オックスフォードとは? わかりやすく解説

オックスフォード【Oxford】


オックスフォード【Oxford】

読み方:おっくすふぉーど

英国イングランド南部テムズ川面する大学都市オックスフォード大学のほか博物館美術館などが集まる。オックスフォードシャー州州都

[補説] 「牛津」とも書く。
曲名別項。→オックスフォード

オックスフォードの画像
オックスフォードにある、ため息橋

オックスフォード【オックスフォード】(草花類)

※登録写真はありません 登録番号 第4688号
登録年月日 1995年 8月 22日
農林水産植物の種類 ゆり
登録品種の名称及びその読み オックスフォード
 よみ:オックスフォード
品種登録の有効期限 15 年
育成者権の消滅 1997年 8月 23日
品種登録者の名称 フレッター・エン・デン・ハーン・ベヘール社
品種登録者の住所 ウフストヘーステルヴェッハ 202A,2231 BD レインスブルフ オランダ王国
登録品種の育成をした者の氏名 フローアフレッター
登録品種の植物体の特性の概要
 この品種は,「スターゲーザー」に出願者所有無名実生種を交配して選抜育成されたものであり,花は大輪の鮮紫ピンク色基部及び中肋部が明紅の切花向き中生種である。  草丈7599直径5.0~ 9.9,色は上部中部及び下部とも淡褐,毛じは無,節間長は中央部が10~19㎜止葉下が4059である。葉序3/8全体の形は長卵形葉身中央部反り平,先端部外反転,ねじれは無,葉長は12~15幅は30~39,数は少,着生角度90119°である。つぼみの形はⅣ型,花の向きは15°未満花房形状総状花序花形ヤマユリ型で一重花径180209内花被長さは 9~12㎝,幅は6079外花被長さは12~15,幅は30~39である。花色花弁基部及び中肋部は明紅(JHS カラーチャート0106),地色は鮮紫ピンク(同9504),縁部淡紫ピンク(同9501),裏面は紫ピンク(同9211),つぼみは紫ピンク(同8903)である。内花被1枚斑点70以上, 外花被は20~29,内花被の形はⅤ型外花被の形はⅣ型内花被反転の程度は型,外花被Ⅴ型花被のねじれは 1/8未満花被上の乳状突起は有である。花糸の色は白,花粉色は赤褐,第1花梗長さ6089太さは中,花梗の色は淡褐,向きは30~ 59°,1花茎花数は中,花の香りは弱,開花期中である。  「コートダジュール」と比較して長さ長く幅が広いこと,葉数少ないこと,花の基部の色が明紅であること,花の香り有ること等で区別性認められる
登録品種の育成経過概要
 この品種は,出願者ほ場オランダ王国)において,1981年に「スターゲーザー」に出願者所有無名実生種を交配し1984年開花した個体中から選抜以後増殖行いながら特性の調査をし,その特性が安定していることを確認して育成完了したものである



オックスフォード

名前 Oxford

オックスフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/28 06:08 UTC 版)

オックスフォード: Oxford[† 1])は、イギリスイングランド東部にあるオックスフォードシャーの州都で、シティ・ステータスを持つ地方行政区(local government district)。英語圏において最も古い大学であるオックスフォード大学の拠点であることから、大学都市として有名。漢字では牛津と表記される。


注釈

  1. ^ イギリス英語発音:[ˈɒksfəd] クスファドゥ、アメリカ英語発音:[ˈɑksfərd] ークスファードゥ

出典

  1. ^ Resident Population Estimates by Ethnic Group (Percentages)”. National Statistics. 2017年1月30日閲覧。


「オックスフォード」の続きの解説一覧

オックスフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 18:31 UTC 版)

破獄」の記事における「オックスフォード」の解説

大尉GHQ軍政保安課長

※この「オックスフォード」の解説は、「破獄」の解説の一部です。
「オックスフォード」を含む「破獄」の記事については、「破獄」の概要を参照ください。


オックスフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 02:13 UTC 版)

革靴」の記事における「オックスフォード」の解説

紐ありの靴に多い、正装用いる。

※この「オックスフォード」の解説は、「革靴」の解説の一部です。
「オックスフォード」を含む「革靴」の記事については、「革靴」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「オックスフォード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オックスフォード

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:40 UTC 版)

語源

英語 Oxford音写

固有名詞

  1. 英国イングランド)のロンドン北西にある
  2. オックスフォード州中心たる学園都市
  3. 口語語義2の地域所在するオックスフォード大学の略。
  4. 口語オックスフォード英語辞典OED)の略。
  5. (音楽) ハイドン交響曲92番の愛称

関連語

訳語

名詞

  1. 木綿製の厚めシャツ、オックスフォード・クロスの

訳語


「オックスフォード」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オックスフォードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オックスフォードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオックスフォード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの破獄 (改訂履歴)、革靴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオックスフォード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS