国立循環器病研究センターとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 研究施設 > 研究所 > 国立循環器病研究センターの意味・解説 

こくりつ‐じゅんかんきびょうけんきゅうセンター〔‐ジユンクワンキビヤウケンキウ‐〕【国立循環器病研究センター】


国立循環器病研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 14:23 UTC 版)

国立研究開発法人国立循環器病研究センター(こくりつじゅんかんきびょうけんきゅうセンター)は、日本大阪府吹田市にある厚生労働省所管の国立研究開発法人国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)の一法人で、当センター含め全国に6か所ある専門病院の1つである。厚生労働省直轄の施設等機関であった旧国立循環器病センターから2010年に独立行政法人へ移行した。高度専門医療に関する研究等を行う独立行政法人に関する法律第2条第2号により設置された。略称としては国循(こくじゅん)が広く知られている。令和元年7月にJR岸辺駅北側へ新築移転。


  1. ^ 大阪府北部を震源とする地震に係る被害状況等について (PDF)”. 内閣府 (2018年6月18日). 2018年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月19日閲覧。
  2. ^ “国立循環器病センター混乱 入院患者40人を他院へ搬送”. 朝日新聞. (2018年6月18日). 2018-6-18. オリジナルの2018年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180618153129/https://www.asahi.com/articles/ASL6L5D13L6LPLBJ009.html 2018年6月19日閲覧。 
  3. ^ 国立循環器病研究センター跡 アーク不動産が購入 千里最後の大規模再開発『日本経済新聞』朝刊2018年1月26日(関西経済面)


「国立循環器病研究センター」の続きの解説一覧

国立循環器病研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 17:46 UTC 版)

タキシフォリン」の記事における「国立循環器病研究センター」の解説

2013年より大手製会社認知症有効性について共同研究。6カ月ほどタキシフォリン投与したモデルマウスに迷路試験試みたところ、良好な結果となり、2017年英国専門誌Acta Neuropathologica Communications」に、タキシフォリンに関する研究論文発表

※この「国立循環器病研究センター」の解説は、「タキシフォリン」の解説の一部です。
「国立循環器病研究センター」を含む「タキシフォリン」の記事については、「タキシフォリン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国立循環器病研究センター」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

国立循環器病研究センターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国立循環器病研究センターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国立循環器病研究センター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタキシフォリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS