不法行為とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 行為 > 不法行為の意味・解説 

不法行為


ふほう‐こうい〔フハフカウヰ〕【不法行為】


不法行為(ふほうこうい)

民法基本用語に関わる用語

故意(わざと)または過失(不注意)によって他人権利または、法律上保護される利益侵害する行為。不法行為を行った者は、その侵害によって生じた損害を賠償しなければならない。なお、不法行為に基づ損害賠償請求権は、損害及び加害者知ったときから3年行為のときから20年消滅する


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

不法行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 18:11 UTC 版)

不法行為(ふほうこうい)とは、ある者が他人の権利ないし利益を違法に侵害する行為[1][2]。また、その場合に加害者に対して被害者の損害を賠償すべき債務を負わせる法制度である。


  1. ^ 末川博『権利侵害論』第2版304頁(日本評論社、1949年)
  2. ^ 森島昭夫『不法行為法講義』1頁(有斐閣、1987年)
  3. ^ a b c 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、421頁
  4. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、323頁
  5. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、323-324頁
  6. ^ a b c 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、422頁
  7. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、337頁
  8. ^ a b c 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、400頁
  9. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、9頁
  10. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、9-11頁、422頁
  11. ^ 加藤雅信『新民法大系V 事務管理・不当利得・不法行為』2版217頁(有斐閣、2005年)
  12. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、324-326頁
  13. ^ a b c 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、330頁
  14. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、331頁
  15. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、340・355頁
  16. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、335頁
  17. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、335・355頁
  18. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、354頁
  19. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、404頁
  20. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、337頁
  21. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、340頁
  22. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、403頁
  23. ^ a b 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、198頁
  24. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、342-343頁
  25. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、410頁
  26. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、358-359頁
  27. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、190頁
  28. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、360-361頁
  29. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、399頁
  30. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、361頁
  31. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、202頁
  32. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、428頁
  33. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、385頁
  34. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、428頁
  35. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、398頁
  36. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、399頁
  37. ^ a b 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、408頁
  38. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、401頁
  39. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、408頁
  40. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、436-438頁
  41. ^ a b 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、197頁
  42. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、452-453頁
  43. ^ a b 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、438頁
  44. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、453頁
  45. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、410頁
  46. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、197頁
  47. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、498頁
  48. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、457頁
  49. ^ a b c 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、412頁
  50. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、501-517頁
  51. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、425-426頁
  52. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、512頁
  53. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、209-210頁
  54. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、456頁
  55. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、209頁
  56. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、500頁
  57. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、501-502頁
  58. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、460頁
  59. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、502頁
  60. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、459頁
  61. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、512頁
  62. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、516頁
  63. ^ a b 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、215頁
  64. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、217頁
  65. ^ a b c 損害賠償請求権”. 法務省. 2019年7月12日閲覧。
  66. ^ a b 消滅時効に関する見直し”. 法務省. 2019年7月12日閲覧。
  67. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、529頁
  68. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、219頁
  69. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、467頁
  70. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、333頁


「不法行為」の続きの解説一覧

不法行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 14:52 UTC 版)

ナゴルノ・カラバフ戦争」の記事における「不法行為」の解説

ソ連から独立して間もなく戦闘だったが、1993年半ばまでアルメニアとアゼルバイジャン国際的な協定調印していなかった。これにはジュネーヴ条約含まれていた。両国およびナゴルノ・カラバフ政府第三者メディア人権団体によってたびたび確認されていた敵の残虐行為非難した例え1992年ホジャリ大虐殺ヒューマン・ライツ・ウォッチメモリアルによって確認され同時期マラガ虐殺イギリス拠点を置くChristian Solidarity Internationalグループによって主張された。ヒューマン・ライツ・ウォッチ市民多数住む地域へのアゼルバイジャン空爆非難した。また両勢力とも無差別放火人質拘束市民への退去強要非難された。 双方において戦争犯罪に対する事実上の拘束従わない国際法違反があった。略奪死んだ兵士からの身体の切断(耳などを戦利品のように持ち帰った) が広く報告され、それが兵士らの間で自慢された。もう1つ大きな出来事兵士ではなく一般市民によって行われたアルメニアとアゼルバイジャンでの囚人の交換だった。正規軍または民兵その家族との連絡途絶えたとき、家族はしばしば彼らが捕らえていた敵兵士との捕虜交換主導したニューヨーク・タイムズジャーナリストYo'av Karnyは「この慣習この土地住んでいる人々と同様古いものである」とした。 戦争終結後双方捕虜拘束し続けているとして相手非難したアゼルバイジャン側はアルメニアが5,000人近く拘束していると主張しアルメニア側はアゼルバイジャン600人を拘束していると主張した戦争後非営利団体Helsinki Initiative 92シュシャステパナケルトの2ヶ所収容所調査したが、戦争捕虜1人もいないと結論づけたまた、アゼルバイジャン労働させられているというアルメニア人調査でも同様の結論なされた調査行った団体Svetlana GannushkinaがIWPR語ったところによると「我々は数百人のアルメニア人がいるという情報確かめるためアゼルバイジャン採石場登ったが、そこにアルメニア人1人もいなかった。」

※この「不法行為」の解説は、「ナゴルノ・カラバフ戦争」の解説の一部です。
「不法行為」を含む「ナゴルノ・カラバフ戦争」の記事については、「ナゴルノ・カラバフ戦争」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「不法行為」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

不法行為

出典:『Wiktionary』 (2021/08/08 11:03 UTC 版)

名詞

不法 行為ふほうこうい

  1. 他人権利侵害などして、生じた損害賠償する責任生じ行為をいう。

翻訳


「不法行為」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



不法行為と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不法行為」の関連用語

不法行為のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不法行為のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2022 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不法行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのナゴルノ・カラバフ戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの不法行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS