BSとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > ビデオ用語 > BSの意味・解説 

BS 【Broadcasting Satellite】

放送衛星(Broadcasting Satellite)の略。衛星から直接放送を行うための静止衛星地球局から送られてきた放送電波地上利用者直接受信できるように増幅し、定められたエリア送信することを目的開発された人工衛星欧米では家庭で直接受信という点を強調してDBS(Direct Broadcasting Satellite)と呼ぶことが多い。

【参】CS 

BS

BSとは、(1)Broadcasting Satellite、(2)Back Space、の略称である。

(1)
フルスペル:Broadcasting Satellite
読み方ビーエス

Broadcasting Satelliteとは、「放送衛星ないしは衛星放送」のことで、放送電波送受信目的として打ち上げられた人工衛星、およびその人衛星用いて放送される番組のことである。

放送衛星は、地上通信ネットワーク整備されていない地域でも大容量コミュニケーションを可能にする。人口衛星地上約3数千キロメートル静止軌道上に位置して放送波を送信している。放送波を受信するには、専用アンテナチューナーが必要となる。あるいは、ケーブルテレビなどを利用しても視聴することが可能である。

地上波放送異なる点としては、ゴーストがない、水平解像度若干高い、といったことがあげられる。アナログ放送ではNHKハイビジョン放送WOWOW音楽ラジオセントギガ放送されているほか、デジタル放送として、NHKおよび民放各社番組放送されている。なお、放送衛星国際条約において割り当て決定されており、日本には8チャンネルとなっている。

(2)
フルスペル:Back Space
読み方ビーエス

BSとは、BSキー、すなわちBack Spaceキーのことである。キーボード上にある特殊キーのひとつで、キートップに「BackSpace」や「BS」と印字されている。入力された文字のうち、カーソル直前の文字を1文字だけ消去する役割持っている

BSキーは、Enterキーのすぐ上に配置されている場合が多い。BSキーの上にはDeleteキー配置されていること多い。Deleteキーは、カーソルの「直後」にある文字を1文字消去する役割を持つ。また、複数の文字列を選択した場合には、BackSpaceキーDeleteキーも共に選択対象消去する動作を行う。

Shiftキーは「操作反転」の意味を持っているので、Shiftキー押しながらBSキーを押せば、カーソル直後の1文字消去するというDeleteキー操作が行われる。その他、ブラウザ上でBSキーを押せば1ページ前に戻るといった動作が行われる。

無線通信のほかの用語一覧
その他無線通信:  xMax  ZigBee
衛星通信:  インターネット通信衛星  BS  基地局  N-STAR  準天頂衛星

BS


BS

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

BS:英国規格 British Standards Institution

  英国における準国家規格で5,000上の規格制定されている。1901年英国貿易産業省の支援を受けて設立された。世界で最も古い歴史を持つ規格協会である。東南アジア諸国はじめ世界占有率が非常に高く,日本でもDINと並ぶ。またISO/IEC中心とする国際標準化,並びにCEN/CENELECによる欧州EU標準化推進におけるBSI貢献度はめざましく,日本でも有名なISO9000シリーズISO14000シリーズはもともとBSI策定した英国規格が国際標準となったものである
英国規格
分野 石油関連規格
同義語 英国規格協会
関連用語 IP, DIN, GOST, ACEA, DTD
類似語  
略語 BS, BSI
英国規格

BS

賃貸住宅場合衛星放送受信するパラポラアンテナが付いているということ。BSチューナー受信した電波から音や映像起こす

ゆり

分類:人工衛星


名称:実験用中型放送衛星「ゆり」/Medium-scale Broadcasting Satellite for Experimental Purpose(BS)
小分類:通信放送衛星
開発機関会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:郵政省電波研究所
打ち上げ年月日:1978年4月8日
運用停止年月日:1982年1月
打ち上げ国名機関:アメリカ(ETR)/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:デルタ2914型
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:1978039A

ゆりは、家庭で衛星からのテレビ電波直接受信する、直接放送衛星システムのための実験衛星です。将来放送需要対処するために、郵政省電波研究所(現 通信総合研究所)などによって各種実験おこなわれました。
しかし、1979年6月には3台搭載したテレビ中継用のマイクロ波進行波管(TWT)のうち、B系統が断たれ、予備のR系統切り換えられましたが、その後1980年5月にはR系統6月にはA系統が断たれました。原因は、いずれもTWT高圧電源部の放電です。電源モジュール絶縁材不適当亀裂が生じ、これに沿って高電圧放電が生じたのです。そのため、これ以降伝播実験管制開発実験などがおこなわれました。そして、1982年1月燃料消費しつくし、運用終了しました。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
箱型本体に、翼のような展開型太陽電池パドルと、楕円アンテナ取り付けられた形をしています。大きさは約130cm ×130cm × 300cmで、重量は約350kg(静止軌道初期)です。
主要ミッション機器としては、放送中継器(2チャンネル出力100ワット)に予備用TWTA1式、放送アンテナ1基を搭載しています。姿勢制御は3軸姿勢制御方式(ゼロモーメンタム)で、設計寿命3年でした。

2.どんな目的使用されるの?
衛星通じて家庭テレビ電波を送る衛星放送システム技術的条件確立や、衛星放送システム制御運用技術確立のための実験、そして衛星からの電波受信効果確認実験目的として開発されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
静止軌道投入後、1978年7月20日から郵政省電波研究所中心として衛星放送各種実験おこなわれ数々成果をもたらしました。1980年6月搭載中継器送信機停止によって、以後伝播実験管制開発実験などがおこなわれましたが、1982年1月燃料をすべて消費し、運用終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
ゆり2号a/2号b、ゆり3号a/3号bのほか、補完衛星としてゆりN3号があります

5.どのように地球を回るの?
高度約36,000km、傾斜角0度、周期24時間東経110度の静止衛星軌道です。

参考文献:大林辰蔵監修日本宇宙科学1952→2001」(東京書籍)、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」(三田出版会)


ブラック・ショールズ式


メルカプトほう素

分子式BS
その他の名称:Mercaptoboron
体系名:メルカプトほう素


メルカプトボランイリウム

分子式BS
その他の名称:Mercaptoboraneylium
体系名:メルカプトボランイリウム


BS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/12 13:50 UTC 版)

BS, Bs, bs, B/S

目次

BS

Bs

bs

B/S


貸借対照表

(BS から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/03 07:21 UTC 版)

会計
主要概念
会計士 - 簿記
現金主義 - 発生主義
安定購買力会計
売上原価 - 借方 / 貸方
複式簿記 - 時価会計
後入先出法 - 先入先出法
GAAP / US-GAAP
概念フレームワーク
国際財務報告基準
総勘定元帳 - 取得原価主義
費用収益対応の原則
収益認識 - 試算表
会計の分野
原価 - 財務 - 法定
基金 - 管理 -
財務諸表
貸借対照表
損益計算書
キャッシュ・フロー計算書
持分変動計算書
包括利益計算書
注記 - MD&A
監査
監査報告書 - 会計監査
GAAS / ISA - 内部監査
SOX法 / 日本版SOX法
会計資格
JPCPA - ACCA - CA - CGA
CIMA - CMA - CPA - Bcom
税理士 - 簿記検定
テンプレートを表示

貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは、財務諸表の一つ。バランスシートBalance sheet、略称B/S)とも呼ばれる。

概要

貸借対照表は、企業のある一定時点における資産負債純資産の状態を表すために複式簿記と呼ばれる手法により損益計算書などと同時に作成され、その企業の株主債権者その他利害関係者に経営状態に関する情報を提供する。また、株式会社では官報新聞、あるいはインターネット上での決算公告が義務付けられており、損益計算書とともに公告される。一般的に、開業時、決算時、清算時に作成されるほか、月次で作成されることもある。決算前に、中間貸借対照表を作成する場合もある。

バランスシート(balance sheet)という英語は、Bilanz()、bilan()、bilancio()などヨーロッパ各国語と同様に、ラテン語天秤を意味する libra bilanx を語源としている。これは、貸借対照表が左右に分かれていて、左側の「借方(debit)」と右側の「貸方(credit)」が釣り合っているからである。

借方には「資産の部」があり、企業のある時点における資産の額が表示される。一方、貸方は、「負債の部」と「純資産の部」に分かれている。それぞれ、企業のある時点での負債の額と純資産の額とが記載される。また、純資産の部は、株主が最初に投入した資本金及び資本剰余金と、企業活動によりもたらされた利益の蓄積額から配当などで社外に流出した金額を差し引いた利益剰余金などが記載されている。

資産の部、負債の部は一般的に、流動性の高いものから低いものへと記載される。これを流動性配列法という。ただし、電力会社等、有形固定資産の額が多い場合など、特別の会計規則が設けられている会社については、固定性配列法が適用される。

借方金額の総計と貸方金額の総計とは等しい。したがって、例えば借方から貸方を見れば、総資産の資金源泉が他人資本(負債)なのか自己資本(純資産)なのかがわかる。

株式会社は、定時株主総会の終結後遅滞なく、貸借対照表を公告しなければならない(会社法440条)。

現行の決算公告においては、 資産-負債=純資産 という関係にある。

主要科目

各区分の表示は、b:会社計算規則第74条 - 76条に定められている。

貸借対照表の主要科目例
資産の部 負債の部
流動資産
現金預金
受取手形
売掛金
短期貸付金
未収入金
商品・製品
仕掛品
貯蔵品
前渡金
前払費用
立替金
仮払金
繰延税金資産(流動)

固定資産

有形固定資産
建物・構築物
機械・装置
車両・運搬具
工具・器具備品
土地
建設仮勘定
無形固定資産
ソフトウェア
のれん
特許権
借地権
投資その他の資産
投資有価証券
関係会社株式
長期貸付金
破産更生債権
長期前払費用
敷金・保証金
繰延税金資産(固定)

繰延資産

開業費
新株発行費
流動負債
支払手形
買掛金
短期借入金
コマーシャル・ペーパー
1年以内返済長期借入金社債
未払金
未払法人税等
未払消費税等
未払費用
前受金
預り金
仮受金
繰延税金負債(流動) 

固定負債

社債
長期借入金
退職給付引当金
繰延税金負債(固定)
 
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
資本準備金
利益剰余金
利益準備金
※任意積立金
※繰越利益剰余金
自己株式

評価・換算差額等

有価証券評価差額金
○為替換算調整勘定

新株予約権
少数株主持分

(注)○は連結決算固有、※は主に単独決算。

貸借対照表と経営指標

  • 流動比率=流動資産÷流動負債×100 → 企業の短期支払能力(200%以上が妥当)
  • 当座比率=当座資産÷流動負債×100 → 即座支払能力(100%以上が妥当)
  • 固定比率=固定資産÷自己資本×100 → 自己資本に対する固定資産の比率(100%未満が妥当)
  • 資本固定比率=自己資本÷固定資産×100 → 自己資本の固定化の比率(100%以上が妥当)
  • 負債比率=負債÷自己資本×100 → 自己資本に対する負債の割合(100%未満が妥当)
  • 資本負債比率=自己資本÷負債×100 → 自己資本に対して負債が適当かを判断(100%以上が妥当)
  • 自己資本利益率=純利益÷自己資本×100 → この比率が高い程、収益力が大
  • 自己資本比率=自己資本÷総資本×100

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク


.bs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/04/07 00:47 UTC 版)

.bs
バハマの国旗
施行 1991年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 BSNIC
後援組織 バハマ大学
利用地域 バハマに関連する団体・個人
使用状況 あまり使われていない。
登録の制限 .gov.bsのような一部例外を除いてない。
階層構造 第二レベルに直接登録もできるが、分類用ドメイン下に登録することもできる。
関連文書 Registration terms
方針 UDRP
ウェブサイト BSNIC
  

.bsは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、バハマに割り当てられている。このドメインはバハマ大学によって管理されている。

外部リンク


学士(理学)

(BS から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/17 23:50 UTC 版)

各国の履修年数
  3年
  4年
  5年
  6年

学士(理学)(がくし りがく)、Bachelor of Science (B.S., BS, B.Sc., BSc, Bc.)は、学士学位の一つ。理学領域の主な学士号の一つで上位の教育課程では修士(理学)博士(理学)などの学位がある。旧学位制度では理学士と称した[1]

日本

当該学位は主に四年制大学理学部理工学部数学物理学化学など理学系統の学部学科で取得が可能である[2]。 日本では1877年(明治10年)、東京開成学校と東京医学校を合併し、東京大学理学部設置数学科、物理学科、化学科(純生化学、応用化学)、生物学科(動物学、植物学)、 星学科、工学科(機械工学、土木工学)、地質学科、採鉱冶金学科の8学科が開設され[3]1879年明治12年)には旧東京大学大学の卒業生に授与される学位として、法学士・理学士・文学士医学士製薬士の5種が定められた[4]1887年(明治20年)の帝国大学令発布により、学士号は学位から称号へと移行。1920年(大正7年)には大学令が発布され、私立専門学校令に基づく専門学校であった私立大学も正式に大学として認められた。これに伴い、早稲田大学が従前の理工科を理工学部へと移行するなどし、私立大学でも理学士号が授与されるようになった[5]

第2次世界大戦終戦後、1947年(昭和22年)、学士は学校教育法に基づく称号となり、大学も新制大学に移行。1956年(昭和33年)には文部省により大学設置基準が定められ、理学士も29種ある学士号の一つと定められた[1]

その後、1991年(平成3年)に学校教育法はじめ学位規則が改正され、学士号は再び学位として位置づけられるとともに、それまで「○学士」と専攻分野を先頭に冠していた名称を改め「学士(○○)」と専攻分野を括弧で付記する表記に変更され、理学士の称号は学士(理学)の学位に移行。この制度改正に伴い、従前の制度で授与されていた理学士の称号については学校教育法附則にて学位と看做されることとなった[注釈 1]。これまで通り、主に大学理学部や理工学部など理学関連の学部学科を卒業する場合に授与されるほか、新たに創設された学位授与機構(現在の独立行政法人大学評価・学位授与機構)でも数学・情報系、物理学・地学系、化学系、生物学系、総合理学分野で一定の受験資格を満たし、学位審査を合格した場合に学士(理学)の学位を取得する道が開かれた[6]

広がりを見せる理学分野の学士号

なお、一連の学位制度の改正に伴い、従来29種に限定されていた専攻分野の名称を各大学で自由に定めることが可能となった[1]。この結果、学士号の種類は年々増加しており[7]、理学分野及び異なる学問領域でも「○○理工学」と称する学位名称が誕生している[8]

理学および関連分野の学士号の例(日本の例:その一部)[8]
数学
理学 工学 理工学 情報工学
物理学
理学 理工学 物理科学
化学
理学 学術 応用生物科学 工学 理工学
生物学
理学 農学 生物資源科学 学術 工学
地学
理学 学術
その他
理学 工学 理工学 総合理工学 環境理工学
工学
機械工学関係
工学 理工学 デザイン工学 機械機能工学 情報理工学
電機通信工学関係
工学 情報工学 理学 理工学 情報
情報メディア科学 総合理工学 情報工学 情報学 情報理工学
コンピューター科学 情報アーキテクチャ学 情報通信工学 理学 学術
芸術 環境科学 建築創造学
応用工学関係
工学 理工学 環境理工学 理学 生物資源科学
経営工学関係
工学 理工学 経営情報科学 経営学 産業科学技術
ライフデザイン
その他
工学 学術 情報学 コンピューター理工学 情報工学
情報理工学 総合科学 コンピュータサイエンス ソフトウェア情報学 理工学
理学 デザイン工学 総合理工学 情報科学
農学
農業工学
農学 環境理工学

各国の制度

注釈

  1. ^ 学校教育法 附則(平成三年四月二日法律第二三号) 抄 の4 改正前の学校教育法第六十三条第一項の規定による学士の称号は、改正後の学校教育法第六十八条の二第一項の規定による学士の学位とみなす。

出典

  1. ^ a b c 日本学術会議編「学位に付記する専攻分野の名称の多様化について (PDF) 」参照。
  2. ^ 早稲田大学ウェブサイト「早稲田大学学位規則」参照。
  3. ^ 東京大学ウェブサイト「東京大学大学院理学系統研究科・理学部 理学」参照。
  4. ^ 宮地正人佐藤能丸櫻井良樹編『明治時代史辞典第1巻』(吉川弘文館2011年) 487頁、488頁参照。
  5. ^ 早稲田大学ウェブサイト「歴史 理工学術院とは」参照。
  6. ^ 大学評価・学位授与機構編『新しい「学士への途 (PDF) 』(独立行政法人大学評価・学位授与機構、2013年) 71頁~75頁参照。
  7. ^ 「学士号急増、580種 受験生集めで次々に学部学科 文科省、ルール検討」『朝日新聞』2007年11月4日朝刊2社会34面、「「学士」乱立700種超す 感性デザイン、教育ファシリテーション...自由化で急増」『朝日新聞』2012年10月6日夕刊2社会10面、「ユニーク 難解「学士」増殖 700種 グローバル地域文化 映像身体...」『読売新聞』2013年7月31日東京夕刊1面参照。
  8. ^ a b 独立行政法人大学評価・学位授与機構編『H21年度 学位に付記する専攻分野の名称一覧(学士) (PDF) 』(独立行政法人大学評価・学位授与機構、2009年)から一部を掲載。
  9. ^ Strickland, Jodie. “PE”. Required Credits: Civil, Environmental, Chemical, Electrical and Mechanical Engineering As Reported on the American Society for Engineering Education Website. NSPE. 2015年9月11日閲覧。
  10. ^ https://www.insidehighered.com/news/2010/06/03/aacu
  11. ^ http://www.newsweek.com/why-college-shouldnt-take-four-years-lamar-alexander-81423

参照文献

文献資料

  • 宮地正人、佐藤能丸、櫻井良樹編『明治時代史辞典第1巻』(吉川弘文館、2011年) ISBN 4642014616

インターネット資料

報道資料

  • 『朝日新聞』2007年11月4日朝刊
  • 『朝日新聞』2012年10月6日夕刊
  • 『読売新聞』2013年7月31日東京夕刊

関連項目





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

BSに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「BS」の関連用語

BSのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フロントアウトプットシャフト

人工衛星の構造と設計

Internet Explorer 8

dtab d-01G

マーチ

かんむり座

プレーリー→リバティ

グレートオブザバトリー計画





BSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2018 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリBSの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2018, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2018 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2018 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBS (改訂履歴)、貸借対照表 (改訂履歴)、.bs (改訂履歴)、学士(理学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS