国立がん研究センターとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 医療機関 > 東京都の医療機関 > 国立がん研究センターの意味・解説 

国立がん研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/08 02:16 UTC 版)

国立研究開発法人国立がん研究センター(こくりつがんけんきゅうセンター、National Cancer Center)は、日本国立研究開発法人国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)の一つであり、日本におけるがん征圧の中核拠点として、がんその他の悪性新生物に対する診療研究、技術開発、治験、調査、政策提言、人材育成、情報提供を行う。




  1. ^ a b c “初日、200人超す患者訪れる 柏の国立がんセンター東病院”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 26. (1992年7月2日) 
  2. ^ a b c 城山三郎 (1990). 賢人たちの世. 文藝春秋. pp. 102–103. ISBN 4163121609. 
  3. ^ a b 機関誌「加仁」 - 公益財団法人 がん研究振興財団 第17号 (1982年発行) 、8–14頁。
  4. ^ 武見(1973)
  5. ^ 国立がんセンター(1983: 18)
  6. ^ 武見はこの点について、「少なくとも封建的な医学の世界では、このような人選の方式が公の場合に行われたことがなかった」としている(武見 1973: x)。
  7. ^ 国立がんセンター(1983: 20)
  8. ^ 国立がんセンター(1983: 26)
  9. ^ 国立がんセンター(1992: 35)
  10. ^ 国立がんセンター(1973: vii)
  11. ^ “国立病院にホスピス病棟 第二がんセンター 家族で過ごす場工夫”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 30. (1990年9月5日) 
  12. ^ a b 阿部(2002)
  13. ^ a b c d 「瀕死の「国立がんセンター」厚労官僚が「倒産の危機」に追い込む」『集中』
  14. ^ a b c 杉村(2002)
  15. ^ 厚生労働省:独立行政法人国立がん研究センター理事長の公募について
  16. ^ 「「いったんは理事長の就任要請を断った」-山形大学医学部長・嘉山孝正氏に聞く◆Vol.1」 m3.com 2010年2月3日
  17. ^ 私は、3月でがんセンター院長を辞めます:日経メディカル オンライン総長という神輿がこけた、担ぎ手は変わるべき」- 土屋了介・国立がんセンター中央病院院長に聞く◆Vol.1|医療維新 - m3.comの医療コラム(いずれも2010年4月1日閲覧)。
  18. ^ 「一切の先入観を持たず白紙から組織改革に挑む-山形大学医学部長・嘉山孝正氏に聞く◆Vol.2」 m3.com 2010年2月4日
  19. ^ 「嘉山新理事長、職員に自立・自律・自浄を求める 国立がん研究センター」『ロハスメディカル』2010年4月1日、「「自立、自律、自浄がキーワード」、嘉山孝正・国立がん研究センター理事長」 m3.com 2010年4月5日、「NC独法化で露見した政治主導の可能性と限界」『集中』2010年5月6日
  20. ^ 「「がん難民はもはや作らず」、嘉山・国立がん研究センター理事長が宣言」m3.com 2010年6月10日
  21. ^ 「最初は“アンビリーバブル”の連続だった - 国立がん研究センター理事長・嘉山孝正氏に聞く◆Vol.1」m3.com 2010年10月15日
  22. ^ 「国立がんセンター:治験共同で 新薬承認迅速化目指す」『毎日新聞』2010年10月22日
  23. ^ a b 「国立がん研究センター、独法化後、『大黒字』―『自立・自律・自浄』で業務改革、収支差は計画値の2.9倍に」『m3.com』2011年2月5日
  24. ^ 国立がんセンター、検体バンク本格稼働、新規の抗がん剤開発に。日経産業新聞2011年9月26日
  25. ^ 島津製作所「国立がん研究センターと島津製作所が包括共同研究契約を締結」2011年6月15日
  26. ^ 「がん治療の救世主となるか、『ホウ素中性子捕捉療法』」『ロハスメディカル』2011年1月19日
  27. ^ 「国立がん研究センターと慶応大、連携大学院で合意―2012年度から開始、「築地で学位取得」が可能に」『m3.com』2011年12月20日
  28. ^ 「がん研と順天堂大が連携大学院制度―12年度から運用開始」『CBnews』2012年01月06日
  29. ^ a b 「国がん、国循、独法化1年の“成績”―組織・職員の意識改革を推進、当初目標を上回る利益」『m3.com』2011年7月21日
  30. ^ 嘉山孝正「しがらみのなさが導く『当たり前の改善』〜日本版NIHの実現で国民目線の医療政策立案を」『MediCon.』2011年10月号
  31. ^ 「国立研究開発法人 国立がん研究センター 理事長 堀田 知光先生」マイナビDOCTOR DOCTORY
  32. ^ ノイルイミューン社
  33. ^ がん治療、免疫療法を強化していく -日本経済新聞
  34. ^ 国立がん研究センターの機能の一部移転 慶大先端研などと連携
  35. ^ 臨床研究中核病院について(厚生労働省)
  36. ^ 東京大学大学院新領域創成科学研究科生命科学研究系先端生命科学専攻がん先端生命科学分野
  37. ^ 柳田邦男1979『ガン回廊の朝』講談社
  38. ^ 佐藤真海ラッキーガール。


「国立がん研究センター」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国立がん研究センター」の関連用語

国立がん研究センターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国立がん研究センターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国立がん研究センター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS