葛とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 多年草 > の意味・解説 

かつ【葛】

常用漢字] [音]カツ(漢) [訓]くず かずら つづら

つる草の名。クズ。「葛藤(かっとう)・葛根湯

クズ繊維で作った布。「葛布裘葛(きゅうかつ)」

名のり]かず・かつら・かど・さち・つら・ふじ

難読葛飾(かつしか)・葛城(かつらぎ)・葛籠(つづら)


くず【葛】

マメ科蔓性(つるせい)の多年草山野生え長さ10メートル以上に伸びる先のとがった楕円形の小葉3からなる複葉で、大きい。秋、紫赤色の花が集まって咲く。肥大している根は葛根いい薬用、また葛粉をとる。秋の七草の一。《 秋》「あなたなる夜雨の—のあなたかな/不器男」

葛の画像 葛の画像 葛の画像
葛の画像

つづら【葛/葛籠】

葛籠ツヅラフジ(つる)で編んだ、衣服などを入れる箱形のかご。のちには竹・(ひのき)の薄板編み、上に紙を張って柿渋(かきしぶ)・漆などを塗った。つづらこ

襲(かさね)の色目の名。表は青黒色、裏は薄青色。


かずら〔かづら〕【葛/×蔓】


くず‐かずら〔‐かづら〕【葛/葛×蔓】

【一】[名]クズの別名。

【二】

クズ風に裏返るところから、「うら」「うらみ」などにかかる。

秋はつ三室(みむろ)の山の—恨みしほどの言の葉もなし」〈新葉・恋五〉

クズのつるを繰る意から、「来る」にかかる。

契り置きし露をかごとの—来るも遅しとなほや恨みん」〈新後拾遺・恋五〉


かずら かづら 【葛・蔓】

〔名〕

蔓草(つるくさ)の総称かずらぐさつるくさ。つる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

源氏100114頃)夕顔「いと青やかなるかづらの、心地よげにはひかかれるに」

などの箍(たが)をいう。

俳諧曠野(1689)員外夏の日見る間に泥の照付て〈荷兮のかづらを入しまひけり〈昌碧〉」

建築で、基壇縁束(えんづか)の上端に置く平の材。葛石縁葛など。→葛石(かずらいし)。

漁網一種

日葡辞書(1603‐04)「Cazzura(カヅラ)〈訳〉ある長い網で、それで囲いこんでとる。通常前に松明(たいまつ)が置かれる」


くず【葛】

〔名〕

マメ科つる性多年草各地山野ふつうに生える。長さ一〇メートル以上になる。全体に白または褐色の荒い毛がある。長い柄を持ち互生し、三個の小葉分かれる小葉長さ一〇〜二〇センチメートル広卵形先端はとがり、側小葉はしばしば二〜三浅裂する。夏、葉腋(ようえき)から長さ二〇センチメートルぐらいになる花序出し紫色蝶形花総状につける(さや)は長さ五〜一〇センチメートル褐色の荒い毛におおわれる肥大した根から葛粉をつくるほか、干したものを葛根(かっこん)といい、漢方では解熱剤用いる。行李(こうり)などを編みまた、繊維にして葛布を織るのに用いる。秋の七草一つくずの葉裏は白みがかっていて風にひるがえる目立つところから「裏見」と称し、和歌などで「恨み」にかけ、また「葛」と「恨み」とを縁語とする。漢名、葛。くずかずら。まくず。裏見草。《季・秋

万葉(8C後)一二・三〇七二「大埼の荒磯(ありそ)のわたりはふ久受(クズ)の往方(ゆくへ)もなくや恋ひわたりなむ」

俳諧蕪村句集(1784)秋「葛のしけく軒端を覆ひければ」

② 「くずこ(葛粉)」の略。

鈴鹿家記文和三年(1354)一二月一四日高野院参私え葛三袋くるる御本所葛餠上る

③ 「くずだまり葛溜)」「くずあん葛餡)」の略。

④ 「くずぬの・くずふ(葛布)」の略。

平家13C前)二「山門の領平野庄神人が葛を売てきたりけるに」

(5) 紋所の名。葛の花図案化したもの葛の花三つ割葛の花横見葛の花三つ葛の葉などがある。

葛の花@横見葛の花@三つ割葛の花@三つ葛の葉の画像

つづら【葛・黒葛・葛籠】

〔名〕

① (葛・黒葛ツヅラフジなど、じょうぶなつる性植物をいう。《季・夏

古事記(712)中・歌謡「やつめさす 出雲建が 佩ける太刀 都豆良(ツヅラ)多巻(さはま)き さ身なしにあはれ」

② (葛籠衣服などを入れるツヅラフジで編んだかぶせ蓋の箱。普及するとともに網代(たけあじろ)で代用し、ときに柿渋(かきしぶ)・漆などを塗って用いた。金紋蒔絵のものもあり婚礼用具一つとされた。つづらこ。〔撮壌集(1454)〕

葛籠&wc2;〈狂言好野暮大名〉の画像

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「合巻とやら申(もうす)双帋(くさざうし)が出るたびに買ますが、葛籠(ツヅラ)にしっかり溜りました」

③ 「つづらおり葛折)①」の略。

経覚私要鈔文安四年(1447)九月四日南里郷者、つつらを山口より可責入之由下知

④ 襲(かさね)の色目一つ狩衣類では表は青黒色で裏は淡青色


作者松本清張

収載図書奥羽の二人
出版社講談社
刊行年月1986.11
シリーズ名講談社文庫


作者大田秋美

収載図書エトランゼ
出版社文芸社
刊行年月2000.3


クズ

クズ
科名 マメ科
別名: -
生薬名: カッコン葛根
漢字表記
原産 日本朝鮮半島中国台湾
用途 ツル性多年草で、近く植物枯らすこともあります。夏に紫紅色の花が咲き、根を葛根湯として発汗解熱などに用います。抽出しデンプン葛湯和菓子材料として利用されています。
学名: Pueraria lobata Ohwi
   

くず (葛)

Pueraria lobata

Pueraria lobata

Pueraria lobata

Pueraria lobata

Pueraria lobata

Pueraria lobata

Pueraria lobata

Pueraria lobata

Pueraria lobata

Pueraria lobata

わが国各地をはじめ、朝鮮半島中国フィリピン北アメリカ分布しています。山野ふつうに生え長さ10メートル以上になります。ほかの樹木などに絡みついて繁茂します。は3出複葉です。7月から9月ごろ、葉腋から総状花序をだし、紅紫色蝶形花を咲かせます。和名は「くずかずら国栖葛)」の略称で、奈良県吉野地方にある国栖(くず)の人々葛粉を作って売りいたこと由来します。繊維は丈夫で撥水性があることから、葛布作るときの材料とされます。また、根は葛根かっこん)と呼ばれ漢方薬として使われます。
マメ科クズ属多年草で、学名Pueraria lobata。英名は Kudzu vine
マメのほかの用語一覧
キノメトラ:  ナムナムの木
ギムノクラドゥス:  ギムノクラドゥス・ディオイクス
クサネム:  草合歓
クズ:  
クララ:  テキサスマウンテンローレル  枝垂れ槐  

読み方:カズラ(kazura)

蔓性植物総称



読み方:ツズラ(tsuzura)

葛藤別称


読み方:クズkuzu

マメ科つる性多年草で、大きく三枚小葉一つの柄について裏が白い

季節

分類 植物


読み方:カズラ(kazura)

所在 奈良県宇陀郡曽爾村


読み方:クズkuzu

所在 岩手県花巻市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
かく
かつ
かつら
くず

クズ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 13:45 UTC 版)

クズ(葛、学名: Pueraria montana var. lobata)は、マメ科クズ属つる性多年草である[3]日本では、を用いて食材葛粉漢方薬が作られ、万葉の昔から秋の七草の一つに数えられている[3]


  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Pueraria lobata (Willd.) Ohwi” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年11月18日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants簡易検索結果表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 千葉大学. 2013年11月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 浅井 (1993) 74頁。
  4. ^ a b c d e 大嶋敏昭監修 2002, p. 158.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 貝津好孝 1995, p. 93.
  6. ^ 神農本草経の中巻、草部中品の葛根の節より。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 馬場篤 1996, p. 48.
  8. ^ a b c d e 川原勝征 2015, p. 66.
  9. ^ 浅井 (1993) 77頁。
  10. ^ Irwin N. Forsetha; Anne F. Innisa (2004). “Kudzu (Pueraria montana): History, Physiology, and Ecology Combine to Make a Major Ecosystem Threat”. Critical Reviews in Plant Sciences 23 (5): 401-413. doi:10.1080/07352680490505150. ISSN 0735-2689. 
  11. ^ つり切り、除伐、雪起こし”. 太田市森林組合. 2020年10月28日閲覧。
  12. ^ 宮脇昭「2常緑広葉樹林帯」『原色現代科学大事典3 植物』責任編集 宮脇昭、学研、1967年、p.89-92・145
  13. ^ a b c d 浅井 (1993) 76頁。
  14. ^ 松村光重、御影雅幸「葛根の研究 (I) 採集時期に関する史的考察」『日本東洋医学雑誌』第52巻4-5、日本東洋医学会、2002年、 493-499頁、 doi:10.3937/kampomed.52.493ISSN 0287-4857NAID 110004003706
  15. ^ 久保道徳ほか「漢薬・葛花の生薬学的研究(第1報)」『生薬学雑誌』第31巻第2号、日本生薬学会、1977年、 136-144頁、 ISSN 0037-4377NAID 110008907815
  16. ^ 栗原藤三郎、菊地正雄「花の成分研究(第5報)葛花の成分についてその2,新イソフラボン配糖体の単離」『藥學雜誌』第95巻第11号、日本薬学会、1975年、 1283-1285頁、 ISSN 0031-6903NAID 110003651975PMID 1240926JOI:JST.Journalarchive/yakushi1947/95.1283
  17. ^ 高円宮家宮内庁、2016年3月16日閲覧。



出典:『Wiktionary』 (2018/07/31 16:05 UTC 版)

発音

名詞

  1. (くず)マメ科つる性多年草。根を用いて食品葛粉漢方薬が作られる。秋の七草一つ

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



葛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「葛」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



葛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2021, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS