バドミントンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > バドミントンの意味・解説 

バドミントン

歴史と沿革


バドミントンハウス



バトルドーアンドシャトルコック

バドミントン競技の起源はイギリス古くから伝わるバトルドーアンドシャトルコックという羽根突き遊びです。19世紀中頃には、この遊びイギリスのバドミントンにあるボーフォート公爵家の邸宅、バドミントンハウスの大広間盛んに行われていました最初は、1人または2人打ち合い楽しんでいましたが、その後競技化していきました。これをきっかけに、この新しゲームはバドミントンハウス以外の所で楽しまれるようになり、さまざまなルール作られいきました当初、この競技には確たる前がありませんでした。しかし、バドミントンハウスでのバトルドーアンドシャトルコック遊びがこの競技始まりだったことから1870年代にバドミントンという名称が定着したといわれています

1893年ロンドンにおいて、世界初のバドミントン協会設立されました。設立第一目的各種ローカルルール統一することで、このときにアソシエーションルールが制定され近代スポーツ仲間入り果たしました1899年にはこのルールのもと、第1回全英選手権開催1992年第25回バルセロナ大会からはオリンピック正式競技となってます。


競技方法

バドミントン競技の特徴は、なんといっても天然鳥の羽根作られたシャトル使われることです。このシャトル最大の特徴は、飛行速度緩急差です。例えば、世界トップレベル選手になると、スマッシュ初速400km/hを超えます。これは球技種目のボール飛行速度では最速です。しかし、これが相手の手元に達するころには、60m/hぐらいに減速します。この飛行速度緩急差は他のスポーツ種目にはみられないもので、このスピード感がバドミントン最大の魅力です。

一方、バドミントンのラケット軽くまた、シャトル軽く打ち合えば、その飛行速度きわめて遅くなりますしたがって、誰でも簡単にラリー続けることができるため、老若男女一緒にプレーしてもみんなが十分に楽しめるスポーツです。


ルール

スコアリングシステムについては、すべての種目共通で、2ゲーム先取の3ゲームマッチです。各ゲーム21点先取行われます。ただし、20点オールになった場合は、2点リードしたサイドがそのゲームの勝者となります。しかし、29オールになった場合は、30点目得点したサイドがそのゲームでの勝者となりますまた、得点法はラリーポイント制です。サーブ権あるなしにかかわらずラリー勝ったサイド得点カウントされます。

バドミントンのサービスでは、他のネット球技異なりサーバーネット近くからサーブをすることができますしたがって、攻撃的なサーブ認めるとラリー続かなくなるため、「サーブを打つ際、シャトルは腰よりも下でなければならない」とか「サーバーが持つラケットシャフトシャトルを打つ際に下向きでなければならない」などと多くの規制設けてます。

*より詳し競技説明ルールについては、バドミントン競技規則をご参照ください


道具・コートなど



バドミントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/11 00:52 UTC 版)

バドミントン: badminton 英語発音: [ˈbædmɪntən])は、ネットを隔て二つに分けられたコートの両側にプレーヤーが位置し、シャトル(シャトルコック)をラケットを使って打ち合い、得点を競うネット形のスポーツである。誤って「バミントン」と呼ばれることが多いが、正しくは「バミントン (badminton)」である。また、打球は最速初速493km/hであり、最速のスポーツとしてギネスブックに認定されている[1]羽球と称する場合もある[2][3]。「バドミントン」の名前はイギリス貴族ボーフォート公爵サマセット家の邸宅バドミントン・ハウス英語版に由来する[4]


  1. ^ クレイグ・グレンディ 著『ギネス世界記録2015』(角川アスキー総合研究所)参照
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ 森護 1987, p. 103.
  5. ^ 基本ルールを知っていればもっとバドミントンが楽しくなる!”. 【SPAIA】スパイア (2016年10月11日). 2020年11月19日閲覧。
  6. ^ 日本バドミントン協会、世界バドミントン連盟の競技規則を参照。
  7. ^ 水鳥シャトルコック・ナイロンシャトルコック併用練習マニュアル - ヨネックス
  8. ^ a b c d e 公益財団法人日本バドミントン協会『観戦&プレーで役に立つ! バドミントンのルール 審判の基本』実業之日本社、2016年、23頁
  9. ^ a b c d e f g 公益財団法人日本バドミントン協会『観戦&プレーで役に立つ! バドミントンのルール 審判の基本』実業之日本社、2016年、25頁
  10. ^ 『「先生なぜですか」ネット型球技編 0のことをなぜラブと呼ぶの?』(稲垣正浩・他=編著、大修館書店)※バドミントンの項目は奈良重幸=著
  11. ^ バド奥原希望、空調から流れる風を入念に確認 - アジア大会 - スポーツ : 日刊スポーツ
  12. ^ バドミントン(東京2020パラリンピック競技大会公式webサイト)”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2021年6月3日閲覧。


「バドミントン」の続きの解説一覧

バドミントン


「バドミントン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

バドミントンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バドミントンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2022 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバドミントン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバドミントン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS