マッチとは? わかりやすく解説

much

別表記:マッチ

「much」の意味

「much」は英語の副詞で、「たくさん」「非常に」という意味を持つ。また、形容詞としても用いられ、「多くの」という意味になる。副詞としては、動詞形容詞、他の副詞組み合わせて使用されることが多い。形容詞としては、不可算名詞組み合わせて用いられる

「much」の発音・読み方

「much」の発音は、IPA表記では/mʌʧ/であり、IPAカタカナ読みでは「マッチ」となる。日本人発音するカタカナ英語では「マッチ」と読むことが一般的である。発音によって意味や品詞が変わる単語はないため、特別な注意必要ない。

「much」の定義を英語で解説

英語での「much」の定義は、"a large amount or to a large degree"である。これは、「大量に」や「非常に」という意味を表している。

「much」の類語

「much」の類語には、"a lot"や"plenty"などがある。これらの単語も、「たくさん」や「非常に」という意味で使用されることが多い。ただし、文脈ニュアンスによって使い分けが必要である。

「much」に関連する用語・表現

「much」に関連する用語表現には、"much more"や"much less"、"not much"などがある。これらは、「much」を含むフレーズであり、それぞれはるかに多く」、「はるかに少ない」、「あまり」という意味になる。

「much」の例文

1. She has much experience in this field.(彼女はこの分野でたくさんの経験がある。) 2. I don't have much time left.(私にはあまり時間残っていない。) 3. He is much taller than me.(彼は私よりもずっと背が高い。) 4. I like this one much better.(私はこれの方がずっと好きだ。) 5. It doesn't cost much.(それはあまり費用かからない。) 6. She doesn't talk much.(彼女はあまり話さない。) 7. There isn't much difference between the two.(二つの間にはあまり違いがない。) 8. I haven't seen her much lately.(最近、彼女にあまり会っていない。) 9. He knows much about the history.(彼は歴史についてたくさん知っている。) 10. I can't help you much with this problem.(私はこの問題であまり助けられない。)

match

別表記:マッチ

「match」とは、試合のことを意味する英語表現である。

「match」とは・「match」の意味の意味を詳しく解説

「match」とは火をつけるためのマッチや、試合配偶者などのことを指す名詞である。動詞としての使い方には他動詞として(~と調和するや、(~に一致するなどの意味がある。自動詞では釣り合う、似合うなどとなる。

「match」の複数形

「match」の複数形matchesである。

「match」の語源・由来

「match」の語源印欧語根のmak-(練り合わせる)である。 ゲルマン祖語ではmakaz(適切な、合う)からmako仲間同等の人)へと変化した古期英語ではmaca仲間、妻、対の片方)となり、中期英語ではmatche競争相手となった語源としての主な意味は、対等な相手である。

「match」を含む熟語・言い回し

「match」を含む熟語言い回しには次のようなものがある。

「matching」とは


matching」は動詞「match」の現在分詞である。形容詞としては(色や外観などが)調和する、ぴったり合ったなどの意味となる。

「so matching」とは


「so matching」は、そのようにや、とてもの意味を持つ副詞のsoと、形容詞の「matchingから成る。この部分だけから推測して訳すと、とても適合しているなどとなる。

「to match」とは


to match」は前置詞toと、動詞原形「match」から成る不定詞である。名詞的用法では調和すること、形容詞的用法では調和するための、調和すべきなどの意味となる。副詞的用法の意味は(目的を表す)調和するためにや、(原因理由を表す)調和してなどである。

「my match」とは


「my match」は、所有格my(私の)に、名詞の「match」がついている。意味は私のマッチ、または私の試合などとなる。

「match with」とは


match with」は名詞の「match」に、~と一緒になどの意味を持つ前置詞withがついている。「match」がマッチの意味なら、マッチとwithのあとに続く何かの意味となる。試合の意味用いられる場合は、withのあとに続く誰かとの試合の意味である。

「Match(マッチングアプリ)」とは

「Match」は1995年からMatch.com(マッチ・ドットコム)が運営している、真面目な交際求め大人のためのマッチングサイトだ。2023年時点24か国15言語使用されており、英語でのサイト名は「Match Match」である。そのためかサイト表記は「Match」と書かれたり、「match」と書かれたりしている。2019年Match.com調べでは、登録者の7割が結婚希望している。収入証明勤務先証明などを登録することができ、不審ユーザー報告機能もある。マッチングしなかったとしても相手に「いいね!」を送ったり、メッセージ送ったりすることが可能である。

「match」を含むその他の用語の解説

「match」を含むその他の用語には次のものがある。

「マッチドットコム」とは


「マッチドットコム」の正式な表記は、「マッチ・ドットコム(Match.com)」である。デーティングサイト「Match Match」を運営しMatch.comインターナショナルとして本社アメリカテキサス州ダラスに置く。Match.comオーストラリアや、Match.comアメリカではYahoo!などにサービス提供している。そのほかアジアヨーロッパなどでも、様々なブランドパートナー契約結んでいる。

「match」の使い方・例文

「match」の使い方にはOn the snowy street corner, the girl shivered as she struck a match.(雪の街角で、少女震えながらマッチを擦った)、As a child, I was thrilled with the box of matches my father brought home from the fancy bar.(子供のころは、父の持ち帰る洒落たバーのマッチに心を躍らせた)などがある。

Tomorrow is the first tennis match against a strong school.(明日強豪校との初めてのテニスの試合だ)、The day before the volleyball match with another school, I was so excited that I couldn't sleep.(他校とのバレーボール試合前日は、興奮して眠れなかった)などの使い方もできる。Tomorrow, I'm going to watch a badminton match between my brother's high school and a high school in the neighboring town.(明日は兄の高校隣町高校バドミントン試合を見に行く)とすれば対戦する相手双方を言うことができる。

She met a good match in America.(彼女はアメリカでよい相手出会った)も名詞としての使い方だ。Her red knit cap matched her coat.(彼女の赤いニット帽は、彼女のコート合っていた)は、動詞としての使い方である。2249

マッチ【match】

読み方:まっち

[名](スル)

試合勝負競技。「タイトル—」「リターン—」

調和がとれること。適合すること。「内容に—した外観


マッチ【match】

読み方:まっち

軸木につけた摩擦によって発火させる道具塩素酸カリウム・ガラス粉・硫黄などからなるを、マッチ箱側面塗布した赤燐(せきりん)・硫化アンチモンなどからなるこすりつける安全マッチが普通。赤燐黄燐を頭とし、壁・靴などにこすりつけるだけで発火するものもあるが、現在は製造禁止

[補説] 「燐寸」とも書く。

マッチの画像

ルフェヌロン

分子式C17H8Cl2F8N2O3
その他の名称CGA-184699、1-[2,5-Dichloro-4-(1,1,2,3,3,3-hexafluoropropoxy)phenyl]-3-(2,6-difluorobenzoyl)urea、ルフェヌロン、Lufenuron、N-[2,5-Dichloro-4-(1,1,2,3,3,3-hexafluoropropoxy)phenylcarbamoyl]-2,6-difluorobenzamide、Match、マッチ
体系名:1-[2,5-ジクロロ-4-(1,1,2,3,3,3-ヘキサフルオロプロポキシ)フェニル]-3-(2,6-ジフルオロベンゾイル)尿素、N-[2,5-ジクロロ-4-(1,1,2,3,3,3-ヘキサフルオロプロポキシ)フェニルカルバモイル]-2,6-ジフルオロベンズアミド


マッチ

作者タマ・ジャノウィッツ

収載図書ニューヨーク奴隷たち
出版社河出書房新社
刊行年月1988.4


マッチ

作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 14 ボタン星からの贈り物
出版社理論社
刊行年月2004.1


マッチ

名前 Matti; Macchi; Mutch

マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/19 17:14 UTC 版)

マッチ: Match燐寸)は細く短い軸の先端に、発火性のある混合物(頭薬)をつけた軸木(マッチ棒)と、側薬を塗付した側面とを摩擦させるなどして、発火させ、を得るための道具。喫煙料理などの火起こしに使われる。


注釈

  1. ^ 子供の工場勤めはなくなったが、内職の手伝いという形での労働はこの後も長く続いた。
  2. ^ 該当の火災ではユーザーがコーティングのことを知らなかったと推察され、火花が出ないことに対して何度も棒を強くこすりつけ、オイルが周囲に飛び散っていた。その状況下で発火してしまい、マッチ棒のみならず本体側より炎が発生、慌てたユーザーが本体の炎に気を取られた隙に棒の炎がゴミ袋に引火、初期消火に失敗したことも相まり火災へと発展した。

出典

  1. ^ 管野浩編 『雑学おもしろ事典』(日東書院 1991年)p.356
  2. ^ a b c d ライター・電子たばこ・禁煙で…ブックマッチの火消える」『毎日新聞』夕刊2022年6月20日1面(2022年7月3日閲覧)
  3. ^ 紙製「ブックマッチ」生産終了で「絶滅」 喫茶店でもマッチ見かけない時代
  4. ^ 小野隆弘「マッチの美 ハートに火◇喫茶店やバー、宣伝を超えた芸術 収集し私設博物館◇」日本経済新聞』朝刊2018年3月5日(文化面)
  5. ^ 大石高志「近現代インドにおけるマッチ産業と女性・児童の労働 : 矮小化と弾力性の表裏関係」『神戸市外国語大学外国学研究』66号(2006年)80頁図。83頁にはスウェーデンについて、1930 - 50年代に紙箱に変わったとある。
  6. ^ Tomlinson, C. (1898). “The Inventor of Lucifer Matches”. Notes and Queries 8 (4): 70–71. https://archive.org/stream/s8notesqueries04londuoft#page/69/mode/1up. 
  7. ^ リンの利用 鉱物たちの庭
  8. ^ 松本三都正『清水誠先生伝』
  9. ^ 「値段は当分変わらぬ 品質はほとんど戦前なみ」『日本経済新聞』昭和25年10月17日
  10. ^ 下川耿史 『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』p342 河出書房新社 2003年11月30日刊 全国書誌番号:20522067
  11. ^ 燐寸倶楽部 - こんなマッチ知ってる? - 「ロウマッチ ―― 名前の由来」 - 黒田 康敬 2003年(平成15年)6月9日 (参考文献:1910年(明治43年)8月20日発行 石井研堂著『少年工芸文庫・マッチの巻』、1935年(昭和10年)8月16日発行『大阪時事新報』「竹軸マッチ」):[1]
  12. ^ 燐寸倶楽部 - こんなマッチ知ってる? - 「ロウマッチ ―― バードアイマッチ」 - 黒田 康敬 2003年(平成15年)7月1日: [2]
  13. ^ 「マッチの切符、配給は町会で」『東京日日新聞』1940年(昭和15年)5月22日夕刊より(昭和ニュース編纂委員会『昭和ニュース事典第7巻 昭和14年-昭和16年』本編p.116 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  14. ^ 世相風俗観察会『増補新版 現代世相風俗史年表 昭和20年(1945)-平成20年(2008)』河出書房新社、2003年11月7日、28頁。ISBN 9784309225043 
  15. ^ 「消費者物価指数、品目見直し 除外…携帯型オーディオ 追加…タブレット端末」朝日新聞デジタル
  16. ^ 大石高志「近現代インドにおけるマッチ産業と女性・児童の労働 : 矮小化と弾力性の表裏関係」『神戸市外国語大学外国学研究』66号(2006年)
  17. ^ 大石高志「近現代インドにおけるマッチ産業と女性・児童の労働 : 矮小化と弾力性の表裏関係」『神戸市外国語大学外国学研究』66号(2006年)81-84頁
  18. ^ 関崎正夫「マッチと清水誠:日本で初めてマッチの国産化をした人」『金沢大学サテライト・プラザ「ミニ講演」講演録集』、金沢大学大学教育開放センター、2006年、2019年10月16日閲覧 
  19. ^ マッチ業界の多角化 - マッチの世界(日本燐寸工業会)
  20. ^ 播磨喜三良『財界二千五百人集. [本編]』財界二千五百人集編纂部、1934年
  21. ^ 横山源之助『日本の下層社会』157頁
  22. ^ 横山源之助『日本の下層社会』31頁、159-160頁
  23. ^ 横山源之助『日本の下層社会』162-165頁
  24. ^ 「府下貧民の真況」27頁。松原岩五郎『最暗黒の東京』35頁。横山源之助『日本の下層社会』157-158頁。津田真澄『日本の都市下層社会』58-61頁。
  25. ^ マッチの歴史 大和産業株式会社ホームページ(2017年2月6日閲覧)
  26. ^ “燐寸の世界”. 日本燐寸工業会. http://www.match.or.jp/talk/talk01.html 2014年12月19日閲覧。 
  27. ^ 「ネットライブ配信中にオイルマッチで火事になるまさにその瞬間が海外でもニュースになる」gigazine


「マッチ」の続きの解説一覧

マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 05:18 UTC 版)

ジン・ラミー」の記事における「マッチ」の解説

上記方法点数計算していき片方点数100点上回ったとき、そのプレイヤーがそのマッチの勝者となる。

※この「マッチ」の解説は、「ジン・ラミー」の解説の一部です。
「マッチ」を含む「ジン・ラミー」の記事については、「ジン・ラミー」の概要を参照ください。


マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 23:13 UTC 版)

発火法」の記事における「マッチ」の解説

リン酸素結合することによる燃焼利用したもの。

※この「マッチ」の解説は、「発火法」の解説の一部です。
「マッチ」を含む「発火法」の記事については、「発火法」の概要を参照ください。


マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 15:47 UTC 版)

みんなのGOLF 6」の記事における「マッチ」の解説

1対11ホールごとに勝敗競う先に3勝した方が勝利

※この「マッチ」の解説は、「みんなのGOLF 6」の解説の一部です。
「マッチ」を含む「みんなのGOLF 6」の記事については、「みんなのGOLF 6」の概要を参照ください。


マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/16 08:58 UTC 版)

テトリス ザ・グランドマスター エース」の記事における「マッチ」の解説

オフラインスタンドアロン)での対戦プレイ相手より先に20ライン以上消すか、相手ゲームオーバーさせれば勝利

※この「マッチ」の解説は、「テトリス ザ・グランドマスター エース」の解説の一部です。
「マッチ」を含む「テトリス ザ・グランドマスター エース」の記事については、「テトリス ザ・グランドマスター エース」の概要を参照ください。


マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 10:08 UTC 版)

Jリーグウイニングイレブン2008 クラブチャンピオンシップ」の記事における「マッチ」の解説

1試合だけ遊ぶモード

※この「マッチ」の解説は、「Jリーグウイニングイレブン2008 クラブチャンピオンシップ」の解説の一部です。
「マッチ」を含む「Jリーグウイニングイレブン2008 クラブチャンピオンシップ」の記事については、「Jリーグウイニングイレブン2008 クラブチャンピオンシップ」の概要を参照ください。


マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 06:26 UTC 版)

タンティエーム」の記事における「マッチ」の解説

マッチ(Match)は1958年生まれフランス産馬。ロワイヤルオーク賞サンクルー大賞キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスワシントンDCインターナショナル勝った

※この「マッチ」の解説は、「タンティエーム」の解説の一部です。
「マッチ」を含む「タンティエーム」の記事については、「タンティエーム」の概要を参照ください。


マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 03:27 UTC 版)

スタービーチ」の記事における「マッチ」の解説

プロフィールつぶやきなど、AIシステムが共通の部位集計し自動的にマッチングしてくれる機能

※この「マッチ」の解説は、「スタービーチ」の解説の一部です。
「マッチ」を含む「スタービーチ」の記事については、「スタービーチ」の概要を参照ください。


マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 05:47 UTC 版)

401k」の記事における「マッチ」の解説

一部企業では、従業員自分賃金から拠出した資金一定割合を「マッチ(match)」として給付する。この給付金従業員の手元に渡らず、直接その従業員401(k)口座組み入れられるが、その運用従業員拠出した資金と同様、100%従業員任される例えば、「従業員拠出1ドルあたり50セントを6,000ドルまでマッチする」というプランなら、従業員年間3,000ドル拠出した場合会社からは1,500ドルが、従業員が6,000ドル(以上年間拠出限度までいくらでも拠出した場合は3,000ドル会社から直接その従業員個人401(k)口座入金される。マッチの上限を金額ではなく授業員の給与額の一定割合例えば6%)とする会社もある(2015年度法定限度額年間35,000ドル若しくはその従業員賃金どちらか低い方)。 マッチの支給時期などのルールは、会社により様々である。例えば、 A社:従業員毎回給与天引拠出額の50%。ただし一回のマッチ支給額の上限は200ドルまで、年度内のマッチ累計上限3,000ドルまで B社:毎回給与天引拠出時にはマッチは行わず翌年早々に前年従業員の総拠出額のうち6,000ドルまでの50% 会社から拠出されたマッチは、従業員自身給与からの拠出と同様、従業員口座100%従業員判断運用されるが、マッチがいつ名実共に従業員所有になるかについては、会社により様々なベストvest所有移転)」のルール定められている。例えば、 C社:各マッチの支給同時に即時ベスト。マッチ支給翌日退社してもマッチは従業員所有となり、従業員に最も有利 D社:各マッチの支給1年後ベスト。マッチ支給1年以内退社すると、マッチはその運用損益とともに会社返還される マッチのベスト即時ない場合は、拠出従業員自身給与からなのか、マッチからなのかを区別する必要があるので、プラン運営会社同一口座内の同一投資先でも勘定分けている。当然ながら、従業員自身給与からの拠出即時ベストする。 従業員自身拠出額とマッチの拠出額の合計法定上限決められており、2015年度52,000ドル50歳以上の従業員では59,000ドルである。 専門家は、実質的に無条件割り増し給与であるマッチと言うタダ飯(free lunch目的だけでも労働者401(k)メリット理解して利用するように啓蒙している。

※この「マッチ」の解説は、「401k」の解説の一部です。
「マッチ」を含む「401k」の記事については、「401k」の概要を参照ください。


マッチ(ステージ:アシュリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 15:00 UTC 版)

さわるメイド イン ワリオ」の記事における「マッチ(ステージアシュリー)」の解説

画面上のマッチ棒をつかみ、スライドさせて火を付ける

※この「マッチ(ステージ:アシュリー)」の解説は、「さわるメイド イン ワリオ」の解説の一部です。
「マッチ(ステージ:アシュリー)」を含む「さわるメイド イン ワリオ」の記事については、「さわるメイド イン ワリオ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マッチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マッチ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 23:00 UTC 版)

名詞1

  1. 試合
  2. 競争相手
  3. サ変動詞似合うこと。
  4. バドミントン試合一区切り

語源

英語:match

関連語

名詞2

マッチ【燐

  1. などでできた細く短い先端に、発火性のあるリンなどの混合物(頭)を塗った、火を点けるための道具

語源

英語:match

関連語

翻訳


「マッチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マッチ」の関連用語

マッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マッチのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジン・ラミー (改訂履歴)、発火法 (改訂履歴)、みんなのGOLF 6 (改訂履歴)、テトリス ザ・グランドマスター エース (改訂履歴)、Jリーグウイニングイレブン2008 クラブチャンピオンシップ (改訂履歴)、タンティエーム (改訂履歴)、スタービーチ (改訂履歴)、401k (改訂履歴)、さわるメイド イン ワリオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS