、NCID BA78158255。 「本編」 「解説編」国民公園協会新宿御苑(編)、環境省自然環境局監修)。

※この「著述」の解説は、「福羽逸人」の解説の一部です。
「著述」を含む「福羽逸人」の記事については、「福羽逸人」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 06:04 UTC 版)

星亨」の記事における「著述」の解説

英国法全書』(1878年1931年ウィリアム・ブラックストン著書邦訳出版した首巻 NDLJP:785749 第1編 巻之1 NDLJP:785750 第1編 巻之2 NDLJP:785751 第3編 巻之1上 NDLJP:785752 第3編 巻之1下 NDLJP:785753 附録 全 NDLJP:785754

※この「著述」の解説は、「星亨」の解説の一部です。
「著述」を含む「星亨」の記事については、「星亨」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 10:21 UTC 版)

鬼丸義斎」の記事における「著述」の解説

私は何をしてきたか』、1929年。NDLJP:1093879

※この「著述」の解説は、「鬼丸義斎」の解説の一部です。
「著述」を含む「鬼丸義斎」の記事については、「鬼丸義斎」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 05:42 UTC 版)

カール・ラーレンツ」の記事における「著述」の解説

法律上の人(Rechtperson)と主觀的法(権利 Subjektives Recht):法の基礎觀念変遷について」『司法資料』第231巻、司法省調査部1937年訳、 346-403頁。 『法学方法論』(1960年、Methodenlehre der Rechtswissenschaft)

※この「著述」の解説は、「カール・ラーレンツ」の解説の一部です。
「著述」を含む「カール・ラーレンツ」の記事については、「カール・ラーレンツ」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 17:25 UTC 版)

小野清一郎」の記事における「著述」の解説

ウィキソース小野清一郎に関する文献原文あります

※この「著述」の解説は、「小野清一郎」の解説の一部です。
「著述」を含む「小野清一郎」の記事については、「小野清一郎」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 03:53 UTC 版)

ヒッポリュトス (対立教皇)」の記事における「著述」の解説

キリスト教の信仰についてはオリゲネス匹敵するといわれるほど多くの著作残しており、代表的な著作は『全異端反駁論』(Philosophumena)である。その中でヒッポリュトス異教魔術師たちが行った詐欺ごまかし非難している。また彼は厳密な一神教信仰旧約聖書部分的批判犠牲廃止禁酒頻繁な沐浴贖罪観念廃止預言者近親者への尊敬といったユダヤキリスト教温存していた。教皇カリストゥス1世司教赦免重い肉欲の罪にまでおよぼしたが、ヒッポリュトス反対唱えている。 様態論父・子聖霊三位格をひとつの神の様態変化したものである考える)への最も激し反対者ヒッポリュトスである。ところがローマ司教ほとんどは様態論者であったために、教皇カリストゥス1世様態論の代表サベリウスヒッポリュトス同時に破門し論争沈静させた。 ヒッポリュトス著書には、後に異端排撃され多くの説が紹介されており、エウセビオスをはじめとする教会史家や中世思想史家史料として参照している。エウセビオスによって知られる著作上記をのぞくと『創造6日間について』『創造6日間に続くものについて』『マルキオンへの駁論』『讃歌について』『パスカについて』『エゼキエル書諸部分について』がある。

※この「著述」の解説は、「ヒッポリュトス (対立教皇)」の解説の一部です。
「著述」を含む「ヒッポリュトス (対立教皇)」の記事については、「ヒッポリュトス (対立教皇)」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:21 UTC 版)

板倉勝憲」の記事における「著述」の解説

既成政党撲滅論』町田弘刊、昭和2年

※この「著述」の解説は、「板倉勝憲」の解説の一部です。
「著述」を含む「板倉勝憲」の記事については、「板倉勝憲」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 07:04 UTC 版)

観世喜正」の記事における「著述」の解説

演目別にみる能装束』(淡交社刊) 観世喜正正田夏子共著 写真青木信二 月刊『なごみ』(淡交社刊)2009年1月号12月号にて「能楽師が読む「風姿花伝」」を連載

※この「著述」の解説は、「観世喜正」の解説の一部です。
「著述」を含む「観世喜正」の記事については、「観世喜正」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 08:34 UTC 版)

清水宏 (映画監督)」の記事における「著述」の解説

清水宏佐々木文雄映画のできるまで」第005号毎日新聞社1949年、 .mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}OCLC 834640157。 岸松雄映画評論家岸松雄仕事ワイズ出版2015年2月ISBN 9784898302873。 第3章 作品作家論 : 清水宏 (述)「清水宏と『大仏さまと子供たち』」 第4章 映画人物史 : 成瀬巳喜男 (述)「清水宏 清水宏一年がゝりで撮っている『大仏さまと子供たち』」 清水宏論 : 清水宏演出手法について、清水宏実写劇映画

※この「著述」の解説は、「清水宏 (映画監督)」の解説の一部です。
「著述」を含む「清水宏 (映画監督)」の記事については、「清水宏 (映画監督)」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 00:18 UTC 版)

ギュスターヴ・エミール・ボアソナード」の記事における「著述」の解説

講義録草案国立国会図書館多数残る。 ウィキソースボアソナードに関する文献原文あります。 『経済学者ラ・フォンテーヌ野田良之解説久野桂一郎訳、みすず書房1979年仏国民法売買講義堀田正忠訳、薩埵正邦編、博聞社、1883年。 『再閲民法草案』、1880年-1890年旧民法財産編(物権人権)と財産取得編の草案) 『民法商法実施延期に関する意見』、1892年

※この「著述」の解説は、「ギュスターヴ・エミール・ボアソナード」の解説の一部です。
「著述」を含む「ギュスターヴ・エミール・ボアソナード」の記事については、「ギュスターヴ・エミール・ボアソナード」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 23:50 UTC 版)

チャールズ・トムソン」の記事における「著述」の解説

トムソン大陸会議書記として、大陸会議官報掲載する内容選択したトムソンは、アメリカ独立戦争政治史網羅した千ページを超える著作執筆した。しかし、書記退任した後、独立戦争指導者たち英雄神話を守るために、この著作破棄することにし次のように述べた。「独立戦争偉大な出来事に関する全ての歴史矛盾しないようにしたい。世界人々に、我々の偉大な人物知恵勇気賞賛してもらおう。おそらく彼らは、自分たちに与えられた資質取り入れるかもしれないし、そうすれば良いことがあるだろう。私は後世の人々欺いてならない」 ジョン・レスター・フォード編集歴史印刷協会版の『バージニア覚書英語版)』(1894年)の出版者覚書によると、トムソンロンドンのジョン・ストックデール社から約200発行された英語版原書25ページ付録寄稿している。1853年JWランドルフ社がこの作品再出版し、トーマス・ジェファーソン遺言執行人であるトーマス・ジェファーソン・ランドルフが提供した資料組み込んだ。この新し出版物では、ストックデール社のオリジナルの出版物にあったいくつかの誤り修正されており、その中にはジェファーソン1785年トムソン宛てた手紙の中で記した"Pray ask the favor of Colo Monroe in page 5, line 17, to strike out the words 'above the mouth of the Appomattox,' that makes no sense of the passage..."(5ページ17目のコロ・モンローの好意により、「アポマトックス口の上」という言葉削除してください。)という誤り含まれている。歴史印刷協会版では、トムソン注釈付録から削除され代わりに作品全体に脚注形で参照している原版に合わせて記載されている

※この「著述」の解説は、「チャールズ・トムソン」の解説の一部です。
「著述」を含む「チャールズ・トムソン」の記事については、「チャールズ・トムソン」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 01:25 UTC 版)

メアリー・キングスリー」の記事における「著述」の解説

キングスリー自分の体験2冊本にまとめた1897年の"Travels in West Africa"(西アフリカ旅行記)はすぐにベストセラーになり、1899年の"West African Studies"(西アフリカ研究とともに学者の間で尊敬名声得た。しかし、フローラ・ショー(英語版)が植民地記事の記者だった『タイムズ紙のようにキングスリー作品書評掲載しない新聞もあった。これは、キングスリー信念が、大英帝国帝国主義的意図アフリカ人劣等民族であるという考えに反していたからだという意見もあるが、キングスリーイギリス貿易商アフリカにおけるイギリスの間接統治については支持していたので、それだけでは彼女の不評説明することはできない。 『西アフリカ旅行記』が大きな成功収めたのは、キングスリー勢いがあって滑稽でユーモア満ちた文章よるところが大きいが、その文章は、破廉恥な物語装いながらも父親やり残した仕事完成させるという真の目的からは決し揺るがない顕在的ウィット潜在的な分析両極の間で、キングスリーは、「...芸術家の絵ではなく写真であり、細部がぎっしり詰まった色のないバージョンである」というイメージで、詩的な思考言説構築していた。この現象は、ヴァルター・ベンヤミンテキストでもよく指摘されている。自分の方法については、「それは単に、白人であれ黒人であれ、私の仲間美点を、彼らにとっては名誉な方法で、私にとっては幸運な方法で、引き出す力を持っているということです」と言っている。自分の目的については、「私が西アフリカ行った動機研究でした。その研究とは、宗教法律における先住民考え慣習に関するものでした。この研究を始め理由は、私の父、ジョージ・キングスリーが死に際未完のまま残した偉大な書物完成させたい思ったからです」と語っている。父については「彼の仕事は、偉大な輝き卓越したキャリア約束しているように見えましたが、残念ながらその約束完全に果たされませんでした」と語った。ジョージ・キングスリーは、実際にはいくつかの断片散在させただけで、メアリー・キングスリー大著には、その断片一片入っていない。むしろ、レヴィ=ストロースとその著書悲しき熱帯』の先駆者である娘の文章中にこそ、父の夢願い最終的に達成され一族の名誉が保たれているのである

※この「著述」の解説は、「メアリー・キングスリー」の解説の一部です。
「著述」を含む「メアリー・キングスリー」の記事については、「メアリー・キングスリー」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 03:53 UTC 版)

北村道夫」の記事における「著述」の解説

東京法令出版捜査研究』、『捜研:捜査研究寄稿1983年-1995年講演録『検察改革現状について』。2012年東北大学東北法学会。 『防衛監察御挨拶』。2015年防衛省防衛監察本部

※この「著述」の解説は、「北村道夫」の解説の一部です。
「著述」を含む「北村道夫」の記事については、「北村道夫」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 01:50 UTC 版)

安田弘」の記事における「著述」の解説

幕末ジャーディン」『証券アナリストジャーナル』、東京証券アナリスト協会1999年11月、 57-59頁。 共著外国リンクして作動する資本主義システム構築を!」『セールスマネジャー』、ダイヤモンド社1999年1月、 27-31頁。

※この「著述」の解説は、「安田弘」の解説の一部です。
「著述」を含む「安田弘」の記事については、「安田弘」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 03:59 UTC 版)

鈴鹿連胤」の記事における「著述」の解説

神社覈録豊後国図田帳復刻版)』国文学研究資料館1845年原著1285年)。

※この「著述」の解説は、「鈴鹿連胤」の解説の一部です。
「著述」を含む「鈴鹿連胤」の記事については、「鈴鹿連胤」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 03:04 UTC 版)

田邊宗英」の記事における「著述」の解説

1927年實業家拳鬪精神を養へ』、事業日本社『実業日本』。 1935年神政に復れ』、明徳会出版部1937年日英はもう戦つて居る』、日本書房イギリス貴族院議員デイリー・エクスプレス経営者マックス・エイトケン「英米軍事協約必要論」の和訳版が1936年国内出版されていた。 1937年宗教政治の提唱』、窓光社。 1941年一億一心に就て勤皇攘夷精神』、大日本勤皇運動本部山梨勤皇会『勤皇運動叢書第2輯。

※この「著述」の解説は、「田邊宗英」の解説の一部です。
「著述」を含む「田邊宗英」の記事については、「田邊宗英」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 10:19 UTC 版)

原嘉道」の記事における「著述」の解説

講演録『我が弁護士制度進展帝国弁護士会設立(1-6)、『正義』(巻11-12)。帝国弁護士会(1935-1936)。NCID AN00327857 『弁護士生活回顧法律新報社、1935 大空社より復刻

※この「著述」の解説は、「原嘉道」の解説の一部です。
「著述」を含む「原嘉道」の記事については、「原嘉道」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 07:10 UTC 版)

森田一」の記事における「著述」の解説

2010年3月に、回顧記『心の一灯 回想大平正芳その人外交』(服部龍二・昇亜美子・中琢磨編、第一法規2018年4月に、『大平正芳秘書官日記』(福永文夫井上正也編、東京堂出版)を公刊した。 他に大平政権回想は、『最後の旅』(行政問題研究所1981年)および『文人宰相 大平正芳』(新井三共著、春秋社1982年)がある。

※この「著述」の解説は、「森田一」の解説の一部です。
「著述」を含む「森田一」の記事については、「森田一」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 04:16 UTC 版)

幸徳秋水」の記事における「著述」の解説

単著帝国主義警醒社1901年。 『兆民先生博文館1902年。 『社会主義神髄朝報社1903年。 『社会民主党建設者ラサール平民社1904年翻訳 カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルス共産党宣言幸徳秋水堺利彥訳、社会主義発行所1906年演説社会主義の必要』- 『東洋雄弁会演説集』広文堂、1902年、5頁。 著作史料 飛鳥井雅道編・解説幸徳秋水集』(『近代日本思想大系第13巻)、筑摩書房1975年昭和50年11月伊藤整編『幸徳秋水』(『日本の名著』第44巻)、中央公論社1970年昭和45年9月大逆事件真実あきらかにする会編『大逆帖-堺氏』、大逆事件真実あきらかにする会、1981年昭和56年1月塩田庄兵衛編『幸徳秋水日記と書簡』増補決定版未來社1990年平成2年4月中島及『幸徳秋水漢詩評釈』、高知市民図書館1978年昭和53年3月山泉進編・解題幸徳秋水』(平民社資料センター監修平民社百年コレクション第1巻)、論創社2002年平成14年10月ISBN 4-8460-0353-1 『幸徳秋水文集』(『解放群書第7編)、解放社1926年大正15年)。 『幸徳秋水集』(『改造文庫覆刻版』第1期)改造図書出版販売1977年昭和52年2月幸徳秋水全集編集委員会編『幸徳秋水全集』全9巻別巻2巻補巻明治文献1968年昭和43年) - 1972年昭和47年)。 山泉校注帝国主義』(『岩波文庫青版125-1)、岩波書店2004年平成16年6月ISBN 4-00-331251-1 『兆民先生兆民先生行状記』 (『岩波文庫青版125-4)、岩波書店1960年ISBN 4003312546

※この「著述」の解説は、「幸徳秋水」の解説の一部です。
「著述」を含む「幸徳秋水」の記事については、「幸徳秋水」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 19:28 UTC 版)

古在由直」の記事における「著述」の解説

醗酵論』永木暁三郎記、東京税務管理局1902年3月全国書誌番号:.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}40068432。 『醗酵化学研究法』江守顕、1921年3月全国書誌番号:43028165。NCID BA53110791。

※この「著述」の解説は、「古在由直」の解説の一部です。
「著述」を含む「古在由直」の記事については、「古在由直」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 00:54 UTC 版)

占部百太郎」の記事における「著述」の解説

論文普選党費問題』 - 全国経済調査機関聯合会『彙報別冊27号』、1928年著書近世露西亜開拓社・世界日本叢書 1899 『青年修養内外出版協会 1906 『仏蘭西革命史論巌松書店 1922 『英国会之起源並ニ進展岩波書店 1924 『吾等の政治聖山綜合大学講座 1926 『英国憲政史岩波書店 1927 『英国政治制度政治ライブラリー 政治教育協会 1928 『聖地紀行大岡山書店 1931近代国際政治史』高原書店,1933 翻訳 ハマートン人間社会開拓社 1898 『羅馬盛衰記』編 開拓1900 マリオット英国憲法政治慶応義塾出版局 1914 ブライス神聖羅馬帝国国民図書 泰西名著歴史叢書 1924

※この「著述」の解説は、「占部百太郎」の解説の一部です。
「著述」を含む「占部百太郎」の記事については、「占部百太郎」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:46 UTC 版)

岡野敬次郎」の記事における「著述」の解説

法学士 岡野敬次郎講義 英国保険法』。東京専門学校1896年)、NDLJP:792795。 『法学士 岡野敬次郎講義 会社法』。中央大学1906年)、NDLJP:792817。 『故 法学士 岡野敬次郎会社法』。岡野奨学会1929年)、NDLJP:1442407。 文部大臣法学博士岡野敬次郎国際教育の必要』。国際連盟協会1923年)『我国震災に対する諸外国同情震災に関する名士所感』、NDLJP:976936/6。

※この「著述」の解説は、「岡野敬次郎」の解説の一部です。
「著述」を含む「岡野敬次郎」の記事については、「岡野敬次郎」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 07:29 UTC 版)

西村滄洲」の記事における「著述」の解説

府尹大屋君に上(たてまつ)るの書」佐渡鉱山生産量減少に対し天保13年1842年佐渡奉行大屋図書に新坑道開鑿提言する。 「辺防論」天保11年1840年)の阿片戦争を受け、イギリス日本侵攻に備えて士気重要性説く。 「申生論」晋の驪姫讒言自殺した献公太子申生について、曲沃左遷の話が出た時、太子の座を諦めて従うべきだった考察する。 「放言1890年明治23年)に開設され国会について議員定数300人多すぎる批判し各県1人70余りで足りるとする。『北溟雑誌』第99収録大正時代山本半蔵等により『滄洲遺稿出版計画されたが、資金問題実現しなかった。

※この「著述」の解説は、「西村滄洲」の解説の一部です。
「著述」を含む「西村滄洲」の記事については、「西村滄洲」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 21:11 UTC 版)

山崎文男」の記事における「著述」の解説

著述については一部分挙げる。 『原子爆弾後、広島西方に残った放射能について』(原災第一分冊)P25-33。 『放射能計測』、1956年電気学会雜誌 76 (815)、P960-965。電気学会。 『人骨中のアルファ放射体定量』、1965年理化学研究所。 『食品人体中の自然のアルファ放射体測定』、1966年理化学研究所。 「This is the birthplace of radioisotopes in Japan.」。日本アイソトープ協会共同論文 坂田君子『ローリッツェン型検電器による放射性同位元素測定』、1951年医科器械学雑誌 Revival 8 (0), P3-7。日本医療機器学会。 筧弘毅第五福龍丸乘組員どれだけ放射線をうけたか』、1954年。Radioisotopes 3 (1), 4-6日本アイソトープ協会浜田達二岡野眞治同時放電法による放射能絶対測定原子核実験)』、1955年日本物理学会年会講演予稿集 1 (0)、P37-。日本物理学会

※この「著述」の解説は、「山崎文男」の解説の一部です。
「著述」を含む「山崎文男」の記事については、「山崎文男」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 01:15 UTC 版)

内藤頼博」の記事における「著述」の解説

北米合衆国家庭裁判制度調査報告書』(堀内信之助共著1940年12月)、「法の支配」第53号、日本法律家協会。NDLJP:2805993/45 『南アフリカ司法英国植民大臣司法調査委員会)』(邦訳1945年2月)。「司法資料」第290号『原住民司法論集』、司法省秘書課

※この「著述」の解説は、「内藤頼博」の解説の一部です。
「著述」を含む「内藤頼博」の記事については、「内藤頼博」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 14:52 UTC 版)

荒木貞夫」の記事における「著述」の解説

著書国防基礎国本社川越支部1929年4月。NDLJP:1464757。 『昭和日本の使命社会教育協会民衆文庫60篇〉、1932年2月。 『昭和日本の使命』(第80版)社会教育協会民衆文庫60篇〉、1932年4月。NDLJP:1908664。 『国民更生根本義中央教化団体聯合会〈国民更生叢書 第3編〉、1932年10月。NDLJP:1270216 NDLJP:1437049。 『国民更生根本義更生会、1935年11月。NDLJP:1445942。 『皇国軍人精神朝風社、1933年2月。NDLJP:1464302。 桜井美・渋井二夫編 編 『全日本国民告ぐ大道書院1933年2月大阪毎日新聞社編 編 『非常時日本の同胞に愬ふ』大阪毎日新聞社東京日日新聞社1933年6月。NDLJP:1273244。 『荒木陸軍大臣閣下御講演要旨岐阜県青年教育研究会〈時事問題講話資料 第6輯〉、1933年9月。NDLJP:1916794。 『非常時に際し国民教育者に覚悟促す大日本国教育会1933年12月。 『非常時認識青年の覚悟文明社、1934年1月。NDLJP:1033698 NDLJP:1909111。 『危機前に吾が同胞に愬ふ』愛国労働農民同志会本部愛国労働農民同志会論叢 第5輯〉、1935年2月。NDLJP:1272587。 『時局に対する所感福岡県国防会、1935年5月。NDLJP:1272697。 松崎貞次郎編 編 『我か同胞為に 大切な今の心得に就て』無窮社、1935年9月。 『其後荒木大将聴く 記者一問一答秀光書房1936年7月。 『世界の動向日本(一)日本パンフレツト協会出版部1937年3月。NDLJP:1456106。 『世界の動向日本(二)日本パンフレツト協会出版部1937年5月。NDLJP:1437875。 『軍・青年与ふ森田書房1937年4月。NDLJP:1094711。 『何故戦争は不可避か?』皇文社、1937年7月。 『戦争三笠書房1937年8月。NDLJP:1455861。 『身を捨てゝこそ 戦争国民覚悟三笠書房1937年10月。 『戦争はどうなる =時局国民覚悟=』東京朝野新聞出版部1937年11月。NDLJP:1455548。 『鎖国日本より世界日本へ』奉仕出版部1938年2月。 『日本青年の道三笠書房1938年2月。 『非常時に対して所信述ぶ国策研究社国策研究 第1輯〉、1938年8月。NDLJP:1273167。 寄稿 甲斐兼蔵 (1933). Sakura no kaori : the fragrance of cherry blossoms. Sanfrancisco: The Japanese American News日米新聞社) - ハードカバー版内表題字荒木の書になる。なお、序文陸軍軍人貴族院議員菊池武夫よる。

※この「著述」の解説は、「荒木貞夫」の解説の一部です。
「著述」を含む「荒木貞夫」の記事については、「荒木貞夫」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 17:12 UTC 版)

ハイラム・パーシー・マキシム」の記事における「著述」の解説

1933年地球外生命体に関する当時科学解説した"Life's Place in the Cosmos"(宇宙における生命位置)を執筆した1936年幼少期の父との思い出書いた"A Genius in the Family: Sir Hiram Stevens Maxim Through a Small Son's Eyes"(家族の中の天才: 幼い息子目を通して見たハイラム・スティーブンス・マキシム)と、自動車開発先駆者として働いていた時期について書いた"Horseless Carriage Days"(馬なし馬車時代)という2冊自伝発刊した

※この「著述」の解説は、「ハイラム・パーシー・マキシム」の解説の一部です。
「著述」を含む「ハイラム・パーシー・マキシム」の記事については、「ハイラム・パーシー・マキシム」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:24 UTC 版)

ウォルター・シラー」の記事における「著述」の解説

シラーは、1962年マーキュリー計画訓練開発について詳述した"We Seven"という本をマーキュリー・セブン他のメンバー共同執筆した。1988年リチャード・N・ビリングス共同で自叙伝"Schirra's Space"を出版した1995年には、バレット・ティルマン(英語版)、リチャード・L・(ジーク)・コーミエ海軍大佐、フィル・ウッドとの共著"Wildcats to Tomcats: The Tailhook Navy"を出版した。この本には、第二次世界大戦朝鮮戦争ベトナム戦争を含む、50年にわたる海軍航空隊歴史記されている。 2005年には、エド・バックビーとの共著"The Real Space Cowboys"を出版した。この本は、「マーキュリー・セブン」と呼ばれる宇宙飛行士たちの記録であり、宇宙飛行士選抜過程キャリア全体、そして引退までを追っている。 シラーは、2007年出版された"In the Shadow of the Moon"にも寄稿しており、これが彼の最後の著作となった

※この「著述」の解説は、「ウォルター・シラー」の解説の一部です。
「著述」を含む「ウォルター・シラー」の記事については、「ウォルター・シラー」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 03:49 UTC 版)

小川郷太郎」の記事における「著述」の解説

帝国財政予算に就て』。全国経済調査機関連合会彙報別冊 第12号1925年。 『租税総論』 『財政学』 『交通経済論』 『税制整備論』 漢詩よくした

※この「著述」の解説は、「小川郷太郎」の解説の一部です。
「著述」を含む「小川郷太郎」の記事については、「小川郷太郎」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 17:47 UTC 版)

袁枢」の記事における「著述」の解説

通鑑紀事本末』の後世への影響大きく楊万里章学誠賞賛され、『四庫提要』では読みやすいことでは「前古未見」と評された。袁枢採用した歴史記述の方法は、章沖『春秋左氏伝事類始末』、楊仲良『皇宋通鑑長編紀事本末』などで模倣され明清時代では、馮琦・陳邦瞻宋史紀事本末』、張鑑『西夏紀事本末』、李有棠遼史紀事本末』と『金史紀事本末』、陳邦瞻元史紀事本末』、谷応泰明史紀事本末』のように流行をみた。 家に蔵書多く他に易学索引』、『周易辯異』などの著書がある。

※この「著述」の解説は、「袁枢」の解説の一部です。
「著述」を含む「袁枢」の記事については、「袁枢」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/01 05:51 UTC 版)

フレッチャー・スティール」の記事における「著述」の解説

小規模ガーデンデザインDesign in the little garden, ボストン・アトランティックマンスリープレス、1924年) 家を美しくする庭園マニュアル(The House beautiful gardening manual, ボストン・アトランティックマンスリープレス、1926年) 庭園と人 (Gardens and people, ボストン・ホートン・ミフリン、1964年) 庭園デザイン新天地1930年和訳が『モダンランドスケープアーキテクチュア』鹿島出版会2007年、に所収1920年代フランス庭園デザインに対する考察New Styres in Gardening Will Landscape Architecture Reflect the Modernistic Tendencies Seen in the Other Arts? (ハウスビューティフル誌1929年3月号に発表-やや辛らつな論説に) New Pionneering in Garden design (ランドスケープ・アーキテクチャ・クオリティ誌1930年4月号) ピエール・ルグランへの追悼(アート・エ・デコレイション誌1929年11月号) 現代ランドスケープアーキテクチュアとその源泉展覧会1937年 - 植物よりも建築的なものに依存したデザイン懸念吐露

※この「著述」の解説は、「フレッチャー・スティール」の解説の一部です。
「著述」を含む「フレッチャー・スティール」の記事については、「フレッチャー・スティール」の概要を参照ください。


著述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/16 23:43 UTC 版)

本田覚庵」の記事における「著述」の解説

本田覚庵日記』 - 平成元年1989年くにたち中央図書館国立市地域史料叢書』第12所収。「筆記天保3年1832年6月1日 - 12月30日 「覚庵日記万延元年1860年) 「覚庵日記文久元年1861年) - 文久2年1862年) 「癸亥日記文久3年1863年) 「楽水軒起居録」元治2年1865年1月 - 3月, 11月 - 12月他人の筆。 「活人録」 - 天保9年1838年)からの配剤録。

※この「著述」の解説は、「本田覚庵」の解説の一部です。
「著述」を含む「本田覚庵」の記事については、「本田覚庵」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「著述」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「著述」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「著述」の関連用語

著述のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



著述のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの著作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの堀江正章 (改訂履歴)、フランク・ソルティス (改訂履歴)、ウィリアム・ブラックストン (改訂履歴)、福羽逸人 (改訂履歴)、星亨 (改訂履歴)、鬼丸義斎 (改訂履歴)、カール・ラーレンツ (改訂履歴)、小野清一郎 (改訂履歴)、ヒッポリュトス (対立教皇) (改訂履歴)、板倉勝憲 (改訂履歴)、観世喜正 (改訂履歴)、清水宏 (映画監督) (改訂履歴)、ギュスターヴ・エミール・ボアソナード (改訂履歴)、チャールズ・トムソン (改訂履歴)、メアリー・キングスリー (改訂履歴)、北村道夫 (改訂履歴)、安田弘 (改訂履歴)、鈴鹿連胤 (改訂履歴)、田邊宗英 (改訂履歴)、原嘉道 (改訂履歴)、森田一 (改訂履歴)、幸徳秋水 (改訂履歴)、古在由直 (改訂履歴)、占部百太郎 (改訂履歴)、岡野敬次郎 (改訂履歴)、西村滄洲 (改訂履歴)、山崎文男 (改訂履歴)、内藤頼博 (改訂履歴)、荒木貞夫 (改訂履歴)、ハイラム・パーシー・マキシム (改訂履歴)、ウォルター・シラー (改訂履歴)、小川郷太郎 (改訂履歴)、袁枢 (改訂履歴)、フレッチャー・スティール (改訂履歴)、本田覚庵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS