素朴派とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 素朴派の意味・解説 

素朴派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 20:42 UTC 版)

素朴派(そぼくは)とは、主として19世紀から20世紀にかけて存在した絵画の一傾向のこと。ナイーヴ・アート: Naïve Art)、パントル・ナイーフ: Peintre Naïf)と呼ばれることもある。一般には、画家を職業としない者が、正式な美術教育を受けぬまま、絵画を制作しているケースを意味する。そのため別の生業がある者が多い。アウトサイダー・アートも参照。




  1. ^ アンリ・ルソーや素朴派の作品 | 収蔵品について” (日本語). 世田谷美術館 SETAGAYA ART MUSEUM. 2020年3月30日閲覧。
  2. ^ 美術手帖. (79) - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2020年3月30日閲覧。
  3. ^ オルネオレ・メテッリのこと(松本 亮)” (日本語). 国立国会図書館. 2020年3月30日閲覧。


「素朴派」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「素朴派」の関連用語

素朴派のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



素朴派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの素朴派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS