葛とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 多年草 > の意味・解説 

かずら〔かづら〕【葛/×蔓】

読み方:かずら

つる草総称

「葛」に似た言葉

かつ【葛】

読み方:かつ

常用漢字] [音]カツ(漢) [訓]くず かずら つづら

つる草の名。クズ。「葛藤(かっとう)・葛根湯

クズ繊維作った布。「葛布裘葛(きゅうかつ)」

名のり]かず・かつら・かど・さち・つら・ふじ

難読葛飾(かつしか)・葛城(かつらぎ)・葛籠(つづら)


くず【葛】

読み方:くず

マメ科蔓性(つるせい)の多年草山野生え長さ10メートル以上伸びる先のとがった楕円形の小葉3枚からなる複葉で、大きい。秋、紫赤色の花が集まって咲く。肥大している根は葛根いい薬用、また葛粉をとる。秋の七草の一。《 秋》「あなたなる夜雨の—のあなたかな/不器男」


くず‐かずら〔‐かづら〕【葛/葛×蔓】

読み方:くずかずら

【一】[名]クズの別名。

【二】

クズ風に裏返るところから、「うら」「うらみ」などにかかる。

「秋はつる三室(みむろ)の山の—恨みしほどの言の葉もなし」〈新葉・恋五〉

クズのつるを繰る意から、「来る」にかかる。

契り置きし露をかごとの—来るも遅しとなほや恨みん」〈新後拾遺・恋五〉


つづら【葛/葛籠】

読み方:つづら

葛籠ツヅラフジ(つる)で編んだ衣服などを入れ箱形のかご。のちには竹・(ひのき)の薄板編み上に紙を張って柿渋(かきしぶ)・漆などを塗ったつづらこ

襲(かさね)の色目の名。表は青黒色、裏は薄青色


作者松本清張

収載図書奥羽の二人
出版社講談社
刊行年月1986.11
シリーズ名講談社文庫


作者大田秋美

収載図書エトランゼ
出版社文芸社
刊行年月2000.3


読み方:カズラ(kazura)

蔓性植物総称



読み方:ツズラ(tsuzura)

葛藤の別


読み方:クズkuzu

マメ科つる性多年草で、大きく三枚小葉一つの柄について裏が白い

季節

分類 植物


読み方:カズラ(kazura)

所在 奈良県宇陀郡曽爾村


読み方:クズkuzu

所在 岩手県花巻市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
かく
かつ
かつら
くず

クズ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 13:57 UTC 版)

クズ(葛󠄀、学名: Pueraria montana var. lobata)は、マメ科クズ属つる性多年草である[3]日本では、を用いて食材葛󠄀粉漢方薬が作られ、万葉の昔から秋の七草の一つに数えられている[3]


  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Pueraria lobata (Willd.) Ohwi” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年11月18日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants簡易検索結果表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 千葉大学. 2013年11月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 浅井 (1993) 74頁。
  4. ^ a b c d e 大嶋敏昭監修 2002, p. 158.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 貝津好孝 1995, p. 93.
  6. ^ 裏見草とは”. コトバンク. VOYAGE. 2021年10月3日閲覧。
  7. ^ 神農本草経の中巻、草部中品の葛󠄀根の節より。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l 馬場篤 1996, p. 48.
  9. ^ a b c d e 川原勝征 2015, p. 66.
  10. ^ 浅井 (1993) 77頁。
  11. ^ Irwin N. Forsetha; Anne F. Innisa (2004). “Kudzu (Pueraria montana): History, Physiology, and Ecology Combine to Make a Major Ecosystem Threat”. Critical Reviews in Plant Sciences 23 (5): 401-413. doi:10.1080/07352680490505150. ISSN 0735-2689. 
  12. ^ つり切り、除伐、雪起こし”. 太田市森林組合. 2020年10月28日閲覧。
  13. ^ 宮脇昭「2常緑広葉樹林帯」『原色現代科学大事典3 植物』責任編集 宮脇昭、学研、1967年、p.89-92・145
  14. ^ NTS『薬用植物辞典』、p.370
  15. ^ 「健康食品」の安全性・有効性情報
  16. ^ a b c d 浅井 (1993) 76頁。
  17. ^ 松村光重、御影雅幸「葛根の研究 (I) 採集時期に関する史的考察」『日本東洋医学雑誌』第52巻4-5、日本東洋医学会、2002年、 493-499頁、 doi:10.3937/kampomed.52.493ISSN 0287-4857NAID 110004003706
  18. ^ 久保道徳ほか「漢薬・葛花の生薬学的研究(第1報)」『生薬学雑誌』第31巻第2号、日本生薬学会、1977年、 136-144頁、 ISSN 0037-4377NAID 110008907815
  19. ^ 栗原藤三郎、菊地正雄「花の成分研究(第5報)葛花の成分についてその2,新イソフラボン配糖体の単離」『藥學雜誌』第95巻第11号、日本薬学会、1975年、 1283-1285頁、 ISSN 0031-6903NAID 110003651975PMID 1240926JOI:JST.Journalarchive/yakushi1947/95.1283
  20. ^ 高円宮家宮内庁、2016年3月16日閲覧。



葛(くず)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/13 15:34 UTC 版)

クロザクロ」の記事における「葛(くず)」の解説

「黒」の一人命令により女郎花と共に幹人を追っていたが、繁縷により倒される審判後はと共に行動している。

※この「葛(くず)」の解説は、「クロザクロ」の解説の一部です。
「葛(くず)」を含む「クロザクロ」の記事については、「クロザクロ」の概要を参照ください。


葛(かずら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:12 UTC 版)

血と灰の女王」の記事における「葛(かずら)」の解説

日ノ元家に長年使える老齢男性日ノ元士郎坊ちゃんと呼ぶ。明の母や明を嫌っており、幼少期明に武術指導建前虐待していたため、明から憎まれている。重い病冒されており、昼間寝たきりの状態になっているヴァンパイア細身スーツ着用したような外見しており体の至る部分を鋭い針や紐状伸ばすことができる。「刻死縛絲(こくしばくし)」というD・ナイト使用する

※この「葛(かずら)」の解説は、「血と灰の女王」の解説の一部です。
「葛(かずら)」を含む「血と灰の女王」の記事については、「血と灰の女王」の概要を参照ください。


葛(かずら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 17:01 UTC 版)

いつわりびと◆空◆」の記事における「葛(かずら)」の解説

の妹。15歳心臓機械取り付けられ人形動かすための動力使われ6年間塔に閉じ込められていた。想いに対しては「ウザイ」「恥ずかしからもっ秘めて」と辛辣な言葉投げ掛けているが、家族としては大切に思っている

※この「葛(かずら)」の解説は、「いつわりびと◆空◆」の解説の一部です。
「葛(かずら)」を含む「いつわりびと◆空◆」の記事については、「いつわりびと◆空◆」の概要を参照ください。


葛(かずら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 02:19 UTC 版)

センゴク」の記事における「葛(かずら)」の解説

お藤前夫との娘。葛は通称本名坂井子。幼少期年相応無邪気で舌足らず天正記終盤では母・お藤似た年頃女性成長したが、性格相変わら無邪気で穏やかだが、それは表向き実際は母・お藤譲り気性強さ見せ始める。仙石家アイドル的存在だが本人妙算好意抱いていた。「紀州征伐前に仙石家仕官してきた田宮四郎とは、田宮図々しい態度により、両親彷彿させる最悪の出会い果たも、その後妙算離隊したことで気落ちしていたが、田宮不器用な励ましを受け、立ち直った。それからは田宮の前では素の性格接して尻に敷くなど、憎からず想うようになり、田宮四国有力者嫡男であることからお藤一存で婚約内定したが、直後戸次川の戦い田宮討死してしまう。悲しみ暮れ権兵衛から子細伝えられることを望んでいたが、それすら叶わず(一揆危険性から権兵衛帰国前にお藤判断避難命じられたため)、権兵衛卑怯者罵り不信感露わにした。その後互いに距離を置いていたが、お藤計らいで対面し三人京見物をしたことでわだかまりが解けた。仙石家小諸入封後に下野国公方家臣野口新十郎輿入れしたが、気性合わず数ヶ月離縁して出戻った(その際には一女儲けている)。その後豊臣秀勝の元家臣佐野正秀再婚した

※この「葛(かずら)」の解説は、「センゴク」の解説の一部です。
「葛(かずら)」を含む「センゴク」の記事については、「センゴク」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 19:03 UTC 版)

以下略」の記事における「葛」の解説

文字通りの葛。「ファンタジィ」では葛粉溶かして固めた物や葛湯が、もっぱら新作発売イベント乗じたオーナー達の悪ふざけ道具として多用される例として『ひぐらしのなく頃に』デーでの鉈やガソリン、『CALL OF DUTY 4発売記念FPS祭りでの銃弾手榴弾など。理由は「本物危ないからネ」。

※この「葛」の解説は、「以下略」の解説の一部です。
「葛」を含む「以下略」の記事については、「以下略」の概要を参照ください。


葛(かつら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 20:11 UTC 版)

王様の耳はオコノミミ」の記事における「葛(かつら)」の解説

千秋側近らしき若い男。腰が低く気が弱い性格で、喋り言葉によく「すみませんが、」が付く。

※この「葛(かつら)」の解説は、「王様の耳はオコノミミ」の解説の一部です。
「葛(かつら)」を含む「王様の耳はオコノミミ」の記事については、「王様の耳はオコノミミ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「葛」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 11:25 UTC 版)

発音(?)

手書きの字体について

下部の「曷」は「掲」のと同じように書いてもよい(IDS : 匂)。その場合の総画11画となる。

名詞

  1. (くず)マメ科つる性多年草。根を用いて食品葛粉漢方薬作られる秋の七草一つ

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「葛」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



葛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



葛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクロザクロ (改訂履歴)、血と灰の女王 (改訂履歴)、いつわりびと◆空◆ (改訂履歴)、センゴク (改訂履歴)、以下略 (改訂履歴)、王様の耳はオコノミミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS