婚約とは? わかりやすく解説

こん‐やく【婚約】

読み方:こんやく

[名](スル)結婚約束を交わすこと。また、その約束エンゲージ。「―したばかりカップル」「―者」「―指輪」→婚姻予約


婚約

婚約の形

結婚記念日 昔は婚約といえば結納でしたが、最近は結納行わない人も増えてきています。結納外で婚約の形として、『食事会を行う』『婚約指輪を贈る』『婚約式を行う』『婚約通知を送る』『婚約披露パーティーを開く』などがあります

贈答習慣

婚約記念品は、両家食事会などの際にお互い交換し合ったりしきたりこだわらない結納での席で、正式な結納品代わりに送ったります。必ずしも必要なものではありませんが、婚約の証として用意することがあります男性から女性へ贈るものとしては『指輪』『アクセサリー』『着物』など、女性から男性へ贈るものとして『腕時計』『スーツ』などがあります

記念品を贈る

婚約の印として男性から女性贈られるエンゲージリング』。そのほとんどはダイヤモンドの指輪ですが、誕生石指輪贈ってもいいでしょうかつては給料の3ヵ月分が目安といわれていましたが、値段関係なく気に入った物を選ぶとよいでしょう

お返し側

婚約指輪お返しとして女性から婚約記念品贈ります腕時計スーツ礼服などが一般的ですが、値段男性から指輪贈られている場合金額指輪3分の1程度多くなっています

誕生石一覧

誕生石 意味
1月 ガーネット 貞節忠実友愛
2月 アメジスト 誠実、純真、平和
3月 アクアマリン・サンゴ 聡明沈着知恵
4月 ダイヤモンド 純潔清浄貞潔
5月 エメラルド 愛、幸福
6月 パール 富、健康、長寿
7月 ルビー 情熱、自由、率直
8月 サードニックス・ペリドット 友愛夫婦和合
9月 サファイア 心理慈愛
10月 オパール 忍耐克己希望
11月 トパーズ 友情友愛忠誠
12月 トルコ石 成功不屈


婚約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 08:50 UTC 版)

婚約(こんやく、フランス語:fiançailles, 英語:engagement, betrothal)とは、結婚約束をすること[1]。 婚約した相手をフランス語では「fiancé(e) フィアンセ」と言い、日本語では「婚約者」と言う。


  1. ^ 広辞苑第六版「婚約」
  2. ^ a b 國府剛「アメリカにおける婚約違反訴訟廃止の現況」『關西大學法學論集』39(4 - 5) 関西大学法学会 NAID 120007097747 1990-02-20 pp.713 - 744.
  3. ^ ASK
  4. ^ 本当は男女のどちらかに、すでに正式に結婚している相手がいるのに、それを相手に隠している場合などのこと。
  5. ^ 青山・有地、1989年、279-280頁
  6. ^ 我妻 他、1999年、55頁
  7. ^ 我妻 他、1999年、55-56頁
  8. ^ a b c d e 青山・有地、1989年、280頁
  9. ^ 川井、2007年、8頁
  10. ^ 二宮、1999年、98-99頁
  11. ^ a b c d 我妻 他、1999年、56頁
  12. ^ a b c d e f 二宮、1999年、99頁
  13. ^ a b c 川井、2007年、9頁
  14. ^ 二宮、1999年、99-100頁
  15. ^ 景気の影響もあり日本では婚約指輪そのものを交わさないという婚約も一般的になってきている。ダイヤモンドのような高価な宝石の指輪にすることが多い[要出典]。この時「男性の月給3か月分」などと言われることもあるが、この月給3か月分という数字そのものには全く根拠がなく、もともと1950年代に米国でデ・ビアス社(宝石会社)が宝石(ダイヤモンド)を販売することを目的として "Diamond is forever" (ダイヤモンドは永遠の輝き)というキャッチフレーズとともに「婚約指輪は給料の2か月分」という宣伝キャンペーンを行って大成功し、それがそのまま日本に渡って1970年代頃から日本においても同「ダイヤモンドは」のキャッチフレーズとともに「婚約指輪は給料の3か月分」として定着した。よってこの金額にしないといけない、という具体的な根拠はない。(リンク切れ)婚約リング物語 ゆえに(上記の広告キャンペーンが行われていなかった)日本や米国以外の国々でこのような高価な金額の婚約指輪を日常一般的に贈ることは稀である。
  16. ^ 【悲報】婚約破棄率の統計データを取ったら約半分のカップルがプロポーズ後破局している結果に!” (日本語). 復縁占い当たるのはココ! (2020年5月11日). 2020年5月13日閲覧。


「婚約」の続きの解説一覧

婚約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 02:35 UTC 版)

アンヌ・ド・ブルターニュ」の記事における「婚約」解説

娘の結婚問題で、フランソワ2世フランス王に対して自らの地位強めていった。自分の領土ブルターニュ公国加えようとするヨーロッパ各国王子たち目論見は、同時に相手国との同盟関係を築くことになるため、常に効果的であった1481年イングランド王エドワード4世息子であるプリンス・オブ・ウェールズエドワード王子公式に婚約。王子父親の死自動的にエドワード5世となるが、その後すぐに失踪している(薔薇戦争中の1483年死んだとされている)。 ヘンリー7世との結婚ブルターニュ側が持ち出したが、ヘンリー自身がこの結婚興味示さなかった。 ローマ王マクシミリアン(のちの神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世)は、当時ブルゴーニュ女公マリー死別して寡夫となっていた。 アラン・ダルブレ - カトリーヌ・ド・ロアンの息子で、ブロワ=パンティエーヴル家のフランソワーズの夫。フランソワ2世いとこにして同盟者オルレアン公ルイ(のちのルイ12世) - シャルル8世のいとこ。しかし既にフランス王ジャンヌ結婚していた ジャン・ド・シャロン - オランジュ公。リシャール・デタンプの娘カトリーヌを母とする。フランソワ2世の甥。アンヌイザボー姉妹に次ぐブルターニュ公位継承権者 レオン子爵ジャン2世・ド・ロアンは、彼自身ブルターニュ公位継承権者であり、自分の息子フランソワおよびジャンを、アンヌイザボー姉妹二重結婚させる案を出したが、フランソワ2世拒否された。

※この「婚約」の解説は、「アンヌ・ド・ブルターニュ」の解説の一部です。
「婚約」を含む「アンヌ・ド・ブルターニュ」の記事については、「アンヌ・ド・ブルターニュ」の概要を参照ください。


婚約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:02 UTC 版)

ミッチー・ブーム」の記事における「婚約」解説

第二次世界大戦終結後11年経過し1956年昭和31年)の経済白書が「もはや戦後ではない」と明記し景気上昇していた中で宮内庁1958年昭和33年11月27日皇室会議が日製粉社長正田英三郎長女美智子皇太子妃迎えることを可決した発表する1957年昭和32年)に聖心女子大学英文科卒業していた美智子は、その年の夏皇太子軽井沢親善テニス・トーナメントの対戦を通じて出会い皇太子美智子人柄に惹かれて自ら妃候補と言及したと報道され皇族五摂家といった特定の華族から選ばれる皇室慣例破り初の平民出身皇太子妃として注目の的となった昭和天皇は「皇室新しい血を」という意向だったとされている。 これに対して正田家家柄違い過ぎるとして当初固辞姿勢見せたが、皇太子の「柳行李一つで来てください」との言葉決め手となって決心固めた報道された。しかしこの報道事実ではなく(「ご学友橋本明創作)、のち2001年平成13年)に行われた天皇記者会見では「このようなことは私は一言も口にしませんでした」と強く否定プライバシー尊厳重要性言及し報道のあり方疑問投げかけている。 美智子テニス着ていた白地のVネックセーターや白い服装、身につけていたヘアバンドカメオブローチストール白の長手袋などのいわゆるミッチースタイルと呼ばれたファッション大流行しヘアバンドは「ミッチーバンド」と名付けられている。 宮内庁行われた11月27日の婚約記者会見美智子が「とてもご清潔で誠実なご立派な方で心からご信頼申し上げ」と皇太子印象述べた発言大きな注目集め[要出典]、「ご清潔でご誠実」は、流行語になったマスメディアは「昭和シンデレラ」あるいは「世紀のご成婚」と銘打ち、美智子生い立ちや、皇太子との交際などを詳報週刊誌1956年昭和31年)の『週刊新潮創刊をきっかけに1957年昭和32年創刊の『週刊女性』(主婦と生活社)、1958年昭和33年)の『週刊女性自身』(光文社)、『週刊明星』(集英社)、『週刊大衆』(双葉社)、『週刊実話』などの創刊相次ぐ週刊誌ブーム」が起きており、週刊誌女性週刊誌報道競争過熱していた。「ご成婚」は週刊誌メディアにとって格好の題材素材となって週刊誌売り上げ伸び、さらに週刊誌記事を通じて皇室情報一般人浸透することとなった。 これら社会現象婚約発表その年に、美智子愛称ミッチー」に由来してミッチー・ブーム」と名付けられ以後、この呼称社会的に定着同年12月1日日本銀行一万円券いわゆる一万円札)を発行股上極端に短い新作パンティースキャンティー」を発表するなど女性下着ブーム火つけ役となって女性下着歴史画期をなしたファッションデザイナー鴨居羊子が『下着ぶんか論 解放された下着とその下着観』を上梓インスタントラーメン元祖チキンラーメン発売され、またロカビリーブーム起こるなど、この年多くの人々景気の上昇を実感する時代迎え本格的な大量消費社会入口さしかかっていたことが、経済的にミッチー・ブーム支え背景となっていた。また首都圏広域電波送信可能にする東京タワー12月23日完成マスメディア領域ではテレビ放送時代幕開け準備が整うこのような時代背景の中でミッチーブーム明る話題として取り上げられた。

※この「婚約」の解説は、「ミッチー・ブーム」の解説の一部です。
「婚約」を含む「ミッチー・ブーム」の記事については、「ミッチー・ブーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「婚約」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

婚約

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 01:03 UTC 版)

名詞

(こんやく)

  1. 結婚約束

翻訳

関連語


「婚約」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「婚約」の関連用語

婚約のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



婚約のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2022
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの婚約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアンヌ・ド・ブルターニュ (改訂履歴)、ミッチー・ブーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの婚約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS