CHEMISTRYとは?

ケミストリー

読み方:chemistry

化学」または「化学現象」「化学反応」という意味の英語表現俗に良い相乗効果」「互いに好影響を及ぼす」「相性抜群」という意味合い用いられることもある。単独行動比べ格段に良い効果引き出される協力協調関係といったニュアンス用いられることが多い。

英語のケミストリー(chemistry)は、「化学者」や「薬剤師」を意味するchemist派生語である。ちなみにchemistは、alchemistアルケミスト錬金術師)から派生した語である。

英語でも人と人との相性良し悪しをchemistryと表現する言い方があり、俗に good chemistry(相性良い)、あるいは bad chemistry(相性が悪い)のように述べる用法がある。

昨今では球技におけるチームプレイ恋愛などの話題において、お互い高め合う関係や効果という程度意味合いで「ケミストリーを感じる」とか「ケミストリーがある」とかいう風に用いられる場合少なくない

行動共にすることで互いによい影響与え合う、という意味合いを示すならば「相性(がよい)」のような言い方もできるが、ケミストリーは往々にしてそれぞれ別個活動した時とはまるで別人のような」あるいは「当人たちも予期しなかった」好影響発揮されるというニュアンス込め用いられている(と推察される)場合がある。

ケミストリー【chemistry】

化学

相性。「ケミストリーが合う」


か‐がく〔クワ‐〕【化学】

《chemistry》物質構成する原子分子着目し、その構造性質、その構成変化すなわち化学反応などを取り扱自然科学一部門。対象研究方向により、無機化学有機化学物理化学生化学地球化学核化学などに分けられる。


化学

英訳・(英)同義/類義語:chemistry

物質構成する分子原子結合状態をもとに、化合物構造合成等を対象とする分野

化学反応

英訳・(英)同義/類義語:chemical reaction, chemistry

原子分子間の結合状態が変わり別の分子形成される過程
「生物学用語辞典」の他の用語
化学反応や酵素反応生体経路など:  力価  加リン酸分解  加水分解  化学反応  化学合成  化学平衡  化学浸透共役

CHEMISTRY

以下の映画CHEMISTRY関連しています。


CHEMISTRY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 09:17 UTC 版)

CHEMISTRY(ケミストリー)は、日本の男性ツインボーカルユニット。公式ファンクラブ名は「chemistry club」である。


  1. ^ a b c Eremenko, Alexey. Chemistry | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月8日閲覧。
  2. ^ Yahoo!ミュージック http://magazine.music.yahoo.co.jp/spt/20061115_001/profile 2008年1月17日閲覧
  3. ^ オリコン http://www.oricon.co.jp/artists/266851/ 2008年1月17日閲覧
  4. ^ ASAYAN公式サイト http://www.asayan.com/2000/boy_vocal/backnumber/2000/0723.html
  5. ^ SANSPO.COM(2002年5月31日) http://www.sanspo.com/soccer/02worldcup/backnumber/wc200205/st2002060137.html 2008年1月17日閲覧
  6. ^ HMV http://www.vibe-net.com/news/?news=0010727 2008年1月17日閲覧
  7. ^ a b ソニー・ミュージック https://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/DF/CHEMISTRY/m_bio.html 2008年1月17日閲覧
  8. ^ 2010年9月8日放送『라디오 천국|라디오 천국|라디오 천국|라디오 천국|라디오 천국|라디오 천국|라디오 천국
  9. ^ テレビ東京「DANCE@TV」
  10. ^ CHEMISTRY、韓国語で熱唱! 総製作費10億円超 2010年アジア最大の話題作 ジョン・ウー制作総指揮「男たちの挽歌」全世界主題歌に決定!mFound 2010年8月12日閲覧
  11. ^ CHEMISTRY、5年ぶり訪韓で映画試写会舞台挨拶に登場ナタリー 2011年4月15日閲覧
  12. ^ 日가수 첫 한국영화 주제가… “양국 관계 도움됐으면”kukinews、2011年4月15日閲覧
  13. ^ 영화‘무적자’OST부른日듀오 케미스트리내한인터뷰melon、2011年5月1日閲覧
  14. ^ Otakon 2011 Opening CeremoniesANIME NEWS NETWORK 2011年7月30日閲覧
  15. ^ Chemistry @ Otakon 2011flickr、2011年8月2日閲覧
  16. ^ 結成10周年 CHEMISTRYが北米初ステージFCI 2011年8月4日閲覧
  17. ^ CHEMISTRY 川畑要、堂珍嘉邦 ソロツアー決定!H.I.P、2011年7月19日閲覧
  18. ^ TOPICSchemistryclub、2011年7月17日閲覧
  19. ^ CHEMISTRY デビュー10周年を記念した全国ツアーファイナルで10年を振り返る1時間メドレーを熱唱!mfound、2011年7月11日閲覧
  20. ^ 『PATi-PATi』2012年2号
  21. ^ 2012年3月6日東海ラジオ「上からも下からもねね」
  22. ^ 2011年2月9日KBCラジオらぶチャンネル
  23. ^ “CHEMISTRY活動休止、ソロ活動専念”. SANSPO.COM. (2012年4月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20120409/oth12040905050009-n1.html 2012年4月9日閲覧。 
  24. ^ “CHEMISTRY、デュオとしての活動を休止 それぞれソロに専念”. ORICON STYLE. (2012年4月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2009910/full/ 2012年4月9日閲覧。 
  25. ^ “ケミストリー再始動、来年2月に5年ぶりライブ”. Sponichi Annex. (2016年12月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1748878.html 2016年12月9日閲覧。 
  26. ^ https://natalie.mu/music/news/222719
  27. ^ CHEMISTRYのシングル作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年12月14日閲覧。
  28. ^ 10万枚完全生産限定盤
  29. ^ 完全生産限定盤
  30. ^ a b 期間限定生産盤
  31. ^ 「CHEMISTRY SUPPORTED BY MONKEY MAJIK」名義
  32. ^ 「CHEMISTRY × 古内東子」名義
  33. ^ a b c d e CHEMISTRYのアルバム作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年12月14日閲覧。
  34. ^ レーベルゲートCD
  35. ^ 化學超男子出道10周年推出超級精選輯,原定6月來台演唱因日本震災延期 SONY MUSIC、2011年4月15日閲覧
  36. ^ CHEMISTRY、節電対応で全国ツアー開幕BARKS 2011年4月26日閲覧
  37. ^ 日刊スポーツ2011年4月17日付、2011年4月26日閲覧


「CHEMISTRY」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CHEMISTRY」の関連用語

CHEMISTRYのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CHEMISTRYのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCHEMISTRY (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS