無償とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 無償 > 無償の意味・解説 

む‐しょう〔‐シヤウ〕【無償】

読み方:むしょう

報酬のないこと。また、報酬求めないこと。「—の奉仕

代金払わないいいこと。ただ。無料。「—で貸与する」⇔有償


無料

(無償 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 10:01 UTC 版)

無料(むりょう)とは、そのサービスの提供について、受益者に代価を求めないことである。「送料は無料になります」「ただいまドリンクの無料サービス中です」「ファミリーレストランの無料クーポン券をもらった」のように使われる。


  1. ^ “ろは”, 新明解国語辞典 (第4版小型 ed.), 三省堂, (1989年12月10日), p. 1389, ISBN 4-385-13142-2 .
  2. ^ 宮本憲一(1989):環境経済学.岩波書店、368p.ISBN 4000003267


「無料」の続きの解説一覧

無償

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 00:42 UTC 版)

全文検索」の記事における「無償」の解説

Tokyo Dystopia: a full-text search system下の製品群組み合わせて使用するTokyo Cabinet: a modern implementation of DBMTokyo Tyrant: network interface of Tokyo CabinetTokyo Promenade: a content management systemKyoto Cabinet: a straightforward implementation of DBMKyoto Tycoon: a handy cache/storage server Hyper EstraierN-gramベース (N.M-gram)。わかち書き方式併用可。 分散インデクス、Webクローラ検索用CGIなど標準添付プログラム充実。 N.M-gram方式とは、N文字に続くM文字ハッシュ値計算し保持することによって、フレーズ検索が可能。フォルスドロップあり。類似検索あり。 大規模なインデックス作成可。 msearchインデックスは「ファイル名|タブコード|本文|改行コード」の単純なもので、これにGrep検索をかけることで対象文書抽出する設置が非常に容易であり、root権限無くてもインデックスの更新可能なため、個人小規模サイト中心に用いられている。 UTF-8などUnicodeにも対応したUnicode版msearchがある。 Namazuわかち書きベース。 2単語によるフレーズからハッシュ値計算し保持することによって、フレーズ検索が可能。フォルスドロップ(英: false drop=誤った候補)あり。 古くからあり、日本広く使われている全文検索システム小中規模対象とし、大規模が苦手。 Apache Lucene/SolrAnalyzerと呼ばれるクラスを選ぶことにより、N-gramわかち書き形式でのインデックス作成ができる。 Javaによる全文検索システムLuceneクラスライブラリとして提供されLucene利用した全文検索サーバーSolrとなる。 IBM WebSphere Commerce, Salesforce, Microsoft Azure, SAP Hybris, 楽天などで利用されている。 大規模なインデックス作成可。スケーリング稼働率、対障害性高めZookeeper使った仕組み備える。 Rastわかち書きベースN-gramベース選択 単語出現位置情報保持し正確なフレーズ検索が可能。フォルスドロップなし。 Sennaわかち書きベースN-gramベース選択 他のプログラムかライブラリとして呼び出して利用するMySQL中に全文検索エンジン組み込むパッチ提供されており、MySQL利用しているプログラムであれば全文検索機能手軽に実現できるPostgreSQLに対してSenna全文検索エンジンとして組み込むためのモジュールLudia公開されている。 Perlバインディングにより、Perlスクリプトから簡単に利用することができる。PHPRubyPythonバインディング提供されている大規模なインデックス作成可。ただし、分散検索機能はない。 GroongaSennaの後継エンジン

※この「無償」の解説は、「全文検索」の解説の一部です。
「無償」を含む「全文検索」の記事については、「全文検索」の概要を参照ください。


無償

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 00:42 UTC 版)

全文検索」の記事における「無償」の解説

Windows Searchマイクロソフトわかち書きベース Windows Vista以降標準搭載検索対象フォルダ詳細に設定可能ネットワークドライブにも対応。 当初はMSN サーチ ツールバー with Windows デスクトップ サーチ」というパッケージ配布されていた。 SpotlightAppleMac OS X Tiger以降に標準搭載。「Sherlock」の後継ソフト。 Googleデスクトップ (Google)わかち書きベースGoogle web検索と同じエンジンでローカルファイルを検索できる欠点は、大きなファイルの場合、後半部分インデックス化されないなどの問題。 DesktopHEN-gramベース (N.M-gram)。わかち書き方式併用可。 Hyper EstraierGUIをつけた物。 Google デスクトップなどの常駐型とは異なりインデックス張ったあとはコンピュータ重くなったりしない。 インデックスサービスマイクロソフトWindows 2000 / XP標準搭載デフォルトではオフとなっている。 ローカルディスク全体インデックス化できるが、CPU負荷高くなるメール検索には非対応Vistaでは、Windows デスクトップサーチベースにしたシステムになった。 FindFast(マイクロソフトMS Office95~2000標準搭載Officeファイル対象であり、メール検索などはできないOffice XP以降はインデックス検索置き換わった。 BeagleLinuxなどのUnix系OS向け MetaTrackerLinuxなどのUnix系OS向け butterfly_search(バタフライサーチ)アルファベット空白区切りそれ以外の文字N-gramベースインデックス化検索対象テキストファイルのみ。

※この「無償」の解説は、「全文検索」の解説の一部です。
「無償」を含む「全文検索」の記事については、「全文検索」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「無償」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

無償

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:15 UTC 版)

名詞

むしょう

  1. したことに対しお金等を取らないこと。

発音(?)

む↗しょー

類義語

対義語


「無償」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



無償と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「無償」に関係したコラム

  • 株式の単元未満株とは

    株式の単元未満株とは、株式の最低売買単位である1単元未満の株式のことです。1単元は銘柄ごとに異なりますが、100株や1000株であることが多いようです。1単元が100株の銘柄では、単元未満株は1株から...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

無償のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無償のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2022
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの全文検索 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの無償 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS