情報通信業とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 日本標準産業分類 > 情報通信業の意味・解説 

情報通信業

分類日本標準産業分類(平成19年[2007年]11月改定) > 情報通信業
説明総   説
 この大分類には,情報伝達を行う事業所情報の処理,提供などのサービスを行う事業所インターネット附随したサービス提供する事業所及び伝達することを目的として情報加工を行う事業所分類される。
 情報伝達を行う事業所とは,電磁,非電磁を問わず,映像音声文字等の情報伝達する事業所及び伝達するための手段の設置運用を行う事業所をいう。
 情報の処理,提供などのサービスを行う事業所とは,電子計算機プログラム作成を行う事業所委託により電子計算機等を用いて情報の処理を行う事業所及び情報収集加工蓄積し,顧客求めに応じて提供する事業所をいう。
 インターネット附随したサービス提供する事業所とは,インターネット通じて上記以外の通信業及び情報サービス業を行う事業所をいう。
 情報加工を行う事業所とは,新聞雑誌ラジオテレビジョン映画などの媒体通じて不特定多数受け手対象大量情報伝達させるために,映像音声文字等の情報加工する事業所をいう。

   情報通信業と他産業との関係
(1)  製造業との関係
  (ア)  主として新聞発行又は書籍等の出版を行う事業所は情報通信業とするが,主として新聞又は書籍等の印刷及びこれに関連した補助的業務を行う事業所大分類E-製造業15]に分類される。
  (イ)  情報記録物(新聞書籍等の印刷物を除く)の原版制作する事業所は情報通信業とするが,自ら原版制作を行わず,情報記録物の大量複製のみを行う事業所大分類E-製造業[3296]に分類される。
(2)  運輸業との関係
   情報記録物,新聞書籍等の運送を行う事業所大分類H-運輸業,郵便業分類される。
(3)  卸売小売業との関係
   情報記録物,新聞書籍等を購入して販売する事業所大分類I-卸売業,小売業分類される。
(4)  サービス業との関係
  (ア)  情報記録物,書籍等を賃貸する事業所大分類K-不動産業,物品賃貸業709]に分類される。
  (イ)  主として依頼人のために広告係る総合的サービス提供する事業所及び広告媒体スペース又は時間当該広告媒体企業契約し,依頼人のために広告する事業所大分類L-学術研究,専門・技術サービス業73]に分類される。
  (ウ)  個人詩歌小説などの文芸作品創作文芸批評評論などの専門的サービス提供する事業所大分類L-学術研究,専門・技術サービス業727]に分類される。
  (エ)  工業デザインクラフトデザインインテリアデザインなどの工業的,商業デザインに関する専門的サービス提供する事業所大分類L-学術研究,専門・技術サービス業726]に分類される。

情報通信業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/05 10:14 UTC 版)

情報通信業(じょうほうつうしんぎょう)は、情報通信に関係する情報サービス業である。日本標準産業分類や証券取引所で定められている産業分類にもある。


  1. ^ 総務省統計局 (2007年). “日本標準産業分類(平成19年11月改定) 大分類G-情報通信業”. 2009年10月24日閲覧。
  2. ^ 『大辞林』『広辞苑』『超図解 パソコン用語事典』
  3. ^ 『大辞林』
  4. ^ 東京証券取引所. “東証用語集 業種”. 2009年10月24日閲覧。


「情報通信業」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「情報通信業」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報通信業」の関連用語

情報通信業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



情報通信業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
総務省総務省
Copyright(c)2020 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報通信業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS