文字放送とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > メディア > テレビ放送 > 文字放送の意味・解説 

もじ‐ほうそう〔‐ハウソウ〕【文字放送】


文字多重放送

(文字放送 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/09 14:09 UTC 版)

文字多重放送(もじたじゅうほうそう、英:Teletext)とは放送信号の隙間(視覚・聴覚に影響の出ない部分)に、文字や図形などの符号化されたデジタルデータを多重(重畳)して送信される放送である[1]


注釈

  1. ^ 北海道内の民放のアナログ放送において、字幕放送は全道で受信可能だったが、音声多重放送は道央圏限定だった。これはアナログ放送時代、道内各局が全道の送信所や中継所へ向けて番組を送出するため、NTT中継回線を使用していたことによる。
  2. ^ 文字放送普及推進協議会が1998年3月に運用基準を設けた、使いやすさの向上を目的としてカテゴリ別で番組一覧を掲載するページ[17]
  3. ^ MUSic note COding and Transmisson technologyの略[18][19]
  4. ^ 富士通ゼネラルNHK放送技術研究所との共同開発で、FM音源とDPCM音源を搭載している[32]
  5. ^ 使用例としては、NECの文字放送受信機内蔵型テレビ「C-25M930」にTVM-3[33]が、松下電器の文字放送チューナー「TU-TX100」にYM2413[34]が搭載されるなど。
  6. ^ 国内放送波の放送休止やスポーツ中継など、編成の都合で総合テレビやBS1でのニュース番組の同時放送が共にない場合に限り放送されていた。
  7. ^ これは、テープネットラインネット・各種通信回線で放送素材を送受信する際に、媒体・機器の都合で字幕のデータを同梱しないことがあるため。通常同時ネットされている字幕放送付加番組が、ローカルのプロ野球中継などに差し替えた関係で時差放送となった場合、再放送の場合も同様。すべての番組までは対応できていないが、徐々に改善されつつある(一部の民放地方局では、ほぼすべての番組で対応しているところもある)。
  8. ^ 開始当初は、時差放送となる字幕放送付加番組はすべて対応出来たわけではなかった。ただし、現在でもごく一部の地方局やリアルタイム字幕放送のある番組では対応できない場合がある。
  9. ^ 本来はオリジナル音声版をオリジナル言語が公用語ではない国や、オリジナル言語以外が使われているテレビ局で、異なる言語の字幕を入れる技術。吹き替え音声とは、言葉遣いが異なる。
  10. ^ BS朝日では2017年10月より順次行い、お昼から23時台では一部(生放送番組など)を除いて基本的に字幕放送を行なっている。
  11. ^ BSテレ東では2011年度までは多かったが、2012年4月から2018年11月23日までは数番組のみとなっていた。2018年11月24日から字幕放送が多く行なわれている。
  12. ^ BS日テレではかつて、紀行番組や平日昼のニュース番組で字幕放送を付加していたが、2011年10月から2015年3月までは字幕放送付加番組は無かった。
  13. ^ BS11では全国独立放送協議会制作番組の一部で字幕放送を付加しているが、2021年4月から同年9月まで及び2022年7月から同年9月まで字幕放送付加番組は無かった。
  14. ^ BSJapanextの自社制作番組では初回放送時には字幕放送を行わず、後日の再放送のときに字幕放送を付加する番組もある。
  15. ^ NHKではBSプレミアムでは多くの番組で行なっているが、BS1ではドキュメンタリー番組など一部の番組でしか行なっていない。
  16. ^ 当初はTBSチャンネル1のみ実施。
  17. ^ 現:スカパー!におけるハイビジョン放送開始前の試験電波で実施されているが、現時点ではごく一部のオリジナル番組(ドラマおよび『向谷鉄道倶楽部 presents 駅弁倶楽部』)に留まっている。
  18. ^ 『キユーピー3分クッキング』(日テレ版・CBC版共)では、本編内のCMでの「字幕」の表示はされない。
  19. ^ 下述の通り「LION」は、2020年10月から『羽鳥慎一モーニングショー』で、CM字幕放送を行う。
  20. ^ 但し、『EOS R5』のCMでは、「字幕」の表示は無い。
  21. ^ 但し、遅れネットの青森テレビでは、CM字幕放送は行わなかった。
  22. ^ 当初はLION、現在はサントリー
  23. ^ NHK地上波では、過去の番組を放送する『あの日 あのとき あの番組 〜NHKアーカイブス〜』(総合テレビ)は必ず実施される。有料放送では、かつてTBS系列地上波で放送された「水戸黄門」(初期・中期)における、TBSチャンネルでの放送や、民放で放送された深夜アニメUHFアニメ)をNHK BSプレミアム アニメタイム(一部作品で実施)で再放送する場合など。無料BS局では2018年秋より、BS朝日とBSフジで一部の1980年代制作の時代劇でも行っている。
  24. ^ 放送法で盛り込まれた努力規定は「聴覚障害者に対する説明」であって、正確には字幕放送と限られてはいない。
  25. ^ 県域放送はできる限り目標に近づくように、独立局及び衛星放送についてはこの年次を弾力的に捉える。
  26. ^ 「外国語の番組」「複数の人が同時に話すなど、技術的に字幕を付加することができない」「多くが楽器による演奏」「権利処理の理由などにより字幕を付加することができない」番組を除く。
  27. ^ ただし、深夜で本放送を行った番組が夕方やゴールデンタイムで放送される場合は当然字幕対応はされる。
  28. ^ 少なくとも例外はあり、主人公が三世代に渡る毎日放送制作のアニメ『機動戦士ガンダムAGE』は、第一世代目の主人公であるフリット・アスノの台詞の色は黄色で、他の主人公は水色(アセム・アスノ)や緑色(キオ・アスノ)で色分けされていた。同様のNHK連続テレビ小説カムカムエヴリバディ』では第一世代の主人公の安子が黄色、第二世代の主人公のるいが水色、第三世代のひなたが緑色で色分けされている。また、2011年12月9日に日本テレビ系列において放送された『らんま1/2』や同日に放送された『天空の城ラピュタ』は、主人公の台詞の色はそれぞれ青(又は、水色)で誤表記され、ヒロインの台詞の色はそれぞれ黄色で誤表記されていた。なお、『ラピュタ』に至っては2013年8月2日の放送も同様であった。
  29. ^ 毎日放送ではフィクション番組での使用が多いが、ローカルバラエティ番組(『あれみた?』など)やドキュメンタリー番組『映像』でもこの擬音表現が使用されることがある。
  30. ^ 名探偵コナン』では、作中に登場する「蝶ネクタイ型変声機」を介して発せられる声を示す専用の蝶ネクタイマークが使われている。
  31. ^ 小学校中学年以上。
  32. ^ 「謎の男性」「犯人」など。
  33. ^ 収録番組では2024年3月以前は通常字幕でも縁取りのない文字を使用していて、同年4月より収録の全番組で縁どり文字の字幕に変更した。ただし、『仮面ライダーガッチャード(2023年9月〜)』『爆上戦隊ブンブンジャー(2024年3月〜)』などの一部番組では先行して縁どり文字を導入している。
  34. ^ 収録番組では2018年6月以前は通常字幕でも縁取りのない文字を使用していて、同年7月より収録の全番組で縁どり文字の字幕に変更した。しかし2021年8月23日より一時期一部の収録番組でも縁どり文字ではない字幕に戻っている。なお番組によってはCMを跨ぐと縁どりの有無が変化するような制作体制をとっていた。リアルタイム字幕は2021年12月14日より全番組縁どりありに変更となり(BS-TBSのリアルタイム字幕と統一)、数字や英語、記号は常時半角表記となっている。
  35. ^ 2018年9月以前は通常字幕でも縁取り文字を使用していた。ただし、一部番組(再放送など)は引き続き縁取り文字も使用している
  36. ^ テレビ東京・フジテレビ・朝日放送テレビ(『プリキュアシリーズ』など)、読売テレビ(『僕のヒーローアカデミア』など)制作の一部番組、日本テレビのローカルスポンサー表示時など。リアルタイム字幕の場合はテレビ朝日、関西テレビ(一部番組を除く)以外の局(リアルタイム字幕の場合は、提供クレジットの表示が終わると字幕が遅れて表示される)。
  37. ^ KBS京都など、全国独立放送協議会制作番組では「≫」を付与する場合がある(『ごりやくさん』『日本ふるさと百景』など)。
  38. ^ 見えない場所からの声や周りの声で使われる三本線の記号を使用する場合や、映画などの回想時の台詞の場合は省略する。
  39. ^ a b c いずれも現時点で青森県の広報番組でのみ使用している。
  40. ^ ただし、『必殺仕事人』などでのABCテレビとの共同制作の場合は、クレジット上位のABCの様式に従い句点は省略される。また、土曜ワイド劇場もABCが制作局の場合は省略される。
  41. ^ ナレーション(<>でカッコくくりをするもの)でも2015年秋ごろまでは句点くくりをしていたが、現在は句点を省略している。ただし、MBS制作でも『情熱大陸』や『世界の日本人妻は見た!』などの一部番組では、通常のセリフの箇所でも句点は省略する。
  42. ^ 自己批評番組『こんにちはTVhです。』のみで使用している。
  43. ^ ナレーション(<>でカッコくくりをするもの)でも句点くくりをする。
  44. ^ ただし、省略する局でもリアルタイム字幕放送を実施する場合は原則付与する。
  45. ^ 例外として民教協制作の番組でABCが担当する場合はテレビ朝日の様式に従い句点が付与される。
  46. ^ 日曜朝7時のアニメ(2017年9月終了)で適用。ただし、自社制作の全国ネットの不定期番組(例:2014年9月7日放送の『武士ごはんランキング』)の場合はテレビ朝日の様式に従い句点が付与される。
  47. ^ ただし、『サワコの朝』等のMBSとの共同制作の場合は、クレジット上位のMBSの様式に従い句点が付与される。また、TBSは必ずしも「➡︎」が省略されるわけではなく、「。」の代わりで用いられることもある。
  48. ^ ただし、民教協制作の番組でSBSが担当する場合はテレビ朝日の様式に従い句点が付与される。
  49. ^ 企業によっては「字幕」テロップを表示していないこともある。一方で、日テレジータスで放送される『箱根駅伝中継』(完全版・リピート版)内で流れる一部CMで、「字幕」の表示はあるが、字幕は表示されない(リモコンの「字幕」ボタンを押しても「字幕」は表示されない)。
  50. ^ この他『みんなの手話』『5分でみんなの手話』では、画面左下に「字幕放送」のテロップを常時表示している。
  51. ^ そのため、Eテレで4:3の画角情報をつけて放送している番組では、テレビやチューナーによっては画面からはみだして表示されることがあった。2010年代後半からは4:3制作の番組は画角情報ではなくサイドパネルをつけて放送するようになっている。
  52. ^ 笑点などが該当。
  53. ^ 但し、ローカルでのプロ野球中継に伴う全国放送の遅れネット番組はネット回線からの収録となるためそのままフジテレビ出しのテロップが表示される。
  54. ^ 但し、ABC制作番組や民教協番組等では、「ひよこ」の絵が入らないバージョンが表示される。
  55. ^ 白文字のみ(2017年4月3日以降は、薄い影付き)。同様にBS朝日ではデータ放送と双方向番組で表示。ABC送出分も2008年6月23日福島区にある現社屋の送出マスターの運用開始後は、従来の細い黒縁付きのものからテレビ朝日と同じく白文字のみの表示に変更された(ただし『ひよこ』は入らないほか、枠の形も完全な長方形ではない)が、2023年4月頃からは黒縁付き長方形の新デザインで表示。
  56. ^ 2007年11月頃からはメ〜テレも黒縁が付きながらもテレビ朝日と同様のデザインとなり、ひよこの絵も入った(KBCでも同様)。その後、ほとんどの系列局でテレビ朝日と同じひよこの絵入りの字幕マークを採用するようになってきた(局により白文字のみと黒縁を付けているところで分かれている)。一方でABCは「字幕」の表示に変更したものの、こちらはひよこの絵が入っておらず、従来のABC自社送出の枠デザインをそのまま使用しているが、プロ野球中継ではマスター送出でなく副調整室から解説者・実況アナウンサー・スタッフ紹介および制作クレジットとともに表示される(5.1サラウンドのテロップでも同様)。
  57. ^ 提供クレジットも2014年度10月期(厳密には9月29日の早朝より、黒縁無しの薄い影となったが、翌月20日より若干の影を濃くなった(フィギュア中継や『アメトーーク!』等を除く)。
  58. ^ 通常、マスター提供クレジットテロップの表示はフェードイン〜フェードアウトだが、「字幕」のみの表示はカットイン〜カットアウトである(この場合、地上デジタル放送ではサイズが大きめになっており、一部系列局のみだが、2007年11月まで「ハイビジョン制作」テロップの後に「字幕」を16:9画面の右端に表示していた)。但し、「ハイビジョン制作」(デジタル放送ではさらに「dデータ放送」の組み合わせの場合もあり)マークの同時表示の場合はフェードイン〜フェードアウトである。なお、ハイビジョン制作テロップを表示しなくなった2008年7月24日以降はこれまでカットイン〜カットアウトで表示していた「字幕」のみの表示もすべてフェードイン〜フェードアウトとなった。
  59. ^ 2021年1月から2022年4月まで逆ネット番組を除き一時的に表示がなかった時期があった
  60. ^ これは同時ネット局でも字幕放送が行われていない中部・近畿地方の一部の独立UHF局に配慮しているための名残りである。なお、2008年4月時点でびわ湖放送奈良テレビテレビ和歌山岐阜放送の4局は、すでに字幕放送を行っている。
  61. ^ 主な例ではYOSAKOIソーラン祭りの特番が組まれた関係で時差放送となった『日曜ビッグバラエティ』や2013年3月9日放送の『「明日をあきらめない…がれきの中の新聞社」〜河北新報のいちばん長い日〜』(再放送)が該当。
  62. ^ 縁取りは長らく極太だったが、2012年3月5日以降は極細(テレビ東京よりもさらに細め)に変更されている。

出典

  1. ^ 多重の変遷と規格化の歴史”. NHK放送技術研究所 (2015年3月). 2024年5月18日閲覧。
  2. ^ a b c 世界初の文字放送、英Ceefaxが38年の歴史に幕 AFPBB News、AFP通信2012年10月25日
  3. ^ a b 『ビデオテキスト - コンピュータがテレビを変える:見るテレビから選ぶテレビへ』アスキー出版、1982年3月1日。ISBN 4-87148-151-4 
  4. ^ 山田宰「[テレビデジタル時代 いま アナログ時代を振り返る]4.テレビ文字多重放送の研究開発を振り返って」『映像情報メディア学会誌』第65巻第7号、2011年3月8日、907-911頁、doi:10.3169/itej.65.907 
  5. ^ a b 大井田清「テレビジョン文字多重放送の技術基準の概要」『テレビジョン学会誌』第40巻第1号、映像情報メディア学会、1986年1月、2-4頁、doi:10.3169/itej1978.40.2 
  6. ^ 沼口安隆、吉岡仗治「[特集 テレビジョン年報] 4.新しい放送システムの研究 4-1 多重放送」『テレビジョン学会誌』第32巻第7号、1978年7月1日、577-579頁、doi:10.3169/itej1978.32.577 
  7. ^ 「放送技術のあゆみ」、『NHKの放送技術2014』、44-45、NHK広報局
  8. ^ 「NHKトピックス/テレビ文字多重放送」『放送教育』第38巻第7号、日本放送教育協会、1983年10月1日、96 - 97頁、NDLJP:2340852/49 
  9. ^ a b 「文字多重放送スタート、速報性アピール──国電マヒで情報次々更新」『日経産業新聞』1985年11月30日、4面。
  10. ^ 「文字多重放送、年末に免許受け付け──電波審、技術基準を答申。」『日経産業新聞』1985年3月30日、4面。
  11. ^ 「文字多重放送、ハイブリッドに基準──電波審議会、キャプテンと整合性」『日本経済新聞』1985年3月30日、4面。
  12. ^ 「文字多重放送送信標準方式、郵政省が全面改正案──表示機能など大幅拡大。」『日経産業新聞』1985年7月26日、5面。
  13. ^ 「郵政省、来月にも公布。文字多重放送にハイブリッド式。」『日本経済新聞』1985年9月21日、5面。
  14. ^ NHK放送文化研究所・歴史
  15. ^ NHK佐賀放送局 | 佐賀放送局の歩み
  16. ^ 日本放送出版協会 電波科学 1983年12月号
  17. ^ 新世紀プログレッシブ採用でBSデジタル放送に高画質対応する「プロビジョン(ガゼット)シリーズ」を発売
  18. ^ 花木森房「ニューメディア実践シリーズ MUSCOT&MUSICAL 第4回」『月刊アスキー』1985年9月号、アスキー、214-217頁、doi:10.11501/3250692 
  19. ^ a b c d 広野千春「文字多重放送/ビデオテックスにおける付加音情報」『音楽音響研究会資料』第4巻第5号、日本音響学会、1985年11月16日、15-21頁。 
  20. ^ a b 花木森房「ニューメディア実践シリーズ MUSCOT&MUSICAL 第1回」『月刊アスキー』1985年6月号、アスキー、185-188頁、doi:10.11501/3250689 
  21. ^ 放送技術開発協議会 編『文字放送技術ハンドブック』兼六館出版、1986年8月。doi:10.11501/12601093ISBN 4874620108 
  22. ^ 標準テレビジョン文字多重放送に関する送信の標準方式第十一条第三号及び第十八条の規定に基づく標準テレビジョン文字多重放送の放送番組のデータの送出等” (japanese). 総務省電波利用ホームページ (2000年2月23日). 2023年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月17日閲覧。
  23. ^ 「京王技研、音楽入出力システム開発──文字多重、キャプテン兼用」『日経産業新聞』1985年8月8日、7面。
  24. ^ 花木森房「ニューメディア実践シリーズ MUSCOT&MUSICAL 第3回」『月刊アスキー』1985年8月号、アスキー、264-267頁、doi:10.11501/3250691 
  25. ^ 「音楽信号を再生、コルグがハイブリットIC」『日経産業新聞』1986年7月3日、1面。
  26. ^ 荒木洋哉、花房秀治「文字放送におけるレベルB音楽実験」『テレビジョン学会技術報告』第11巻第9号、映像情報メディア学会、1987年6月25日、7-12頁、doi:10.11485/tvtr.11.9_7 
  27. ^ 「パソコンも楽器に」『日経産業新聞』1984年10月31日、8面。
  28. ^ 「FM音源LSI開発」『電波新聞』1984年10月31日、第7版、2面。
  29. ^ 「日本楽器が音源用LSI」『日経産業新聞』1986年6月4日、9面。
  30. ^ 「日本楽器が来月から販売」『電波新聞』1986年6月4日、第7版、2面。
  31. ^ 「文字多重放送用アダプタコストを低減するLSI2機種を発表」『電子技術』1988年4月号、日刊工業新聞社、1988年4月、90-91頁、doi:10.11501/3279771 
  32. ^ 「ヤマハなど、LSI2個で受信──「文字多重」専用を開発」『日経産業新聞』1988年1月1日、1面。
  33. ^ 砂田厚一、猪瀬哲男、太田修二、新納正博、高岡和男「文字放送受信部内蔵25型カラーテレビC-25M930」『NEC技報』第40巻第3号、NECマネジメントパートナー、1987年4月、2-12頁、doi:10.11501/3259680J-GLOBAL ID 200902011899283574 
  34. ^ 逸見英身、山田直一、角田浩樹「文字放送チューナ」『National technical report』第41巻第4号、松下電器産業技術総務センター技術情報部、1995年8月、doi:10.11501/2358381J-GLOBAL ID 200902151716460983 
  35. ^ 「「ハウツー文字放送」親子でカラオケ」『毎日新聞』1992年11月15日、朝刊、16面。
  36. ^ Coding of synthesized sound」『ARIB STD-B24 Version 6.4 Fascicle 1 (ENGLISH TRANSLATION)』、電波産業会、2017年7月27日、32頁、 オリジナルの2021年12月2日時点におけるアーカイブ。 
  37. ^ 3.3.4 Additional sounds」『ARIB TR-B14 Version 6.7 Fascicle 2 (ENGLISH TRANSLATION)』、電波産業会、2020年9月28日、3-1-91頁、 オリジナルの2024年4月30日時点におけるアーカイブ。 
  38. ^ FM文字多重放送(見えるラジオ)サービス終了のお知らせ TOKYO FM、2013年4月1日
  39. ^ AIR-G’「見えるラジオ」ご利用の皆様へ[リンク切れ] AIR-G' FM北海道、2016年8月31日
  40. ^ a b c d JAPAN FM NETWORK. “JFN38局では、新潟県中越地震被災地に「パパラビジョン」と「パパラジーコム」を設置、被災地の地域情報伝達にご利用頂きました。”. 2015年4月9日閲覧。
  41. ^ 視聴覚障害者等向け放送の充実に関する研究会(第2回)議事要旨”. 総務省. pp. 10-11 (2022年12月13日). 2023年9月6日閲覧。
  42. ^ WOWOWが邦画および洋画吹き替え版の字幕付き放送を12月1日に開始(AV Watch)
  43. ^ 日本テレビ | “耳の日”地デジ推進・字幕放送キャンペーン Archived 2013年1月26日, at the Wayback Machine.
  44. ^ ◆NODで字幕サービスを試行〜NOD字幕自動変換技術を開発〜 - NHK INFORMATION「技術情報」(2010年3月31日
  45. ^ パナソニック、日本初の「テレビCM字幕放送」を実験 -AV Watch2010年3月19日
  46. ^ 日本初・「テレビコマーシャル字幕放送 実験」を実施 | プレスリリース | Panasonic(2010年3月19日)
  47. ^ 字幕付きCM:「ごきげんよう」で試験実施--フジテレビ - 毎日jp(毎日新聞)(2010年11月6日夕刊)
  48. ^ フジテレビ系バラエティ番組「ライオンのごきげんよう」で全国放送初の「字幕つきテレビコマーシャル」トライアル放送を実施(2010年11月1日
  49. ^ フジテレビ系バラエティ番組「ライオンのごきげんよう」で4月より「字幕付きテレビコマーシャル」トライアル放送を再開 ライオン株式会社 2013年3月27日
  50. ^ 字幕付きCM放送中…高齢者にも配慮(読売新聞 2013年9月6日21面)
  51. ^ 広告(JSR株式会社)
  52. ^ 味の素(株)、食品業界で初めて字幕TVCM放映開始(味の素株式会社 広報部 2014年4月2日)
  53. ^ 字幕つきCM、普及に協議会 テレビ局など今秋設置へ 朝日新聞 2014年6月26日
  54. ^ 字幕付きCM、10月から全国で放送…難聴の高齢者ら1700万人に正確な商品情報”. 読売新聞 (2021年8月11日). 2021年8月13日閲覧。
  55. ^ 字幕付きCM 10月1日からすべての放送枠で”. 民放online (2022年8月4日). 2022年8月15日閲覧。
  56. ^ 『ニュース音声自動字幕化のための音声認識・音声信号処理』、NHK放送技術研究所 研究年報1999
  57. ^ なるほど!地上デジタル放送ガイド-地デジの魅力を一挙ご紹介!
  58. ^ 視聴覚障害者向け放送普及行政の指針 総務省 2007年10月30日策定、2012年10月2日改定
  59. ^ 青座布団の字幕放送|テレビ・ラジオな話(2008.8 ノフログ 〜noof's weblog〜)=2008年北京オリンピック
  60. ^ HTB制作『おにぎりあたためますか』で確認。
  61. ^ モヤモヤさまぁ〜ず2』にて確認。
  62. ^ ネプリーグ』のワンコーナー「イングリッシュブレインタワー」等で確認できることが多い。
  63. ^ 2014年2月2日放送のRCC制作の全国ネット番組『世界が知りたいニッポンの技〜美と食の匠たち…ひろしま篇』で確認。
  64. ^ 自社制作番組『おにぎりあたためますか』で確認。
  65. ^ 自社制作番組『熱烈!ホットサンド!Z』で確認。
  66. ^ 2014年8月31日放送のSBS制作の全国ネット番組『ニッポン人も!外国人も! WE ARE 富士山LOVERS』で確認。
  67. ^ 2014年6月8日放送のRSK制作の全国ネット番組『特命!うどん県JAPAN ブラジルの奇跡!?』で確認。
  68. ^ "リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク". リッチマン、プアウーマン. 1 April 2013. フジテレビ"土曜ワイド劇場 おかしな刑事". おかしな刑事. 22 June 2013. テレビ朝日



文字放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 04:51 UTC 版)

ゼニスエレクトロニクス」の記事における「文字放送」の解説

Zenithは、テレテキスト(文字放送)を幅広くサポートする北米数少ないテレビメーカーの一つであった1983年以降同社外付けデコーダーデコーダー内蔵テレビ受像機製造した当初、これらはオハイオ州シンシナティ地域でのみ提供されていた。オハイオ州では、タフト放送主力WKRC-TVエレクトラと言う名称で文字放送サービス開始していた。このサービスは、2年後Satellite Syndicated SystemsがスーパーステーションWTBS (アップリンク担当)の全国フィードVBIサービス挿入したときに全国的に拡大した。ただし、エレクトラデコーダー全国的に販売されることはなく、デコーダー組み込まれテレビ高価なフラッグシップモデルであることが多く、これらのモデルのコンソールキャビネットやボーズスピーカーのために多くの人に購入されテレテキスト到達範囲狭くなった。 アメリカ国内における約10年間の文字放送の実験中、CBSNBC支持されていたより複雑なプロトコルNABTSとは対照的にエレクトラがワールドサービステレテキストプロトコルを利用したことによってさらに規格複雑になった。 文字放送システムは、アメリカにおけるクローズドキャプション標準規格互換性がなかったため、エレクトラサービス終了した1993年時点で、Zenithは文字放送デコーダー製造販売サポート終了した

※この「文字放送」の解説は、「ゼニスエレクトロニクス」の解説の一部です。
「文字放送」を含む「ゼニスエレクトロニクス」の記事については、「ゼニスエレクトロニクス」の概要を参照ください。


文字放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 22:39 UTC 版)

エースコンバット3 エレクトロスフィア」の記事における「文字放送」の解説

エレクトロスフィアを介して配信されるテキストデータ情報サービス

※この「文字放送」の解説は、「エースコンバット3 エレクトロスフィア」の解説の一部です。
「文字放送」を含む「エースコンバット3 エレクトロスフィア」の記事については、「エースコンバット3 エレクトロスフィア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「文字放送」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「文字放送」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



文字放送と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文字放送」の関連用語

文字放送のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文字放送のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2024 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文字多重放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゼニスエレクトロニクス (改訂履歴)、エースコンバット3 エレクトロスフィア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS