製薬会社とは? わかりやすく解説

製薬

(製薬会社 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/14 09:58 UTC 版)

医薬品産業(いやくひんさんぎょう、: pharmaceutical industry)とは、認可医薬品を創薬、開発、生産、市場販売する一連の産業をさす[2]。医薬品産業には、法的規制や特許権、広告宣伝規制など、様々な法的権利が関わってくる。


  1. ^ Health at a Glance 2013 (Report). OECD. (2013-11-21). pp. 104-105. doi:10.1787/health_glance-2013-en. ISBN 978-92-64-205024. 
  2. ^ John L. McGuire, Horst Hasskarl, Gerd Bode, Ingrid Klingmann, Manuel Zahn "Pharmaceuticals, General Survey" Ullmann's Encyclopedia of Chemical Technology" Wiley-VCH, Weinheim, 2007. doi:10.1002/14356007.a19_273.pub2
  3. ^ a b c 橘高敦史 編『創薬科学・医薬化学』化学同人、2007年、3頁
  4. ^ a b 橘高敦史 編『創薬科学・医薬化学』化学同人、2007年、4頁
  5. ^ a b 橘高敦史 編『創薬科学・医薬化学』化学同人、2007年、5頁
  6. ^ 製薬大手 相次ぐ早期退職募集 新薬特許切れなどで経営悪化 - NHK[リンク切れ]


「製薬」の続きの解説一覧

製薬会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 16:06 UTC 版)

製薬」の記事における「製薬会社」の解説

メガ・ファーマ」も参照 世界規模見ても、それぞれの国において伝的な業に立脚した企業第二次世界大戦後誕生した企業など、様々ある。しかし、近年世界的に製薬業界の大再編起こっており、欧米メジャー企業世界で買収合戦繰り広げ日本企業中にも、これら欧米系に買収されるケース出てきている。 そうした状況を受け、日本国内でも、欧米系に対抗すべく、企業大規模な再編進んでいるその中で目立つのは、“病衆分離”ともいうべき動きで、それまで医療用病院)と大衆薬両方を扱うメーカー多かったのが、医療用会社大衆薬会社分け場合目立っている山之内製薬藤沢薬品工業アステラス製薬医療用)とゼファーマ大衆薬、現第一三共ヘルスケア)、三共第一製薬第一三共医療用)と第一三共ヘルスケア大衆薬)、中外製薬大衆薬部門ライオン (企業)譲渡エスエス製薬医療用部門久光製薬譲渡、、武田薬品工業大衆薬部門武田コンシューマヘルスケア(現アリナミン製薬)として分割、など)。 製薬会社は自社開発した特許収入により収益を得ることができ、ブロックバスター開発成功すれば市場を独占することも可能である。しかし研究開発には莫大な資金必要なため、薬価改定などで開発費回収が困難となった新薬開発する前に収益となっていた特許切れてジェネリック医薬品出回り経営悪化する例も多い。

※この「製薬会社」の解説は、「製薬」の解説の一部です。
「製薬会社」を含む「製薬」の記事については、「製薬」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「製薬会社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「製薬会社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「製薬会社」に関係したコラム

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「製薬会社」の関連用語

製薬会社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



製薬会社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの製薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの製薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS