カレッジとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > カレッジ > カレッジの意味・解説 

カレッジ【college】

読み方:かれっじ

大学。「―リング」「インター―」

単科大学。または、総合大学学部ユニバーシティーに対していう。「メディカル―」

英国で、大学構成する自治組織学寮


カレッジ【courage】

読み方:かれっじ

勇気度胸


カレッジ

名前 Courage

カレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/04 14:15 UTC 版)

カレッジラテン語: collēgium, 英語: college イギリス英語発音: [ˈkɒlɪd͡ʒ] ( 音声ファイル) アメリカ英語発音: [ˈkɑlɪd͡ʒ] ( 音声ファイル))は、教育機関またはその一部である。カレッジは、学位を授与する第3次教育機関、カレッジ制大学や連邦大学の一部、職業教育機関、中等教育学校などがある。


  1. ^ Cassell's Latin Dictionary, Marchant, J.R.V, & Charles, Joseph F., (Eds.), Revised Edition, 1928: lego; colligo
  2. ^ Cassell's Latin Dictionary, Marchant, J.R.V, & Charles, Joseph F., (Eds.), Revised Edition, 1928, p.107
  3. ^ Cust, Lionel, History of Eton College, 1899, p.5
  4. ^ college noun (EDUCATION)”. Cambridge Dictionary Online. 2011年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  5. ^ Children & families”. City of Paris. 2012年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月20日閲覧。
  6. ^ Private Elementary and Secondary Schools Archived 9 January 2009 at the Wayback Machine. search form on the Ministry of Education of Ontario web site—enter "college" in the "name contains" field and check the "secondary" checkbox
  7. ^ Find a School or School Board Archived 8 September 2009 at the Wayback Machine. search form on the Ministry of Education of Ontario web site—click "Secondary" and "Separate"
  8. ^ What's the difference between HBO and WO?” (英語). TU Delft. 2020年8月2日閲覧。
  9. ^ Inbound”. ダブリン大学トリニティ・カレッジ. 2020年6月24日閲覧。
  10. ^ https://www.tcd.ie/about/content/history_index-backup190313.php
  11. ^ History of the NUI | National University of Ireland”. www.nui.ie. 2020年7月4日閲覧。
  12. ^ Higher Education Institutions” (英語). Higher Education Authority. 2020年6月16日閲覧。
  13. ^ NCES (2013年9月). “Fast Facts – Educational Institutions”. 2015年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月6日閲覧。
  14. ^ Masci, David (1998). Should colleges get back to basics?. CQ Researcher. Congressional Quarterly 
  15. ^ Robert J. O’Hara. “Samuel Eliot Morison on the Harvard Houses”. The Collegiate Way. 2017年1月17日閲覧。
  16. ^ The New Residential Colleges”. Yale University. 2016年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  17. ^ Housing & Dining”. Princeton University. 2016年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  18. ^ University, Princeton. “Task Force on the Residential College Model – Planning for Princetons Future”. www.princeton.edu. 2016年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  19. ^ David Leonhardt (2015年4月24日). “College for the Masses” (Upshot blog). The New York Times. オリジナルの2015年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150426031622/http://www.nytimes.com/2015/04/26/upshot/college-for-the-masses.html 2015年4月26日閲覧. "Only about a third of young adults today receive a bachelor's degree. The new research confirms that many more teenagers have the ability to do so—and would benefit from it" 
  20. ^ Joshua Goodman; Michael Hurwitz; Jonathan Smith (February 2015). College Access, Initial College Choice and Degree Completion. National Bureau of Economic Research. doi:10.3386/w20996. オリジナルの6 May 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150506014135/http://scholar.harvard.edu/files/joshuagoodman/files/collegetypequality.pdf. 
  21. ^ The Returns to College Admission for Academically Marginal Students” (2013年5月). 2015年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。 “Students with grades just above a threshold for admissions eligibility at a large public university in Florida are much more likely to attend any university than below-threshold students. The marginal admission yields earnings gains of 22 percent between eight and fourteen years after high school completion. These gains outstrip the costs of college attendance, and are largest for male students and free lunch recipients.”
  22. ^ Further education – Colleges and other institutions”. Education UK. British Council. 2017年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。
  23. ^ Overview”. Register of HE providers. HEFCE. 2016年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。
  24. ^ Get the data”. Register of HE providers. HEFCE. 2016年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。
  25. ^ The Education (Listed Bodies) (England) Order 2013”. Legislation.gov.uk (2013年11月27日). 2015年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  26. ^ The Education (Recognised Bodies) (England) Order 2013”. Legislation.gov.uk (2013年11月27日). 2016年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  27. ^ About UHI”. University of the Highlands and Islands. 2016年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。
  28. ^ UWTSD Group”. University of Wales Trinity Saint David. 2016年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。
  29. ^ Hebrew: מִכְלָלָה Mikhlala; pl. מכללות Mikhlalot
  30. ^ Influence of modern education on the culture of India” (2010年3月14日). 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  31. ^ Find a School or School Board Archived 2009-09-08 at the Wayback Machine. search form on the Ministry of Education of Ontario web site—click "Secondary" and "Separate"
  32. ^ “Search”. Colleges & Universities (CIHE) / Commission on Institutions of Higher Education. オリジナルの2018年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180320145717/https://cihe.neasc.org/search/node/hellenic 2016年12月6日閲覧。 


「カレッジ」の続きの解説一覧

「カレッジ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カレッジと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カレッジ」の関連用語

カレッジのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カレッジのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカレッジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS