差止請求とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 法律関連用語 > 差止請求の意味・解説 

差止請求(さしとめせいきゅう)

民法基本用語に関わる用語

一定の行為を行わないよう相手方求めること。例えば、会社法上、株主または監査役会社または取締役違法行為について、著作権法上、著作者侵害行為停止侵害行為により作成された物の廃棄について行われる最近公害等の継続的不法行為被害者にその侵害停止または予防について、などの差止請求権認められている。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

差止請求

読み方さしとめせいきゅう

民事上の救済手段のひとつ。民法上の不法行為においては金銭賠償原則であるが(民722条1項,417条),知的所有権においては特に明文をもって被害者差止請求権認められている(特許100条,新案27条,意匠37条,商標36条,著112条,不正競争3条など)。なお民法上の不法行為についても,人格権のような排他的権利対す侵害については差止請求権認められると解されている。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「差止請求」の関連用語

差止請求のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



差止請求のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2019 Houterasu All rights reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.

©2019 Weblio RSS