フェローとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 仲間 > フェローの意味・解説 

フェロー

英語 Fellow

フェローは、英語で新しアイツ、気の合う仲間相棒を意味する。クルマがよき仲間となることを願って命名した。1号車は1966年11月世に出た。ダイハツ初の軽乗用車だった。角張ったスタイリング2ドア車で、水冷2ストローク2気筒・356cc・23psエンジンフロントに置き、4速MT(コラム)により後輪駆動した。最高速100km/h。ヘッドランプが角2灯であるのが特徴たった。スーパーデラックスの東京店頭渡し価格385000円67年2月スタンダード発売性能的にはスーパーデラックスと変わらず、32万円だった。10月内外装と安全に関する変更を行った。

68年6月SS発売高性能軽乗用車ブーム合わせたもので、最高出力32ps、フロアタイプの4速MTで最高速115km/hと0→400m加速21.2秒を公称した。タコメーターブラックインテリア、セミバケットシートなどで特装していた。東京店頭渡し価格365000円

69年7月マイナーチェンジとともにカスタム追加、4車型がそろった。カスタム豪華装備最高級車で、26psエンジンを載せ、メーカー標準仕様価格388000円だった。

70年4月フルモデルチェンジで、ネーミングフェローMAXとなった。MAXのサブネームが付いたのは、性能居住性など、すべての面で従来軽乗用車になかった最高のものを目標設計し、maximum(最高)の頭の部分車名として取り入れたもの。最大変更点FF駆動となったことだが、2ドアで角2灯のヘッドランプ旧型と同じだった。エンジン水冷2ストローク2気筒・356cc・33psで、カスタムパーソナルの2グレードがあった。メーカー標準仕様価格38万円365000円7月スーパースポーツ発売、40psのハイパワーエンジンを載せて、価格398000円。10月スポーツ追加、40psエンジン39万円同時に33psエンジン搭載のハイカスタムも発売した。価格395000円ミッションいずれも4速MT(フロア)だった。

71年8月ハードトップラインアップした。軽初であり、2ドアセンターピラーがなかった。TLGLSL、GXLなどのグレード設け東京店頭渡し価格419000円か472000円従来型も併売した。ハードトップは丸2灯ヘッドランプで、小径フォグランプ組み合わせていた。72年3月セダンハードトップマイナーチェンジ実施10月4ドアセダン追加した。

73年5月エンジン足まわり改善10月には内外装の変更を行った。

75年2月エンジンを31ps仕様一本化した。

76年5月新規格の550cc・4ストローク・28psエンジンを載せた新MAX550を発売した。スタイル2ドア4ドアセダンハードトップ廃止77年7月ボディを100mm拡幅し、室内長も30mm広げたモデルMAXCUORE命名した時点で、フェローという名前が消えた

フェロー

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

フェロー

名前 FéraudFerro

フェロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/11 16:01 UTC 版)

フェロー英語: fellow)とは、大学教員、研究所研究員など研究職に従事する者にあたえられる職名または称号である。企業、大学、研究所、シンクタンクなどにみられる。学会がその分野に著しい貢献があった者に授与する称号でもある。特に、学会等が授与・贈呈するフェローの称号をフェロー称号と通称することがある。


  1. ^ 8.教育実施計画(21世紀COEプログラム 平成14年度採択拠点事業結果報告書)


「フェロー」の続きの解説一覧



フェローと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェロー」の関連用語

フェローのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フェローのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS