マッチとは?

マッチ [1] 【match】

摩擦によって発火する薬剤を細い軸木先端につけた発火具。多く使われている安全マッチは,パラフィンを塗った軸木先端の頭塩素酸カリウム硫黄など)を,容器側板塗布した側赤リン硫化アンチモンなど)にこすって発火させる。 〔「燐寸」とも書く〕

マッチ [1] 【match】

( 名 ) スル
勝負試合。 「タイトル--」 「リターン--」
調和がとれていること。ぴったり合っていること。 「洋服と靴がよく-している」

ルフェヌロン

分子式C17H8Cl2F8N2O3
その他の名称:CGA-184699、1-[2,5-Dichloro-4-(1,1,2,3,3,3-hexafluoropropoxy)phenyl]-3-(2,6-difluorobenzoyl)urea、ルフェヌロン、Lufenuron、N-[2,5-Dichloro-4-(1,1,2,3,3,3-hexafluoropropoxy)phenylcarbamoyl]-2,6-difluorobenzamide、Match、マッチ
体系名:1-[2,5-ジクロロ-4-(1,1,2,3,3,3-ヘキサフルオロプロポキシ)フェニル]-3-(2,6-ジフルオロベンゾイル)尿素、N-[2,5-ジクロロ-4-(1,1,2,3,3,3-ヘキサフルオロプロポキシ)フェニルカルバモイル]-2,6-ジフルオロベンズアミド


マッチ


マッチ

作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 14 ボタン星からの贈り物
出版社理論社
刊行年月2004.1


マッチ

名前 MattiMacchiMutch

マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/16 14:35 UTC 版)

マッチ: match燐寸)は細く短い軸の先端に、発火性のある混合物(頭薬)をつけた、をつけるための道具。喫煙や料理などの火起こしに使われる。


注釈

  1. ^ 子供の工場勤めはなくなったが、内職の手伝いという形での労働はこの後も長く続いた。
  2. ^ 該当の火災ではユーザーがコーティングのことを知らなかったと推察され、火花が出ないことに対して何度も棒を強くこすりつけ、オイルが周囲に飛び散っていた。その状況下で発火してしまい、マッチ棒のみならず本体側より炎が発生、慌てたユーザーが本体の炎に気を取られた隙に棒の炎がゴミ袋に引火、初期消火に失敗したことも相まり火災へと発展した。

出典

  1. ^ 管野浩編 『雑学おもしろ事典』 p.356 日東書院 1991年
  2. ^ 小野隆弘「マッチの美 ハートに火◇喫茶店やバー、宣伝を超えた芸術 収集し私設博物館◇」『日本経済新聞』朝刊2018年3月5日(文化面)
  3. ^ 大石高志「近現代インドにおけるマッチ産業と女性・児童の労働 : 矮小化と弾力性の表裏関係]」80頁図。83頁にはスウェーデンについて、1930 - 50年代に紙箱に変わったとある。
  4. ^ 燐寸倶楽部 - こんなマッチ知ってる? - 「ロウマッチ ―― 名前の由来」 - 黒田 康敬 2003年平成15年)6月9日  (参考文献:1910年明治43年)8月20日発行  石井研堂著「少年工芸文庫・マッチの巻」、1935年昭和10年)8月16日発行  大阪時事新報「竹軸マッチ」):[1]
  5. ^ 燐寸倶楽部 - こんなマッチ知ってる? - 「ロウマッチ ―― バードアイマッチ」 - 黒田 康敬 2003年(平成15年)7月1日: [2]
  6. ^ 大石高志「近現代インドにおけるマッチ産業と女性・児童の労働」。
  7. ^ 大石高志「近現代インドにおけるマッチ産業と女性・児童の労働」81-84頁。
  8. ^ 横山源之助『日本の下層社会』157頁。
  9. ^ 横山源之助『日本の下層社会』31頁、159-160頁。
  10. ^ 横山源之助『日本の下層社会』162-165頁。
  11. ^ 「府下貧民の真況」27頁。松原岩五郎『最暗黒の東京』35頁。横山源之助『日本の下層社会』157-158頁。津田真澄『日本の都市下層社会』58-61頁。
  12. ^ マッチの歴史大和産業株式会社ホームページ 2017年2月6日閲覧
  13. ^ “燐寸の世界”. 日本燐寸工業会. http://www.match.or.jp/talk/talk01.html 2014年12月19日閲覧。 
  14. ^ ネットライブ配信中にオイルマッチで火事になるまさにその瞬間が海外でもニュースになる
  15. ^ 平井吉夫『スターリンジョーク』(河出文庫)など。



マッチ

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 09:01 UTC 版)

名詞1

  1. 試合
  2. 競争相手
  3. サ変動詞)似合うこと。

語源

英語:match

関連語

名詞2

マッチ【燐

  1. などでできた細く短い先端に、発火性のあるリンなどの混合物(頭)を塗った、火を点けるための道具
    ついには、一つに身を凭せて、ポケットから、先ほど買った煙草とりだした。……果して彼はその一本にくわえ、を近づけて燐寸を擦った。(三島由紀夫金閣寺』)

語源

英語:match

関連語

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マッチ」の関連用語

マッチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS