オープンソースソフトウェアとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > ソフトウェア > オープンソースソフトウェアの意味・解説 

OSS

フルスペル:Open Source Software
読み方オーエスエス
別名:オープンソースソフトウェア

OSSとは、オープンソース概念に基づきソフトウェアソースコード無償公開され、改良や再配布を行うことが誰に対して許可されているソフトウェアのことである。あるいは、オープンソースに関する文化啓蒙活動を行っているThe Open Source Initiativeによって認定されたソフトウェアのことである。

一般的にソフトウェアソースコード知的財産として秘匿され、販売したり、他社提供する場合ライセンス料を徴収するなどして、収益源とされている。このようなソースコードへのアクセス改変制限しているソフトウェアは、プロプライエタリソフトウェア呼ばれている。プロプライエタリソフトウェアに対して、OSSは、あらゆるユーザー良質ソフトウェア利用可能であるように、また、ソースコード共有知的財産として扱い修正改良重ねていくことで、より良いソフトウェアに育んでいくことを志向している。

OSSと類似した概念として、フリーソフトウェアパブリックドメインソフトウェアといった表現がある。フリーソフトウェアは、ソースコード入手して改変や再配布を行うことを許可する概念であり、一般的にはOSSの同義語として扱われている。ただし両者は、思想背景などから、厳密にニュアンス異にするとされる

The Open Source Initiativeでは、「オープンソースの定義」(The Open Source Definition)と呼ばれるライセンス文書策定公開しており、当ライセンス準拠していると認められたソフトウェアに対してOSI認定マーク」を与え活動を行っている。「オープンソースの定義」では、「再頒布の自由」や「ソースコードでの頒布許可」、「派生ソフトウェア頒布許可」、「利用する分野対す差別禁止」、「ライセンス技術的中立であること」など、計10項目の条件提示されている。

OSSとして提供されている代表的ソフトウェアとしては、リーナス・トーバルズによって最初に開発されたUNIX互換オペレーティングシステムOS)であるLinux挙げることができる。Linuxは、OSSである特徴から、組み込み機器PDA始めとする狭い分野機器におけるOSとしての改良が進められ、高い市場占有率獲得するに至っている。また、Linuxディストリビューション呼ばれる商用パッケージソフトウェアへの応用も盛んである。

Linuxの他にも、WebサーバーApacheデータベース管理システムMySQLプログラミング言語Java統合開発環境IDE)のEclipseスクリプト言語PerlPHPPythonWebブラウザFirefox、といったソフトウェアが、OSSとして提供されている。近年では、ITベンダーがOSSのコミュニティ参加し、開発活動参画する例も増えている。


参照リンク
The Open Source Definition (Annotated) - (英文
オープンソースの定義 - (オープンソースグループ・ジャパン

オープンソースソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/23 13:25 UTC 版)

オープンソースソフトウェア: Open Source Software、略称: OSS)とは、利用者の目的を問わずソースコードを使用、調査、再利用、修正、拡張、再配布が可能なソフトウェアの総称である[1]




  1. ^ a b c d United States Department of Defense (2009年10月16日). “Defining Open Source Software (OSS)”. 2018年2月9日閲覧。 “defines OSS as "software for which the human-readable source code is available for use, study, re-use, modification, enhancement, and re-distribution by the users of that software"”
  2. ^ a b Landley, Rob (2009年5月23日). “notes-2009”. landley.net. 2015年12月2日閲覧。 “So if open source used to be the norm back in the 1960's and 70's, how did this _change_? Where did proprietary software come from, and when, and how? How did Richard Stallman's little utopia at the MIT AI lab crumble and force him out into the wilderness to try to rebuild it? Two things changed in the early 80's: the exponentially growing installed base of microcomputer hardware reached critical mass around 1980, and a legal decision altered copyright law to cover binaries in 1983.
  3. ^ a b Fedora. “Licensing:Main Overview”. 2018年2月20日閲覧。 “This list is based on the licenses approved by the Free Software Foundation , OSI and consultation with Red Hat Legal.”
  4. ^ a b c d United States Department of Defense (2009年10月16日). “Q: What are antonyms for open source software?”. 2018年2月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e Open Source Initiative. “Licenses & Standards”. 2018年2月8日閲覧。
  6. ^ a b c d GNU Project (2018年1月1日). “How to choose a license for your own work”. 2018年2月9日閲覧。
  7. ^ What is Free Software?”. GNU Project (1998年1月26日). 2018年3月10日閲覧。
  8. ^ Karl Fogel (2016年). “Producing Open Source Software - How to Run a Successful Free Software Project”. O'Reilly Media. 2016年4月11日閲覧。
  9. ^ History of the Open Source Initiative
  10. ^ Technology In Government, 1/e. Jaijit Bhattacharya. (2006). p. 25. ISBN 978-81-903397-4-2. https://books.google.com/books?id=0BIJ69iZyZ0C&pg=PA25. 
  11. ^ annr (2017年5月16日). “What is open source, and what is the Open Source Initiative?”. 2018年2月9日閲覧。
  12. ^ Open Source Initiative (2007年3月22日). “The Open Source Definition”. 2018年2月9日閲覧。
  13. ^ Open Source Initiative (2007年3月22日). “Can I call my program "Open Source" even if I don't use an approved license?”. 2018年2月9日閲覧。
  14. ^ GNU Project (2018年1月1日). “What is free software?”. 2018年2月9日閲覧。
  15. ^ a b c d e Richard Stallman (2016年11月18日). “Why Open Source misses the point of Free Software”. 2018年2月9日閲覧。
  16. ^ 総務省. “2 OSSの影響 : 平成18年版 情報通信白書”. 2018年2月9日閲覧。 “Open Source Initiative(OSI)が定めた「The Open Source Definition(OSD)」と呼ばれる定義を満たすソフトウェアである”
  17. ^ Open Source Certification:Press Releases”. Open Source Initiative (1999年6月). 2018年3月1日閲覧。
  18. ^ 商標照会(固定アドレス) 商標公報4553488”. 特許情報プラットフォーム. 2018年3月25日閲覧。
  19. ^ オープンソース商標について”. オープンソースグループ・ジャパン (2003年). 2018年3月1日閲覧。
  20. ^ Dana Blankenhorn (2006年12月7日). “Is SugarCRM open source?”. 2018年2月15日閲覧。
  21. ^ Tiemann, Michael (2007年6月21日). “Will The Real Open Source CRM Please Stand Up?”. Open Source Initiative. 2008年1月4日閲覧。
  22. ^ Vance, Ashlee (2007年7月25日). “SugarCRM trades badgeware for GPL 3”. The Register. http://www.regdeveloper.co.uk/2007/07/25/sugarcrm_gpl3/ 2008年9月8日閲覧。 
  23. ^ The Big freedesktop.org Interview”. OSNews (2003年11月24日). 2018年3月26日閲覧。
  24. ^ Lohr, Steve (2007年1月22日). “Group Formed to Support Linux as Rival to Windows”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2007/01/22/technology/22linux.html 2016年4月14日閲覧。 
  25. ^ Linux lab lands Torvalds”. CNET. 2016年4月14日閲覧。
  26. ^ Industry Leaders Announce Open Platform for Mobile Devices”. Open Handset Alliance (2007年11月5日). 2007年11月5日閲覧。
  27. ^ Open Handset Alliance members page”. Open Handset Alliance (2007年11月5日). 2007年11月5日閲覧。
  28. ^ Developers”. Open Handset Alliance (2007年11月5日). 2007年11月5日閲覧。
  29. ^ Alibaba: Google just plain wrong about our OS”. CNET News (2012年9月15日). 2018年3月26日閲覧。
  30. ^ Amadeo, Ron (2013年10月21日). “Google’s iron grip on Android: Controlling open source by any means necessary”. Ars Technica (p.3). https://arstechnica.com/gadgets/2013/10/googles-iron-grip-on-android-controlling-open-source-by-any-means-necessary/ 2013年12月1日閲覧。 
  31. ^ About The Licenses”. Creative Commons. 2018年3月2日閲覧。
  32. ^ Creative Commons FAQ: Can I use a Creative Commons license for software?”. Creative Commons. 2018年3月26日閲覧。
  33. ^ What is a "permissive" Open Source license?”. Open Source Initiative. 2018年3月26日閲覧。 “A "permissive" license is simply a non-copyleft open source license – one that guarantees the freedoms to use, modify, and redistribute, but that permits proprietary derivatives.”
  34. ^ a b c What is Copyleft?”. Free Software Foundation (2018年1月1日). 2018年2月9日閲覧。
  35. ^ a b United States Department of Defense (2009年10月16日). “Defining Open Source Software (OSS)”. 2018年2月9日閲覧。 “Careful legal review is required to determine if a given license is really an open source software license.”
  36. ^ Apache License, Version 2.0”. GNU Project (2018年2月10日). 2018年2月9日閲覧。
  37. ^ Modified BSD license”. GNU Project (2018年2月10日). 2018年2月9日閲覧。
  38. ^ FreeBSD license”. GNU Project (2018年2月10日). 2018年2月9日閲覧。
  39. ^ X11 License”. GNU Project (2018年2月10日). 2018年2月9日閲覧。
  40. ^ GNU General Public License (GPL) version 3”. GNU Project (2018年2月10日). 2018年2月9日閲覧。
  41. ^ GNU Lesser General Public License (LGPL) version 3”. GNU Project (2018年2月10日). 2018年2月9日閲覧。
  42. ^ MPL 2.0 FAQ”. Mozilla. 2018年2月9日閲覧。 “The MPL is a simple copyleft license.”
  43. ^ Rami Sass. “Top 10 Common Development and Distribution License (CDDL) Questions Answered”. 2018年2月9日閲覧。 “The CDDL is considered a weak copyleft license.”
  44. ^ Eclipse Public License Version 2.0”. GNU Project (2018年2月10日). 2018年2月9日閲覧。
  45. ^ Pieter Gunst (2015年8月15日). “Open Source Software: a legal guide”. LawGives. 2018年3月8日閲覧。 “Most open source licenses do not provide any warranties, but instead will provide the software "AS IS."”
  46. ^ Dennis Clark (2015年12月4日). “OSS Attribution Obligations”. nexB. 2018年3月8日閲覧。
  47. ^ Share Alike”. wiki.creativecommons.org. 2011年8月29日閲覧。 “The Share Alike aspect requires all derivatives of a work to be licensed under the same (or a compatible) license as the original.”
  48. ^ Open Source Initiative. “The Licence Review Process”. 2018年2月8日閲覧。
  49. ^ Open Source Initiative. “Open Source Licenses by Category”. 2018年2月9日閲覧。
  50. ^ GNU Porject (2018年2月10日). “Various Licenses and Comments about Them”. 2018年2月9日閲覧。
  51. ^ Fedora (2017-11--06). “Licensing:Main”. 2018年2月9日閲覧。
  52. ^ Fedora (2017年11月6日). “Discussion of Licensing”. 2018年2月15日閲覧。
  53. ^ Debian (2018年2月4日). “License information”. 2018年2月9日閲覧。
  54. ^ The Free-Libre / Open Source Software (FLOSS) License Slide by David A. Wheeler on September 27, 2007
  55. ^ Martin Michlmayr (2008年8月21日). “OSI and License Proliferation”. 2018年2月9日閲覧。
  56. ^ Open Source Initiative. “The Licence Proliferation Project”. 2011年5月10日閲覧。
  57. ^ Open Source Initiative. “The Licence Review Process”. 2018年2月8日閲覧。
  58. ^ Common Development and Distribution License (CDDL) Description and High-Level Summary of Changes”. sun.com. 2005年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月25日閲覧。
  59. ^ OSI Board Meeting Minutes, Wednesday, March 4, 2009”. Open Source Initiative. 2011年4月1日閲覧。 “It's no different from dedication to the public domain. ... Recommend: Reject”
  60. ^ Speech Transcript - Craig Mundie, The New York University Stern School of Business” (2001年5月3日). 2005年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月7日閲覧。
  61. ^ Share Alike”. Creative Commons. 2017年8月13日閲覧。
  62. ^ webmink (2017年7月28日). “Public Domain Is Not Open Source”. 2018年2月25日閲覧。
  63. ^ OSI Board Meeting Minutes, Wednesday, March 4, 2009” (2009年3月4日). 2018年2月9日閲覧。
  64. ^ GNU Project (2018年2月10日). “CC0”. 2018年2月9日閲覧。
  65. ^ Raymond, Eric S. (1999). The Cathedral and the Bazaar. O'Reilly Media. p. 30. ISBN 1-56592-724-9. http://books.google.com/books?id=F6qgFtLwpJgC&pg=PA30#v=onepage&f=false. 
  66. ^ Kent Roberts (2014年9月16日). “A Brief History of Linux/Open Source Distributions”. atlantic.net. 2018年3月15日閲覧。
  67. ^ Pichai, Sundar (2009年7月7日). “Introducing the Google Chrome OS”. Official Google Blog. Google, Inc.. 2012年7月11日閲覧。
  68. ^ Shankland, Stephen (2012年3月30日). “Google's Go language turns one, wins a spot at YouTube: The lower-level programming language has matured enough to sport the 1.0 version number. And it's being used for real work at Google.”. CBS Interactive Inc (2012-03-30発行). https://www.cnet.com/news/googles-go-language-turns-one-wins-a-spot-at-youtube/ 2017年8月6日閲覧. "Google has released version 1 of its Go programming language, an ambitious attempt to improve upon giants of the lower-level programming world such as C and C++." 
  69. ^ catamorphism (2012年1月20日). “Mozilla and the Rust community release Rust 0.1 (a strongly-typed systems programming language with a focus on memory safety and concurrency)”. 2012年2月6日閲覧。
  70. ^ Platforms State of the Union, Session 102, Apple Worldwide Developers Conference, June 2, 2014
  71. ^ Swift Has Reached 1.0” (2014年9月9日). 2014年9月10日閲覧。
  72. ^ Popp, Dr. Karl Michael; Meyer, Ralf (2010). Profit from Software Ecosystems: Business Models, Ecosystems and Partnerships in the Software Industry. Norderstedt, Germany: Books on Demand. ISBN 9783839169834. https://books.google.com/books?id=i1VGDLCMyKAC. 
  73. ^ Wheeler, David A. (2009年2月). “F/LOSS is Commercial Software”. Technology Innovation Management Review. Talent First Network. 2016年6月18日閲覧。
  74. ^ Popp, Dr. Karl Michael (2015). Best Practices for commercial use of open source software. Norderstedt, Germany: Books on Demand. ISBN 978-3738619096. 
  75. ^ Solatan, Jean (2011). Advances in software economics: A reader on business models and Partner Ecosystems in the software industry. Norderstedt, Germany: BOD. ISBN 978-3-8448-0405-8. 
  76. ^ Germain, Jack M. (2013年11月5日). “FOSS in the Enterprise: To Pay or Not to Pay?”. LinuxInsider. ECT News Network, Inc.. 2016年6月18日閲覧。
  77. ^ Byfield, Bruce (2005年9月21日). “Google's Summer of Code concludes”. linux.com. 2016年6月18日閲覧。 “DiBona said that the SOC was designed to benefit everyone involved in it. Students had the chance to work on real projects, rather than academic ones, and to get paid while gaining experience and making contacts. FOSS projects benefited from getting new code and having the chance to recruit new developers.”
  78. ^ Lunduke, Bryan (2013年8月7日). “Open source gets its own crowd-funding site, with bounties included - Bountysource is the crowd-funding site the open source community has been waiting for.”. networkworld.com. 2013年8月10日閲覧。 “Many open source projects (from phones to programming tools) have taken to crowd-funding sites (such as Kickstarter and indiegogo) in order to raise the cash needed for large-scale development. And, in some cases, this has worked out quite well.”
  79. ^ TTimo/doom3.gpl”. GitHub (2012年4月7日). 2013年8月10日閲覧。 “Doom 3 GPL source release [...] This source release does not contain any game data, the game data is still covered by the original EULA and must be obeyed as usual.”
  80. ^ Hustvedt, Eskild (2009年2月8日). “Our new way to meet the LGPL”. 2009年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月9日閲覧。 “You can use a special keyword $ORIGIN to say 'relative to the actual location of the executable'. Suddenly we found we could use -rpath $ORIGIN/lib and it worked. The game was loading the correct libraries, and so was stable and portable, but was also now completely in the spirit of the LGPL as well as the letter!”
  81. ^ Naramore, Elizabeth (2011年3月4日). “SourceForge.net Donation System”. SourceForge. Slashdot Media. 2017年10月16日閲覧。
  82. ^ SourceForge Reports Second Quarter Fiscal 2009 Financial Results”. 2015年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  83. ^ Raymond, Eric Steven. “The Cathedral and the Bazaar”. 2012年4月18日閲覧。
  84. ^ Open Sources: Voices from the Open Source Revolution”. O'Reilly Media. 2010年8月7日閲覧。
  85. ^ Open Sources 2.0”. at O'Reilly Media. 2017年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月3日閲覧。
  86. ^ Revolution OS (2001)”. IMDb.com, Inc.. 2018年4月5日閲覧。
  87. ^ a b Free Software Movement”. The Free Software Foundation (2014年4月12日). 2018年4月4日閲覧。
  88. ^ Bertle King, Jr. (2017年2月21日). “Open Source vs. Free Software: What's the Difference and Why Does It Matter?”. 2018年2月9日閲覧。
  89. ^ Various Licenses and Comments about Them - Sybase Open Watcom Public License version 1.0 (#Watcom)”. gnu.org. 2015年12月23日閲覧。 “This is not a free software license. It requires you to publish the source code publicly whenever you “Deploy” the covered software, and “Deploy” is defined to include many kinds of private use.
  90. ^ Richard Stallman explains the new GPL provisions to block "tivoisation"”. 2018年2月15日閲覧。
  91. ^ InformationWeek: TiVo Warns Investors New Open Source License Could Hurt Business”. 2018年2月15日閲覧。
  92. ^ Microsoft. “Shared Source Initiative”. 2018年2月15日閲覧。 “the Shared Source Initiative Microsoft licenses product source code to qualified customers, enterprises, governments, and partners for debugging and reference purposes”
  93. ^ Stephen R. Walli (2005年3月24日). “Perspectives on the Shared Source Initiative”. 2018年2月15日閲覧。
  94. ^ Mary Jo Foley (2007年10月16日). “Microsoft gets the open-source licensing nod from the OSI”. 2018年2月15日閲覧。
  95. ^ Sony Computer Entertainment Inc. (2005年). “SCEA Shared Source License 1.0”. 2007年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月14日閲覧。
  96. ^ Fedora (2017年11月6日). “Software License List”. 2018年2月14日閲覧。
  97. ^ Irina Guseva (2009年5月26日). “Bad Economy Is Good for Open Source”. 2018年2月15日閲覧。
  98. ^ Joab Jackson (2011年11月3日). “Open Source vs. Proprietary Software”. PCWorld Business Center. Pcworld.com. 2018年2月15日閲覧。
  99. ^ Martin LaMonica (2004年2月12日). “Pandora's box for open source - CNET News”. News.cnet.com. 2012年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月25日閲覧。
  100. ^ Seltzer, Larry (2004年5月4日). “Is Open-Source Really Safer?”. PCMag.com. 2012年3月25日閲覧。
  101. ^ WIRED STAFF (2004年12月14日). “LINUX: FEWER BUGS THAN RIVALS”. 2018年2月15日閲覧。
  102. ^ Coverity Scan Report Finds Open Source Software Quality Outpaces Proprietary Code for the First Time”. Coverity, Inc. (2014-04-015). 2018年4月5日閲覧。
  103. ^ Bruce Perens (1999年2月17日). “It's Time to Talk about Free Software Again”. 2018年3月1日閲覧。
  104. ^ Linux and the GNU Project”. 2008年12月13日閲覧。
  105. ^ GNU/Linux FAQ”. 2008年12月13日閲覧。
  106. ^ Stephen Benson (1994年5月12日). “Linux/GNU in EE Times”. comp.os.linux.misc. (ウェブリンク). 2008年1月31日閲覧。 
  107. ^ Govind, Puru (2006年5月). “The "GNU/Linux" and "Linux" Controversy”. 2008年10月26日閲覧。
  108. ^ Linux - The Jargon File, version 4.4.8”. 2018年2月9日閲覧。 “This claim is a proxy for an underlying territorial dispute; [..] RMS and friends wrote many of its user-level tools. Neither this theory nor the term GNU/Linux has gained more than minority acceptance”
  109. ^ Christopher Tozzi (2013年10月30日). “The Halloween Documents: Microsoft's Anti-Linux Strategy 15 Years Later”. Channel Futures. 2018年4月4日閲覧。
  110. ^ De Nederlandse Open Source Pagina's”. De Nederlandse Open Source Groep (1998年11月5日). 2018年4月4日閲覧。
  111. ^ Microsoft Responds to the Open Source Memo Regarding the Open Source Model and Linux”. Windows NT Server 4.0 website. マイクロソフト (1998年11月5日). 2012年6月2日閲覧。
  112. ^ a b Raymond, Eric. “Halloween VII: Survey Says”. 2018年4月4日閲覧。
  113. ^ Raymond, Eric. “Halloween Document II”. 2018年4月4日閲覧。
  114. ^ Raymond, Eric. “Halloween Document I”. 2018年4月4日閲覧。
  115. ^ News Service”. P&L Communications (1998年12月30日). 1999年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月2日閲覧。
  116. ^ Microsoft exec dissects Linux's 'weak value proposition'”. ZDNet (1999年3月4日). 1999年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月2日閲覧。
  117. ^ Raymond, Eric. “Halloween Document VI”. 2018年4月4日閲覧。
  118. ^ SCO Establishes SCOsource to License Unix Intellectual Property”. 2010年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月8日閲覧。
  119. ^ Montalbano, Elizabeth (2007年8月15日). “Novell Won't Pursue Unix Copyrights”. PC World. http://www.pcworld.com/article/id,135959-c,unix/article.html 2007年9月4日閲覧。 
  120. ^ Markoff, John (2007年8月11日). “Judge Says Unix Copyrights Rightfully Belong to Novell”. New York Times. https://www.nytimes.com/2007/08/11/technology/11novell.html 2007年8月15日閲覧。 
  121. ^ Richard Stallman (2016年11月18日). “FLOSS and FOSS”. 2018年2月9日閲覧。





オープンソースソフトウェアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オープンソースソフトウェア」の関連用語

オープンソースソフトウェアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オープンソースソフトウェアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリOSSの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオープンソースソフトウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS