頒布とは? わかりやすく解説

はん‐ぷ【頒布】

読み方:はんぷ

[名](スル)品物資料などを、広く配ること。「希望者無料で―する」「銘酒の―会」


頒布

読み方:はんぷ

広義には有形方法無形方法を問わず文書図画その他の情報公衆譲渡し貸与し,または送信等することによって伝達することをいうが,わが国においては有形的頒布,すなわち有体物公衆譲渡または貸与することを「頒布」といい,無形的頒布については「公衆送信」などとして「頒布」と区別している。映画の著作物(または映画において複製されている著作物に関しては,これ(ら)を公衆提示することを目的として当該映画の著作物複製物譲渡し,または貸与することも,「頒布」に含まれる(著2条1項19号)。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

頒布

読み方:ハンプhanpu

文書配布公布すること。


頒布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 00:59 UTC 版)

広く配ることを指す。




「頒布」の続きの解説一覧

頒布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 07:46 UTC 版)

ウィキボヤージュ」の記事における「頒布」の解説

ウィキボヤージュミラー配信ほか近代的なメディア手法による頒布は合法であり、歓迎されるしたがって、ウィキボヤージュ毎週ペース最新のアーカイブ提供している。このアーカイブ含まれるファイルには、作者帰属等、ライセンス要件法的に満たすために必要な情報添付して提供されている画像作者言及するプログラムに関する技術的な拡張機能準備中である。 クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで提供されているのは、ライセンス条項全文を添付する義務をなくし、作者言及するだけで頒布できるようにすることを意図されてのものである。

※この「頒布」の解説は、「ウィキボヤージュ」の解説の一部です。
「頒布」を含む「ウィキボヤージュ」の記事については、「ウィキボヤージュ」の概要を参照ください。


頒布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 05:10 UTC 版)

ジ・オニオン」の記事における「頒布」の解説

ジ・オニオン』の印刷版は、ウィスコンシン州マディソン同州ミルウォーキーニューヨーク市シカゴミネアポリス=セント・ポール英語版)、コロラド州デンバー同州ボルダーテキサス州オースティンコロンビア特別区無償配布されている。また各国書店英国など)で購入でき、郵便による有料購読もできる。2005年から2009年までカリフォルニア州ロサンゼルス版とサンフランシスコ版が発行されていたが、広告収入得られ終刊となった

※この「頒布」の解説は、「ジ・オニオン」の解説の一部です。
「頒布」を含む「ジ・オニオン」の記事については、「ジ・オニオン」の概要を参照ください。


頒布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 15:21 UTC 版)

ownCloud」の記事における「頒布」の解説

自社サイト以外にGoogle PlayApple iTunesLinuxディストリビューションレポジトリからダウンロードできる。2014年にはUbuntuとのパッケージ保守怠慢によるとされる紛争から、一時的にUbuntuリポジトリから外された。 ownCloudGNOMEデスクトップ統合されており、ほかにもRaspberry Piから利用できる

※この「頒布」の解説は、「ownCloud」の解説の一部です。
「頒布」を含む「ownCloud」の記事については、「ownCloud」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「頒布」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

頒布

出典:『Wiktionary』 (2021/11/12 22:22 UTC 版)

名詞

(はんぷ)

  1. 多くの人に配ること。

動詞

活用

サ行変格活用
頒布-する

関連語


「頒布」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頒布」の関連用語

頒布のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



頒布のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2022 Sekidou Kousuke.
文化庁文化庁
Copyright © 2022 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頒布 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウィキボヤージュ (改訂履歴)、ジ・オニオン (改訂履歴)、ownCloud (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの頒布 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS