FM802とは?

FM802

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/07 17:47 UTC 版)

株式会社FM802(エフエムはちまるに、FM802 Co., Ltd.)は、大阪府放送対象地域とする同名の特定地上基幹放送局FM802」(コールサインJOFV-FM 大阪 80.2MHz / 10kW)と、外国語放送実施地域(大阪市堺市京都市神戸市尼崎市奈良市関西国際空港)を放送対象地域とする特定地上基幹放送局「FM COCOLO」(コールサイン:JOAW-FM 大阪 76.5MHz / 10kW)の2つのFMラジオ放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。「FM802」としてはJAPAN FM LEAGUE(JFL)に、「FM COCOLO」としてはMegaNetにそれぞれ加盟している。本社は大阪市北区天神橋に置いている。




  1. ^ 実際は子会社の802メディアワークス。
  2. ^ アメリカ統治時代の沖縄を加えると、琉球放送ラジオ(現・RBCiラジオ)と宗教放送局である米国法人の極東放送(当時のFEBC沖縄)が日本語放送と英語放送の1局2波(FEBC沖縄では中国語放送も加えた3波)体制が昭和30年代から行われていた。ともに、琉球放送は英語放送が1973年11月1日に、FEBC沖縄は中国語放送が日本復帰当日に廃止された。また、FEBC沖縄は復帰直後の1972年12月15日に新設した日本法人の財団法人極東放送(後に株式会社化、現・エフエム沖縄)に日本語放送を譲渡して米国法人のまま英語放送1波となり1977年1月15日に廃局した。また、日本のAM放送では沖縄両局の事例が唯一だった。
  3. ^ 作詞・作曲者や非ジャニーズ系歌手によるカバー曲は放送されたことがあり、中でも『夜空ノムコウ』のスガシカオによるバージョンはOSAKAN HOT 100で週間1位を獲得している[14]
  4. ^ 当時ジャニーズ事務所に所属していた赤西仁の「TEST DRIVE featuring JASON DERULO」は流された[15]
  5. ^ 2013年3月24日に放送された『SAISON AMERICAN EXPRESS CARD VINTAGE GARAGE』(J-WAVE制作、当時はJFL系5局同時ネット番組)にTOKIOの国分太一がゲスト出演した回は、本放送局のみ一部オンエア曲の差し替えが発生しており、公式サイト内のソングリストにその旨が記載されている[16]
  6. ^ ジャニーズ事務所所属タレントが出演するラジオCMはそのまま放送される(例としてTOKIOが出演するSUZUKI SOLIOのCMが挙げられる)。
  7. ^ 乃木坂46欅坂46も含む。なお、2015年8月17日~21日に放送された『School TV DREAM TRAIN』(J-WAVE制作、JFL系3局ネット番組)に総監督(当時)の高橋みなみがゲスト出演した際には、本放送局でもAKB48の曲がオンエアされ[17]、2016年3月21日放送の『TACTY IN THE MORNING』内でもオンエアされた[18]。また、FM COCOLOでは散発的にオンエアされたことがある。
  8. ^ 山本彩(元NMB48)の楽曲については流れる場合がある[19]
  9. ^ Folderの「I WANT YOU BACK」はOSAKAN HOT 100でもランクインしたことがある[20]
  10. ^ ただし、『REDNIQS』ではBABYMETALがゲストとして登場したことがあり、同番組では同グループの曲が放送されることがある。
  11. ^ ジャニーズ事務所所属タレント同様、ラジオCMはそのまま放送される(例としてももいろクローバーZが出演するスズキ・ハスラー乃木坂46メンバーが出演するマウスコンピューターのCMが挙げられる)。
  12. ^ ただし、2010年代後半ではBTSTWICEに関してはオンエアされOSAKAN HOT 100にもランクインされている[21][22]
  13. ^ TM NETWORKにおいての小室が作曲した曲や、ブーム以前を中心とした「小室ファミリー」以外への提供曲についてはオンエアされることがあった。
  14. ^ 802が18 - 34歳なのに対し、COCOLOはOVER45である。
  15. ^ 2015年9月より関西圏のセブン-イレブン限定で、ミニサイズの復刻版バンパーステッカー(全10種類でランダム)がおまけについた本放送局と味覚糖のコラボ商品が発売されていた。
  16. ^ 一例として、ネット受けしている『SUNSTAR MIDNIGHT HARBOUR』は番組制作局のFMヨコハマの場合、パーソナリティの酒巻光宏が提供アナウンスを日本語で読み上げているが本放送局では女声の英語アナウンスに差し替えられている。
  17. ^ 番組により日本語読みと英語読みが混在している。
  18. ^ ライバル局のFM OH!も本放送局と同様であったが、その後2013年10月より番組専用メールアドレスからの受け付けも可能になっている(エフエム大阪#自社制作枠の減少・他局の台頭も参照)。
  19. ^ この場合、FM802という名称は企業としての株式会社FM802を指しており、放送局としてのFM802ではない事に留意する必要がある。
  20. ^ この2番組は制作局である本放送局側とInterFM897側の双方に公式サイトが存在し、後者では独自のメールアドレスも設定されている。ちなみにInterFM897は木下工務店の完全子会社であるキノシタ・マネージメントの子会社である。
  21. ^ 2008年10月改編時から2012年3月に一度6:00起点に変更したが、2012年4月より再度5:00起点、2018年度4月から土、日、月曜日のみ5時起点(開始)、他は6時起点となった。但しFM802公式サイトは全曜日6時、新聞番組表とRadikoは従来通り5時を起点としている。
  22. ^ 公式サイト内のタイムテーブルには休止日が記載されている。2018年3月までは新聞番組表では「0:55放送休止」とする説明があるが、実際には0:55 - 1:00に『FREE SPIRIT』は放送した後、1:00に放送終了IDを放送した後、試験電波(または停波)となっていた。
  23. ^ 当時はアルファベットと算用数字を商号に使用することができなかった上、現在でも漢数字の「〇」が使用できないため、この表記となった。
  24. ^ FM802の子会社が運営するFM COCOLOの番組にはそれ以降も出演。
  25. ^ 1口の応募に対し、各番組毎に発表されるキーワード(番組毎に異なる)1つが必要となる関係上、他局制作番組も本放送局のみナビゲーターがキーワードを読み上げるバージョンに差し替えられる
  26. ^ 会場となる万博記念公園自然文化園への入場料が別途必要となる
  27. ^ radiko上はFRIDAY Cruisin' Map!! (16時台) 内。
  28. ^ radiko上はMAGIC NUMBER 802 (20時台) 内。
  29. ^ 基本的に冠スポンサーが付く自社制作の特別番組が放送されるが、J-WAVE制作のネット受け(JFLネット)、2つの特別番組を11:00 - 15:00と15:00 - 18:50に分けて放送、もしくは祝日でも通常番組を放送、のどれかに該当するケースもある
  30. ^ a b c d e f g h i j 2008年10月の大改編で終了
  31. ^ 2008年12月終了
  32. ^ a b c d 2009年6月終了
  33. ^ a b 2009年12月終了
  34. ^ a b c d e 2010年3月終了
  35. ^ 2010年9月終了
  36. ^ a b 2012年3月終了
  37. ^ a b c 2013年3月終了
  38. ^ 2013年12月終了
  39. ^ a b 2014年9月終了
  40. ^ 2014年12月終了
  41. ^ a b c d e 2015年9月終了
  42. ^ 2016年3月終了
  43. ^ a b 2016年9月終了
  44. ^ 2017年3月終了
  45. ^ a b c d e 2017年9月終了
  46. ^ a b c d 2018年3月終了
  47. ^ a b c 2019年9月終了
  48. ^ a b 2020年3月終了
  49. ^ a b 2020年7月終了
  1. ^ a b c d e f g h i j 会社概要 - FM802
  2. ^ a b c d e f g 株式会社FM802 第32期決算公告
  3. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 地上系放送事業者 - 総務省電波利用ホームページ
  4. ^ 「放送ジャーナル」2010年1月25日
  5. ^ 関西インターメディア株式会社の超短波放送(外国語放送)事業(FMCOCOLO)の株式会社FM802への譲渡につきまして - 関西インターメディア
  6. ^ FM802飯盛山送信所・無線局免許状 - 総務省
  7. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、383頁。
  8. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、341頁。
  9. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、379頁。
  10. ^ a b エフエムはちまるに 非常勤取締役
  11. ^ a b 『民放ラジオ13社、ネット同時送信へ 首都圏・関西』 - 朝日新聞 2010年2月13日
  12. ^ a b 『在京・在阪の民放13局が3月からネット配信解禁へ』 - CNET Japan 2010年2月15日
  13. ^ a b c d e 第102回 栗花落 光 氏 株式会社FM802 代表取締役専務、Musicman-NET、2012年2月14日 1:15。
  14. ^ OSAKAN HOT 100|CHART YEARLY CHART 2001、FM802、2001年12月31日。
  15. ^ 日経エンタテインメント!』2012年4月号、79頁。
  16. ^ - Song List 2013.03.24 国分太一|VINTAGE GARAGE
  17. ^ 802NOWONAIRのツイート(633607785255604225)802NOWONAIRのツイート(634694948504276992)
  18. ^ 802NOWONAIRのツイート(711694819794427905)
  19. ^ 802NOWONAIRのツイート(1170054062923898880)など。
  20. ^ 1999年10月3日付のOSAKAN HOT 100
  21. ^ OSAKAN HOT 100|CHARTYEARLY CHART 2018、FM802、2018年12月16日。
  22. ^ OSAKAN HOT 100|CHART YEARLY CHART 2019、FM802、2019年12月15日。
  23. ^ 朝日新聞』1998年1月9日付夕刊、7頁。参考
  24. ^ 公式サイト内FAQ・お問い合わせ - 番組について
  25. ^ 802wannabes公式Twitterアカウント
  26. ^ 当時のリリース
  27. ^ a b 登録2352386 - 商標出願・登録情報 J-PlatPat 特許情報プラットフォーム
  28. ^ JFL×TSUTAYA ACCESS!
  29. ^ 事業部|株式会社フリーマーケット社
  30. ^ DJインデックス - FM802





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FM802」の関連用語

FM802のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



FM802のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFM802 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS