複製とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 複製 > 複製の意味・解説 

ふく‐せい【複製】

読み方:ふくせい

[名](スル)

もとの物と同じ物を別に作ることまた、そのもの。「鍵を―する」

美術品著作物など原作品とそっくり同じ物を制作すること。また、そのもの。「名画を―する」

(「覆製」とも書く)写本・刊本などを原形のままの形に作ること翻刻に対していう。「―本」


複製

読み方ふくせい
【英】 copy

著作物を「印刷写真複写録音録画その他の方法により有形的に再製すること」をいう(著2条1項15号)。デジタル技術においては RAM などに一時的に情報記録されるが,これが著作権法にいう「複製」にあたるかどうかが,近時問題となっている。アメリカ判例EUのディレクティヴにおいてはこうした一時的複製も著作権法上の「複製」概念含めるとするものもあるが,わが国では,一時的複製は含まれないとするのが現在の一般的な考え方である。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

DNAの複製

同義/類義語:複製
英訳・(英)同義/類義語:DNA replication, replication

それぞれの鎖を鋳型にして、同じ配列を持つ新しDNA分子合成されること。DNAポリメラーゼなどが働き細胞周期による調節を受ける。

複写

(複製 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/08 04:51 UTC 版)

複写 (ふくしゃ) とは、機材を用いて、図書雑誌新聞など媒体を、別の紙に写し取ること。コピー(英:copy)。


  1. ^ 住民票役所が複製(印字)することはコピーと言わずに「住民票の写し」というが、それ以降の世代を複製することはコピーと呼ぶ。(住民票のコピー無効という表現もある)。新聞切符CDDVDなど、権利者が販売のために複製する場合はコピーと呼ばないが、それを複製することはコピーと呼ばれる
  2. ^ 著作権Q&A〜著作権なるほど質問箱〜「図書のコピーをする際に、コンビニエンス・ストアーで行う場合に比べ、図書館で行う場合には制約がありますが、それはなぜでしょうか。」(文化庁のサイト)
  3. ^ CRIC ケーススタディ著作権第3集((社)著作権情報センターのサイト)
  4. ^ 国公私立大学図書館協力委員会『大学図書館における文献複写に関する実務要項』(平成15年1月30日)
  5. ^ 黒澤節男「図書館における事典の複写-多摩市立図書館複写拒否事件」(東京地裁平成7年4月28日判決判時1531号129頁)『別冊ジュリスト 著作権判例百選[第三版] 』(斉藤=半田編)(有斐閣、2001年)158-159頁 ISBN 4641114579
  6. ^ 日本図書館協会著作権委員会編『図書館における著作権対応の現状:「日本の図書館2004」付帯調査報告書』(日本図書館協会、2005年) 50-56頁 ISBN 4820404458
  7. ^ 名和小太郎・山本順一編『図書館と著作権』(日本図書館協会、2005年) 29-31頁 ISBN 4820405225
  8. ^ (横浜市民の「声」(図書館での違法コピー対策について答えてください・2006年3月22日公表))
  9. ^ (横浜市民の「声」(図書館での違法コピー対策について答えてください・2006年4月11日公表))
  10. ^ 国立国会図書館資料利用規則(PDF)(国立国会図書館ホームページ)
  11. ^ 大学図書館間協力における資料複製に関するガイドライン(PDF)(国立大学図書館協会ホームページ)
  12. ^ 「月例報告 法規の制定」『国立国会図書館月報』548号(2006年11月号)20-22頁 ISSN 0027-9153


「複写」の続きの解説一覧

複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 06:19 UTC 版)

ミーム」の記事における「複製」の解説

ミームが心に侵入すると、そのミーム人を動かす。その行動は、他の心へそのミームを複製させる働きを持つ。複製には、ミーム内容変形させたり省略しないよう正確な複製法が必要になる例えば、「伝統」というミームは、その性質変形しにくい。あるいは宗教においては、あるミーム真理であるという教えによって保たれることもある。また、ミーム変形させる罰せられるような組織では正確な複製ができる。

※この「複製」の解説は、「ミーム」の解説の一部です。
「複製」を含む「ミーム」の記事については、「ミーム」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 00:00 UTC 版)

一本鎖プラス鎖RNAウイルス」の記事における「複製」の解説

(+)ssRNAウイルスは、ゲノム伝令RNA両方として働く遺伝物質持ち宿主細胞中で宿主リボソーム用い直接タンパク質翻訳される感染後最初に発現するタンパク質ゲノム複製に関わり細胞内膜合わさって(+)ssRNAウイルスゲノムからウイルス複製複合体(VRC)を形成するVRCは、ウイルス由来宿主由来両方タンパク質含み、また粗面小胞体の他、ミトコンドリア液胞ゴルジ体葉緑体ペルオキシソーム細胞膜オートファゴソーム等に由来する様々な細胞小器官の膜と結合している。(+)ssRNAゲノムの複製は二本鎖RNA中間体を介して進行し、膜陥入部での複製は二本鎖RNA存在に対する細胞応答回避目的である可能性がある多くの場合複製の際にサブゲノムmRNA作られるリボソームウイルスゲノム配列内リボソーム進入部位IRES)と非常に高い親和性結合するため、感染後宿主細胞翻訳装置全体ウイルスタンパク質生産転換されるポリオウイルスライノウイルス等のいくつかのウイルスでは、細胞性mRNA翻訳開始するのに必要な構成要素ウイルスのプロテアーゼによって分解されるため、宿主通常のタンパク質合成はさらに低下する全ての(+)ssRNAウイルスゲノムは、RNA鋳型からRNA合成するRNA依存性RNAポリメラーゼ(RdRP)をコードしている。(+)ssRNAウイルス複製の際に必要とする宿主タンパク質にはRNA結合タンパク質シャペロン、膜再構築タンパク質脂質合成タンパク質等があり、細胞分泌経路ウイルス複製のために利用される

※この「複製」の解説は、「一本鎖プラス鎖RNAウイルス」の解説の一部です。
「複製」を含む「一本鎖プラス鎖RNAウイルス」の記事については、「一本鎖プラス鎖RNAウイルス」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 16:31 UTC 版)

タートル潜水艇」の記事における「複製」の解説

1976年アメリカ建国200周年プロジェクトとして、Joseph Learyタートル号レプリカ設計しFred Frese製作したコネチカット州知事 Ella Grasso による進水式が行われ、コネチカット川試験行っている。この複製品Connecticut River Museum所有だが、Fred Frese指導地元高校生実動する複製を作っており、その手本としてその高校貸し出されている。 2007年8月3日ニューヨーク停泊中のクイーン・メリー2許可なくタートル号の複製で近づこうとした3人の男が警察に取押さえられた。この複製を作ったのはニューヨーク在住アーティスト Philip "Duke" Rileyロードアイランド州住人2名で、そのうちの1人ブッシュネルの子孫だと主張していた。危険な乗り物所有しているということで沿岸警備隊召喚状発行した

※この「複製」の解説は、「タートル潜水艇」の解説の一部です。
「複製」を含む「タートル潜水艇」の記事については、「タートル潜水艇」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 02:07 UTC 版)

小竜景光」の記事における「複製」の解説

江戸時代末期代表する刀工固山宗次による写しもあり、現在の磨り上げ姿を写したものと、もとの初ぶ(なかご)に復元したものの二振りがある。東京国立博物館移管されるまで本物宮内庁から門外不出だったため、佐藤寒山ですら宗次写ししか見たことがなく、後に本作見て出来驚いたことが語られている。

※この「複製」の解説は、「小竜景光」の解説の一部です。
「複製」を含む「小竜景光」の記事については、「小竜景光」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/14 02:49 UTC 版)

核DNA」の記事における「複製」の解説

詳細は「DNA複製を参照 分裂後新し細胞完全な量のDNAを持つために、分裂前に元の細胞DNAを倍化させる必要がある。この過程は、DNA複製呼ばれる各々の新し細胞は、元のDNA一方の鎖と新しく合成されるもう1本の鎖を含むため、これは半保存的複製呼ばれるDNA元のポリヌクレオチド鎖は、新し相補的ポリヌクレオチド合成の鋳型となる。DNA1本鎖鋳型は、相補鎖の合成用いられるDNA複製は、複製起点呼ばれるDNA分子上の特定の位置から開始するヘリカーゼ呼ばれる酵素DNA分子一部ほどいて分離しその後一本鎖DNA結合タンパク質結合してDNA分子1本鎖領域安定化させる。DNAポリメラーゼ呼ばれる酵素複合体1本鎖部分結合し、複製を開始するDNAポリメラーゼは、元から存在するヌクレオチド鎖の、新しDNAヌクレオチド部分にしか結合できないそのため、複製は、DNAプライマーゼ複製起点RNAプライマー結合することによって開始するRNAプライマーは、DNA鎖の開始部分小さな領域相補的な短いRNAヌクレオチド配列から合成される後にRNAプライマー酵素的に除かれDNAヌクレオチド適切な配列置き換えられるDNA分子2つ相補的な配列反対方向向いており、またDNAポリメラーゼ一方向にしか複製できないため、DNA鎖の複製には、異なった2種類の方法が取られる一方の鎖は、DNA分離部分巻き戻方向に連的に複製されるもう一方の鎖は、岡崎フラグメント呼ばれる一連のDNAの小断片形成しながら、反対方向に不連続に合成される各々の岡崎フラグメントは、分離したRNAプライマー必要とする岡崎フラグメント合成されると、RNAプライマーDNAヌクレオチド置き換わり断片同士結合して連続する相補鎖となる。

※この「複製」の解説は、「核DNA」の解説の一部です。
「複製」を含む「核DNA」の記事については、「核DNA」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 02:22 UTC 版)

キリストの変容 (ラファエロ)」の記事における「複製」の解説

絵画名声また、その複製画にも基づいている。原作ローマ別としてナポレオン略奪された後のパリで短期間しか鑑賞できなかったが、多数の複製により、絵画構図がほぼすべてのヨーロッパ重要な絵画コレクション遍在することが保証されることになったしたがって、それは多くの収集家愛好家芸術家美術史家によって研究され賞賛されることを可能とした。 ヴァチカンサン・ピエトロ大聖堂モザイク画含め1523年から1913年間に少なくとも68点の『変容』の複製が制作された。絵画良質の複製は近世に非常に求められ、若い芸術家は『変容』の複製を売ることにより、イタリア旅行芸術家目標であった)のためのお金を稼ぐことができた。これまでの最高の複製の1つは、1827年にグレゴール・アーカートによって制作された。19世紀終わりまで伝記など書物キリスト教讃美歌集挿絵含め少なくとも52点のエングレーヴィングエッチングによる絵画の複製が制作された。ローマグラフィック美術国立研究所は、これらの複製を12点所蔵している。絵画細部描いた少なくとも32点のエッチングエングレーヴィング特定することができる。それらは、ときに新しい作品構図一部として使用するためのものであったこれらの作品中には、ヴィンチェンツォ・カムッチーニ(1806年)による素描をもとにG.フォーロによってエングレーヴィングされた頭部、手、足の版画シリーズと、I. グーボー(1818および1830年)による素描をもとにJ. Godbyにより点描エングレーヴィングされた、別の頭部のシリーズがある。『変容』の最初のエングレーヴィングされた複製はまた、史上初絵画の複製版画呼ばれている。それは1538年匿名エングレーヴィング家によって作られたが、アゴスティーノ・ヴェネツィアーノの様式として同一視されることもある。

※この「複製」の解説は、「キリストの変容 (ラファエロ)」の解説の一部です。
「複製」を含む「キリストの変容 (ラファエロ)」の記事については、「キリストの変容 (ラファエロ)」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 19:55 UTC 版)

バラの聖母 (ラファエロ)」の記事における「複製」の解説

ラファエロ後の複製として、ジュリオ・ロマーノスコットランド国立美術館の『聖家族幼児洗礼者聖ヨハネ』と、ダニエレ・ダ・ヴォルテッラ帰属するドーリア・パンフィーリ美術館板絵2つがある。

※この「複製」の解説は、「バラの聖母 (ラファエロ)」の解説の一部です。
「複製」を含む「バラの聖母 (ラファエロ)」の記事については、「バラの聖母 (ラファエロ)」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 19:54 UTC 版)

バッカス (レオナルド)」の記事における「複製」の解説

レオナルド派(英語版)の画家によって制作された複製はほとんど知られていないそのうちの1つエジンバラスコットランド国立美術館所蔵されているベルナルディーノ・ラニーノ(英語版)の『荒野洗礼者聖ヨハネ』(Saint John the Baptist in the Wilderness)で、聖人洞窟背景置かれ、高い岩、川と、画面左騎士画面右絞首刑処された男が見える。また15世紀から16世紀の別の複製がモントーバンアングル美術館所蔵されている。チェザーレ・ダ・セスト追随者に起因する別の複製は、2008年4月23日クリスティーズオークション販売された。

※この「複製」の解説は、「バッカス (レオナルド)」の解説の一部です。
「複製」を含む「バッカス (レオナルド)」の記事については、「バッカス (レオナルド)」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 18:47 UTC 版)

聖母のエリザベト訪問 (ラファエロ)」の記事における「複製」の解説

現在のサン・シルヴェストロ教会にはジュリオ・チェーザレ・ベデスキーニ(イタリア語版)がブランコニオ礼拝堂フレスコ画装飾したときに制作したと思われる複製が置かれている。

※この「複製」の解説は、「聖母のエリザベト訪問 (ラファエロ)」の解説の一部です。
「複製」を含む「聖母のエリザベト訪問 (ラファエロ)」の記事については、「聖母のエリザベト訪問 (ラファエロ)」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 21:35 UTC 版)

エレオノーラ・ゴンザーガの肖像」の記事における「複製」の解説

ウフィツィ美術館版画部門には19世紀の作品の複製(No.106748)が所蔵されている

※この「複製」の解説は、「エレオノーラ・ゴンザーガの肖像」の解説の一部です。
「複製」を含む「エレオノーラ・ゴンザーガの肖像」の記事については、「エレオノーラ・ゴンザーガの肖像」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 22:21 UTC 版)

サロメ (ティツィアーノ、プラド美術館)」の記事における「複製」の解説

本作品は人気を博したらしく、別の主題用いられたものも含めて様々な複製や模写存在している。ティツィアーノ自身盆の上置かれた物を入れ替えることで主題異な作品制作しているのが良い例である。またティツィアーノ助手であったジローラモ・ダンテ英語版)はデトロイト美術館所蔵されている『ニンフとサテュロス』を描いている。

※この「複製」の解説は、「サロメ (ティツィアーノ、プラド美術館)」の解説の一部です。
「複製」を含む「サロメ (ティツィアーノ、プラド美術館)」の記事については、「サロメ (ティツィアーノ、プラド美術館)」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 19:33 UTC 版)

風俗画報」の記事における「複製」の解説

冊子版複刻日本の雑誌 B』日本近代文学館講談社1982年6月ISBN 4061479997。OCLC 703966215。 創刊号の複製。[7] 風俗画報 明治22年風俗画報東陽堂、国書刊行会1973年6月。NCID AN10167724。 1973年6月から1979年1月 (昭和4854) にかけて1号から479号 (1889年1913年〈明22.2–大5.4〉) を復刻CD-ROM版 11枚組CD-ROM版1997年製作された。 『「風俗画報CD-ROM版ゆまに書房1997年OCLC 44112188。 『「風俗画報CD-ROM版ゆまに書房2002年2月マイクロフィルム1号から478号と増刊マイクロフィルム翻刻したもの国立国会図書館収蔵している。 東陽堂『「風俗画報マイクロフィルム版』ゆまに書房2002年2月ISBN 489714101X。 マイクロフィルム (16mm) 20巻総目次 (検索用データベースCD-ROM1)。 オンライン版 2013年4月1日より、ジャパンナレッジにて「Web版 風俗画報」を有償公開慶應義塾運動会競走の図 慶應義塾炬火行列大運動会の図 新橋停車場之図

※この「複製」の解説は、「風俗画報」の解説の一部です。
「複製」を含む「風俗画報」の記事については、「風俗画報」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 02:42 UTC 版)

ザクロの聖母」の記事における「複製」の解説

ルネサンス期には、芸術家他の芸術家作品模倣することは珍しいことではなかった。確立された芸術家作品の複製を制作する練習は、芸術的な修行にとって重要であった。『ザクロの聖母』の複製は多数存在するイングリッシュ・ヘリテッジの上コレクション保護官であるレイチェル・ターンブルは、自身の工房にあった作品 (ボッティチェッリ作品質の悪い複製と見なされていた) の黄色装飾部分を何年もかけて取り除いた後、その作品実際にはボッティチェッリフィレンツェ工房制作したオリジナルの複製であることを発見した。レイチェル・ターンブルは、チーム何年にもわたって精力的に取り組んだ後、元の複製の上に塗られていた絵具削除して、より本来の状態にし、元の筆触絵具見つけることができた。調査の後、専門家たちは絵具試験を行うことができ、作品ルネサンス時代作品であることがわかったロンドンイングリッシュ・ヘリテッジ専門家は、使用され絵画の様式と筆触から、彼らの工房にあった絵画確かにボッティチェッリフィレンツェ工房作のオリジナルである判断することができたのである

※この「複製」の解説は、「ザクロの聖母」の解説の一部です。
「複製」を含む「ザクロの聖母」の記事については、「ザクロの聖母」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 06:02 UTC 版)

キリストの捕縛 (カラヴァッジョ)」の記事における「複製」の解説

この絵画には少なくとも12点の複製が知られている。それらには、マンチェスターシューカー大聖堂博物館とセント・ビーズ・カレッジにあるもの、そして以前はウォルター P. クライスラー・ジュニア・コレクションにあったものが含まれている。 オデッサ西洋東洋美術館(ウクライナ)には、カラヴァッジョ自身制作したオリジナルの複製であると信じられている『キリストの捕縛』がある。この絵画2008年美術館から盗まれドイツ発見された。修復調査の後、ウクライナロシア科学者は、その絵画オリジナルの所有者チリアーコ・マッテイの兄弟である、アスドルバーレ・マッテイのためにジョヴァンニ・ディ・アッティリによって制作された複製であると主張した。 アスドルバーレの帳簿には、この作品に対して1626年12スクード支払い記録されている。

※この「複製」の解説は、「キリストの捕縛 (カラヴァッジョ)」の解説の一部です。
「複製」を含む「キリストの捕縛 (カラヴァッジョ)」の記事については、「キリストの捕縛 (カラヴァッジョ)」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 15:19 UTC 版)

鏡の前の女」の記事における「複製」の解説

本作品は多くの複製が知られているダフィット・テニールスの『ブリュッセルの画廊における大公レオポルト・ヴィルヘルム 』のプラド美術館バージョン大公レオポルト・ヴィルヘルム・フォン・エスターライヒコレクション中に本作品の複製が存在したことを証言している。1919年、ルイ・ウールティックは大公所有したもの以外にも18世紀オルレアン公フィリップ2世コレクション記録された第2の複製や、1815年フェラーラ記録された第3の複製、1919年ミュンヘンのレーヴェンフェルド男爵Baron of Lœwenfeld)のコレクション記録された4番目のものなど、いくつかの複製を挙げている。現在、特にプラハ城美術館カタルーニャ美術館2つの複製が際立っている。この2点ルーヴル美術館オリジナルに非常に近いことが指摘されている。

※この「複製」の解説は、「鏡の前の女」の解説の一部です。
「複製」を含む「鏡の前の女」の記事については、「鏡の前の女」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 07:40 UTC 版)

聖アントニウスの誘惑の三連祭壇画」の記事における「複製」の解説

ボス多くの絵画同様に聖アントニウスの誘惑』は多くの複製の主題となっている。中央パネルの別バージョンブラジルサンパウロ美術館所蔵されており、ボス追随者による複製はオタワカナダ国立美術館に、別のバージョンマドリードプラド美術館所蔵されている。3番目の複製はフィラデルフィア近くバーンズ・コレクションが所有している。 かつてはオリジナル信じられていたが、現在はペンシルベニア大学美術史家ラリー・シルバー(Larry Silver)によって16世紀の複製であると識別されている。

※この「複製」の解説は、「聖アントニウスの誘惑の三連祭壇画」の解説の一部です。
「複製」を含む「聖アントニウスの誘惑の三連祭壇画」の記事については、「聖アントニウスの誘惑の三連祭壇画」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 14:02 UTC 版)

アブサンウイロイド科」の記事における「複製」の解説

複製は、植物細胞葉緑体の中で起こる。複製の主な特徴としては、ヘルパーウイルスを必要とせず、タンパク質コードされない。もう1つウイロイドの科であるポスピウイロイド科異なりアブサンウイロイド科は、対称なローリングサークル行われる考えられている。一方RNA鎖が鋳型となり、RNAポリメラーゼIIもう一方RNA鎖を形成する新しRNA鎖は、リボザイム働きによって切断され環化される。複製の起こる場所は未知である葉緑体考えられ、マグネシウムイオンを必要とする

※この「複製」の解説は、「アブサンウイロイド科」の解説の一部です。
「複製」を含む「アブサンウイロイド科」の記事については、「アブサンウイロイド科」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 00:06 UTC 版)

スープ皿の聖母」の記事における「複製」の解説

早くも16世紀にジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(英語版)によって複製が制作されている。パルマのサン・ピエトロ・マルティーレ教会イタリア語版)に由来する作品らしく、現在は同じくパルマ国立美術館所蔵されている。

※この「複製」の解説は、「スープ皿の聖母」の解説の一部です。
「複製」を含む「スープ皿の聖母」の記事については、「スープ皿の聖母」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 15:24 UTC 版)

球体をもった球体」の記事における「複製」の解説

以下は、『球体をもった球体』の設置位置の一覧である。類似の大きな球』は含まれない

※この「複製」の解説は、「球体をもった球体」の解説の一部です。
「複製」を含む「球体をもった球体」の記事については、「球体をもった球体」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 15:47 UTC 版)

人魚姫の像」の記事における「複製」の解説

1970年大分市水族館にこの像のレプリカ到着デンマーク国外としては世界初。現在日本国内に大阪港名古屋港愛知県安城市デンパークなどにある。 日本国外ではMermaids of Earth記載されているだけで少なくとも13か所に、この像の損傷を受けていない複製が設置されている。カリフォルニア州ソルバングアイオワ州キンボールトン、ピアトラ・ネアムツ(ルーマニア)、トレホン・デ・アルドス(スペイン・マドリード州)、ソウルにもある。 なお、出典によると、コペンハーゲン港に設置してある像自体コピーで、オリジナルエリクセンの子孫により公開されていない所に保管されている。

※この「複製」の解説は、「人魚姫の像」の解説の一部です。
「複製」を含む「人魚姫の像」の記事については、「人魚姫の像」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 15:31 UTC 版)

H19」の記事における「複製」の解説

インプリンティングを受けている遺伝子共通する特徴は、有糸分裂DNA合成期S期)における複製が同期していないということである。同じ遺伝子2つアレルは、どちらの親に由来するかによって複製のタイミング異なる。ヒト染色体の11p15では、父親由来メチル化されたH19アレルS期初期に複製されるが、母親由来の低メチル化アレル遅れて複製される遅れて複製される母親由来H19アレルにはCTCF結合しており、このCTCFH19複製の時期決定していることが明らかにされている

※この「複製」の解説は、「H19」の解説の一部です。
「複製」を含む「H19」の記事については、「H19」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 10:13 UTC 版)

ファージ」の記事における「複製」の解説

バクテリオファージは「溶菌サイクル英語版)」と「溶原サイクルを持っている。 T4ファージのような溶菌ファージ (ビルレントファージ、英: virulent phage)で見られる溶菌サイクル英語版)(lytic cycle)では、ウイルス即時複製された後、細菌細胞破壊され溶解して死滅する細胞破壊されるとすぐに、ファージの子孫は新し宿主見つけて感染できる。溶菌ファージは、ファージセラピー用としてより適している一部溶菌ファージは、細胞外ファージ濃度が高い場合には、完成したファージ子孫がすぐに細胞外溶解しないという、溶菌阻害(英: lysis inhibition)として知られる現象起こす。この機構は、次に述べ溶原性ファージプロファージ)が休眠状態になる機構とは異なり通常一時的なものである。 対照的に、溶原サイクルlysogenic cycle)は、宿主細胞即時溶解もたらさない溶原性を受けることができるそれらのファージ溶原性ファージ (テンペレートファージ、英: temperate phages) として知られているそれらのウイルスゲノムは、宿主DNA統合され宿主DNA一緒に比較無害に複製されるか、あるいはプラスミドとして宿主細胞内に独立して存在することもある。ウイルスは、(おそらく栄養分枯渇原因で宿主の状態が悪化するまで休眠状態のままで、その後内在性英語版ファージプロファージとして知られている)は活動的になるこの時点で、プロファージ生殖サイクル開始し宿主細胞溶解もたらす。溶原サイクル宿主細胞生存繁殖可能にするので、ウイルスはその細胞すべての子孫複製される。この現象は溶原化と呼ばれプロファージ保有する細菌を溶原と呼ぶ。溶原サイクル溶菌サイクルに従うことが知られているバクテリオファージの例には、大腸菌のラムダファージ(英語版)がある。 テンペレートファージ中には抗生物質への耐性遺伝子毒素遺伝子を持っているものがあり、細菌ゲノム新し機能追加することによってその遺伝形質細菌獲得することがある。これは、溶原変換(英: lysogenic conversion)と呼ばれる現象であり、これによって薬剤耐性強毒性細菌出現することは、医学上重要な問題考えられている。このような実例としてO157ベロ毒素挙げられるベロ毒素一部赤痢菌産生する志賀毒素同じものであり、それらの赤痢菌感染していた毒素遺伝子を含むファージ大腸菌感染してベロ毒素産生大腸菌出現した考えられている。同様の例として、バクテリオファージによって、無害なコリネバクテリウム・ジフテリアエ(英語版)(Corynebacterium diphtheriae)やビブリオ・コレラエ(英語版)(Vibrio cholerae)の菌株の、それぞれジフテリアコレラ引き起こす強毒性菌株への変換がある。これらの毒素コードするプロファージ標的とした特定の細菌感染症闘う戦略提案されている。

※この「複製」の解説は、「ファージ」の解説の一部です。
「複製」を含む「ファージ」の記事については、「ファージ」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 06:12 UTC 版)

ロタウイルス」の記事における「複製」の解説

ロタウイルスの複製は主に腸で行われ小腸の腸細胞絨毛感染上皮構造的機能的変化をもたらす三重タンパク質被膜により胃の酸性環境腸管消化酵素耐えることができる。 ロタウイルス細胞受容体エンドサイトーシスによって侵入エンドソーム呼ばれる小胞形成する最外層のタンパク質VP7とVP4)はエンドソームの膜を破壊しカルシウム濃度変化をさせる。これがVP7三量体崩壊起こしVP2VP6によってなるdsRNAを包む殻を露出させた二重粒子形成につながる。 11の二本鎖RNA分節二層タンパク質の殻に囲まれたまま、ウイルス性のRNA依存性RNAポリメラーゼによってウイルスのゲノムからmRNA転写されるコアによって囲まれているため、ウイルスのRNAは、二本鎖RNAによって活性化する自然免疫反応であるRNA干渉回避することができる。 感染時にロタウイルスタンパク質の合成およびゲノム複製の両者のためにmRNA合成を行う。ロタウイルスタンパク質ほとんどはヴィロプラズム集積しRNAの複製と二重粒子組み立てがこの場行われるウイルスの二本鎖RNAゲノム複製の鋳型となるプラス鎖RNAヴィロプラズム中にあり、siRNAによって誘導されるRNA分解受けないヴィロプラズム周縁感染後二時間で形成され始め2つ非構造タンパク質、NSP5とNSP2によって構成される考えられているウイルス工場である。RNA干渉によってNSP5を阻害するロタウイルスの複製効率急激に低下する二重粒子小胞体輸送されVP7とVP4によって構成される三番目の殻、外膜獲得する。娘ウイルス細胞溶解伴って放出される

※この「複製」の解説は、「ロタウイルス」の解説の一部です。
「複製」を含む「ロタウイルス」の記事については、「ロタウイルス」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 07:46 UTC 版)

ColE1」の記事における「複製」の解説

ColE1の複製は起点から始まる。このポイントから555bp上流でRNAポリメラーゼはRNAIIの転写開始する。RNAIIはプレプライマーとして機能しリーダー鎖の合成開始する転写産物は、新生RNA起源DNA間の相互作用安定させる二次構造折りたたまれる。このハイブリッドは、RNA鎖を切断し、3 'ヒドロキシル基露出するRNase Hによって攻撃されるこれによりDNAポリメラーゼIによるリーディングストランドの伸長可能になる。ラギングストランド合成は、後で宿主細胞によってコードされたプライマーゼによって開始される翻訳阻害細胞成長停止しますが、ColE1の複製は停止しない。 Ropタンパク質翻訳阻害されるため、通常のコピー数よりも多いとこれらの細胞生じる。

※この「複製」の解説は、「ColE1」の解説の一部です。
「複製」を含む「ColE1」の記事については、「ColE1」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 15:19 UTC 版)

最後の審判の三連祭壇画 (ウィーン美術アカデミー)」の記事における「複製」の解説

ベルリン絵画館ルーカス・クラナッハによる複製が所蔵されている

※この「複製」の解説は、「最後の審判の三連祭壇画 (ウィーン美術アカデミー)」の解説の一部です。
「複製」を含む「最後の審判の三連祭壇画 (ウィーン美術アカデミー)」の記事については、「最後の審判の三連祭壇画 (ウィーン美術アカデミー)」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 23:41 UTC 版)

読書する聖カタリナ」の記事における「複製」の解説

古くから本作品の複製が制作されている。それらのいくつか聖カタリナ全身像または七分丈の高さでひざまずいていることを表すために構図拡張している。通常この種拡張キャンバス四辺切り詰められる以前絵画元のサイズ示唆しているが、本作品についてはそうではない。他の複製は多かれ少なかれ現在のサイズ記録している。

※この「複製」の解説は、「読書する聖カタリナ」の解説の一部です。
「複製」を含む「読書する聖カタリナ」の記事については、「読書する聖カタリナ」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 03:58 UTC 版)

サロメ (ティツィアーノ)」の記事における「複製」の解説

ティツィアーノ工房作、またはその両方による初期の複製がいくつか確認されている。現在、ノートン・サイモン美術館所蔵されているバージョン工房の中で最高のもの見なされている。サルヴィアーティ家、スウェーデン女王クリスティーナ、オデスカルキ家のコレクション含まれていた別の初期の複製は、現在、アメリカ合衆国不動産王ルーク・ブルグナーラ(英語版が所有している。

※この「複製」の解説は、「サロメ (ティツィアーノ)」の解説の一部です。
「複製」を含む「サロメ (ティツィアーノ)」の記事については、「サロメ (ティツィアーノ)」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 16:20 UTC 版)

ピソウイルス」の記事における「複製」の解説

天然痘ウイルスなどのDNAウイルスと同じように、複製は宿主細胞質行われる

※この「複製」の解説は、「ピソウイルス」の解説の一部です。
「複製」を含む「ピソウイルス」の記事については、「ピソウイルス」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 16:44 UTC 版)

遺伝子ファミリー」の記事における「複製」の解説

遺伝子族形成においてその複製には、1)エキソンの複製と位置シャッフル、2)遺伝子全体の複製、3)多重遺伝子族の複製、4) 全ゲノムの複製、の4つレベル存在するエキソンの複製と位置シャッフル多様性増大させ、新し遺伝子誕生につながる。複製され遺伝子多重遺伝子族形成し、そして多重遺伝子族複製され複数染色体分散するスーパーファミリーとなる。ゲノム全体の複製は全ての遺伝子遺伝子族コピー数を2倍とする 。全ゲノム複製とは同質倍数体化(自己増殖)か異質倍数体化である。同質倍数体化とは同一のゲノムの複製であり、異質倍数体化とは2つ密接に関連するゲノムの、あるいは異なる種のゲノム組み合わさったゲノムの複製である。 複製は主に生殖細胞減数分裂における不等交差によって生じる。2つ染色体が不正列のとき、ある遺伝子一方染色体増える拡張しもう一方で減るか縮小することになる。遺伝子集団拡張縮小)とは遺伝子族より大きくなるように遺伝子複製されることを意味する

※この「複製」の解説は、「遺伝子ファミリー」の解説の一部です。
「複製」を含む「遺伝子ファミリー」の記事については、「遺伝子ファミリー」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 15:05 UTC 版)

ハンタウイルス」の記事における「複製」の解説

ハンタウイルスの複製過程はすべて細胞質おこなわれる。RdRpはNのキャップ・スナッチング機構使ってゲノミックS、M、L分節 (vRNA) からプラス鎖mRNA合成する

※この「複製」の解説は、「ハンタウイルス」の解説の一部です。
「複製」を含む「ハンタウイルス」の記事については、「ハンタウイルス」の概要を参照ください。


複製(パストリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:42 UTC 版)

まじもじるるも」の記事における「複製(パストリ)」の解説

物や人を複製する腕前によってその精度変わりどこまで再現するかを調整することも可能。

※この「複製(パストリ)」の解説は、「まじもじるるも」の解説の一部です。
「複製(パストリ)」を含む「まじもじるるも」の記事については、「まじもじるるも」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 00:54 UTC 版)

データフロー図」の記事における「複製」の解説

外部実体データストア明確化のために複製して描く(つまり同じもの複数回描く)ことがある。ただし、プロセスは複製できない複製され外部実体にアスタリスク(*)を右下に付し、複製されデータストアには二重線左端に付す。

※この「複製」の解説は、「データフロー図」の解説の一部です。
「複製」を含む「データフロー図」の記事については、「データフロー図」の概要を参照ください。


複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 15:23 UTC 版)

キャッチ・ミー・フー・キャン」の記事における「複製」の解説

原型機関車製造され近くSevern Valley鉄道英語版)の工場トレビシック200慈善事業によって複製品が製作中である。2011年12月時点ではある程度完成したものの、まだ自力で走行できない作業着実に進みつつある。

※この「複製」の解説は、「キャッチ・ミー・フー・キャン」の解説の一部です。
「複製」を含む「キャッチ・ミー・フー・キャン」の記事については、「キャッチ・ミー・フー・キャン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「複製」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

複製

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:54 UTC 版)

名詞

ふくせい

  1. 原物同じような物を作る事。また、その作られた物。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
複製-する

「複製」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



複製と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「複製」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



複製のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2023 Sekidou Kousuke.
文化庁文化庁
Copyright © 2023 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
かんこうかんこう
2023 (C) KANKO All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2023, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの複写 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミーム (改訂履歴)、一本鎖プラス鎖RNAウイルス (改訂履歴)、タートル潜水艇 (改訂履歴)、小竜景光 (改訂履歴)、核DNA (改訂履歴)、キリストの変容 (ラファエロ) (改訂履歴)、バラの聖母 (ラファエロ) (改訂履歴)、バッカス (レオナルド) (改訂履歴)、聖母のエリザベト訪問 (ラファエロ) (改訂履歴)、エレオノーラ・ゴンザーガの肖像 (改訂履歴)、サロメ (ティツィアーノ、プラド美術館) (改訂履歴)、風俗画報 (改訂履歴)、ザクロの聖母 (改訂履歴)、キリストの捕縛 (カラヴァッジョ) (改訂履歴)、鏡の前の女 (改訂履歴)、聖アントニウスの誘惑の三連祭壇画 (改訂履歴)、アブサンウイロイド科 (改訂履歴)、スープ皿の聖母 (改訂履歴)、球体をもった球体 (改訂履歴)、人魚姫の像 (改訂履歴)、H19 (改訂履歴)、ファージ (改訂履歴)、ロタウイルス (改訂履歴)、ColE1 (改訂履歴)、最後の審判の三連祭壇画 (ウィーン美術アカデミー) (改訂履歴)、読書する聖カタリナ (改訂履歴)、サロメ (ティツィアーノ) (改訂履歴)、ピソウイルス (改訂履歴)、遺伝子ファミリー (改訂履歴)、ハンタウイルス (改訂履歴)、まじもじるるも (改訂履歴)、データフロー図 (改訂履歴)、キャッチ・ミー・フー・キャン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの複製 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS