フリーソフトウェアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > ソフトウェア > フリーソフトウェアの意味・解説 

フリーソフトウェア

別名:フリーウェアフリーソフト
【英】free software

フリーソフトウェアとは、無料で自由に配布改変利用することのできるソフトウェアのことである。

フリーソフトウェアの語は、特にGPL(The GNU General Public LicenseライセンスGPL派生であるBSDライセンスなどに基づいて提供されているソフトウェアを指すことが多い。この場合のフリーソフトウェアとは、ソースコード入手から改変再配布などが自由に行えるソフトウェア意味している

GPLライセンスリチャード・ストールマンRichard Matthew Stallman)によって提唱された。このライセンス一般的なライセンスとは異なり著作権所有権利己的に主張する(そして使用再配布に対して金銭的対価要求する)のではなくソースコード自由に入手し修正を施すことができる」ことを保証している。その修正したソースコードも、他の人自由に入手使用することが保証されているリーナス・トーバルズによって開発されLinuxもこのライセンス体系によって公開されている。

フリーソフトウェアはソースコード公開しているが、ソースコード公開されているソフトウェア指して特に「オープンソースソフトウェアと呼ぶことも多い。

あるいは、フリーソフトウェアと言った場合に、無償使用できるソフトウェアというほどの意味用いられていることも多い。この場合には特に「フリーウェア」や「フリーソフト」と呼ばれることが一般的である。フリーウェア無償での利用著作権者によって保証されているものである無料で利用できるソフトウェアと言えばパブリックドメインソフト」(PDS)という呼び名もある。この場合作者著作権放棄宣言している点が特徴である。

オープンソースのほかの用語一覧
オープンソース:  AIGLX  オープンソース  オープンソースコミュニティ  FLOSS  フリーソフトウェア  OSDL  XviD

自由ソフトウェア

(フリーソフトウェア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 02:53 UTC 版)

自由ソフトウェア英語: Free software、libre software[1][2][3]とは、ユーザーがどのような目的に対しても実行することを許可し、また、プログラムについて研究したり、変更したり、それを配布したりする自由も認めることを条件として配布されるコンピュータソフトウェアのことである[4][5][6][7][8]。自由ソフトウェアには、プログラムの対価として支払った価格とは無関係に、ユーザーが(個人で、あるいは、コンピュータプログラマーと協力して)ソフトウェアのコピーを用いて、自身が望むことを(自由ソフトウェアを用いて利益を獲得することを含めて)する自由が存在するということである[9][3]。コンピュータプログラムが自由であるとみなされる必要十分条件は、本質的には(開発者のみではなく)すべてのユーザーに第一にプログラムをコントロールする権利があるということであるとされる。したがって、ユーザーが所有する装置が「自由」であるためには、プログラムによって何が行われるのかを、ユーザーが本質的にはコントロールできなければならない[6][10]


  1. ^ See GNU Project. “What is Free Software” (英語). Free Software Foundation. 2018年8月22日閲覧。
  2. ^ GNU Project. “自由ソフトウェアとは?” (日本語). Free Software Foundation. 2019年8月13日閲覧。
  3. ^ a b Richard Stallman - Internet Hall of Fame”. 2017年3月26日閲覧。
  4. ^ Free Software Movement (gnu.org)
  5. ^ Philosophy of the GNU Project (gnu.org)
  6. ^ a b What is free software (fsf.org)
  7. ^ GNU Press - Free Software Foundation Online Shop - Buy GNU t-shirts, books, stickers and stuffed gnu toys”. 2015年3月19日閲覧。
  8. ^ Software Freedom Law Center”. 2018年8月22日閲覧。
  9. ^ Selling Free Software (gnu.org)
  10. ^ GNU project Initial Announcement”. 2018年8月22日閲覧。
  11. ^ gnu.org” (英語). www.gnu.org. 2017年1月24日閲覧。
  12. ^ Shea, Tom (1983年6月23日). “Free software - Free software is a junkyard of software spare parts”. InfoWorld. 2016年2月10日閲覧。 “"In contrast to commercial software is a large and growing body of free software that exists in the public domain. Public-domain software is written by microcomputer hobbyists (also known as "hackers") many of whom are professional programmers in their work life. [...] Since everybody has access to source code, many routines have not only been used but dramatically improved by other programmers."
  13. ^ Levi, Ran. “Richard Stallman and The History of Free Software and Open Source” (英語). Curious Minds Podcast. https://www.cmpod.net/all-transcripts/history-open-source-free-software-text 2017年10月17日閲覧。 
  14. ^ GNU”. cs.stanford.edu. 2017年10月17日閲覧。
  15. ^ What is free software?” (英語). GNU Project - Free Software Foundation (2018年6月12日). 2018年7月4日閲覧。
  16. ^ Richard Stallman. “The Future of Jiyuna Software” (英語). 2007年10月20日閲覧。
  17. ^ フリーソフトウェア財団 (FSF). “さまざまなライセンスとそれらについての解説”. 2007年10月20日閲覧。


「自由ソフトウェア」の続きの解説一覧

フリーソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 03:03 UTC 版)

2Dアニメーション制作ソフト一覧」の記事における「フリーソフトウェア」の解説

OpenToonz(オープントゥーンズ) Digital Video開発していたデジタルセルアニメーション制作ソフト。2016年オープンソース化された。日本ではスタジオジブリ採用しており、宮崎駿監督の「もののけ姫以来Toonz使用している2017年2月28日セルシス公開したCLIP STUDIO PAINT EX最新バージョン連携可能でありCLIP STUDIO PAINT EX作成した原画動画書き出しOpenToonz彩色仕上げを行うことができる。 Krita ペイントソフトだが、3.02Dアニメーション対応したSynfig Studio ベクターベース。 Pencil2D ビットマップ/ベクター両対応。 Blender 3DCGソフトウェアだが、2D/3D手描きアニメーション作成可能なGrease Pencil機能有する。2.78でGrease Pencil V2統合され、2.8で2D Animationテンプレート追加され、2.83でGrease Pencilリファクタリングが行われ、手描き機能が年強化されている。 Grease Pencil機能ではラインのスカルプト編集フレーム補間自動中割)、マルチフレーム編集、モディファイア(非破壊変形)などが可能。 カラー採用予定

※この「フリーソフトウェア」の解説は、「2Dアニメーション制作ソフト一覧」の解説の一部です。
「フリーソフトウェア」を含む「2Dアニメーション制作ソフト一覧」の記事については、「2Dアニメーション制作ソフト一覧」の概要を参照ください。


フリーソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 07:07 UTC 版)

産業技術総合研究所」の記事における「フリーソフトウェア」の解説

産総研は旧電子技術総合研究所流れを汲むことからオープンソース・ソフトウェア開発拠点として知られており、MuleDeleGateHORBKNOPPIXといったソフトウェア公開されてきた。ただし現在では産総研において、これらの開発保守をほとんど行っていない。

※この「フリーソフトウェア」の解説は、「産業技術総合研究所」の解説の一部です。
「フリーソフトウェア」を含む「産業技術総合研究所」の記事については、「産業技術総合研究所」の概要を参照ください。


フリーソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 04:54 UTC 版)

ソフトウェアディストリビューション」の記事における「フリーソフトウェア」の解説

GNU Autotoolsは、 C++およびCプログラミング言語記述されソースファイル構成されるものとして広く使用される

※この「フリーソフトウェア」の解説は、「ソフトウェアディストリビューション」の解説の一部です。
「フリーソフトウェア」を含む「ソフトウェアディストリビューション」の記事については、「ソフトウェアディストリビューション」の概要を参照ください。


フリーソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 04:03 UTC 版)

X68000」の記事における「フリーソフトウェア」の解説

国内では全くパソコン採用されなかった68000系列パソコンであるが故の宿命から、オフィススイート等の実用ソフトを初めとしてパッケージソフトウェア恵まれず、かつ圧倒的なPC-9801シェア押されていたことが、逆に独自の豊かなフリーウェア文化花開く土壌形成しユーザー有志の手により様々なソフトウェア作られパソコン通信書籍などを通じて配布された。市場占有率から勘案されるユーザー絶対数比して、その数と充実ぶりには目を見張るものがあり、日本のパソコン文化とは異なヨーロッパパソコン文化思わせる流儀実績残した。特に主な標準ソフトウェアには、機能強化したリバースエンジニアリングによるパッチまたは互換プログラム存在した。またGNUプロジェクトツール環境多くHuman68k環境移植された。パソコン市場主流だったMS-DOS環境から孤立していたX68000世界ではプロプライエタリソフトウェア供給期待することがほぼ不可能といった事情などを受け、ユーザーの間、および専門誌Oh!X誌上では、しばしば「無ければ作る」(欲しいソフトが存在しないならば自分たちの手作る、の意)という合言葉使われた。

※この「フリーソフトウェア」の解説は、「X68000」の解説の一部です。
「フリーソフトウェア」を含む「X68000」の記事については、「X68000」の概要を参照ください。


フリーソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:29 UTC 版)

BibTeX」の記事における「フリーソフトウェア」の解説

大半参考文献管理ソフトウェアBibTeX 形式入出力対応している。以下のパッケージBibTeX内部形式として用いている。 ソフトウェア名説明Bib-it BibTeX 形式による書誌情報管理フロントエンドJava 実装。スタイルファイル (.bst) の生成機能もある。(GPL) bib2xhtml BibTeX ファイルXHTML による一覧に変換。(GPL) BibDesk BibTeX 形式による書誌情報管理用の macOS アプリケーション。(GPL) BibTex2Word2007 BibTeX 形式Office Open XML Document 形式変換する簡易 AWK スクリプト。(GPL) Bibtex4Word BibTeX データベースから指定書式文献参照するための Microsoft Word マクロ。 bibutils XML ベース米国議会図書館による Metadata Object Description Schema (MODS) 形式中間形式として、いくつかの書誌形式間の変換を行う。クロスプラットフォーム。(GPL) Bibwiki BibTeX 参照情報管理する Mediawiki拡張いくつかの情報源AlephAmazon など)からの入力対応しBibTeX 形式での一覧作成行える。 Jabref BibTeX 形式による書誌情報管理フロントエンドJava 実装PubMed や CiteSeer への検索機能もある。(GPL) KBibTeX BibTeX 形式参考文献情報管理する KDE アプリケーションWeb 検索機能GooglePubMed など)や RTFXMLHTML への出力機能など。(GPL) Pybliographer BibTeX 形式による書誌情報管理フロントエンドPython 実装。(GPL) Referencer BibTeX 形式参考文献情報管理する GNOME アプリケーション自動メタデータ取得機能DOIArxiv ID など)や、PDF プレビュー機能タグ付け機能など。(GPL) RefTeX BibTeX 形式対応した Emacs 上の引用情報管理ソフトウェア。AUCTeX パッケージに対応。(GPL) Rtfbtx BibTeX スタイルファイルから(LaTeX 出力ではなく、)RTF 出力を行う。(Pre-LaTeX Project Public License)

※この「フリーソフトウェア」の解説は、「BibTeX」の解説の一部です。
「フリーソフトウェア」を含む「BibTeX」の記事については、「BibTeX」の概要を参照ください。


フリーソフトウェア(オープンソース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 03:59 UTC 版)

動画編集ソフトウェア」の記事における「フリーソフトウェア(オープンソース)」の解説

なお、Linux中にはUbuntu Studioのようなマルチメディア編集主目的とするディストリビューション存在するUbuntu Studioでは低レイテンシカーネル採用している。 Blender (VSE機能) Cinelerra-HV/Cinelerra-GG/Lumiera(英語版Kdenlive LiVES英語版) Pitivi(英語版OpenShot Video Editor Olive

※この「フリーソフトウェア(オープンソース)」の解説は、「動画編集ソフトウェア」の解説の一部です。
「フリーソフトウェア(オープンソース)」を含む「動画編集ソフトウェア」の記事については、「動画編集ソフトウェア」の概要を参照ください。


フリーソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 07:56 UTC 版)

フランク・カーリチェック」の記事における「フリーソフトウェア」の解説

彼は000000002001-01-01-00002001年からKDEへの貢献者であり、当初はウェブコミュニティとアーティストチームで活動していた。彼は000000002003-01-01-00002003年からKDE e.V.(英語版)のメンバーであり、000000002009-01-01-00002009年の夏には役員及び副代表選出された。 000000002001-01-01-00002001年、彼はKDE-Look.orgを開始した。aKademy 2008英語版)において、ソーシャルデスクトップのビジョン発表した彼は更にOpen-PC及びOpen Collaboration Services(英語版プロジェクト開始したドイツ最大のLinuxに関するポッドキャストであるRadioTux(英語版)の共同ホストでもある。000000002012-01-01-00002012年、彼はユーザーデータマニフェストイニシアティブを開始した彼はLinuxCon(英語版)、Latinoware、openSUSE Conf及びAkademyなどの会議基調講演行っている

※この「フリーソフトウェア」の解説は、「フランク・カーリチェック」の解説の一部です。
「フリーソフトウェア」を含む「フランク・カーリチェック」の記事については、「フランク・カーリチェック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フリーソフトウェア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



フリーソフトウェアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フリーソフトウェアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フリーソフトウェアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2022
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフリーソフトウェアの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自由ソフトウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2Dアニメーション制作ソフト一覧 (改訂履歴)、産業技術総合研究所 (改訂履歴)、ソフトウェアディストリビューション (改訂履歴)、X68000 (改訂履歴)、BibTeX (改訂履歴)、動画編集ソフトウェア (改訂履歴)、フランク・カーリチェック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS