ゴシック・リヴァイヴァル建築とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ゴシック・リヴァイヴァル建築の意味・解説 

ゴシック・リヴァイヴァル建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/01 07:22 UTC 版)

ゴシック・リヴァイヴァル建築(Gothic Revival Architecture)とは18世紀後半から19世紀にかけて興ったゴシック建築の復興運動である。ネオ・ゴシック建築(Neo-Gothic Architecture)とも呼ばれる。イギリスを発祥とし、18世紀後半にはフランスドイツに、その後イタリアロシアアメリカに広がった。グリーク・リヴァイヴァルに代表される古典主義建築と鋭い対立を見せた。通常、ゴシック建築の伝統を無批判に墨守し、ロココ庭園において奇怪な建築を生み出した17世紀から18世紀頃のゴシック・サヴァイヴァル建築とは一線を画す。




  1. ^ グザヴィエ・バラル・イ・アルテ 『美術史入門』 吉岡健二郎・上村博訳、白水社〈文庫クセジュ〉、1999年、91頁。


「ゴシック・リヴァイヴァル建築」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゴシック・リヴァイヴァル建築」の関連用語

ゴシック・リヴァイヴァル建築のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゴシック・リヴァイヴァル建築のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴシック・リヴァイヴァル建築 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS