.aqとは?

エー‐キュー【AQ】

achievement quotient学力知能程度相応して獲得されているかどうかをみる指標学力検査で得られた教育年齢知能検査で得られた精神年齢で割ったもの(あるいは教育指数知能指数の比)を100倍した値。成就指数


AQ

「AQ」とは、Adversity Quotientの略で、一般に逆境指数」と訳されます。AQは日常さまざまな逆境対す個人および組織対応力測定数値化するものであり、その考え方手法アメリカ組織コミュニケーション研究者であるポール・G・ストルツPaul G. Stoltz博士によって考案されました。知能指数の「IQ」、感情指数の「EQ」に対し、精神強靭さやストレス耐性を示す新し指標として注目され、研究が進められています。

AQ -逆境指数

別名:逆境指数

・AQとはAdversity(逆境) Quotient(指数)の頭文字をとったものであり、大きな悲劇から小さな怒りまで、あらゆる逆境に対応する為に人々組み込まれた行パターンの事である。

・AQは、ハーバードビジネススクール客員教授のポール・ストルツ(Paul G. Stoltz博士によって考案された考え方であり、「日常様々な逆境に対して、人及び組織どのように反応するのか」を指数化したものである。

・AQでは、人の逆境対す反応は、Core呼ばれる4つの要素組み合わさって決まるとされており、その4つの要素とは、コントロール(Control)、責任(Ownership)、影響範囲(Reach)、持続時間(Endurance)である。

・更に、人はその逆境への対処方法で、「脱落組」「キャンパー」「登山家」の3タイプ分けられるという。

企業属す従業員80%以上は「キャンパー」であり、逆境が重なると、逃げ出したり、現状安住ようとする。今、組織求められるのは、直向き頂上目指す登山家タイプ人材であると言われている。

・またAQは、低い方から次のように分類されている。
レベル1「エスケープ(Escape)」試練直面すると逃避(Escape)する
レベル2「サバイブSurvive)」なんとか生存Survive)する
レベル3コープCope)」ただ単に対処Cope)する
レベル4マネージManage)」逆境管理Manage)し、解決ようとする
レベル5ハーネスHarness)」慈養Harness)し、逆境栄養源にさらなる成長をする。


アナログクオーツ(水晶)時計 略称 :[AQ]

指示装置機械的(文字板、針など)構造である水晶時計
→デジタルクオーツ時計
コンビネーション時計

AQ

審査で、質的に特に優れた改良を示す交配与えられる賞。
Award of Qualityの略。(qualityは「品質」の意。)
《例》Lc. Tropical SongConga' AQ/JOGA

.aq

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 18:48 UTC 版)

.aq国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)の一つ。南極大陸に割り当てられている。南極大陸における作業や、南極圏や南極海に関する広報を行う団体に予約されている。ニュージーランドのPeter Mottによって管理されている。レジストリのサイトはなく、登録は定められた書式のメールを送ることでなされる。






「.aq」の続きの解説一覧

AQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/02/19 22:54 UTC 版)

AQ

aq





.aqと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.aq」の関連用語

.aqのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.aqのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2021 Active and Company Ltd. All rights reserved.
SEIKOSEIKO
Copyright © 2021. SEIKO WATCH CORPORATION
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.aq (改訂履歴)、AQ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS