物質・材料研究機構とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 研究施設 > 研究所 > 物質・材料研究機構の意味・解説 

物質・材料研究機構

「物質・材料研究機構」とは、「物質材料科学技術に関する基礎研究及び基盤研究開発等の業務総合的行い物質材料科学技術水準向上を図るために2001年設立された独立行政法人のこと。第2期科学技術基本計画に基づき、1.「ナノ物質」・「材料」、2.「環境」・「エネルギー材料」、3.「安全材料」、4.「研究基盤」・「知的基盤」の充実の4分野に関して重点的研究情報提供を行っている。

物質・材料研究機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/20 07:01 UTC 版)

国立研究開発法人物質・材料研究機構(ぶっしつ・ざいりょうけんきゅうきこう)は、茨城県つくば市にある国立研究開発法人の研究所。法律上の正式名称は上記のとおりであるが、項目名には他機関同様に「国立研究開発法人」を含めていない。英語表記はNational Institute for Materials Scienceで、通称はNIMS(ニムス)。理事長は橋本和仁2001年4月に旧科学技術庁所管の2つの国立研究所である金属材料技術研究所無機材質研究所が合併して発足した。その名称が表すとおり、物質材料の基礎・基盤的研究開発および重点研究開発などを総合的に行っている研究機関である。2016年10月、理化学研究所産業技術総合研究所とともに特定国立研究開発法人に移行した[3]






「物質・材料研究機構」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「物質・材料研究機構」の関連用語

物質・材料研究機構のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



物質・材料研究機構のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの物質・材料研究機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS